Shopifyの始め方(立ち上げ方)|アカウント作成からストア開設までの流れ・手順

Shopifyの始め方(立ち上げ方)|ストア開設までの流れ|アカウントや商品の作り方

Shopifyは安価かつ簡単にECストアを構築できるサービスです。
本記事では、Shopifyを利用してECストアを開設するまでの流れを説明します。あくまで、商品が販売できるまでの最低限の内容であることをご了承ください。

(現在、Shopifyで1ヶ月間1ドルのキャンペーンが開催されています)

1ヶ月1ドルのキャンペーン

Shopifyのキャンペーンを見る

※ キャンペーンは2024年3月8日時点の情報です。予告なく終了しますのでご理解ください。

Shopifyのメリットやデメリットを詳しく知りたい方は下記の記事をご参考にしてください。

Shopifyとは?ショッピファイのメリットやデメリットを解説

自身に適しているShopifyプランを見つけたい方は下記の記事をご参考にしてください。

【徹底比較】Shopifyのプランの選び方|費用・手数料・決済方法の違いについて

ShopifyでのECサイトの始め方・手順

ShopifyでのECサイトの始める手順は下記になります。

それぞれ詳しく説明します。

Shopifyで会員登録を行う

Shopifyを始めるためには、まず無料登録を行います。Shopifyの公式HPにアクセスし「無料体験をはじめる」をクリックしましょう。

Shopify公式HP

出典:Shopify公式HP


Shopify公式を見る

簡単なアンケートに答えた後、ID作成の画面に移ります。作りたいIDの種類を選択しましょう。AppleIDやGoogleID、FacebookIDを持っていない方はメールアドレスで続行するを選択し、使用したいメールアドレスとパスワードを入力してください。

会員登録画面|Shopify

出典:会員登録画面|Shopify

ID作成が完了するとストアの管理画面が表示されます。これで登録が完了です。

IDに設定したメールアドレスに認証メールが届くので、すぐに認証を完了し、管理画面はブックマークしておきましょう。

Shopifyの管理画面

出典:Shopifyの管理画面

Shopifyはプランに関わらず、3日間の無料トライアル期間があります。登録を完了するとすぐに料金が発生する訳ではないので、ご安心ください。

shopifyのプランに関しては以下の記事で細かく解説しています。是非ご参照ください。

【徹底比較】Shopifyのプランの選び方|費用・手数料・決済方法の違いについて

商品を登録する

ショップの登録が終わったら、次に販売したい商品の登録を行いましょう。

管理画面左にある「商品管理」を選択し「商品を追加」をクリックします。

商品登録|Shopify管理画面

出典:Shopifyの管理画面

商品の編集画面が表示されるので、必要な情報を埋めていきましょう。

商品を追加する|Shopifyの管理画面

出典:Shopifyの管理画面

商品登録数が多く、1つ1つ手入力する事が厳しい場合は、CSVファイルを読み込んで一括登録をする事も可能です。

お問い合わせページを作る

次に、お客様からの連絡窓口となるお問い合わせページを作成しましょう。

管理画面左側にある「オンラインストア」から「ページ」を選択し「ページを追加」をクリックします。

お問い合わせページを作る|Shopifyの管理画面

出典:Shopifyの管理画面

この画面では商品ページ以外のページを自由に作成する事ができます。

右側にある「テーマテンプレート」を使用することによって、お問い合わせページも簡単に作成が可能です。

contactテンプレートを選択|Shopifyの管理画面

出典:Shopifyの管理画面

特定商取引法(特商法)ページを作る

インターネットショップには消費者トラブルを防止するための法律である「特定商取引法」を必ず記載する必要があります。

「特定商取引法」ページは、Shopifyの管理画面 > 設定 > ポリシーの順に移動し、「特定商取引法に基づく表記」セクションの入力フォームに内容を記載することで作成できます。

また、Shopifyには特定商取引法のテンプレートも用意されており、「特定商取引法に基づく表記」セクションにある「テンプレートに置き換える」をクリックすることでテンプレートから作成することができます。

