ブログ記事

Shopify商品管理ガイド:商品登録から公開、非公開、アーカイブまで完全解説

Shopify商品管理ガイド:商品登録から公開、非公開、アーカイブまで完全解説

Tsunライターチーム

Shopifyを使って商品を管理する方法を詳しく解説します。商品の登録から編集、公開、非公開、さらにはアーカイブまで、ステップバイステップで説明していきます。ブラウザとモバイルアプリの両方での操作方法を紹介しますので、あなたのビジネススタイルに合わせて最適な方法を選択できます。

Shopify商品管理ガイド:商品登録から公開、非公開、アーカイブまで完全解説

Tsunライターチーム

Shopifyを使って商品を管理する方法を詳しく解説します。商品の登録から編集、公開、非公開、さらにはアーカイブまで、ステップバイステップで説明していきます。ブラウザとモバイルアプリの両方での操作方法を紹介しますので、あなたのビジネススタイルに合わせて最適な方法を選択できます。

Shopifyとは?ショッピファイの機能や料金、メリット、デメリットを解説

Shopify(ショッピファイ)とは?メリットやデメリット|Shopifyについて徹底解説

Tsunライターチーム

Shopifyは、世界中で多くの企業に利用されているEコマースプラットフォームです。その使いやすさと柔軟性から、小規模ビジネスから大企業まで幅広く採用されています。この記事では、Shopifyの基本的な概要から、そのメリット・デメリット、始め方、集客方法、SEO対策、カゴ落ち対策まで、Shopifyを活用してECビジネスを成功に導くための包括的な情報をお届けします。

Shopify(ショッピファイ)とは?メリットやデメリット|Shopifyについて徹底解説

Tsunライターチーム

Shopifyは、世界中で多くの企業に利用されているEコマースプラットフォームです。その使いやすさと柔軟性から、小規模ビジネスから大企業まで幅広く採用されています。この記事では、Shopifyの基本的な概要から、そのメリット・デメリット、始め方、集客方法、SEO対策、カゴ落ち対策まで、Shopifyを活用してECビジネスを成功に導くための包括的な情報をお届けします。

ShopifyでPayPayを導入するメリット|決済事業者、手数料を紹介

ShopifyにPayPayを導入するメリット|決済事業者や手数料を紹介

Tsunライターチーム

本記事では、ShopifyストアにPayPayを導入するメリットとデメリット、そして具体的な導入方法について詳しく解説します。PayPayの導入が皆様のビジネスにどのような影響をもたらすのか、一緒に見ていきましょう。

ShopifyにPayPayを導入するメリット|決済事業者や手数料を紹介

Tsunライターチーム

本記事では、ShopifyストアにPayPayを導入するメリットとデメリット、そして具体的な導入方法について詳しく解説します。PayPayの導入が皆様のビジネスにどのような影響をもたらすのか、一緒に見ていきましょう。

【徹底比較】Shopifyのプランの選び方|費用・手数料・決済方法の違いについて Tsun Inc.

【徹底比較】Shopifyのプランの選び方|料金・手数料・決済方法の違いについて

田所 亜希子

本記事では、Shopifyの各プランの違い、料金、手数料、そして選び方について詳しく解説します。また、決済方法や費用を抑えるコツなども紹介しますので、自社に最適なプランを選ぶ際の参考にしてください。

【徹底比較】Shopifyのプランの選び方|料金・手数料・決済方法の違いについて

田所 亜希子

本記事では、Shopifyの各プランの違い、料金、手数料、そして選び方について詳しく解説します。また、決済方法や費用を抑えるコツなども紹介しますので、自社に最適なプランを選ぶ際の参考にしてください。

Shopifyログイン完全ガイド:安全アクセスからトラブルシューティングまで

Shopifyログイン完全ガイド:安全アクセスからトラブルシューティングまで

Tsunライターチーム

本記事では、Shopifyへのログイン方法、一般的なトラブルへの対処法、そしてアカウントのセキュリティ強化について詳しく解説します。初心者から経験豊富なユーザーまで、誰もが安全かつ効率的にShopifyを利用できるよう、実用的なアドバイスを提供します。

Shopifyログイン完全ガイド:安全アクセスからトラブルシューティングまで

Tsunライターチーム

本記事では、Shopifyへのログイン方法、一般的なトラブルへの対処法、そしてアカウントのセキュリティ強化について詳しく解説します。初心者から経験豊富なユーザーまで、誰もが安全かつ効率的にShopifyを利用できるよう、実用的なアドバイスを提供します。

Shopifyの始め方(立ち上げ方)|アカウント作成からストア開設までの流れ・手順

Shopifyの始め方(構築方法)|会員登録からストア開設(立ち上げ)までの流れ

田所 亜希子

Shopifyは、初心者でも安価かつ簡単にECストアを構築できる人気のサービスです。本記事では、Shopifyを利用してECストアを開設するまでの具体的な手順を、初心者にもわかりやすく解説します。

Shopifyの始め方(構築方法)|会員登録からストア開設(立ち上げ)までの流れ

田所 亜希子

Shopifyは、初心者でも安価かつ簡単にECストアを構築できる人気のサービスです。本記事では、Shopifyを利用してECストアを開設するまでの具体的な手順を、初心者にもわかりやすく解説します。

お名前.comで取得した独自ドメインをShopifyで利用する方法

【2024】お名前.comで取得した独自ドメインをShopifyで利用する方法

Tsunライターチーム

本記事ではお名前ドットコムで取得した独自ドメインをShopifyストアで利用するための設定方法をご紹介します。 前提条件 お名前ドットコムにて独自ドメインを取得している場合は後述の設定方法をご参考にしてください。まだ、独自ドメインを取得していない場合は、本設定に入る前にお名前ドットコムにてドメイン購入をお願いします。 ステップ1.お名前ドットコムでDNSレコードを設定 ステップ1-1.DNS設定/転送設定を開く   お名前ドットコムの左メニューにある「DNS設定/転送設定」をクリック Shopifyストアで利用したい独自ドメインにチェックし、「次へ」をクリック 「DNSレコード設定を利用する」の右にある「設定する」をクリック ステップ1-2.2種類のレコードを追加する   1. 下記2種類のレコードを追加する ホスト名:空欄 TYPE:A TTL:3600 VALUE:23.227.38.65 状態:有効 ホスト名:www TYPE:CNAME TTL:3600 VALUE:shops.myshopify.com 状態:有効 2. 「DNSレコード設定用ネームサーバー変更確認」にチェックをつける3. 「確認画面へ進む」をクリック4. 確認画面の内容を確認し、「設定する」をクリック ステップ2.Shopifyで独自ドメインを接続 ステップ2-0. 注意事項...

