WMS(倉庫管理システム)とは?メリットやデメリット、選ぶポイントを解説 Tsun Inc.

WMS(倉庫管理システム)とは?メリットやデメリット、選ぶポイントを解説

WMS(倉庫管理システム)は物流や在庫をもつ事業において、さまざまな情報をデジタル化して生産性を高める必須ツールです。

EC事業者を含め、新しく在庫を抱える事業をはじめる方はWMSについてはじめて知る方も多いでしょう。

また、どのWMSを選べばいいか迷っているかもしれませんね。

そこで、今回はWMSのメリットやデメリット、選ぶポイントなどについて解説します。

また、EC事業者と相性のよいWMSについても紹介します。 

WMS(倉庫管理システム)とは? 

WMSはWarehouse Management Systemの略です。

倉庫に置けるものを管理するシステムであり、物流倉庫内の業務の正確性向上やスピードアップを実現します。

WMS(倉庫管理システム)の機能 

具体的には以下のような倉庫内で行われる業務のサポート機能があります。

  1. 入庫管理:入庫予定リスト、返品入庫、ハンディ検品 等
  2. 在庫管理:在庫照会、在庫調整、ロケーション移動、商品履歴 等
  3. 帳票発行:納品書・明細書発行、値札発行 等
  4. 棚卸管理:棚卸指示、棚卸報告、ハンディ棚卸 等
  5. 出庫管理:出庫予定、ピッキングリスト、仕入先返品

 

ハンディターミナルでバーコードを読み取ったりモバイル端末を使ったりしてシステムを動かします。

WMSとTMS(配送管理システム)の違い 

TMS(Transport Management System)は、倉庫から荷物が出た後の配送状況を管理するシステムです。

  • 配送状況も把握
  • 輸送トラックの配車管理
  • 到着時間の予想

などを行います。 

WMSとOMS(受注管理システム)の違い 

OMS(Oder Management System)は、商品の受注や入金等を管理するシステムです。WMS以前の処理を行います。

  • 商品の受注情報の入力
  • 出荷依頼書の作成

などを行います。

OMS(Oder Management System)については、下記の記事をご参考ください。

OMS(受注管理システム)ってなに?費用・選ぶポイント・メリット・デメリット

WMS(倉庫管理システム)のメリット 

WMSを用いることで、庫内業務の正確性やスピードアップが図れます。

ヒューマンエラーが減り、誤出荷などのミスも防止できるでしょう。

複雑な計算業務はシステムが担うので、誰でも庫内業務ができるよう業務の簡略化も可能です。

また、庫内状況をリアルタイムで可視化することで、庫内の進捗状況を一目で把握できるので適切な人員配置など効率化を図れます。

人が行う作業量が減るため、人件費を減らすことで経費削減にもなります。

WMS(倉庫管理システム)のデメリット 

WMSのデメリットについても触れておきます。

主には以下の2つです。

  • 導入コストがかかる
  • システムの浸透までに時間がかかる

WMSを導入するにはシステムそのものの費用もかかりますが、導入するWMSに合わせて現在の運用の変更も必要です。

しかし、人件費の経費削減など長期的な目線からトータルで考えると、導入する方がコストカットにつながるケースが多いです。

また、新たなシステムの導入に対して社員の対応も求められます。

導入するWMSに対して運用マニュアルを整えたり、システムのサポートを活用したりして段階的かつ計画的に浸透を図っていきましょう。

WMS(倉庫管理システム)の費用相場 

WMSは提供するサービスの形態によって費用相場は異なります。

提供形態

特徴

費用相場

クラウド型

  • 自社サーバー不要
  • 低コストだが月額で費用発生
  • インターネットを介した操作が可能

数万円~数十万円 / 月額

オンプレミス型

  • 自社サーバー内に導入するため、自社に合わせたカスタマイズ性が高い
  • 大規模事業者向け

数十万円~数百万円

パッケージ型

  • カスタマイズの手間を省き、短期導入が可能

数十万円~数百万円

 

