ブログ記事

【徹底比較】Shopify・BASE・STORESの違い|料金・手数料・決済方法・海外対応など Tsun Inc.

【徹底比較】Shopify・BASE・STORESの違い|料金・手数料・決済方法・海外対応など

田所 亜希子

ECサイト構築の大手プラットフォームであるショッピファイ・べース・ストアーズの3社を徹底比較しました。 料金や手数料、決済方法、海外対応、ブログ機能、販売方法など、ECサイトを運営する上で重要なポイントを徹底的に比較!

【徹底比較】Shopify・BASE・STORESの違い|料金・手数料・決済方法・海外対応など

田所 亜希子

ECサイト構築の大手プラットフォームであるショッピファイ・べース・ストアーズの3社を徹底比較しました。 料金や手数料、決済方法、海外対応、ブログ機能、販売方法など、ECサイトを運営する上で重要なポイントを徹底的に比較!

Shopifyの始め方(立ち上げ方)|アカウント作成からストア開設までの流れ・手順

Shopifyの始め方(立ち上げ方)|ストア開設までの流れ|アカウントや商品の作り方

田所 亜希子

初心者向けにShopifyの作り方(Shopifyの構築方法)をアカウント作成からストア開設までに必要な手順を紹介します。また、始めた後(立ち上げ後)に導入すべきツールや集客方法、販売方法、リピート対策などもご紹介します

Shopifyの始め方(立ち上げ方)|ストア開設までの流れ|アカウントや商品の作り方

田所 亜希子

初心者向けにShopifyの作り方(Shopifyの構築方法)をアカウント作成からストア開設までに必要な手順を紹介します。また、始めた後(立ち上げ後)に導入すべきツールや集客方法、販売方法、リピート対策などもご紹介します

【徹底比較】Shopifyのプランの選び方|費用・手数料・決済方法の違いについて Tsun Inc.

【徹底比較】Shopifyのプランの選び方|費用・手数料・決済方法の違いについて

田所 亜希子

この記事ではShopifyを導入する際のプランの選び方や、各種手数料、決済方法に関して詳しく解説します。スタータープランやベーシックプラン、スタンダードプラン、プレミアムプラン、プラスプランがそれぞれ何が出来るかを紹介します。決済事業者のSBペイメントやGMOイプシロン、Paidyの手数料もご紹介しています。

【徹底比較】Shopifyのプランの選び方|費用・手数料・決済方法の違いについて

田所 亜希子

この記事ではShopifyを導入する際のプランの選び方や、各種手数料、決済方法に関して詳しく解説します。スタータープランやベーシックプラン、スタンダードプラン、プレミアムプラン、プラスプランがそれぞれ何が出来るかを紹介します。決済事業者のSBペイメントやGMOイプシロン、Paidyの手数料もご紹介しています。