特定商取引法に基づく表記|Shopifyの管理画面
出典:Shopifyの管理画面

Shopifyテーマを活用してサイトデザインを作成する

最低限必要なページが用意できたら、次にサイトのデザインを決めていきます。

Shopifyには無料で使用できるデザインテーマが豊富に用意されており、ITの知識がない方でも簡単にサイトデザインを構築する事が可能です。

オンラインストア>テーマ|Shopifyの管理画面

出典:Shopifyの管理画面

管理画面左側の「オンラインストア」から「テーマ」をクリックしましょう。ここから好きなデザインテーマを選択したり、簡単なカスタマイズを行う事ができます。

Shopifyのデザインテーマに関しては以下の記事で詳しく解説しています。是非ご参照ください。

Shopifyテーマ9選 | テーマの選び方や人気の無料テーマ、おすすめのテーマも紹介

送料と決済方法を設定する

次に送料と決済方法の設定を行いましょう。

送料と決済方法を設定する|Shopifyの管理画面

出典:Shopifyの管理画面

管理画面の一番左下にある「設定」から「配送と配達」を選択し、一般設定の中にある「管理」をクリックします。

Shopifyの管理画面

出典:Shopifyの管理画面

初期設定では全国一律で送料が1000円で設定されています。送料を変更したい場合は「送料を追加する」をクリックしましょう。

送料を追加する

出典:Shopifyの管理画面

ここから配送先ごとに送料を変更する事が可能です。

下記の記事では、Shopfyの配送設定方法や配送業務効率化におすすめの配送アプリを紹介しています。ご参考にしてください。

【Shopify配送ガイド】特徴や設定方法、配送業務効率化におすすめのアプリも紹介

次に決済方法を設定します。送料設定と同様に管理画面の一番左下にある「設定」をクリックし「決済」を選択します。

決済設定|Shopifyの管理画面

出典:Shopifyの管理画面

ここから導入したい決済方法の選択や設定が可能です。Shopifyでは様々な決済種別が用意されていますが、まずは決済手数料が安いShopifyペイメントを導入することがおすすめです。

 

また、PayPayや楽天Payなどを導入するには、SBペイメントやGMOイプシロン、KOMOJUなどの外部の決済代行会社と契約する必要があります。

【関連記事】

下記の記事ではShopifyペイメントを導入するメリットや決済手数料などを詳しく解説しています。ご参考になさってください。

Shopifyペイメント徹底解説 - 決済手数料・メリット・デメリットまで

下記の記事ではShopifyストアに各決済方法を導入するメリットや対応している決済サービスを紹介しています。ご参考になさってください。

Shopifyに後払いを導入するメリット
Shopifyにコンビニ決済を導入するメリット
ShopifyにPayPayを導入するメリット

Shopifyのアプリ設定を行う

次にアプリの設定を行いましょう。Shopifyは外部アプリと連携することによって、様々な機能をサイトに実装する事ができます。

あなたへおすすめアプリ|Shopifyの管理画面

出典:Shopifyの管理画面

管理画面左側にある「アプリ」から「アプリを追加」を選択します。

表示された画面の右下にある「さらに表示する」を選択するとShopify アプリストア(Shopify App Store)にアクセスができます。

Shopifyアプリは8000件以上あり、無料で使えるものもあります。

app storeの検索窓を利用して自社に必要な機能が備わっているアプリを探してみましょう。

Tsun Inc.の作ったShopifyアプリ|Shopifyアプリストア

出典:Shopify アプリストア


Shopifyのアプリに関しては以下の記事で詳しく解説しています。おすすめのアプリも載っていますので、是非ご参照ください。

おすすめShopifyアプリ32選|ジャンル別に紹介

SNS連携を行う

Shopifyは各種SNSと連携を行うことも可能です。現在SNSの影響は非常に大きいため、SNS連携は積極的に行うことをおすすめします。

SNS連携|Shopifyの管理画面

出典:Shopifyの管理画面

管理画面左側にある「販売チャネル」をクリックすると、アプリの検索画面が表示されます。連携したいSNS名を入力すると、連携アプリが表示されるので、希望するアプリケーションを選択しましょう。

現在Shopifyで連携できる主なSNSは以下です。

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • TikTok
  • Pinterest

SNS連携を行うために、Instagramではアカウントをビジネスアカウントへ移行する等の操作が必要になる場合があります。SNS連携を行う際は各種SNSの連携方法も確認しておきましょう。

注文テスト(決済テスト)を行う

Shopifyストアを実際に公開する前に注文テストを行いましょう。
Shopifyの提供しているShopifyペイメントではテストモードに設定することでテスト決済を行うことが出来ます。

Shopifyペイメントでテストモードの設定方法
出典:Shopify管理画面

Shopify管理画面 > 設定 > 決済 > Shopifyペイメントの順にアクセスし、Shopify ペイメント設定画面の最下部にテストモードへ切替える設定があります。

Shopiyペイメントを利用したテスト方法は下記のヘルプページをご参考にしてください。

Shopify ペイメントのテスト|Shopifyヘルプページ

Shopifyサイト構築を外注する場合の相場

IT知識が全くなく、お金をかけても良いのでサイト構築の工数を削減したい!という場合は、制作会社に外注するという方法もあります。

ShopifyなどのASP(ECサイトを制作できるサービス)でサイトを構築する場合の相場費用は以下のようになります。

制作費用

  • 自分で制作する場合:無料
  • 制作会社に依頼する場合:数十万円〜100万円

※あくまで相場であり、デザインや独自機能などを盛り込むことで価格は高くなります

引用元:https://tsun.ec/blogs/articles/36


ECサイトを構築する際の費用や制作会社の選び方に関しては以下の記事で詳しく解説しています。是非ご参照ください。

ECサイト制作会社の選び方は?鹿児島発企業のTsunがおすすめな理由5選

Shopifyサイトを構築後にやるべきこと

ECサイト運営はサイトの完成がゴールではありません。しっかりと売上を立てるためにも、サイト構築後には次のことを行いましょう。

Googleタグマネージャーの導入

Googleタグマネージャー(以下、タグマネージャー)とは、Googleが無料提供している様々なタグを一括で管理できる「タグマネジメントツール」です。

Googleアナリティクス(以下、アナリティクス)やヒートマップツールなどの計測タグはもちろんの事、Google広告・SNS広告などの広告タグ、Webチャット・チャットボットを導入するためのタグをすべて一元管理できます。