近年は、インターネットの普及やコストパフォーマンスのよさ、導入にかかる手間などからクラウド型の需要が高まっています。

とくに、小規模のEC事業者ではクラウド型を採用するケースが多いです。

WMS(倉庫管理システム)を選ぶポイント 

WMSは長期にわたって使用する可能性が高いので、自社の事業にあったものを選ぶ必要があります。

選ぶポイントを間違えると、導入にかかったコストが無駄になりかねません。

以下の5つのポイントをチェックしながら選ぶと失敗を避けられます。

  1. WMSを導入する目的の機能が十分に備わっている 
  2. 自社と同じ業種・業界で十分な導入がある 
  3. 今後事業が拡大してもビジネス展開に対応できる拡張性がある 
  4. 外部倉庫や業者、他システムと連携してデータの共有ができる 
  5. 蓄積されたデータを活用して業務改善を図れる 

WMS(倉庫管理システム)の代表的なサービス 

ここではWMSの代表的なサービスをいくつかに絞って紹介します。

国内シェア率が高く、ECサイトを使った小規模事業からでも扱えるクラウド型を中心にピックアップしています。 

製品名 

提供形態 

参考費用 

備考 

クラウドトーマス 

クラウド型

75,000円~

  • ITトレンド資料請求ランキング(2021年)『WMS』No.1
  • 導入前後のサポートが手厚い

ロジザードZERO 

クラウド型

パッケージ型

60,000円~

  • 業界シェア率1位
  • ECサイト向け
  • 365日電話サポート

COOOLa 

クラウド型

50,000円~

  • AIと連携したサポート有
  • 経営者が選ぶクラウド型倉庫管理システム部門で3冠

Super-Vision 

クラウド型

要問合せ

  • 量販店向け
  • 「衣・食・住」の物流に注力

mylogi 

クラウド型

30,000円~

  • ECサイトに特化
  • ShopifyとAPI連携
  • 導入サポート3ヵ月

Shopifyと相性のよいWMSは? 

ShopifyはECサイト構築・運用を低コストで行える世界シェア最大級のプラットフォームです。

そのため、Shopifyを使ったECサイト事業を検討したり、すでにはじめられたりしている方も多いと思います。

WMSの中には、Shopify expertsパートナーとして認定されているものや、Shopifyとの連携を売りにしているものもあります。

たとえば上記であげたmylogiや、他にもSHIPPINNOLOGILESSなどはShopifyとのスムーズな連携が可能です。

ブログに戻る
  • Shopifyでサンクスページをカスタマイズする方法|Shopifyアプリも紹介

    Shopifyでサンクスページをカスタマイズする方法|Shopifyアプリも紹介

    Tsunライターチーム

    サンクスページは、顧客がオンラインショップで購入完了後に表示されるページのことです。本記事では、サンクスページをカスタマイズする方法とそのメリットについて詳しく解説します。また、おすすめのShopifyアプリもご紹介します。

    Shopifyでサンクスページをカスタマイズする方法|Shopifyアプリも紹介

    Tsunライターチーム

    サンクスページは、顧客がオンラインショップで購入完了後に表示されるページのことです。本記事では、サンクスページをカスタマイズする方法とそのメリットについて詳しく解説します。また、おすすめのShopifyアプリもご紹介します。

  • Shopifyで販売期間を設定する方法|無料の方法や日本語対応したShopifyアプリも紹介

    【2024】Shopifyで販売期間を設定する方法|無料の方法や販売期間設定アプリも紹介

    Tsunライターチーム

    Shopifyを利用してオンラインストアを運営する際、特定の商品を特定の期間だけ販売したいというニーズがあるかもしれません。例えば、季節限定商品や期間限定セールなどがその一例です。本記事では、Shopifyで商品販売期間を設定するためのさまざまな方法について詳しく解説し、それぞれのメリットとデメリットを比較します。また、販売期間設定に特化したおすすめのアプリもご紹介します。