OMS(受注管理システム)ってなに?費用・選ぶポイント・メリット・デメリット

OMS(受注管理システム)ってなに?費用・選ぶポイント・メリット・デメリット

田所 亜希子

OMS(受注管理システム)って何? OMSとは「Order Management System」の略で、受注管理システムと呼ばれるものです。 ECサイトでの注文情報や顧客情報を一括で管理することができ、インターネットや実店舗で複数の店舗を経営しているショップにとっては、大変便利なシステムになります。 OMS (受注管理システム)の 機能について OMSには基本的に以下のような機能が備わっています。 ①注文管理各ショップで入った注文を一括で管理します。注文内容の変更やキャンセル等も管理することができます。 ②在庫管理ショップ全体の在庫状況を一括で管理します。 ③商品管理商品番号や商品名、値段などを一括で管理します。 ④出荷管理出荷の手配や取り消し、過去の出荷実績の管理を一括で行います。 ⑤顧客管理顧客ごとの注文情報やポイント状況を一括で管理します。登録や退会、更新等も管理することができます。 OMS(受注管理システム)の必要性 自社サイトの他にも楽天やAmazonなど、複数のモールやサイトでショップを運営している場合、各サイトの注文情報を1つ1つ照らし合わせて在庫管理をするのは、非常に大変です。 そこで必要となるシステムがOMSです。OMSは複数のインターネット上の店舗や、オフラインの実店舗での注文情報を一括で管理し、在庫管理を行うことができます。 また、各ショップの顧客情報や商品情報など、バックエンド業務に関わる広い範囲の情報を一括で管理することができます。 OMSとWMS(倉庫管理システム)の違い WMSはWarehouse Management Systemの略で、倉庫内の情報を管理するシステムになります。 OMSは注文から出荷までを管理するシステムなのに対し、WMSは出荷を受けてからの倉庫内のピッキングや検品、商品の保管情報を管理するシステムになります。 WMSに関しては以下の記事でも詳しく解説しているので、是非ご参照ください。 WMS(倉庫管理システム)とは?メリットやデメリット、選ぶポイントを解説  OMS (受注管理システム)のメリット OMSを導入するメリットとしては以下の3つが挙げられます。 ①在庫管理が楽になる 複数店舗での在庫状況を一括で管理できるようになるため、在庫管理が非常に楽になります。 ②業務ミスが減る 楽天で商品が沢山売れて在庫が切れたのに、Amazonでの反映が間に合わず在庫切れの状態で販売を続けてしまった、といったようなミスも無くなるため、業務上のミスが大幅に削減されます。...

OMS(受注管理システム)ってなに?費用・選ぶポイント・メリット・デメリット

田所 亜希子

OMS(受注管理システム)って何? OMSとは「Order Management System」の略で、受注管理システムと呼ばれるものです。 ECサイトでの注文情報や顧客情報を一括で管理することができ、インターネットや実店舗で複数の店舗を経営しているショップにとっては、大変便利なシステムになります。 OMS (受注管理システム)の 機能について OMSには基本的に以下のような機能が備わっています。 ①注文管理各ショップで入った注文を一括で管理します。注文内容の変更やキャンセル等も管理することができます。 ②在庫管理ショップ全体の在庫状況を一括で管理します。 ③商品管理商品番号や商品名、値段などを一括で管理します。 ④出荷管理出荷の手配や取り消し、過去の出荷実績の管理を一括で行います。 ⑤顧客管理顧客ごとの注文情報やポイント状況を一括で管理します。登録や退会、更新等も管理することができます。 OMS(受注管理システム)の必要性 自社サイトの他にも楽天やAmazonなど、複数のモールやサイトでショップを運営している場合、各サイトの注文情報を1つ1つ照らし合わせて在庫管理をするのは、非常に大変です。 そこで必要となるシステムがOMSです。OMSは複数のインターネット上の店舗や、オフラインの実店舗での注文情報を一括で管理し、在庫管理を行うことができます。 また、各ショップの顧客情報や商品情報など、バックエンド業務に関わる広い範囲の情報を一括で管理することができます。 OMSとWMS(倉庫管理システム)の違い WMSはWarehouse Management Systemの略で、倉庫内の情報を管理するシステムになります。 OMSは注文から出荷までを管理するシステムなのに対し、WMSは出荷を受けてからの倉庫内のピッキングや検品、商品の保管情報を管理するシステムになります。 WMSに関しては以下の記事でも詳しく解説しているので、是非ご参照ください。 WMS(倉庫管理システム)とは?メリットやデメリット、選ぶポイントを解説  OMS (受注管理システム)のメリット OMSを導入するメリットとしては以下の3つが挙げられます。 ①在庫管理が楽になる 複数店舗での在庫状況を一括で管理できるようになるため、在庫管理が非常に楽になります。 ②業務ミスが減る 楽天で商品が沢山売れて在庫が切れたのに、Amazonでの反映が間に合わず在庫切れの状態で販売を続けてしまった、といったようなミスも無くなるため、業務上のミスが大幅に削減されます。...

自社ECとモール型ECの違いは?|メリット・デメリットを徹底解説! Tsun Inc.

自社ECとモール型ECの違いは?|メリット・デメリットを徹底解説!