【2024】お名前.comで取得した独自ドメインをShopifyで利用する方法

Tsunライターチーム

本記事ではお名前ドットコムで取得した独自ドメインをShopifyストアで利用するための設定方法をご紹介します。 前提条件 お名前ドットコムにて独自ドメインを取得している場合は後述の設定方法をご参考にしてください。まだ、独自ドメインを取得していない場合は、本設定に入る前にお名前ドットコムにてドメイン購入をお願いします。 ステップ1.お名前ドットコムでDNSレコードを設定 ステップ1-1.DNS設定/転送設定を開く   お名前ドットコムの左メニューにある「DNS設定/転送設定」をクリック Shopifyストアで利用したい独自ドメインにチェックし、「次へ」をクリック 「DNSレコード設定を利用する」の右にある「設定する」をクリック ステップ1-2.2種類のレコードを追加する   1. 下記2種類のレコードを追加する ホスト名:空欄 TYPE:A TTL:3600 VALUE:23.227.38.65 状態:有効 ホスト名:www TYPE:CNAME TTL:3600 VALUE:shops.myshopify.com 状態:有効 2. 「DNSレコード設定用ネームサーバー変更確認」にチェックをつける3. 「確認画面へ進む」をクリック4. 確認画面の内容を確認し、「設定する」をクリック ステップ2.Shopifyで独自ドメインを接続 ステップ2-0. 注意事項...

Shopifyサイトの見分け方と使用テーマの調べ方を徹底解説!

【2024】Shopifyサイトの見分け方と使用テーマの調べ方を徹底解説!

Tsunライターチーム

Shopifyは、世界中の多くの企業に利用されている人気のECプラットフォームです。Shopifyサイトを見分けることで、競合他社の戦略を分析したり、自社サイトの改善点を発見したりすることができます。 本記事では、参考サイトがShopifyサイトを見分けるメリットと見分ける方法、競合サイトの利用しているShopifyテーマを調べる方法をご紹介します。 下記のブログ記事ではShopifyのメリットやデメリットなどを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyとは?ショッピファイのメリットやデメリット|Shopifyについて徹底解説 Shopifyサイトを見分けるメリット 参考ストアの戦略分析できる Shopifyサイトを見分けることで、競合他社がShopifyを使用しているかどうかがわかります。競合他社のサイト構成、デザイン、機能などを分析し、自社の戦略立案に役立てることができます。 自社サイトの改善点発見できる Shopifyを活用している他社サイトを見ることで、Shopifyの活用事例を収集できます。自社サイトと他社サイトを比較することで、自社サイトの改善点を発見できます。Shopifyの標準機能や、他社の優れた取り組みを参考にして、自社のECサイト運営に生かすことができます。 ECサイト構築の参考 になる Shopifyを使ったECサイト構築を検討している場合、他社のShopifyサイトを参考にすることで、効果的なサイト設計やデザインのアイデアを得ることができます。 下記のブログ記事ではShopifyストアの開設までの流れを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyの始め方(立ち上げ方)|ストア開設までの流れ|アカウントや商品の作り方 Shopifyテーマ選定の参考になる Shopifyには多数のShopifyテーマが用意されています。他社のShopifyサイトを調べることで、どのようなテーマが使われているかがわかります。自社に適したテーマ選定の参考になります。 下記のブログ記事ではおすすめのShopifyテーマを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyテーマ9選 | テーマの選び方や人気の無料テーマ、おすすめのテーマも紹介 Shopifyアプリ選定の参考になる 前述の「Shopifyテーマ選定の参考になる」と同様に、Shopifyには多数のShopifyアプリが用意されています。他社のShopifyサイトを調べることで、どのような機能が存在するのか、どの機能の構築にどんなShopifyアプリが利用されているのかを調べることで、自社に適したShopifyアプリ選定の参考になります。 下記のブログ記事では「集客」や「売上拡大」、「ブログ記事拡張」など様々なおすすめアプリをジャンル別に紹介しています。ご参考にしてください。 おすすめのShopifyアプリ|ジャンル別に紹介 マーケティング施策の参考になる Shopifyサイトを見分けることで、参考サイトのマーケティング施策を知ることができます。例えば、商品の見せ方、販促方法、顧客とのコミュニケーション方法など、同じShopifyで構築しているため、参考にできる点(または、真似できる点)が多数あります。 Shopifyサイトの特徴 特定のURLパターン Shopifyの商品ページやコレクションページ、ブログ記事などは特定のURLパターンとなっています。 商品ページの場合は「ドメイン/products/xxxx」ですし、コレクションページの場合は「ドメイン/collections/xxxx」、ブログ記事の場合は「ドメイン/blogs/xxxx」となります。...

【2024】Shopifyサイトの見分け方と使用テーマの調べ方を徹底解説!