引用元:https://tsun.ec/blogs/articles/3

Googleタグマネージャーはストア分析に必要な様々なタグを一元管理できるため、EC運用をする上で必ず導入したいツールの1つです。

Googleタグマネージャーに関しては以下の記事で詳しく解説しています。是非ご参照ください。

Googleタグマネージャー(GTM)とは?|Shopifyに導入する方法

サイト分析ツールの導入

ECサイトを運用するためには、アクセス数や流入経路を把握し、サイト分析を行う事が重要となります。Shopifyの管理画面でも顧客分析は可能ですが、それ以外に以下の2つの分析ツールは必ず入れておきましょう。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスはサイトのアクセス数や流入経路、PV数などを把握できるツールです。Googleが提供している無料ツールになりますが、かなり詳細な数字を把握する事ができるため、必ず使用しましょう。

Googleアナリティクスに関しては以下の記事で詳しく解説しています。是非ご参照ください。

ShopifyにGoogle Analytics 4(GA4)を設定する方法

Clarity

Microsoft(マイクロソフト)が提供している無料のヒートマップ解析・行動分析ツールです。

ShopifyサイトにClarityを導入することで、「訪問者がなぜ離脱してるのか?」「訪問者がどこで迷っているのか?」「訪問者がどこに熟読している(興味をもっている)のか?」などを把握することができます。

Clarityを活用しサイト内改善やコンテンツ改善を続けることで、利便性の向上や注文率の向上につなげることもできます。

引用元:https://tsun.ec/blogs/articles/5

Clarityの導入方法は以下の記事で詳しく解説しています。是非ご参照ください。

【無料】Shopifyにヒートマップツール「Clarity」を導入する方法

集客対策

お店に人が集まらないと商品が売れないのと同様、ECサイトもサイトに人が訪れない限り商品は売れません。サイトを制作したら、まずは集客対策に力を入れましょう。

集客対策に関しては以下の記事で詳しく解説しています。是非ご参照ください。

Shopifyストアの集客方法10選|集客におすすめのアプリもご紹介

SEO対策

SEOはSearch Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)の略で、日本語では「検索エンジン最適化」という意味になります。

GoogleやBing、Yahooなどの検索エンジンで、任意のキーワードを検索した際に検索結果の上位や目立つ場所に表示させるための施策のことで「SEO対策」とも呼ばれています。

引用元:https://tsun.ec/blogs/articles/shopify-seo


ユーザーが商品を検索した時に自社のサイトが上位や目立つ場所に表示される事が集客につながります。SEO対策に関しては以下の記事で詳しく解説しています。是非ご参照ください。

SEOのメリット・デメリット|Shopifyで出来るSEO対策やアプリも紹介

SNS運用

現在SNSの影響力は非常に多く、SNSを介してインターネットショッピングする方がかなり増えています。拡散力もあり、集客対策に繋がるため、InstagramやTwitter、Tiktokなどの主要なSNSは必ず運用することをおすすめします。

ブログ運営

Shopifyはベーシックプランからブログ機能が利用可能になります。

ブログ記事を書くメリットは下記の5つがあります

  • 顧客との距離が縮まる・接点を持てる
  • 商品の補足説明ができる
  • サイト訪問者を増やせる
  • サイト訪問者を商品購入へ転換できる
  • 他媒体のコンテンツとして再利用できる

引用元:https://tsun.ec/blogs/articles/26

ブログは集客対策としてはもちろんの事、ショップのファンを増やしたり、商品の魅力をさらにユーザーへ伝えるためのツールにもなります。ブログ運営の工数を確保できる場合は、積極的に取り組んだ方が良いでしょう。

ブログ運営に関しては以下の記事で詳しく解説しています。是非ご参照ください。

Shopifyのブログ機能をフル活用しよう|機能や拡張アプリを紹介

広告運用

サイトの露出を増やしたい場合は、広告を活用して集客を行うのも1つの方法です。

Shopifyストアで広告を活用して集客する方法は下記になります。

  • リスティング広告(検索連動型広告)
  • Googleショッピング広告(有料枠)
  • ディスプレイ広告
  • リマーケティング広告
  • アフィリエイト広告
  • SNS広告