    【2024】Shopifyで販売期間を設定する方法|無料の方法や販売期間設定アプリも紹介

    Tsunライターチーム

    Shopifyを利用してオンラインストアを運営する際、特定の商品を特定の期間だけ販売したいというニーズがあるかもしれません。例えば、季節限定商品や期間限定セールなどがその一例です。本記事では、Shopifyで商品販売期間を設定するためのさまざまな方法について詳しく解説し、それぞれのメリットとデメリットを比較します。また、販売期間設定に特化したおすすめのアプリもご紹介します。

  • Shopifyで在庫数を表示する方法3選|Shopifyアプリも紹介

    【無料】Shopifyで在庫数を表示する方法3選|Shopifyアプリも紹介

    Tsunライターチーム

    Shopifyストアで在庫数を表示することは、ユーザーの購買意思決定をサポートし、売上アップに繋がります。本記事では、初心者でも安心して実践できる方法をステップバイステップで解説します。また、在庫数を表示するのにおすすめのShopifyアプリもご紹介します。

    【無料】Shopifyで在庫数を表示する方法3選|Shopifyアプリも紹介

    Tsunライターチーム

    Shopifyストアで在庫数を表示することは、ユーザーの購買意思決定をサポートし、売上アップに繋がります。本記事では、初心者でも安心して実践できる方法をステップバイステップで解説します。また、在庫数を表示するのにおすすめのShopifyアプリもご紹介します。

  • 【2022年版】Shopifyの目次生成アプリを紹介!目次を入れるメリットは?

    【2024】Shopifyに目次を入れるメリット|目次を作成できるShopifyアプリも紹介

    Tsunライターチーム

    みなさんは、Shopifyでブログ記事(またはニュースやジャーナル、マガジンなど)を書いていますか。まだ書いていないという方は、まずはこちらの記事を参考にしてください。 Shopifyのブログ機能をフル活用しよう|機能や拡張アプリを紹介 本記事では、Shopifyストアのブログ記事に目次を追加するメリットや目次追加におすすめのShopifyアプリをご紹介します。 Shopifyに目次を入れるメリット Shopifyストアに目次のを入れるメリットは下記になります 読者(訪問者)の利便性が上がる 書き手(ストア側)思考の整理になる アクセス数が増加する ユーザーニーズを把握できる SEOにも良い効果が期待できる それぞれ詳しく解説していきます。 読者(訪問者)の利便性が上がる 目次は下記のように読者の利便性を向上させます。 ブログ記事の内容がひと目でわかる 読みたい箇所にすぐにアクセスできる 書き手(ストア側)思考の整理になる 目次を利用することで、書き手側の思考の整理にも役立ちます。思考の整理として下記の項目を目次でチェックすることがおすすめです。 論理的に整理されているか 読者(訪問者)目線で書かれているか 読者(訪問者)が得たい情報が書かれているか アクセス数が増加する Googleの検索結果で記事タイトルの下にいくつかリンクが表示されているのを見たことはありませんか? 目次はGoogleの検索結果にも表示されることがあるため、目次が検索結果に表示されるとクリック率が増え、アクセス数の増加も期待できます。  ユーザーニーズを把握できる ヒートマップツールと組み合わせることで、読者がブログ記事内のどの内容に興味を持ち、よく読まれているのかを把握することができます。 ユーザーニーズを見つける方法としては、ヒートマップツールのクリック(タップ)が多い箇所を赤く染めてくれる機能を利用し、目次内のどの見出しが多くクリックされているのかを確認することで特定できます。 下記の記事では、弊社おすすめのヒートマップツール「Clarity(クラリティ)」をShopifyへ導入する方法を解説していますので、ご参考にしてください。 Clarity(クラリティ)とは? | ShopifyにClarityを設定する方法 ...