Tsunライターチーム

Shopifyは、世界中の多くの企業に利用されている人気のECプラットフォームです。Shopifyサイトを見分けることで、競合他社の戦略を分析したり、自社サイトの改善点を発見したりすることができます。 本記事では、参考サイトがShopifyサイトを見分けるメリットと見分ける方法、競合サイトの利用しているShopifyテーマを調べる方法をご紹介します。 下記のブログ記事ではShopifyのメリットやデメリットなどを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyとは?ショッピファイのメリットやデメリット|Shopifyについて徹底解説 Shopifyサイトを見分けるメリット 参考ストアの戦略分析できる Shopifyサイトを見分けることで、競合他社がShopifyを使用しているかどうかがわかります。競合他社のサイト構成、デザイン、機能などを分析し、自社の戦略立案に役立てることができます。 自社サイトの改善点発見できる Shopifyを活用している他社サイトを見ることで、Shopifyの活用事例を収集できます。自社サイトと他社サイトを比較することで、自社サイトの改善点を発見できます。Shopifyの標準機能や、他社の優れた取り組みを参考にして、自社のECサイト運営に生かすことができます。 ECサイト構築の参考 になる Shopifyを使ったECサイト構築を検討している場合、他社のShopifyサイトを参考にすることで、効果的なサイト設計やデザインのアイデアを得ることができます。 下記のブログ記事ではShopifyストアの開設までの流れを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyの始め方(立ち上げ方)|ストア開設までの流れ|アカウントや商品の作り方 Shopifyテーマ選定の参考になる Shopifyには多数のShopifyテーマが用意されています。他社のShopifyサイトを調べることで、どのようなテーマが使われているかがわかります。自社に適したテーマ選定の参考になります。 下記のブログ記事ではおすすめのShopifyテーマを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyテーマ9選 | テーマの選び方や人気の無料テーマ、おすすめのテーマも紹介 Shopifyアプリ選定の参考になる 前述の「Shopifyテーマ選定の参考になる」と同様に、Shopifyには多数のShopifyアプリが用意されています。他社のShopifyサイトを調べることで、どのような機能が存在するのか、どの機能の構築にどんなShopifyアプリが利用されているのかを調べることで、自社に適したShopifyアプリ選定の参考になります。 下記のブログ記事では「集客」や「売上拡大」、「ブログ記事拡張」など様々なおすすめアプリをジャンル別に紹介しています。ご参考にしてください。 おすすめのShopifyアプリ|ジャンル別に紹介 マーケティング施策の参考になる Shopifyサイトを見分けることで、参考サイトのマーケティング施策を知ることができます。例えば、商品の見せ方、販促方法、顧客とのコミュニケーション方法など、同じShopifyで構築しているため、参考にできる点(または、真似できる点)が多数あります。 Shopifyサイトの特徴 特定のURLパターン Shopifyの商品ページやコレクションページ、ブログ記事などは特定のURLパターンとなっています。 商品ページの場合は「ドメイン/products/xxxx」ですし、コレクションページの場合は「ドメイン/collections/xxxx」、ブログ記事の場合は「ドメイン/blogs/xxxx」となります。...

【徹底比較】Shopify・BASE・STORESの違い|料金・手数料・決済方法・海外対応など Tsun Inc.

【徹底比較】Shopify・BASE・STORESの違い|料金・手数料・決済方法・海外対応など

田所 亜希子

「ECサイトを立ち上げたい、でもどのプラットフォームを選べばいいか分からない」そんな悩みを抱える方は多いのではないでしょうか。 本記事では、ECサイト構築の大手プラットフォームである Shopify、BASE、STORES の3社を徹底比較します。各サービスの特徴、料金体系、機能の違いなどを詳しく解説し、あなたのビジネスに最適なプラットフォーム選びをサポートします。

【徹底比較】Shopify・BASE・STORESの違い|料金・手数料・決済方法・海外対応など

田所 亜希子

「ECサイトを立ち上げたい、でもどのプラットフォームを選べばいいか分からない」そんな悩みを抱える方は多いのではないでしょうか。 本記事では、ECサイト構築の大手プラットフォームである Shopify、BASE、STORES の3社を徹底比較します。各サービスの特徴、料金体系、機能の違いなどを詳しく解説し、あなたのビジネスに最適なプラットフォーム選びをサポートします。

ShopifyにAmazon Payを導入するメリットや決済手数料

ShopifyにAmazon Payを導入するメリットや決済手数料

Tsunライターチーム

Amazon Pay(アマゾン ペイ)は、多くのオンラインショッピングユーザーに親しまれているAmazonのアカウント情報を利用して、簡単かつ安全に決済ができるサービスです。Shopifyストアにこの決済方法を導入することで、顧客の利便性向上やカゴ落ち率の低下など、様々なメリットが期待できます。本記事では、Amazon Payの概要、Shopifyへの導入方法、そのメリット、さらには関連するQ&Aまで詳しく解説していきます。

ShopifyにAmazon Payを導入するメリットや決済手数料

Tsunライターチーム

Amazon Pay(アマゾン ペイ)は、多くのオンラインショッピングユーザーに親しまれているAmazonのアカウント情報を利用して、簡単かつ安全に決済ができるサービスです。Shopifyストアにこの決済方法を導入することで、顧客の利便性向上やカゴ落ち率の低下など、様々なメリットが期待できます。本記事では、Amazon Payの概要、Shopifyへの導入方法、そのメリット、さらには関連するQ&Aまで詳しく解説していきます。

Shopify ペイメント徹底解説 - 決済手数料・メリット・デメリットまで

Shopifyペイメントについて徹底解説 - 決済手数料・メリット・デメリットまで

Tsunライターチーム

本記事では、Shopifyペイメントの特徴、メリット、デメリット、そして手数料体系について詳しく解説します。これからShopifyストアを開設しようと考えている方や、既にストアを立ち上げ中の方にとって、Shopifyペイメントを利用すべきかどうかの判断材料となる情報をお届けします。

Shopifyペイメントについて徹底解説 - 決済手数料・メリット・デメリットまで

Tsunライターチーム

本記事では、Shopifyペイメントの特徴、メリット、デメリット、そして手数料体系について詳しく解説します。これからShopifyストアを開設しようと考えている方や、既にストアを立ち上げ中の方にとって、Shopifyペイメントを利用すべきかどうかの判断材料となる情報をお届けします。