引用元:https://tsun.ec/blogs/articles/50

それぞれ料金が発生する事が殆どなので、広告を出して終わりではなく、かかった費用に対してしっかりと効果が得られているのか分析をしていく事がとても重要です。

広告運用に関しては以下の記事で詳しく解説しています。是非ご参照ください。

Shopifyストアの集客方法|集客におすすめのアプリもご紹介

販売&リピート対策

サイトに人が集まり始めたら、集客を購入に繋げ、さらに購入をリピートに繋げる事が重要です。

販売対策

豊富な決済方法を導入・決済画面の簡略化

商品をカートに入れても、お会計の時にユーザーが希望する決済方法が無かったり、決済画面が複雑になっていると、決済直前にユーザーは購入を諦めサイトから離脱してしまいます。

多くのユーザーが使用するクレジットカード決済や主要な電子マネー決済などは必ず導入するようにし、決済画面はできるだけ簡略化しましょう。

決済画面の簡略化は、カゴ落ち対策にも有効な手段です。以下の記事では、カゴ落ちの原因や対策を解説しています。是非ご参照ください。

Shopifyで出来るカゴ落ち(カート離脱)対策|カゴ落ちの原因も紹介

リピート対策

ポイント機能・クーポン機能の追加

一度購入して頂いたお客様にさらにリピートして頂くためには、お店で何度も購入をする事による付加価値を付ける事が重要です。ポイント機能やクーポン機能を実装することによって、リピート購入を促しましょう。

下記の記事ではShopifyにポイントをプログラムを導入する方法やメリット・デメリットを紹介しています。参考にしてください。

Shopifyにポイントサービスを導入するメリット・デメリット

また、下記の記事ではShopifyのクーポン機能(ディスカウント機能)について紹介しています。参考にしてください。

Shopifyのクーポン機能(ディスカウント機能)とは?クーポンの種類や発行方法も紹介

メールマーケティング

メールマーケティングとは、言葉の通りメールを利用したマーケティング手法です。

顧客リストに対してメールを配信し、集客や顧客との関係構築(ファン化)、リピート購入を促す施策を打つことができます。

Shopifyにはメール配信アプリが複数あります。おすすめのメールマーケティングアプリに関しては以下の記事で詳しく解説しています。是非ご参照ください。

メールマーケティングのメリットは?Shopifyのメール配信アプリも紹介

下記の記事ではShopifyでメールマーケティングを実施する上でオススメのShopifyアプリ「Klaviyo」と「Omnisend」を紹介しています。参考にしてください。

Klaviyoとは?ShopifyストアでKlaviyoを使うメリットと初期設定方法

Omnisendとは?Shopifyストアでオムニセンドを使うメリットと初期設定方法

Shopifyに関するよくある質問

Shopifyアプリとは?

Shopifyアプリとは、Shopifyサイトにインストールし、機能を拡張できるツール(ソフトウェア)のことです。Shopifyアプリを検索・インストールできる「Shopifyアプリストア」には約8,000件以上のShopifyアプリが存在し、しかも無料で利用できるShopifyアプリも豊富に存在します。

【関連記事】
Shopifyアプリ おすすめ一覧:売上アップ・効率化・無料アプリまで徹底解説!

Shopifyテーマとは?

Shopifyテーマとは、ECサイトのデザインや機能が組み込まれたデザインテンプレートです。Shopifyテーマを利用することで、HTMLやCSSなどのプログラミング知識がなくても、画像や商品情報を入力したり、デザインパーツを追加や削除、ドラッグアンドドロップするだけで、デザイン性の高いECサイトを作ることができます。

【関連記事】
Shopifyテーマ9選 | テーマの選び方や人気の無料テーマ、おすすめのテーマも紹介

Shopifyで構築したストアの事例は?

perromart

perromart
出典:perromart
  • オリジナルブランドのペット用品を販売
  • 使用してるShopifyテーマは「Impulse」

AKITO COFFEE

AKITO COFFEE
出典:AKITO COFFEE

使用してるShopifyテーマは「Minimal」

ORION ビール

ORION ビール
出典:ORION ビール

使用してるShopifyテーマは「Venue」

その他複数の事例を見たい方は以下の記事をご参照ください。

【ジャンル別】Shopifyで構築されたストア事例を紹介|利用しているShopifyテーマもご紹介

ブログに戻る
  • Shopifyでサンクスページをカスタマイズする方法|Shopifyアプリも紹介

    Shopifyでサンクスページをカスタマイズする方法|Shopifyアプリも紹介

    Tsunライターチーム

    サンクスページは、顧客がオンラインショップで購入完了後に表示されるページのことです。本記事では、サンクスページをカスタマイズする方法とそのメリットについて詳しく解説します。また、おすすめのShopifyアプリもご紹介します。

    Shopifyでサンクスページをカスタマイズする方法|Shopifyアプリも紹介

    Tsunライターチーム

    サンクスページは、顧客がオンラインショップで購入完了後に表示されるページのことです。本記事では、サンクスページをカスタマイズする方法とそのメリットについて詳しく解説します。また、おすすめのShopifyアプリもご紹介します。