    【2024】Shopifyに目次を入れるメリット|目次を作成できるShopifyアプリも紹介

    Tsunライターチーム

    みなさんは、Shopifyでブログ記事(またはニュースやジャーナル、マガジンなど)を書いていますか。まだ書いていないという方は、まずはこちらの記事を参考にしてください。 Shopifyのブログ機能をフル活用しよう|機能や拡張アプリを紹介 本記事では、Shopifyストアのブログ記事に目次を追加するメリットや目次追加におすすめのShopifyアプリをご紹介します。 Shopifyに目次を入れるメリット Shopifyストアに目次のを入れるメリットは下記になります 読者(訪問者)の利便性が上がる 書き手(ストア側)思考の整理になる アクセス数が増加する ユーザーニーズを把握できる SEOにも良い効果が期待できる それぞれ詳しく解説していきます。 読者(訪問者)の利便性が上がる 目次は下記のように読者の利便性を向上させます。 ブログ記事の内容がひと目でわかる 読みたい箇所にすぐにアクセスできる 書き手(ストア側)思考の整理になる 目次を利用することで、書き手側の思考の整理にも役立ちます。思考の整理として下記の項目を目次でチェックすることがおすすめです。 論理的に整理されているか 読者(訪問者)目線で書かれているか 読者(訪問者)が得たい情報が書かれているか アクセス数が増加する Googleの検索結果で記事タイトルの下にいくつかリンクが表示されているのを見たことはありませんか? 目次はGoogleの検索結果にも表示されることがあるため、目次が検索結果に表示されるとクリック率が増え、アクセス数の増加も期待できます。  ユーザーニーズを把握できる ヒートマップツールと組み合わせることで、読者がブログ記事内のどの内容に興味を持ち、よく読まれているのかを把握することができます。 ユーザーニーズを見つける方法としては、ヒートマップツールのクリック(タップ)が多い箇所を赤く染めてくれる機能を利用し、目次内のどの見出しが多くクリックされているのかを確認することで特定できます。 下記の記事では、弊社おすすめのヒートマップツール「Clarity(クラリティ)」をShopifyへ導入する方法を解説していますので、ご参考にしてください。 Clarity(クラリティ)とは? | ShopifyにClarityを設定する方法 ...

1 4
  • 【Tips】Shopify の GraphQL Admin API で顧客総数を取得する

    【Tips】Shopify の GraphQL Admin API で顧客総数を取得する

    小笠原 京平

    Shopifyの GraphQL Admin API の小ネタです。 Shopifyの顧客総数を取得したい場合のクエリは、いざ探そうと思ってもパッと見つからないのでメモしておきます。 対象読者 Shopify GraphQL Admin API を使ったことがある方 顧客総数を取得するクエリ 2023-07 バージョンから CustomerSegmentMemberConnection に変更があったため、2023-07より前と以降で若干クエリが異なります。 ※ changelog 2023-07以降 { customerSegmentMembers(first: 1, query: "") { totalCount } } 2023-07より前...

    【Tips】Shopify の GraphQL Admin API で顧客総数を取得する

    小笠原 京平

    Shopifyの GraphQL Admin API の小ネタです。 Shopifyの顧客総数を取得したい場合のクエリは、いざ探そうと思ってもパッと見つからないのでメモしておきます。 対象読者 Shopify GraphQL Admin API を使ったことがある方 顧客総数を取得するクエリ 2023-07 バージョンから CustomerSegmentMemberConnection に変更があったため、2023-07より前と以降で若干クエリが異なります。 ※ changelog 2023-07以降 { customerSegmentMembers(first: 1, query: "") { totalCount } } 2023-07より前...

