ブログ記事

Shopifyでサンクスページをカスタマイズする方法|Shopifyアプリも紹介

Shopifyでサンクスページ(購入完了ページ)をカスタマイズする方法|Shopifyアプリも紹介

Tsunライターチーム

サンクスページは、顧客がオンラインショップで購入完了後に表示されるページのことです。本記事では、サンクスページをカスタマイズする方法とそのメリットについて詳しく解説します。また、おすすめのShopifyアプリもご紹介します。

Shopifyでサンクスページ(購入完了ページ)をカスタマイズする方法|Shopifyアプリも紹介

Tsunライターチーム

サンクスページは、顧客がオンラインショップで購入完了後に表示されるページのことです。本記事では、サンクスページをカスタマイズする方法とそのメリットについて詳しく解説します。また、おすすめのShopifyアプリもご紹介します。

Shopifyで在庫数を表示する方法3選|Shopifyアプリも紹介

【無料】Shopifyで在庫数を表示する方法3選|Shopifyアプリも紹介

Tsunライターチーム

Shopifyストアで在庫数を表示することは、ユーザーの購買意思決定をサポートし、売上アップに繋がります。本記事では、初心者でも安心して実践できる方法をステップバイステップで解説します。また、在庫数を表示するのにおすすめのShopifyアプリもご紹介します。

【無料】Shopifyで在庫数を表示する方法3選|Shopifyアプリも紹介

Tsunライターチーム

Shopifyストアで在庫数を表示することは、ユーザーの購買意思決定をサポートし、売上アップに繋がります。本記事では、初心者でも安心して実践できる方法をステップバイステップで解説します。また、在庫数を表示するのにおすすめのShopifyアプリもご紹介します。

【2022年版】Shopifyの目次生成アプリを紹介!目次を入れるメリットは?

【2024】Shopifyに目次を入れるメリット|目次を作成できるShopifyアプリも紹介

Tsunライターチーム

みなさんは、Shopifyでブログ記事(またはニュースやジャーナル、マガジンなど)を書いていますか。まだ書いていないという方は、まずはこちらの記事を参考にしてください。 Shopifyのブログ機能をフル活用しよう|機能や拡張アプリを紹介 本記事では、Shopifyストアのブログ記事に目次を追加するメリットや目次追加におすすめのShopifyアプリをご紹介します。 Shopifyに目次を入れるメリット Shopifyストアに目次のを入れるメリットは下記になります 読者(訪問者)の利便性が上がる 書き手(ストア側)思考の整理になる アクセス数が増加する ユーザーニーズを把握できる SEOにも良い効果が期待できる それぞれ詳しく解説していきます。 読者(訪問者)の利便性が上がる 目次は下記のように読者の利便性を向上させます。 ブログ記事の内容がひと目でわかる 読みたい箇所にすぐにアクセスできる 書き手(ストア側)思考の整理になる 目次を利用することで、書き手側の思考の整理にも役立ちます。思考の整理として下記の項目を目次でチェックすることがおすすめです。 論理的に整理されているか 読者(訪問者)目線で書かれているか 読者(訪問者)が得たい情報が書かれているか アクセス数が増加する Googleの検索結果で記事タイトルの下にいくつかリンクが表示されているのを見たことはありませんか? 目次はGoogleの検索結果にも表示されることがあるため、目次が検索結果に表示されるとクリック率が増え、アクセス数の増加も期待できます。  ユーザーニーズを把握できる ヒートマップツールと組み合わせることで、読者がブログ記事内のどの内容に興味を持ち、よく読まれているのかを把握することができます。 ユーザーニーズを見つける方法としては、ヒートマップツールのクリック(タップ)が多い箇所を赤く染めてくれる機能を利用し、目次内のどの見出しが多くクリックされているのかを確認することで特定できます。 下記の記事では、弊社おすすめのヒートマップツール「Clarity(クラリティ)」をShopifyへ導入する方法を解説していますので、ご参考にしてください。 Clarity(クラリティ)とは? | ShopifyにClarityを設定する方法 ...