  • Shopifyで販売期間を設定する方法|無料の方法や日本語対応したShopifyアプリも紹介

    【2024】Shopifyで販売期間を設定する方法|無料の方法や販売期間設定アプリも紹介

    Tsunライターチーム

    Shopifyを利用してオンラインストアを運営する際、特定の商品を特定の期間だけ販売したいというニーズがあるかもしれません。例えば、季節限定商品や期間限定セールなどがその一例です。本記事では、Shopifyで商品販売期間を設定するためのさまざまな方法について詳しく解説し、それぞれのメリットとデメリットを比較します。また、販売期間設定に特化したおすすめのアプリもご紹介します。

    【2024】Shopifyで販売期間を設定する方法|無料の方法や販売期間設定アプリも紹介

    Tsunライターチーム

    Shopifyを利用してオンラインストアを運営する際、特定の商品を特定の期間だけ販売したいというニーズがあるかもしれません。例えば、季節限定商品や期間限定セールなどがその一例です。本記事では、Shopifyで商品販売期間を設定するためのさまざまな方法について詳しく解説し、それぞれのメリットとデメリットを比較します。また、販売期間設定に特化したおすすめのアプリもご紹介します。

  • Shopifyで在庫数を表示する方法3選|Shopifyアプリも紹介

    【無料】Shopifyで在庫数を表示する方法3選|Shopifyアプリも紹介

    Tsunライターチーム

    Shopifyストアで在庫数を表示することは、ユーザーの購買意思決定をサポートし、売上アップに繋がります。本記事では、初心者でも安心して実践できる方法をステップバイステップで解説します。また、在庫数を表示するのにおすすめのShopifyアプリもご紹介します。

    【無料】Shopifyで在庫数を表示する方法3選|Shopifyアプリも紹介

    Tsunライターチーム

    Shopifyストアで在庫数を表示することは、ユーザーの購買意思決定をサポートし、売上アップに繋がります。本記事では、初心者でも安心して実践できる方法をステップバイステップで解説します。また、在庫数を表示するのにおすすめのShopifyアプリもご紹介します。

  • 【2022年版】Shopifyの目次生成アプリを紹介!目次を入れるメリットは?

    【2024】Shopifyに目次を入れるメリット|目次を作成できるShopifyアプリも紹介

    Tsunライターチーム

    みなさんは、Shopifyでブログ記事(またはニュースやジャーナル、マガジンなど)を書いていますか。まだ書いていないという方は、まずはこちらの記事を参考にしてください。 Shopifyのブログ機能をフル活用しよう|機能や拡張アプリを紹介 本記事では、Shopifyストアのブログ記事に目次を追加するメリットや目次追加におすすめのShopifyアプリをご紹介します。 Shopifyに目次を入れるメリット Shopifyストアに目次のを入れるメリットは下記になります 読者(訪問者)の利便性が上がる 書き手(ストア側)思考の整理になる アクセス数が増加する ユーザーニーズを把握できる SEOにも良い効果が期待できる それぞれ詳しく解説していきます。 読者(訪問者)の利便性が上がる 目次は下記のように読者の利便性を向上させます。 ブログ記事の内容がひと目でわかる 読みたい箇所にすぐにアクセスできる 書き手(ストア側)思考の整理になる 目次を利用することで、書き手側の思考の整理にも役立ちます。思考の整理として下記の項目を目次でチェックすることがおすすめです。 論理的に整理されているか 読者(訪問者)目線で書かれているか 読者(訪問者)が得たい情報が書かれているか アクセス数が増加する Googleの検索結果で記事タイトルの下にいくつかリンクが表示されているのを見たことはありませんか? 目次はGoogleの検索結果にも表示されることがあるため、目次が検索結果に表示されるとクリック率が増え、アクセス数の増加も期待できます。  ユーザーニーズを把握できる ヒートマップツールと組み合わせることで、読者がブログ記事内のどの内容に興味を持ち、よく読まれているのかを把握することができます。 ユーザーニーズを見つける方法としては、ヒートマップツールのクリック(タップ)が多い箇所を赤く染めてくれる機能を利用し、目次内のどの見出しが多くクリックされているのかを確認することで特定できます。 下記の記事では、弊社おすすめのヒートマップツール「Clarity(クラリティ)」をShopifyへ導入する方法を解説していますので、ご参考にしてください。 Clarity(クラリティ)とは? | ShopifyにClarityを設定する方法 ...