  • Shopify Vite Plugin でテーマ拡張機能の開発体験を改善する

    Shopify Vite Plugin でテーマ拡張機能の開発体験を改善する

    小笠原 京平

    今回は Barrel が提供する Shopify Vite Plugin を導入して、テーマ拡張機能の開発体験を改善する方法をご紹介します。 対象読者 テーマ拡張機能の開発経験がある方 はじめに Shopifyのテーマ拡張機能 (Theme app extensions) はShopify アプリ開発において、ストアフロントに機能を追加するための機能です。 Liquid、JavaScript、CSSなどを使って開発することができますが、通常のアプリ開発と比較すると、ローカルでの開発体験はそれほどよくありません。 そこで、今回は Shopify Vite Plugin を導入して、開発体験を改善していきます。 Shopify Vite Plugin とは Barrel が提供する Vite用プラグインです。ViteをShopify テーマ開発に組み込んで開発体験を改善することを目的として作られていますが、テーマ拡張機能においてもその恩恵を受けることができます。...

    Shopify Vite Plugin でテーマ拡張機能の開発体験を改善する

    小笠原 京平

    今回は Barrel が提供する Shopify Vite Plugin を導入して、テーマ拡張機能の開発体験を改善する方法をご紹介します。 対象読者 テーマ拡張機能の開発経験がある方 はじめに Shopifyのテーマ拡張機能 (Theme app extensions) はShopify アプリ開発において、ストアフロントに機能を追加するための機能です。 Liquid、JavaScript、CSSなどを使って開発することができますが、通常のアプリ開発と比較すると、ローカルでの開発体験はそれほどよくありません。 そこで、今回は Shopify Vite Plugin を導入して、開発体験を改善していきます。 Shopify Vite Plugin とは Barrel が提供する Vite用プラグインです。ViteをShopify テーマ開発に組み込んで開発体験を改善することを目的として作られていますが、テーマ拡張機能においてもその恩恵を受けることができます。...

  • Shopify Admin API GraphiQLとは? 使い方やメリット・デメリットを解説

    Shopify Admin API GraphiQLとは? 使い方やメリット・デメリットを解説します

    小笠原 京平

    ShopifyのAdmin APIにはGraphQLを用いたAPIがあります。手軽に試す方法としてGraphiQL (GraphQLではなくGraphiQLなのに注意) というIDEがありますので、今回はShopify GraphiQLの使い方やメリット・デメリットを解説します。 GraphiQLとは GraphQL公式が運営しているオープンソースプロジェクトです。GraphQLをブラウザ上でインタラクティブに操作・実行することができます。 グラフィカル (/ˈɡrafək(ə)l/) と発音します。(graphicalと同じ発音) GraphQLとは GraphQLはAPIのためのクエリ言語であり、既存のデータでクエリを実行するためのランタイムです。 GraphQLはAPI内のデータの完全で理解しやすい説明を提供し、クライアントに必要なものだけを要求する力を与え、APIを長期的に進化させることを容易にし、強力な開発者ツールを可能にします。 引用: GraphQL | A query language for your API Shopify GraphiQLの使い方 Shopify GraphiQLは各ストアにアプリをインストールするだけで使えますが、Shopify Devサイト上でデモを触れるので、まずは触ってみましょう! https://shopify.dev/docs/apps/tools/graphiql-admin-api Workshopをやってみよう! Shopifyが作成した「Learn...

    Shopify Admin API GraphiQLとは? 使い方やメリット・デメリットを解説します

    小笠原 京平

    ShopifyのAdmin APIにはGraphQLを用いたAPIがあります。手軽に試す方法としてGraphiQL (GraphQLではなくGraphiQLなのに注意) というIDEがありますので、今回はShopify GraphiQLの使い方やメリット・デメリットを解説します。 GraphiQLとは GraphQL公式が運営しているオープンソースプロジェクトです。GraphQLをブラウザ上でインタラクティブに操作・実行することができます。 グラフィカル (/ˈɡrafək(ə)l/) と発音します。(graphicalと同じ発音) GraphQLとは GraphQLはAPIのためのクエリ言語であり、既存のデータでクエリを実行するためのランタイムです。 GraphQLはAPI内のデータの完全で理解しやすい説明を提供し、クライアントに必要なものだけを要求する力を与え、APIを長期的に進化させることを容易にし、強力な開発者ツールを可能にします。 引用: GraphQL | A query language for your API Shopify GraphiQLの使い方 Shopify GraphiQLは各ストアにアプリをインストールするだけで使えますが、Shopify Devサイト上でデモを触れるので、まずは触ってみましょう! https://shopify.dev/docs/apps/tools/graphiql-admin-api Workshopをやってみよう! Shopifyが作成した「Learn...