Shopifyストアにコンビニ決済を導入するメリットや導入方法

Shopifyストアにコンビニ決済を導入するメリットや導入方法

Tsunライターチーム

コンビニ決済(コンビニ支払い)とは コンビニ決済(コンビニ支払い)は、セブンイレブンやローソンなど全国のコンビニエンスストアで、ECストアで購入した商品の代金を現金で支払える決済方法です。 クレジットカードを保有していない若年層や、インターネット上でのクレジットカード決済を好まない層のお客さまによく利用されています。 Shopifyにコンビニ決済を導入するメリット カゴ落ち防止に繋がる カゴ落ちの原因の大半を占めるのは「希望する決済種別がない」という理由です。クレジットカードを保有していない方や、好まない方のカゴ落ちを防ぐためにも、コンビニ決済の導入はしておいた方が良いでしょう。 出典:インターネットの利用状況|総務省 令和3年版の総務省の調査結果では、「インターネットで購入する際の決済方法」として、コンビニ決済はクレジットカード決済に次いで2番めに利用されている決済方法です。決済方法を増やしたいと考えている方は、コンビニ決済を検討してみてはいかがでしょうか。 下記の記事では「決済方法の拡充」以外にもShopifyで出来るカゴ落ち対策を紹介しています。ご参考になさってください。 Shopifyで出来るカゴ落ち対策|原因やShopifyアプリも紹介 クレジットカードを保有できない若年層の獲得 ECサイトでの主要な支払い方法の1つにクレジットカード決済がありますが、多くのクレジットカード会社はカード発行対象年齢を18才〜20才以上と設定しています。そのため、クレジットカード支払いのみのストアでは未成年者が購入する事ができないケースが殆どですが、コンビニ決済を導入する事でこの問題は解消されます。 クレジットカードの使用を好まない層の獲得 成人済の方でもクレジットカード決済に抵抗感を持っている方は多く存在します。クレジットカード決済を避けたい方でもストアで購入ができるように、コンビニ決済を導入しておくことは双方にメリットが生まれます。 Shopifyにコンビニ決済を導入するデメリット コストが増える コンビニ決済を利用するためには、月額費が必要だったり、決済手数料(決済手数料や返金手数料など)が増え場合がアあります。また、コンビニ決済はShopifyペイメント以外の決済方法になりますので、取引手数料も発生します。 手数料が高額になるとストア側の利益が少なくなってしまうため、なるべくコストを削減したい場合は手数料が安い事業者を選びましょう。 取引手数料とは? 取引手数料は、ユーザーから支払いを受ける際に発生する手数料のことです。 取引手数料はShopifyペイメントを利用する場合は免除となりますが、それ以外の外部の決済事業者を利用する場合は以下の費用がかかります。 Shopifyプラン名 スターター ベーシック スタンダード プレミアム プラス 取引手数料 5.00% 2.00%...

Shopifyストアにコンビニ決済を導入するメリットや導入方法

Tsunライターチーム

コンビニ決済(コンビニ支払い)とは コンビニ決済(コンビニ支払い)は、セブンイレブンやローソンなど全国のコンビニエンスストアで、ECストアで購入した商品の代金を現金で支払える決済方法です。 クレジットカードを保有していない若年層や、インターネット上でのクレジットカード決済を好まない層のお客さまによく利用されています。 Shopifyにコンビニ決済を導入するメリット カゴ落ち防止に繋がる カゴ落ちの原因の大半を占めるのは「希望する決済種別がない」という理由です。クレジットカードを保有していない方や、好まない方のカゴ落ちを防ぐためにも、コンビニ決済の導入はしておいた方が良いでしょう。 出典:インターネットの利用状況|総務省 令和3年版の総務省の調査結果では、「インターネットで購入する際の決済方法」として、コンビニ決済はクレジットカード決済に次いで2番めに利用されている決済方法です。決済方法を増やしたいと考えている方は、コンビニ決済を検討してみてはいかがでしょうか。 下記の記事では「決済方法の拡充」以外にもShopifyで出来るカゴ落ち対策を紹介しています。ご参考になさってください。 Shopifyで出来るカゴ落ち対策|原因やShopifyアプリも紹介 クレジットカードを保有できない若年層の獲得 ECサイトでの主要な支払い方法の1つにクレジットカード決済がありますが、多くのクレジットカード会社はカード発行対象年齢を18才〜20才以上と設定しています。そのため、クレジットカード支払いのみのストアでは未成年者が購入する事ができないケースが殆どですが、コンビニ決済を導入する事でこの問題は解消されます。 クレジットカードの使用を好まない層の獲得 成人済の方でもクレジットカード決済に抵抗感を持っている方は多く存在します。クレジットカード決済を避けたい方でもストアで購入ができるように、コンビニ決済を導入しておくことは双方にメリットが生まれます。 Shopifyにコンビニ決済を導入するデメリット コストが増える コンビニ決済を利用するためには、月額費が必要だったり、決済手数料(決済手数料や返金手数料など)が増え場合がアあります。また、コンビニ決済はShopifyペイメント以外の決済方法になりますので、取引手数料も発生します。 手数料が高額になるとストア側の利益が少なくなってしまうため、なるべくコストを削減したい場合は手数料が安い事業者を選びましょう。 取引手数料とは? 取引手数料は、ユーザーから支払いを受ける際に発生する手数料のことです。 取引手数料はShopifyペイメントを利用する場合は免除となりますが、それ以外の外部の決済事業者を利用する場合は以下の費用がかかります。 Shopifyプラン名 スターター ベーシック スタンダード プレミアム プラス 取引手数料 5.00% 2.00%...

ShopifyでECサイトを構築する方法|ECサイト構築にShopifyを選ぶ理由

ShopifyでECサイトを構築する方法|ECサイト構築にShopifyを選ぶ理由

Tsunライターチーム

Shopifyは、初心者でも簡単にオンラインストアを構築できるプラットフォームです。本記事では、Shopifyの構築方法やECサイト構築サービスとしてShopifyを選ぶ理由について解説します。ECサイトを開業したい方や、オンライン販売に興味がある方は、必見です!

ShopifyでECサイトを構築する方法|ECサイト構築にShopifyを選ぶ理由

Tsunライターチーム

Shopifyは、初心者でも簡単にオンラインストアを構築できるプラットフォームです。本記事では、Shopifyの構築方法やECサイト構築サービスとしてShopifyを選ぶ理由について解説します。ECサイトを開業したい方や、オンライン販売に興味がある方は、必見です!

Shopifyストアに後払いを導入するメリット|Paidyなどのあと払いサービスも紹介

Shopifyストアに後払いを導入するメリット|Paidyなどのあと払いサービスも紹介

Tsunライターチーム

後払い決済とは、購入者が商品やサービスの提供を受け取った後に代金を支払う決済手段のことです。本記事ではShopifyであと払いを導入するメリットと後払いに対応する方法を紹介します。

Shopifyストアに後払いを導入するメリット|Paidyなどのあと払いサービスも紹介

Tsunライターチーム

後払い決済とは、購入者が商品やサービスの提供を受け取った後に代金を支払う決済手段のことです。本記事ではShopifyであと払いを導入するメリットと後払いに対応する方法を紹介します。

【2023年度】ECサイト制作会社の選び方は?鹿児島発企業のTsunがおすすめな理由5選 Tsun Inc.