【2024】Shopifyに目次を入れるメリット|目次を作成できるShopifyアプリも紹介

Tsunライターチーム

みなさんは、Shopifyでブログ記事(またはニュースやジャーナル、マガジンなど)を書いていますか。まだ書いていないという方は、まずはこちらの記事を参考にしてください。 Shopifyのブログ機能をフル活用しよう|機能や拡張アプリを紹介 本記事では、Shopifyストアのブログ記事に目次を追加するメリットや目次追加におすすめのShopifyアプリをご紹介します。 Shopifyに目次を入れるメリット Shopifyストアに目次のを入れるメリットは下記になります 読者(訪問者)の利便性が上がる 書き手(ストア側)思考の整理になる アクセス数が増加する ユーザーニーズを把握できる SEOにも良い効果が期待できる それぞれ詳しく解説していきます。 読者(訪問者)の利便性が上がる 目次は下記のように読者の利便性を向上させます。 ブログ記事の内容がひと目でわかる 読みたい箇所にすぐにアクセスできる 書き手(ストア側)思考の整理になる 目次を利用することで、書き手側の思考の整理にも役立ちます。思考の整理として下記の項目を目次でチェックすることがおすすめです。 論理的に整理されているか 読者(訪問者)目線で書かれているか 読者(訪問者)が得たい情報が書かれているか アクセス数が増加する Googleの検索結果で記事タイトルの下にいくつかリンクが表示されているのを見たことはありませんか? 目次はGoogleの検索結果にも表示されることがあるため、目次が検索結果に表示されるとクリック率が増え、アクセス数の増加も期待できます。  ユーザーニーズを把握できる ヒートマップツールと組み合わせることで、読者がブログ記事内のどの内容に興味を持ち、よく読まれているのかを把握することができます。 ユーザーニーズを見つける方法としては、ヒートマップツールのクリック(タップ)が多い箇所を赤く染めてくれる機能を利用し、目次内のどの見出しが多くクリックされているのかを確認することで特定できます。 下記の記事では、弊社おすすめのヒートマップツール「Clarity(クラリティ)」をShopifyへ導入する方法を解説していますので、ご参考にしてください。 Clarity(クラリティ)とは? | ShopifyにClarityを設定する方法 ...

ブログに目次を表示できるShopifyアプリ「Easy Table Of Contents」とは?特徴や料金プラン、注意点をご紹介

ブログに目次を表示できるShopifyアプリ「Easy Table Of Contents」と...

Tsunライターチーム

Easy Table Of Contentsは、Shopifyのブログ記事の見出しを利用して、自動で目次を生成できるShopifyアプリです。目次作成アプリの中でも安価に利用できるのが特徴で、追従する目次を表示することも出来ます。本記事では、Easy Table Of Contentsの特徴や料金プラン、注意点などを紹介します。

ブログに目次を表示できるShopifyアプリ「Easy Table Of Contents」と...

Tsunライターチーム

Easy Table Of Contentsは、Shopifyのブログ記事の見出しを利用して、自動で目次を生成できるShopifyアプリです。目次作成アプリの中でも安価に利用できるのが特徴で、追従する目次を表示することも出来ます。本記事では、Easy Table Of Contentsの特徴や料金プラン、注意点などを紹介します。

【まとめ】Shopifyで利用できる決済方法まとめ|特徴や各種費用も紹介

【2024】Shopifyで利用できる決済方法まとめ|特徴や各種費用も紹介

Tsunライターチーム

本記事では、Shopifyで利用可能な多彩な決済方法やそれぞれの決済手数料、取引手数料について詳しく解説します。さらに、決済方法を非表示にしたり、文言を変更したり、表示順をカスタマイズできる便利なShopifyアプリもご紹介します。

【2024】Shopifyで利用できる決済方法まとめ|特徴や各種費用も紹介

Tsunライターチーム

本記事では、Shopifyで利用可能な多彩な決済方法やそれぞれの決済手数料、取引手数料について詳しく解説します。さらに、決済方法を非表示にしたり、文言を変更したり、表示順をカスタマイズできる便利なShopifyアプリもご紹介します。