    【2024】Shopifyに目次を入れるメリット|目次を作成できるShopifyアプリも紹介

    Tsunライターチーム

    みなさんは、Shopifyでブログ記事(またはニュースやジャーナル、マガジンなど)を書いていますか。まだ書いていないという方は、まずはこちらの記事を参考にしてください。 Shopifyのブログ機能をフル活用しよう|機能や拡張アプリを紹介 本記事では、Shopifyストアのブログ記事に目次を追加するメリットや目次追加におすすめのShopifyアプリをご紹介します。 Shopifyに目次を入れるメリット Shopifyストアに目次のを入れるメリットは下記になります 読者(訪問者)の利便性が上がる 書き手(ストア側)思考の整理になる アクセス数が増加する ユーザーニーズを把握できる SEOにも良い効果が期待できる それぞれ詳しく解説していきます。 読者(訪問者)の利便性が上がる 目次は下記のように読者の利便性を向上させます。 ブログ記事の内容がひと目でわかる 読みたい箇所にすぐにアクセスできる 書き手(ストア側)思考の整理になる 目次を利用することで、書き手側の思考の整理にも役立ちます。思考の整理として下記の項目を目次でチェックすることがおすすめです。 論理的に整理されているか 読者(訪問者)目線で書かれているか 読者(訪問者)が得たい情報が書かれているか アクセス数が増加する Googleの検索結果で記事タイトルの下にいくつかリンクが表示されているのを見たことはありませんか? 目次はGoogleの検索結果にも表示されることがあるため、目次が検索結果に表示されるとクリック率が増え、アクセス数の増加も期待できます。  ユーザーニーズを把握できる ヒートマップツールと組み合わせることで、読者がブログ記事内のどの内容に興味を持ち、よく読まれているのかを把握することができます。 ユーザーニーズを見つける方法としては、ヒートマップツールのクリック(タップ)が多い箇所を赤く染めてくれる機能を利用し、目次内のどの見出しが多くクリックされているのかを確認することで特定できます。 下記の記事では、弊社おすすめのヒートマップツール「Clarity(クラリティ)」をShopifyへ導入する方法を解説していますので、ご参考にしてください。 Clarity(クラリティ)とは? | ShopifyにClarityを設定する方法 ...

1 4
  • 【Tips】Shopify の GraphQL Admin API で顧客総数を取得する

    【Tips】Shopify の GraphQL Admin API で顧客総数を取得する

    小笠原 京平

    Shopifyの GraphQL Admin API の小ネタです。 Shopifyの顧客総数を取得したい場合のクエリは、いざ探そうと思ってもパッと見つからないのでメモしておきます。 対象読者 Shopify GraphQL Admin API を使ったことがある方 顧客総数を取得するクエリ 2023-07 バージョンから CustomerSegmentMemberConnection に変更があったため、2023-07より前と以降で若干クエリが異なります。 ※ changelog 2023-07以降 { customerSegmentMembers(first: 1, query: "") { totalCount } } 2023-07より前...

    【Tips】Shopify の GraphQL Admin API で顧客総数を取得する

    小笠原 京平

    Shopifyの GraphQL Admin API の小ネタです。 Shopifyの顧客総数を取得したい場合のクエリは、いざ探そうと思ってもパッと見つからないのでメモしておきます。 対象読者 Shopify GraphQL Admin API を使ったことがある方 顧客総数を取得するクエリ 2023-07 バージョンから CustomerSegmentMemberConnection に変更があったため、2023-07より前と以降で若干クエリが異なります。 ※ changelog 2023-07以降 { customerSegmentMembers(first: 1, query: "") { totalCount } } 2023-07より前...

  • Shopify Vite Plugin でテーマ拡張機能の開発体験を改善する

    Shopify Vite Plugin でテーマ拡張機能の開発体験を改善する

    小笠原 京平

    今回は Barrel が提供する Shopify Vite Plugin を導入して、テーマ拡張機能の開発体験を改善する方法をご紹介します。 対象読者 テーマ拡張機能の開発経験がある方 はじめに Shopifyのテーマ拡張機能 (Theme app extensions) はShopify アプリ開発において、ストアフロントに機能を追加するための機能です。 Liquid、JavaScript、CSSなどを使って開発することができますが、通常のアプリ開発と比較すると、ローカルでの開発体験はそれほどよくありません。 そこで、今回は Shopify Vite Plugin を導入して、開発体験を改善していきます。 Shopify Vite Plugin とは Barrel が提供する Vite用プラグインです。ViteをShopify テーマ開発に組み込んで開発体験を改善することを目的として作られていますが、テーマ拡張機能においてもその恩恵を受けることができます。...

    Shopify Vite Plugin でテーマ拡張機能の開発体験を改善する

    小笠原 京平

    今回は Barrel が提供する Shopify Vite Plugin を導入して、テーマ拡張機能の開発体験を改善する方法をご紹介します。 対象読者 テーマ拡張機能の開発経験がある方 はじめに Shopifyのテーマ拡張機能 (Theme app extensions) はShopify アプリ開発において、ストアフロントに機能を追加するための機能です。 Liquid、JavaScript、CSSなどを使って開発することができますが、通常のアプリ開発と比較すると、ローカルでの開発体験はそれほどよくありません。 そこで、今回は Shopify Vite Plugin を導入して、開発体験を改善していきます。 Shopify Vite Plugin とは Barrel が提供する Vite用プラグインです。ViteをShopify テーマ開発に組み込んで開発体験を改善することを目的として作られていますが、テーマ拡張機能においてもその恩恵を受けることができます。...