  • ブログ記事 Shopifyの必須Webhooks (Mandatory Webhooks)とは? GDPRや対応例など

    Shopifyの必須Webhooks (Mandatory Webhooks)とは? GDPR...

    小笠原 京平

    今回はShopifyアプリ開発を始めたときに詰まるポイントの1つ「必須Webhooks」について解説します。実装をしていなかったり、実装が不十分なためにレビューが通らなかった経験をされた方は多いんじゃないでしょうか?レビューで詰まらないためにも、ぜひご確認ください! Webhooksとは? Shopifyの必須Webhooksを説明する前に、Webhooksについて理解しましょう。Webhooksとは、Webアプリケーションと連携するために用いられるイベント通知の仕組みです。Webhooksを使うことで、あるWebアプリケーションで特定のイベントが起きたときに、データを受け取ったり、何かしらの動作をすることが可能になります。 エンジニアにとって身近な例でいうと、GitHubにコードをプッシュしたときに自動でビルドやテストをするときにWebhooksが使われています。 ShopifyのWebhooks そんなWebhooksはShopifyでも使うことができます。Shopifyアプリ開発では、Shopify Admin APIからWebhooksを使うことができます。また、アプリ以外でもShopify管理画面からWebhookを作成することもできます。 ShopifyのWebhooksにはHTTPSのエンドポイントのほか、Amazon EventBridgeやGoogle Cloud Pub/Subといったメッセージングサービスを使うこともできます。購読するイベントやマーチャントによっては瞬間的に大量のWebhooksを処理する必要があるため、スケールさせやすいメッセージングサービスを使ってWebhooksを処理することをおすすめします。 必須Webhooks (Mandatory Webhooks) とは? 必須Webhooksとは、Shopifyアプリを開発するときに必ず実装しなければならない3つのWebhooksのことです。この3つのWebhooksはGDPRに対応するために必要なWebhooksで、EU加盟国に関わらず、すべてのShopifyアプリはGDPRに準拠しなければなりません。必須Webhooksを実装していない場合、アプリレビューで却下されます。 (3つの必須Webhooks以外のWebhooksは任意で実装すればOKです。) また、必須Webhooksの3つはHTTPSのエンドポイントでのみ作成可能です。上述したEventBridgeやPub/Subを利用することはできません。 GDPRとは? GDPR(General Data Protection Regulation:一般データ保護規則)は、ヨーロッパ連合(EU)の個人情報保護法規で、2018年5月25日から施行されています。これは、EU全域での個人情報のプライバシーを保護し、データの取り扱い方に関して個々の人々により多くの制御権を付与するためのものです。 GDPRは、EU市民または居住者の個人データを処理する全ての組織に適用されます。これには、EU内外の組織も含まれ、EUの市民や居住者のデータを処理する場合、世界のどこにその組織があろうともGDPRの規定を守る必要があります。 GDPRの主な目的は、個人が自分の個人データをどのように収集、保存、使用されるのかを知り、そしてその制御をする権利を持つべきであるという考え方を強化し、統一化することです。これは、個人情報の透明性、アクセスの権利、修正の権利、忘れられる権利(データ削除の権利)、データ移行の権利など、いくつかの重要な権利を個々の人々に付与します。 参考: ChatGPT 必須Webhooksの対応例 上記で説明したように、必須WebhooksとはGDPRに準拠するためのWebhooksなので、顧客情報、ストア情報をデータベースなどに保存しているかどうかで対応方法が変わります。...

    Shopifyの必須Webhooks (Mandatory Webhooks)とは? GDPR...