田所 亜希子

ECサイトの運営担当者が、まず始めに考えなければいけないテーマは「モール型EC」と「自社ECサイト」どちらで運営を行うのかという点でしょう。 この記事ではモール型ECと自社ECの違いや、それぞれのメリット・デメリットについて徹底解説します! 自社ECとモール型ECの違いについて まずは自社ECとモール型EC、それぞれの特徴について確認しましょう。 モール型ECの特徴 モール型ECは複数のネットショップで構成された、インターネット上のショッピングモールのことを指します。Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどがモール型ECにあたります。 モール型ECは利用者数がとても多いため、集客力が非常に強いのが最大の利点です。ただし出店店舗数も多いため、モール内での価格競争が起こりやすいことが特徴としてあげられます。 自社ECの特徴 自社ECは企業が独自でサイトを構築し、運営するネットショップのことを指します。 自社ECサイトの作り方に関しては以下の記事で詳しく解説しています。 【初心者でも分かる!】ECサイトの作り方|ネットショップの出店・構築方法・費用について ネットショップを開設してすぐの期間は集客力がほぼないため、独自にユーザーを集めるためのマーケティングを行う必要があります。ただし、自社ECはモール型ECに比べて利益率が高く、自由にネットショップを作ることが可能なので、ブランディングがしやすいというメリットがあります。 自社ECのメリット・デメリット 自社ECは独自性が高くブランディングがしやすいため、長期的にショップを大きく成長させたい場合におすすめです。 自社ECのメリット ・利益率が高い ECモールに出店すると出店料や手数料、広告費などの様々な費用が発生します。自社ECでも使用するシステムによっては月額の維持費がかかりますが、ECモールよりも低額で抑えられることが多く、また他モールとの価格競争も起こらないため、トータルで利益率が高くなる傾向にあります。 ・ショップのブランディングがしやすい 自社でECサイトを作れば、好きなようにショップページをレイアウトすることが可能です。ECモールでは難しいショップ名のアピールやブランドイメージをしっかりと伝えるような仕組みを作りやすいです。 ・顧客データを使って細かい分析ができる ECモールでは顧客データはあくまでECモール側で管理されているため、ショップ側が見ることができる情報は制限されています。自社ECの場合は顧客データを全て管理することができるので、リピート施策を打ったり、細かい分析をすることが可能です。 自社ECのデメリット ・自力で集客をする必要がある ECモールには既に多くの利用者がいることが最大の強みですが、自社ECは1から自分で集客をする必要があります。SEO対策やコンテンツ作成、広告運用などのマーケティングを時間をかけて行うことが重要です。 下記の記事では、SEOのメリットやSEO対策について解説しています。参考にしてください。 SEOのメリット・デメリット|Shopifyで出来るSEO対策 ・結果が出るまでに時間がかかる 上記のようなマーケティング施策は一朝一夕で結果が出るものではなく、日々の積み重ねが重要となります。そのため結果が出るまでには、ある程度時間がかかることが多いです。 ・マーケティングの能力が必要 自力で集客をするためにはマーケティングの知識が必須です。ブランディングの方向やそれに伴った戦略を打てる人材が社内にいないと、自社ECを運営することは難しいでしょう。...

自社ECとモール型ECの違いは?|メリット・デメリットを徹底解説!