  • Shopify Admin API GraphiQLとは? 使い方やメリット・デメリットを解説

    Shopify Admin API GraphiQLとは? 使い方やメリット・デメリットを解説します

    小笠原 京平

    ShopifyのAdmin APIにはGraphQLを用いたAPIがあります。手軽に試す方法としてGraphiQL (GraphQLではなくGraphiQLなのに注意) というIDEがありますので、今回はShopify GraphiQLの使い方やメリット・デメリットを解説します。 GraphiQLとは GraphQL公式が運営しているオープンソースプロジェクトです。GraphQLをブラウザ上でインタラクティブに操作・実行することができます。 グラフィカル (/ˈɡrafək(ə)l/) と発音します。(graphicalと同じ発音) GraphQLとは GraphQLはAPIのためのクエリ言語であり、既存のデータでクエリを実行するためのランタイムです。 GraphQLはAPI内のデータの完全で理解しやすい説明を提供し、クライアントに必要なものだけを要求する力を与え、APIを長期的に進化させることを容易にし、強力な開発者ツールを可能にします。 引用: GraphQL | A query language for your API Shopify GraphiQLの使い方 Shopify GraphiQLは各ストアにアプリをインストールするだけで使えますが、Shopify Devサイト上でデモを触れるので、まずは触ってみましょう! https://shopify.dev/docs/apps/tools/graphiql-admin-api Workshopをやってみよう! Shopifyが作成した「Learn...

    Shopify Admin API GraphiQLとは? 使い方やメリット・デメリットを解説します

    小笠原 京平

    ShopifyのAdmin APIにはGraphQLを用いたAPIがあります。手軽に試す方法としてGraphiQL (GraphQLではなくGraphiQLなのに注意) というIDEがありますので、今回はShopify GraphiQLの使い方やメリット・デメリットを解説します。 GraphiQLとは GraphQL公式が運営しているオープンソースプロジェクトです。GraphQLをブラウザ上でインタラクティブに操作・実行することができます。 グラフィカル (/ˈɡrafək(ə)l/) と発音します。(graphicalと同じ発音) GraphQLとは GraphQLはAPIのためのクエリ言語であり、既存のデータでクエリを実行するためのランタイムです。 GraphQLはAPI内のデータの完全で理解しやすい説明を提供し、クライアントに必要なものだけを要求する力を与え、APIを長期的に進化させることを容易にし、強力な開発者ツールを可能にします。 引用: GraphQL | A query language for your API Shopify GraphiQLの使い方 Shopify GraphiQLは各ストアにアプリをインストールするだけで使えますが、Shopify Devサイト上でデモを触れるので、まずは触ってみましょう! https://shopify.dev/docs/apps/tools/graphiql-admin-api Workshopをやってみよう! Shopifyが作成した「Learn...

  • ブログ記事 Shopifyの必須Webhooks (Mandatory Webhooks)とは? GDPRや対応例など

    Shopifyの必須Webhooks (Mandatory Webhooks)とは? GDPR...

    小笠原 京平

    今回はShopifyアプリ開発を始めたときに詰まるポイントの1つ「必須Webhooks」について解説します。実装をしていなかったり、実装が不十分なためにレビューが通らなかった経験をされた方は多いんじゃないでしょうか?レビューで詰まらないためにも、ぜひご確認ください! Webhooksとは? Shopifyの必須Webhooksを説明する前に、Webhooksについて理解しましょう。Webhooksとは、Webアプリケーションと連携するために用いられるイベント通知の仕組みです。Webhooksを使うことで、あるWebアプリケーションで特定のイベントが起きたときに、データを受け取ったり、何かしらの動作をすることが可能になります。 エンジニアにとって身近な例でいうと、GitHubにコードをプッシュしたときに自動でビルドやテストをするときにWebhooksが使われています。 ShopifyのWebhooks そんなWebhooksはShopifyでも使うことができます。Shopifyアプリ開発では、Shopify Admin APIからWebhooksを使うことができます。また、アプリ以外でもShopify管理画面からWebhookを作成することもできます。 ShopifyのWebhooksにはHTTPSのエンドポイントのほか、Amazon EventBridgeやGoogle Cloud Pub/Subといったメッセージングサービスを使うこともできます。購読するイベントやマーチャントによっては瞬間的に大量のWebhooksを処理する必要があるため、スケールさせやすいメッセージングサービスを使ってWebhooksを処理することをおすすめします。 必須Webhooks (Mandatory Webhooks) とは? 必須Webhooksとは、Shopifyアプリを開発するときに必ず実装しなければならない3つのWebhooksのことです。この3つのWebhooksはGDPRに対応するために必要なWebhooksで、EU加盟国に関わらず、すべてのShopifyアプリはGDPRに準拠しなければなりません。必須Webhooksを実装していない場合、アプリレビューで却下されます。 (3つの必須Webhooks以外のWebhooksは任意で実装すればOKです。) また、必須Webhooksの3つはHTTPSのエンドポイントでのみ作成可能です。上述したEventBridgeやPub/Subを利用することはできません。 GDPRとは? GDPR(General Data Protection Regulation:一般データ保護規則)は、ヨーロッパ連合(EU)の個人情報保護法規で、2018年5月25日から施行されています。これは、EU全域での個人情報のプライバシーを保護し、データの取り扱い方に関して個々の人々により多くの制御権を付与するためのものです。 GDPRは、EU市民または居住者の個人データを処理する全ての組織に適用されます。これには、EU内外の組織も含まれ、EUの市民や居住者のデータを処理する場合、世界のどこにその組織があろうともGDPRの規定を守る必要があります。 GDPRの主な目的は、個人が自分の個人データをどのように収集、保存、使用されるのかを知り、そしてその制御をする権利を持つべきであるという考え方を強化し、統一化することです。これは、個人情報の透明性、アクセスの権利、修正の権利、忘れられる権利(データ削除の権利)、データ移行の権利など、いくつかの重要な権利を個々の人々に付与します。 参考: ChatGPT 必須Webhooksの対応例 上記で説明したように、必須WebhooksとはGDPRに準拠するためのWebhooksなので、顧客情報、ストア情報をデータベースなどに保存しているかどうかで対応方法が変わります。...