Shopifyの決済非表示アプリ「HidePay」とは?特徴や料金プラン、設定方法をご紹介

Shopifyの決済非表示アプリ「HidePay」とは?特徴や料金プラン、設定方法をご紹介

Tsunライターチーム

HidePayはお客様の国や顧客タグ、特定商品などあらゆる条件を基にチェックアウトページに表示されいてる決済方法を自動で非表示にできるShopifyアプリです。決済方法の非表示だけでなく、決済方法の名称変更や表示順の変更も可能です。本記事ではHidePayの特徴や料金プラン、設定方法について紹介します。

Shopifyの決済非表示アプリ「HidePay」とは?特徴や料金プラン、設定方法をご紹介

Tsunライターチーム

HidePayはお客様の国や顧客タグ、特定商品などあらゆる条件を基にチェックアウトページに表示されいてる決済方法を自動で非表示にできるShopifyアプリです。決済方法の非表示だけでなく、決済方法の名称変更や表示順の変更も可能です。本記事ではHidePayの特徴や料金プラン、設定方法について紹介します。

OC Quantity Breaks Order Limit(旧:ORICHI Bundle Quantity Breaks)とは?特徴や料金プラン、設定方法をご紹介

OC Quantity Breaks Order Limit(旧:ORICHI Bundle ...

Tsunライターチーム

OC Quantity Breaks Order Limit(旧:ORICHI Bundle Quantity Breaks)は、Shopifyストア向けに様々なディスカウント機能や購入制限機能を提供するShopifyアプリです。本記事ではOC Quantity Breaks Order Limitの特徴や料金プラン、設定方法などをご紹介します。

OC Quantity Breaks Order Limit(旧:ORICHI Bundle ...

Tsunライターチーム

OC Quantity Breaks Order Limit(旧:ORICHI Bundle Quantity Breaks)は、Shopifyストア向けに様々なディスカウント機能や購入制限機能を提供するShopifyアプリです。本記事ではOC Quantity Breaks Order Limitの特徴や料金プラン、設定方法などをご紹介します。

Min&Max Limits by Limitsifyとは?特徴や料金プラン、設定方法をご紹介

Min&Max Limits by Limitsifyとは?特徴や料金プラン、設定方法をご紹介

Tsunライターチーム

Min&Max Limits by Limitsifyは、Shopifyストアにおいて商品の注文数を最小限または最大限に制限するための購入制限アプリです。本記事ではMin&Max Limits by Limitsifyの特徴や料金プラン、設定方法について紹介します。

Min&Max Limits by Limitsifyとは?特徴や料金プラン、設定方法をご紹介

Tsunライターチーム

Min&Max Limits by Limitsifyは、Shopifyストアにおいて商品の注文数を最小限または最大限に制限するための購入制限アプリです。本記事ではMin&Max Limits by Limitsifyの特徴や料金プラン、設定方法について紹介します。

決済方法(支払い方法)を非表示にできるShopifyアプリ3選|機能や料金プランで比較

【2024】決済方法(支払い方法)を非表示にできるShopifyアプリ3選|機能や料金プランで比較

Tsunライターチーム

みなさんはご自身のShopifyストアで「高額商品の場合は代引き決済を非表示にしたい」や「予約商品だけ、銀行振込やコンビニ決済を非表示にしたい」「ゲスト会員だけ銀行振込を非表示にしたい」など特定条件下で決済方法を非表示にしたいと思ったことはありませんか? 本記事では、Shopifyのチェックアウトページ上から特定の決済方法を非表示にできる日本語対応したShopifyアプリを3つご紹介します。 決済方法の非表示とは? 本記事での「決済方法の非表示」は、「カート内の合計金額が3,000円以上になったら代引き決済(代金引換)を非表示にする」など、Shopifyストアのチェックアウトページに表示される決済方法を特定の条件を満たした時に自動で非表示にすることを指します。 関連記事:Shopifyに代引き決済を導入するメリット|代金引換を設定する方法や手数料もご紹介 合計金額が3,000円以上で代引き決済を非表示にする事例 添付しているYoutube動画は、後述するShopifyアプリ「RuffRuff 注文制限」を利用して、カート内の合計金額が3,000円以上になったらチェックアウトページの代引き決済が自動で非表示になる様に設定しています。 実際にデモページを見る 決済方法を非表示にできる日本のShopifyアプリ 3選 RuffRuff 注文制限 「RuffRuff 注文制限」は完全日本語対応で、日本初のCart and Checkout Validation APIを利用したShopify アプリです。 「Cart and Checkout Validation API」を利用することにより、これまでフロントでしか対応できなかった注文制限の処理をサーバサイドで実現しました。そのため、既存の注文制限アプリに比べ、より突破されにくい堅牢な注文制限を実現することが可能です。 アプリ1つで個数制限や金額制限、同梱制限、顧客制限、決済非表示を実施できます。 アプリを見る デモページを見る カクレルペイ 出典:カクレルペイ|Shopifyアプリストア...