【2024年】ECサイト制作会社の選び方は?鹿児島発企業のTsunがおすすめな理由5選

Tsunライターチーム

こんにちは、鹿児島県でECサイト制作を行っている株式会社Tsunです。Tsunでは鹿児島県だけでなく、全国の取引企業様とオンラインでECサイト制作や売上拡大のためのマーケティング支援を行っています。 みなさんは、ECサイト制作会社をどうやって選べばいいのか気になっていませんか。「自社の目的にあったECサイトを制作・支援してくれるか」でECサイト制作会社を選ぶのがおすすめです。 ECサイト制作会社とは? ECサイトの制作を委託することのできる企業のことをECサイト制作会社と呼びます。 受注管理システム(OMS)、在庫管理システム、倉庫管理システム(WMS)、カート・決済システムなどのEC運営に必要な機能を搭載したECイトを依頼者の希望に沿った形で制作します。 ECサイト制作会社毎に、得意としているECプラットフォーム(ShopifyやECモールなど)やサポート範囲(ECサイトの制作だけでなく、制作後のショップ運営までサポートしてくれるなど)が異なります。 そのため、自社で実現したいECサイトの方向性と合致しているEC制作会社を選びましょう。 ECサイト制作の相場 ここでは、ECサイト制作の種類と制作を依頼する時に掛かる費用感・料金相場などを解説します。 下記の記事では「ECサイトの作り方」を詳しく解説していますので、ご参考になさってください。 【初心者でも分かる】ECサイトの作り方|ネットショップの出店・構築方法・費用について ECモールに出店する場合 楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピング、Qoo10などのECモールに出店する店舗ページを制作する場合の相場をご紹介します。 各ECモールの違いについては下記の記事で詳しく解説していますので、ご参考になさってください。 ECモールを徹底比較|モールごとの特徴や事業者タイプ別におすすめモールをご紹介 月額費用・決済手数料 初期費用: 0円~数万円 月額費用: 0円~数万円 取引手数料: 約7%~15% 制作費用 自分で制作する場合 :無料 制作会社に依頼する場合 :10〜50万円※あくまで相場であり、デザインや独自機能などを盛り込むことで価格は高くなります 制作期間 約1〜3ヶ月 ASPでECサイトを制作する場合...

【2024年】ECサイト制作会社の選び方は?鹿児島発企業のTsunがおすすめな理由5選

Tsunライターチーム

こんにちは、鹿児島県でECサイト制作を行っている株式会社Tsunです。Tsunでは鹿児島県だけでなく、全国の取引企業様とオンラインでECサイト制作や売上拡大のためのマーケティング支援を行っています。 みなさんは、ECサイト制作会社をどうやって選べばいいのか気になっていませんか。「自社の目的にあったECサイトを制作・支援してくれるか」でECサイト制作会社を選ぶのがおすすめです。 ECサイト制作会社とは? ECサイトの制作を委託することのできる企業のことをECサイト制作会社と呼びます。 受注管理システム(OMS)、在庫管理システム、倉庫管理システム(WMS)、カート・決済システムなどのEC運営に必要な機能を搭載したECイトを依頼者の希望に沿った形で制作します。 ECサイト制作会社毎に、得意としているECプラットフォーム(ShopifyやECモールなど)やサポート範囲(ECサイトの制作だけでなく、制作後のショップ運営までサポートしてくれるなど)が異なります。 そのため、自社で実現したいECサイトの方向性と合致しているEC制作会社を選びましょう。 ECサイト制作の相場 ここでは、ECサイト制作の種類と制作を依頼する時に掛かる費用感・料金相場などを解説します。 下記の記事では「ECサイトの作り方」を詳しく解説していますので、ご参考になさってください。 【初心者でも分かる】ECサイトの作り方|ネットショップの出店・構築方法・費用について ECモールに出店する場合 楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピング、Qoo10などのECモールに出店する店舗ページを制作する場合の相場をご紹介します。 各ECモールの違いについては下記の記事で詳しく解説していますので、ご参考になさってください。 ECモールを徹底比較|モールごとの特徴や事業者タイプ別におすすめモールをご紹介 月額費用・決済手数料 初期費用: 0円~数万円 月額費用: 0円~数万円 取引手数料: 約7%~15% 制作費用 自分で制作する場合 :無料 制作会社に依頼する場合 :10〜50万円※あくまで相場であり、デザインや独自機能などを盛り込むことで価格は高くなります 制作期間 約1〜3ヶ月 ASPでECサイトを制作する場合...

主要ECモールのSEO対策の基本|最低限おさえるポイントを一挙解説 Tsun Inc.