田所 亜希子

ECサイトの運営担当者が、まず始めに考えなければいけないテーマは「モール型EC」と「自社ECサイト」どちらで運営を行うのかという点でしょう。 この記事ではモール型ECと自社ECの違いや、それぞれのメリット・デメリットについて徹底解説します! 自社ECとモール型ECの違いについて まずは自社ECとモール型EC、それぞれの特徴について確認しましょう。 モール型ECの特徴 モール型ECは複数のネットショップで構成された、インターネット上のショッピングモールのことを指します。Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどがモール型ECにあたります。 モール型ECは利用者数がとても多いため、集客力が非常に強いのが最大の利点です。ただし出店店舗数も多いため、モール内での価格競争が起こりやすいことが特徴としてあげられます。 自社ECの特徴 自社ECは企業が独自でサイトを構築し、運営するネットショップのことを指します。 自社ECサイトの作り方に関しては以下の記事で詳しく解説しています。 【初心者でも分かる!】ECサイトの作り方|ネットショップの出店・構築方法・費用について ネットショップを開設してすぐの期間は集客力がほぼないため、独自にユーザーを集めるためのマーケティングを行う必要があります。ただし、自社ECはモール型ECに比べて利益率が高く、自由にネットショップを作ることが可能なので、ブランディングがしやすいというメリットがあります。 自社ECのメリット・デメリット 自社ECは独自性が高くブランディングがしやすいため、長期的にショップを大きく成長させたい場合におすすめです。 自社ECのメリット ・利益率が高い ECモールに出店すると出店料や手数料、広告費などの様々な費用が発生します。自社ECでも使用するシステムによっては月額の維持費がかかりますが、ECモールよりも低額で抑えられることが多く、また他モールとの価格競争も起こらないため、トータルで利益率が高くなる傾向にあります。 ・ショップのブランディングがしやすい 自社でECサイトを作れば、好きなようにショップページをレイアウトすることが可能です。ECモールでは難しいショップ名のアピールやブランドイメージをしっかりと伝えるような仕組みを作りやすいです。 ・顧客データを使って細かい分析ができる ECモールでは顧客データはあくまでECモール側で管理されているため、ショップ側が見ることができる情報は制限されています。自社ECの場合は顧客データを全て管理することができるので、リピート施策を打ったり、細かい分析をすることが可能です。 自社ECのデメリット ・自力で集客をする必要がある ECモールには既に多くの利用者がいることが最大の強みですが、自社ECは1から自分で集客をする必要があります。SEO対策やコンテンツ作成、広告運用などのマーケティングを時間をかけて行うことが重要です。 下記の記事では、SEOのメリットやSEO対策について解説しています。参考にしてください。 SEOのメリット・デメリット|Shopifyで出来るSEO対策 ・結果が出るまでに時間がかかる 上記のようなマーケティング施策は一朝一夕で結果が出るものではなく、日々の積み重ねが重要となります。そのため結果が出るまでには、ある程度時間がかかることが多いです。 ・マーケティングの能力が必要 自力で集客をするためにはマーケティングの知識が必須です。ブランディングの方向やそれに伴った戦略を打てる人材が社内にいないと、自社ECを運営することは難しいでしょう。...

【超厳選】問い合わせ管理システムの機能・メリット・選び方|おすすめツール比較5選 Tsun Inc.

【超厳選】問い合わせ管理システムの機能・メリット・選び方|おすすめツール比較5選

田所 亜希子

問い合わせ管理システムの機能 問い合わせ管理システムとは、顧客からの問い合わせを一元的に管理・共有するシステムです。 出店店舗数や事業の規模が大きくなると、顧客からの問い合わせは自社のホームページだけでなく、SNSや各ECモール、チャット、LINEなど、チャネルが増えて対応漏れや対応遅れのリスクが高くなります。 複数の問い合わせ経路を1つにまとめ、チーム全体で共有することで問い合わせ業務を円滑に進めることができるのが、問い合わせ管理システムの機能です。 問い合わせ管理システムのメリット 問い合わせ管理システムを導入するメリットとしては以下の点が挙げられます。 ①問い合わせを1つのツールにまとめて管理できる ②問い合わせ業務の対応ミスが減る ③担当者への負担が減り人件費削減に繋がる ④データから組織の運営改善が図れる それぞれ、詳しく解説していきます。 ①問い合わせを1つのツールにまとめて管理できる メールや電話、SNS、ECモールなど、複数経路のある問い合わせを1つにまとめてツール内で管理することが出来ます。 ②問い合わせ業務の対応ミスが減る 問い合わせ経路を1つにまとめることで、対応の遅れや漏れの防止に繋がります。 また、使用するツールの機能にもよりますが、誰かが対応中の問い合わせは他の担当者が編集できないようロックがかかったり、問い合わせごとにラベルを付けて担当者を振り分けることができるため、重複返信などのミスも減ります。 ③担当者への負担が減り人件費削減に繋がる 今まで各チャネルを開き、1つ1つ問い合わせを確認する必要があったものが、1つのツールにまとまることで、問い合わせ業務に対する工数がかなり削減されます。 さらに、上記のようにシステムで担当者を割り振ったり、決まったテンプレートをそのまま使用できるシステムなどが用意されているツールもあるため、問い合わせ担当者への負担が減り、人件費削減にも繋がります。 ④データから組織の運営改善が図れる 問い合わせのデータをシステムに蓄積することによって、問い合わせ内容や対応状況を表やグラフで見える化することが可能です。 これらのデータから顧客満足度の向上や、社内の業務・運営改善を図ることができます。 問い合わせ管理システムの選び方 自社に合った問い合わせ管理システムを選ぶためには、以下点に注意するようにしましょう。 ①自社の問い合わせチャネルに対応しているか 自社で窓口を設けている問い合わせチャネルが対応しているのか、必ず確認するようにしましょう。例えばTwitter等のSNSからの問い合わせが多いのに、SNSに対応していない管理ツールを選んでも何も意味がありません。  ②自社の問題に合った必要な機能が備わっているか 現状自社が抱えている問題が何なのかを明確にし、その問題を解決できるツールを選ぶようにしましょう。 例えば問い合わせの重複対応や対応漏れ等が問題になっている場合は、自動振り分け機能など、問い合わせの進捗状態をチーム全体で共有・可視化できるツールを選びましょう。  ③セキュリティ対策は万全か...