    小笠原 京平

    今回はShopifyアプリ開発を始めたときに詰まるポイントの1つ「必須Webhooks」について解説します。実装をしていなかったり、実装が不十分なためにレビューが通らなかった経験をされた方は多いんじゃないでしょうか?レビューで詰まらないためにも、ぜひご確認ください! Webhooksとは? Shopifyの必須Webhooksを説明する前に、Webhooksについて理解しましょう。Webhooksとは、Webアプリケーションと連携するために用いられるイベント通知の仕組みです。Webhooksを使うことで、あるWebアプリケーションで特定のイベントが起きたときに、データを受け取ったり、何かしらの動作をすることが可能になります。 エンジニアにとって身近な例でいうと、GitHubにコードをプッシュしたときに自動でビルドやテストをするときにWebhooksが使われています。 ShopifyのWebhooks そんなWebhooksはShopifyでも使うことができます。Shopifyアプリ開発では、Shopify Admin APIからWebhooksを使うことができます。また、アプリ以外でもShopify管理画面からWebhookを作成することもできます。 ShopifyのWebhooksにはHTTPSのエンドポイントのほか、Amazon EventBridgeやGoogle Cloud Pub/Subといったメッセージングサービスを使うこともできます。購読するイベントやマーチャントによっては瞬間的に大量のWebhooksを処理する必要があるため、スケールさせやすいメッセージングサービスを使ってWebhooksを処理することをおすすめします。 必須Webhooks (Mandatory Webhooks) とは? 必須Webhooksとは、Shopifyアプリを開発するときに必ず実装しなければならない3つのWebhooksのことです。この3つのWebhooksはGDPRに対応するために必要なWebhooksで、EU加盟国に関わらず、すべてのShopifyアプリはGDPRに準拠しなければなりません。必須Webhooksを実装していない場合、アプリレビューで却下されます。 (3つの必須Webhooks以外のWebhooksは任意で実装すればOKです。) また、必須Webhooksの3つはHTTPSのエンドポイントでのみ作成可能です。上述したEventBridgeやPub/Subを利用することはできません。 GDPRとは? GDPR(General Data Protection Regulation:一般データ保護規則)は、ヨーロッパ連合(EU)の個人情報保護法規で、2018年5月25日から施行されています。これは、EU全域での個人情報のプライバシーを保護し、データの取り扱い方に関して個々の人々により多くの制御権を付与するためのものです。 GDPRは、EU市民または居住者の個人データを処理する全ての組織に適用されます。これには、EU内外の組織も含まれ、EUの市民や居住者のデータを処理する場合、世界のどこにその組織があろうともGDPRの規定を守る必要があります。 GDPRの主な目的は、個人が自分の個人データをどのように収集、保存、使用されるのかを知り、そしてその制御をする権利を持つべきであるという考え方を強化し、統一化することです。これは、個人情報の透明性、アクセスの権利、修正の権利、忘れられる権利(データ削除の権利)、データ移行の権利など、いくつかの重要な権利を個々の人々に付与します。 参考: ChatGPT 必須Webhooksの対応例 上記で説明したように、必須WebhooksとはGDPRに準拠するためのWebhooksなので、顧客情報、ストア情報をデータベースなどに保存しているかどうかで対応方法が変わります。...

1 4

編集プロセス

EコマースやShopifyの初学者にとって、できるだけ “やさしく” “わかりやすく” “正確に” 難しいコマース用語やマーケティング用語、ストア構築から販売までの仕組み・ノウハウを伝えることを心がけて、記事コンテンツを作成しています。

掲載情報に関して

掲載している各種情報は、株式会社Tsunが経験および、調査した情報をもとにしています。できるだけ“最新“かつ“正確“な情報の掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。当サイトによって生じた損害について、株式会社Tsunではその賠償の責任を一切負わないものとします。掲載情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社Tsunまでご連絡をいただけますようお願いいたします。