主要ECモールのSEO対策の基本|最低限おさえるポイントを一挙解説

島村 洋和

ECモールにおけるSEO対策の重要性と目的 SEO対策といえばGoogle検索やYahoo!検索といった検索エンジンの検索結果に上位表示させる施策で有名ですが、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングといったECモールにもSEO対策は有効です。 モールごとに独自の検索ロジックが存在するため、必ずしも検索エンジンと同様のSEO対策が有効とは限りません。適切な対策を施すことでモール内における商品ページの表示順位を上げることができます。 GoogleやYahoo!などの検索エンジンでのSEO対策に関しては下記の記事で詳しく解説していますので、ご参考になさってください。 SEOのメリット・デメリット ECモールでSEO対策が重要な理由 ECモールにおけるSEO対策が重要な理由は主に2つあります。 1.検索によって商品を探すユーザーが多い 自然検索による流入数を増やすSEO対策は、売上を伸ばすにあたって重要な施策です。 商品ページのPVの内訳を大別すると、広告経由流入と自然検索流入の2つに分けることができます。つまり、商品ページのPVを増やすためには広告を活用するか、自然検索による流入を増やす必要があります。 もちろん広告を活用して集客することもひとつの手段ですが、ECモールにおけるユーザーの消費行動を考えると見えてくるように、多くのユーザーがモール内の検索機能を利用して商品を探しています。 商品ページを検索結果画面で上位に表示させることで、商品を探しているユーザーへの露出量が増え、結果的に商品ページのPV数が増えます。 したがって、自然検索による流入数を増やすSEO対策は、売上を伸ばすにあたって重要な施策であるといえます。 2.費用がかからない 広告と違い、SEO対策は費用がかからないことも重要なポイントです。 もちろん作業工数はかかりますが、それを差し引いても売上へのインパクトが大きい施策です。 広告はある程度の予算が必要な一方、SEO対策はビジネスをはじめてまもない事業者でもでき、かつ一度対策をすれば長期間効果が期待できる集客施策なため、費用対効果の観点から見てもSEO対策は重要な施策といえます。 目指すべきゴール(目的) ECモールにおけるSEO対策で目指すべきゴールは、商品ページを各モールの検索結果一覧の1ページ目、できればファーストビューに表示させることです。 なぜなら、検索順位が落ちれば落ちるほどPVは競合に流れるか、途中で離脱して他のキーワードを検索してしまう可能性が高くなるためです。 特にページが分かれる仕様になっているモールの場合、1ページ目に比べて2ページ目以降のPV数がガクンと落ちるので、1ページ目に入ることが大切になります。 例えば楽天市場(PC版)の検索結果ページ1ページ目の内訳は、広告枠が2〜3商品、自然検索枠が42〜43商品なので、最低でも43位以内に入ることが目標となります。(2022年12月現在) とはいえ、1ページ目のギリギリにランクインしても得られるPVは少ないため、ストアのPVを増やすためには、まずどのモールでも狙ったキーワードの検索順位が10位以内になることを目指しましょう。 ECモールにおけるSEO対策の考え方 ECモールにおける検索ロジックは随時アップデートされるため、必ず最新の情報を取り入れるようにしましょう。 その上で、ここではECモールでSEO対策を実施する上での基本的な考え方を解説します。 モールごとの検索ロジックを理解する まずは、自身が運営している各モールの検索ロジックを理解しましょう。検索ロジックを理解することで、SEO対策のうち何を優先的に実施すべきかの判断がしやすくなります。 例えばYahoo!ショッピングでは、優良ストアラベル・優良配送ラベルがついている商品の検索順位がその他の商品よりも大きく優遇されるロジックになっています。(2022年12月現在) そのため、場合によってはキーワード対策よりも優良ストアラベル・優良配送ラベルを獲得することを優先した方が売上へのインパクトが大きくなる可能性が考えられます。...

主要ECモールのSEO対策の基本|最低限おさえるポイントを一挙解説

島村 洋和

ECモールにおけるSEO対策の重要性と目的 SEO対策といえばGoogle検索やYahoo!検索といった検索エンジンの検索結果に上位表示させる施策で有名ですが、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングといったECモールにもSEO対策は有効です。 モールごとに独自の検索ロジックが存在するため、必ずしも検索エンジンと同様のSEO対策が有効とは限りません。適切な対策を施すことでモール内における商品ページの表示順位を上げることができます。 GoogleやYahoo!などの検索エンジンでのSEO対策に関しては下記の記事で詳しく解説していますので、ご参考になさってください。 SEOのメリット・デメリット ECモールでSEO対策が重要な理由 ECモールにおけるSEO対策が重要な理由は主に2つあります。 1.検索によって商品を探すユーザーが多い 自然検索による流入数を増やすSEO対策は、売上を伸ばすにあたって重要な施策です。 商品ページのPVの内訳を大別すると、広告経由流入と自然検索流入の2つに分けることができます。つまり、商品ページのPVを増やすためには広告を活用するか、自然検索による流入を増やす必要があります。 もちろん広告を活用して集客することもひとつの手段ですが、ECモールにおけるユーザーの消費行動を考えると見えてくるように、多くのユーザーがモール内の検索機能を利用して商品を探しています。 商品ページを検索結果画面で上位に表示させることで、商品を探しているユーザーへの露出量が増え、結果的に商品ページのPV数が増えます。 したがって、自然検索による流入数を増やすSEO対策は、売上を伸ばすにあたって重要な施策であるといえます。 2.費用がかからない 広告と違い、SEO対策は費用がかからないことも重要なポイントです。 もちろん作業工数はかかりますが、それを差し引いても売上へのインパクトが大きい施策です。 広告はある程度の予算が必要な一方、SEO対策はビジネスをはじめてまもない事業者でもでき、かつ一度対策をすれば長期間効果が期待できる集客施策なため、費用対効果の観点から見てもSEO対策は重要な施策といえます。 目指すべきゴール(目的) ECモールにおけるSEO対策で目指すべきゴールは、商品ページを各モールの検索結果一覧の1ページ目、できればファーストビューに表示させることです。 なぜなら、検索順位が落ちれば落ちるほどPVは競合に流れるか、途中で離脱して他のキーワードを検索してしまう可能性が高くなるためです。 特にページが分かれる仕様になっているモールの場合、1ページ目に比べて2ページ目以降のPV数がガクンと落ちるので、1ページ目に入ることが大切になります。 例えば楽天市場(PC版)の検索結果ページ1ページ目の内訳は、広告枠が2〜3商品、自然検索枠が42〜43商品なので、最低でも43位以内に入ることが目標となります。(2022年12月現在) とはいえ、1ページ目のギリギリにランクインしても得られるPVは少ないため、ストアのPVを増やすためには、まずどのモールでも狙ったキーワードの検索順位が10位以内になることを目指しましょう。 ECモールにおけるSEO対策の考え方 ECモールにおける検索ロジックは随時アップデートされるため、必ず最新の情報を取り入れるようにしましょう。 その上で、ここではECモールでSEO対策を実施する上での基本的な考え方を解説します。 モールごとの検索ロジックを理解する まずは、自身が運営している各モールの検索ロジックを理解しましょう。検索ロジックを理解することで、SEO対策のうち何を優先的に実施すべきかの判断がしやすくなります。 例えばYahoo!ショッピングでは、優良ストアラベル・優良配送ラベルがついている商品の検索順位がその他の商品よりも大きく優遇されるロジックになっています。(2022年12月現在) そのため、場合によってはキーワード対策よりも優良ストアラベル・優良配送ラベルを獲得することを優先した方が売上へのインパクトが大きくなる可能性が考えられます。...