【超厳選】問い合わせ管理システムの機能・メリット・選び方|おすすめツール比較5選

田所 亜希子

問い合わせ管理システムの機能 問い合わせ管理システムとは、顧客からの問い合わせを一元的に管理・共有するシステムです。 出店店舗数や事業の規模が大きくなると、顧客からの問い合わせは自社のホームページだけでなく、SNSや各ECモール、チャット、LINEなど、チャネルが増えて対応漏れや対応遅れのリスクが高くなります。 複数の問い合わせ経路を1つにまとめ、チーム全体で共有することで問い合わせ業務を円滑に進めることができるのが、問い合わせ管理システムの機能です。 問い合わせ管理システムのメリット 問い合わせ管理システムを導入するメリットとしては以下の点が挙げられます。 ①問い合わせを1つのツールにまとめて管理できる ②問い合わせ業務の対応ミスが減る ③担当者への負担が減り人件費削減に繋がる ④データから組織の運営改善が図れる それぞれ、詳しく解説していきます。 ①問い合わせを1つのツールにまとめて管理できる メールや電話、SNS、ECモールなど、複数経路のある問い合わせを1つにまとめてツール内で管理することが出来ます。 ②問い合わせ業務の対応ミスが減る 問い合わせ経路を1つにまとめることで、対応の遅れや漏れの防止に繋がります。 また、使用するツールの機能にもよりますが、誰かが対応中の問い合わせは他の担当者が編集できないようロックがかかったり、問い合わせごとにラベルを付けて担当者を振り分けることができるため、重複返信などのミスも減ります。 ③担当者への負担が減り人件費削減に繋がる 今まで各チャネルを開き、1つ1つ問い合わせを確認する必要があったものが、1つのツールにまとまることで、問い合わせ業務に対する工数がかなり削減されます。 さらに、上記のようにシステムで担当者を割り振ったり、決まったテンプレートをそのまま使用できるシステムなどが用意されているツールもあるため、問い合わせ担当者への負担が減り、人件費削減にも繋がります。 ④データから組織の運営改善が図れる 問い合わせのデータをシステムに蓄積することによって、問い合わせ内容や対応状況を表やグラフで見える化することが可能です。 これらのデータから顧客満足度の向上や、社内の業務・運営改善を図ることができます。 問い合わせ管理システムの選び方 自社に合った問い合わせ管理システムを選ぶためには、以下点に注意するようにしましょう。 ①自社の問い合わせチャネルに対応しているか 自社で窓口を設けている問い合わせチャネルが対応しているのか、必ず確認するようにしましょう。例えばTwitter等のSNSからの問い合わせが多いのに、SNSに対応していない管理ツールを選んでも何も意味がありません。  ②自社の問題に合った必要な機能が備わっているか 現状自社が抱えている問題が何なのかを明確にし、その問題を解決できるツールを選ぶようにしましょう。 例えば問い合わせの重複対応や対応漏れ等が問題になっている場合は、自動振り分け機能など、問い合わせの進捗状態をチーム全体で共有・可視化できるツールを選びましょう。  ③セキュリティ対策は万全か...