    Shopifyの必須Webhooks (Mandatory Webhooks)とは? GDPR...

    小笠原 京平

    今回はShopifyアプリ開発を始めたときに詰まるポイントの1つ「必須Webhooks」について解説します。実装をしていなかったり、実装が不十分なためにレビューが通らなかった経験をされた方は多いんじゃないでしょうか?レビューで詰まらないためにも、ぜひご確認ください! Webhooksとは? Shopifyの必須Webhooksを説明する前に、Webhooksについて理解しましょう。Webhooksとは、Webアプリケーションと連携するために用いられるイベント通知の仕組みです。Webhooksを使うことで、あるWebアプリケーションで特定のイベントが起きたときに、データを受け取ったり、何かしらの動作をすることが可能になります。 エンジニアにとって身近な例でいうと、GitHubにコードをプッシュしたときに自動でビルドやテストをするときにWebhooksが使われています。 ShopifyのWebhooks そんなWebhooksはShopifyでも使うことができます。Shopifyアプリ開発では、Shopify Admin APIからWebhooksを使うことができます。また、アプリ以外でもShopify管理画面からWebhookを作成することもできます。 ShopifyのWebhooksにはHTTPSのエンドポイントのほか、Amazon EventBridgeやGoogle Cloud Pub/Subといったメッセージングサービスを使うこともできます。購読するイベントやマーチャントによっては瞬間的に大量のWebhooksを処理する必要があるため、スケールさせやすいメッセージングサービスを使ってWebhooksを処理することをおすすめします。 必須Webhooks (Mandatory Webhooks) とは? 必須Webhooksとは、Shopifyアプリを開発するときに必ず実装しなければならない3つのWebhooksのことです。この3つのWebhooksはGDPRに対応するために必要なWebhooksで、EU加盟国に関わらず、すべてのShopifyアプリはGDPRに準拠しなければなりません。必須Webhooksを実装していない場合、アプリレビューで却下されます。 (3つの必須Webhooks以外のWebhooksは任意で実装すればOKです。) また、必須Webhooksの3つはHTTPSのエンドポイントでのみ作成可能です。上述したEventBridgeやPub/Subを利用することはできません。 GDPRとは? GDPR(General Data Protection Regulation:一般データ保護規則)は、ヨーロッパ連合(EU)の個人情報保護法規で、2018年5月25日から施行されています。これは、EU全域での個人情報のプライバシーを保護し、データの取り扱い方に関して個々の人々により多くの制御権を付与するためのものです。 GDPRは、EU市民または居住者の個人データを処理する全ての組織に適用されます。これには、EU内外の組織も含まれ、EUの市民や居住者のデータを処理する場合、世界のどこにその組織があろうともGDPRの規定を守る必要があります。 GDPRの主な目的は、個人が自分の個人データをどのように収集、保存、使用されるのかを知り、そしてその制御をする権利を持つべきであるという考え方を強化し、統一化することです。これは、個人情報の透明性、アクセスの権利、修正の権利、忘れられる権利(データ削除の権利)、データ移行の権利など、いくつかの重要な権利を個々の人々に付与します。 参考: ChatGPT 必須Webhooksの対応例 上記で説明したように、必須WebhooksとはGDPRに準拠するためのWebhooksなので、顧客情報、ストア情報をデータベースなどに保存しているかどうかで対応方法が変わります。...

1 4

編集プロセス

EコマースやShopifyの初学者にとって、できるだけ “やさしく” “わかりやすく” “正確に” 難しいコマース用語やマーケティング用語、ストア構築から販売までの仕組み・ノウハウを伝えることを心がけて、記事コンテンツを作成しています。

掲載情報に関して

掲載している各種情報は、株式会社Tsunが経験および、調査した情報をもとにしています。できるだけ“最新“かつ“正確“な情報の掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。当サイトによって生じた損害について、株式会社Tsunではその賠償の責任を一切負わないものとします。掲載情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社Tsunまでご連絡をいただけますようお願いいたします。