【徹底比較】カラーミーショップとShopifyの違い|料金・手数料・決済方法など Tsun Inc.

【徹底比較】カラーミーショップとShopifyの違い|料金・手数料・決済方法など

Tsunライターチーム

ネットショップを開設する上で大事になってくるのが、どのサービスを利用するかです。Shopifyもカラーミーショップもネットショップを開設するサービスの中で有名なサービスではありますが、比較してみると料金も出来ることも異なります。本記事では、Shopifyとカラーミーショップを様々な項目で比較し、最終的にどちらがおすすめかを紹介します。 BASEやSTORESも検討されている方は、下記の記事もご参考にしてください。 【徹底比較】Shopify・BASE・STORESの違い また、ネットショップの構築を検討されている方は、下記の記事もご参考にしてください。 ECサイト制作会社の選び方は?鹿児島発企業のTsunがおすすめな理由5選 Shopifyとは? 「Shopify」は世界175カ国、数百万店舗で使用されている世界シェア最大級の大手ASPです。 自社のビジネス規模に合わせて複数のプランから選択できるため、小規模事業者から大規模事業者まで幅広く対応ができるサービスになっています。 外部アプリケーションと連携できる拡張機能も非常に豊富で、在庫連携や実店舗とのデータ連携など、自社が使いやすいようにカスタマイズをすることが可能です。 引用:https://tsun.ec/blogs/articles/about-shopify カラーミーショップとは? カラーミーショップはGMOペパボ株式会社が提供しているネットショップ作成サービスです。 フリープランは初期費用も月額費用も無料で始めることができ、レギュラープランでは月額4,950円で全ての機能を利用することが可能で、比較的安価なコストでネットショップを構築できます。 また、スマートフォンにアプリを入れれば、商品の受注状況の確認や、発送手続きをスマートフォンから行うことが可能です。 引用:https://tsun.ec/blogs/articles/8 導入店舗数で比較  Shopify(ショッピファイ) 全体:約200万店舗(内、国内:約2.6万店舗) データ元:Store Leads ※Shopifyが店舗数を非公開のため、Store Leadsの推定データをになります カラーミーショップ 全体:約5万店舗 データ元:2022年12月期 第3四半期 決算説明会資料  料金(費用)を比較 ネットショップを運営する上で最も重要なのは毎月発生するランニングコストが事業規模に見合っているかどうかです。Shopifyとカラーミーショップの料金を確認してみましょう。 初期費用と月額費用を比較...

【徹底比較】カラーミーショップとShopifyの違い|料金・手数料・決済方法など

Tsunライターチーム

ネットショップを開設する上で大事になってくるのが、どのサービスを利用するかです。Shopifyもカラーミーショップもネットショップを開設するサービスの中で有名なサービスではありますが、比較してみると料金も出来ることも異なります。本記事では、Shopifyとカラーミーショップを様々な項目で比較し、最終的にどちらがおすすめかを紹介します。 BASEやSTORESも検討されている方は、下記の記事もご参考にしてください。 【徹底比較】Shopify・BASE・STORESの違い また、ネットショップの構築を検討されている方は、下記の記事もご参考にしてください。 ECサイト制作会社の選び方は?鹿児島発企業のTsunがおすすめな理由5選 Shopifyとは? 「Shopify」は世界175カ国、数百万店舗で使用されている世界シェア最大級の大手ASPです。 自社のビジネス規模に合わせて複数のプランから選択できるため、小規模事業者から大規模事業者まで幅広く対応ができるサービスになっています。 外部アプリケーションと連携できる拡張機能も非常に豊富で、在庫連携や実店舗とのデータ連携など、自社が使いやすいようにカスタマイズをすることが可能です。 引用:https://tsun.ec/blogs/articles/about-shopify カラーミーショップとは? カラーミーショップはGMOペパボ株式会社が提供しているネットショップ作成サービスです。 フリープランは初期費用も月額費用も無料で始めることができ、レギュラープランでは月額4,950円で全ての機能を利用することが可能で、比較的安価なコストでネットショップを構築できます。 また、スマートフォンにアプリを入れれば、商品の受注状況の確認や、発送手続きをスマートフォンから行うことが可能です。 引用:https://tsun.ec/blogs/articles/8 導入店舗数で比較  Shopify(ショッピファイ) 全体:約200万店舗(内、国内:約2.6万店舗) データ元:Store Leads ※Shopifyが店舗数を非公開のため、Store Leadsの推定データをになります カラーミーショップ 全体:約5万店舗 データ元:2022年12月期 第3四半期 決算説明会資料  料金(費用)を比較 ネットショップを運営する上で最も重要なのは毎月発生するランニングコストが事業規模に見合っているかどうかです。Shopifyとカラーミーショップの料金を確認してみましょう。 初期費用と月額費用を比較...

自社ECのアップセル・クロスセル戦略|やり方のポイントと注意点 Tsun Inc.

Shopifyストアのアップセル・クロスセル戦略|やり方のポイントと注意点

島村 洋和

「RuffRuff 予約販売」は在庫切れや新商品販売前、入荷待ちなどのタイミングで発生する機会損失の削減をサポートします。自身のShopifyストアに驚くほど簡単に予約販売を実現し、無制限での予約商品を登録および無制限で予約注文を受け付けることが可能です。また、予約商品と通常商品を同時に注文させないように制限したり、入荷時期が未定な場合は再入荷通知も可能です。他の予約販売アプリにはない商品出荷前に支払回収できる「後払い」機能などのユニークな機能もたくさん存在します。 引用元: RuffRuff 予約販売 アプリを見る デモページを見る アップセル・クロスセルとは? アップセルとは アップセルとは、現在商品の購入を検討している顧客や以前商品を購入したことがある顧客に対して、より高価な、またはアップグレードされた商品の購入を促すことで、顧客1人当たりの売上単価を高める施策のことです。 例えば、5万円の商品を購入しようとしている顧客によりグレードが高い10万円の商品を訴求したり、年会費無料のノーマルクレジットカードから年会費有料のプラチナクレジットカードにアップグレードしてもらったりすることなどがアップセルに当たります。 クロスセルとは クロスセルとは、商品やサービスを購入した顧客または購入を検討している顧客に対して、関連する別商品の合わせ買いを促すことで顧客1人当たりの売上単価を高める施策のことです。 例えば、紅茶の茶葉をカートに入れた顧客に対して茶葉の保存容器やティーカップなどの周辺商品を訴求するような施策がクロスセルに当たります。 アップセルとクロスセルの違い アップセルもクロスセルも、顧客1人当たりの売上単価を高めることが目的の施策ですが、それぞれのアプローチ方法には大きな違いがあります。 アップセルは、よりグレードと価格の高い商品の購入や同じ商品の複数個まとめ買いを促すことで顧客単価を上げようとするのに対し、クロスセルは関連する別の商品のセット購入を促すことで顧客単価のアップを目指しているという点でアプローチが異なります。 アップセルとクロスセルはどっちが売上への貢献度が高い? アップセルとクロスセルのどちらが売上への貢献度が高いのかについては、目的や商材によって異なるため一概には言えませんが、基本的には、1人の顧客と初めて取引をした時から取引終了までに得られる売上=LTV(Life Time Value:ライフタイムバリュー)が最も高くなる方を選びましょう。 イメージをしやすくするためにここではアップセルを優先するケースとクロスセルを優先するケースの例をそれぞれ紹介します。 アップセルを優先する例 顧客が購入している商品よりもグレードが高い商品がある場合は、その商品を提案するアップセル施策が向いています。 例えば、サプリメントを購入しようとしている顧客に、より容量の多いサプリメントやより多くの成分が配合されている商品の購入を促すことなどがそれに当たります。 別の関連商品を提案するより、既に購入意欲の高い商品と同等以上の価値の商品に誘導した方がLTVが高くなる可能性が高いためです。 クロスセルを優先する例 ある商品を使用する際に必ず使用する別の商品がある場合はクロスセル施策が向いています。例えば、自社サイトでコーヒー豆を購入しようとしている顧客に、自社ブランドのロゴをあしらったマグカップやタンブラーの購入を促すことなどがそれに当たります。 他のコーヒー豆を購入してもらうより、コーヒーを飲む際に必ず使用するマグカップを自社ブランド製品にしてもらい、ブランドに対する顧客のエンゲージメントを高めることで得られるLTVの方が高くなる可能性が高いためです。 アップセル・クロスセルのメリット・デメリット アップセル・クロスセルは売上向上に有効な施策ですが、メリットだけでなくデメリットもあることを知っておくことも大切です。...

Shopifyストアのアップセル・クロスセル戦略|やり方のポイントと注意点

島村 洋和

「RuffRuff 予約販売」は在庫切れや新商品販売前、入荷待ちなどのタイミングで発生する機会損失の削減をサポートします。自身のShopifyストアに驚くほど簡単に予約販売を実現し、無制限での予約商品を登録および無制限で予約注文を受け付けることが可能です。また、予約商品と通常商品を同時に注文させないように制限したり、入荷時期が未定な場合は再入荷通知も可能です。他の予約販売アプリにはない商品出荷前に支払回収できる「後払い」機能などのユニークな機能もたくさん存在します。 引用元: RuffRuff 予約販売 アプリを見る デモページを見る アップセル・クロスセルとは? アップセルとは アップセルとは、現在商品の購入を検討している顧客や以前商品を購入したことがある顧客に対して、より高価な、またはアップグレードされた商品の購入を促すことで、顧客1人当たりの売上単価を高める施策のことです。 例えば、5万円の商品を購入しようとしている顧客によりグレードが高い10万円の商品を訴求したり、年会費無料のノーマルクレジットカードから年会費有料のプラチナクレジットカードにアップグレードしてもらったりすることなどがアップセルに当たります。 クロスセルとは クロスセルとは、商品やサービスを購入した顧客または購入を検討している顧客に対して、関連する別商品の合わせ買いを促すことで顧客1人当たりの売上単価を高める施策のことです。 例えば、紅茶の茶葉をカートに入れた顧客に対して茶葉の保存容器やティーカップなどの周辺商品を訴求するような施策がクロスセルに当たります。 アップセルとクロスセルの違い アップセルもクロスセルも、顧客1人当たりの売上単価を高めることが目的の施策ですが、それぞれのアプローチ方法には大きな違いがあります。 アップセルは、よりグレードと価格の高い商品の購入や同じ商品の複数個まとめ買いを促すことで顧客単価を上げようとするのに対し、クロスセルは関連する別の商品のセット購入を促すことで顧客単価のアップを目指しているという点でアプローチが異なります。 アップセルとクロスセルはどっちが売上への貢献度が高い? アップセルとクロスセルのどちらが売上への貢献度が高いのかについては、目的や商材によって異なるため一概には言えませんが、基本的には、1人の顧客と初めて取引をした時から取引終了までに得られる売上=LTV(Life Time Value:ライフタイムバリュー)が最も高くなる方を選びましょう。 イメージをしやすくするためにここではアップセルを優先するケースとクロスセルを優先するケースの例をそれぞれ紹介します。 アップセルを優先する例 顧客が購入している商品よりもグレードが高い商品がある場合は、その商品を提案するアップセル施策が向いています。 例えば、サプリメントを購入しようとしている顧客に、より容量の多いサプリメントやより多くの成分が配合されている商品の購入を促すことなどがそれに当たります。 別の関連商品を提案するより、既に購入意欲の高い商品と同等以上の価値の商品に誘導した方がLTVが高くなる可能性が高いためです。 クロスセルを優先する例 ある商品を使用する際に必ず使用する別の商品がある場合はクロスセル施策が向いています。例えば、自社サイトでコーヒー豆を購入しようとしている顧客に、自社ブランドのロゴをあしらったマグカップやタンブラーの購入を促すことなどがそれに当たります。 他のコーヒー豆を購入してもらうより、コーヒーを飲む際に必ず使用するマグカップを自社ブランド製品にしてもらい、ブランドに対する顧客のエンゲージメントを高めることで得られるLTVの方が高くなる可能性が高いためです。 アップセル・クロスセルのメリット・デメリット アップセル・クロスセルは売上向上に有効な施策ですが、メリットだけでなくデメリットもあることを知っておくことも大切です。...