【2024】決済方法(支払い方法)を非表示にできるShopifyアプリ3選|機能や料金プランで比較

Tsunライターチーム

みなさんはご自身のShopifyストアで「高額商品の場合は代引き決済を非表示にしたい」や「予約商品だけ、銀行振込やコンビニ決済を非表示にしたい」「ゲスト会員だけ銀行振込を非表示にしたい」など特定条件下で決済方法を非表示にしたいと思ったことはありませんか? 本記事では、Shopifyのチェックアウトページ上から特定の決済方法を非表示にできる日本語対応したShopifyアプリを3つご紹介します。 決済方法の非表示とは? 本記事での「決済方法の非表示」は、「カート内の合計金額が3,000円以上になったら代引き決済(代金引換)を非表示にする」など、Shopifyストアのチェックアウトページに表示される決済方法を特定の条件を満たした時に自動で非表示にすることを指します。 関連記事:Shopifyに代引き決済を導入するメリット|代金引換を設定する方法や手数料もご紹介 合計金額が3,000円以上で代引き決済を非表示にする事例 添付しているYoutube動画は、後述するShopifyアプリ「RuffRuff 注文制限」を利用して、カート内の合計金額が3,000円以上になったらチェックアウトページの代引き決済が自動で非表示になる様に設定しています。 実際にデモページを見る 決済方法を非表示にできる日本のShopifyアプリ 3選 RuffRuff 注文制限 「RuffRuff 注文制限」は完全日本語対応で、日本初のCart and Checkout Validation APIを利用したShopify アプリです。 「Cart and Checkout Validation API」を利用することにより、これまでフロントでしか対応できなかった注文制限の処理をサーバサイドで実現しました。そのため、既存の注文制限アプリに比べ、より突破されにくい堅牢な注文制限を実現することが可能です。 アプリ1つで個数制限や金額制限、同梱制限、顧客制限、決済非表示を実施できます。 アプリを見る デモページを見る カクレルペイ 出典:カクレルペイ|Shopifyアプリストア...

Shopifyのポイントアプリ6選|ポイントサービスを導入するメリット・デメリット

Shopifyのポイントアプリ6選|ポイントサービスを導入するメリット・デメリット

Tsunライターチーム

Shopifyストアにポイントサービスを導入するメリットやデメリット、注意点などを解説します。また、Shopifyにポイントサービスを導入できる国内アプリを6つ厳選してご紹介します。ポイントサービスの導入を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

Shopifyのポイントアプリ6選|ポイントサービスを導入するメリット・デメリット

Tsunライターチーム

Shopifyストアにポイントサービスを導入するメリットやデメリット、注意点などを解説します。また、Shopifyにポイントサービスを導入できる国内アプリを6つ厳選してご紹介します。ポイントサービスの導入を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

Shopifyで購入回数を毎月3回までに制限する方法

Shopifyで購入回数を毎月3回までに制限する方法|Shopifyアプリも紹介

Tsunライターチーム

本記事では、1会員あたり毎月3回までしか購入出来ないように制限する方法を紹介します。 下記のブログ記事では、Shopifyで個数や金額、重量など様々な購入制限を実施する方法を紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyで購入制限(販売制限)を実施する方法 アウトプット 本設定を行うことで、「購入回数0回〜2回までの会員」と「ログインしていないユーザー(以降、ゲスト会員)や購入回数3回の会員」とで商品は下記の状態となります。 購入回数0回〜2回までの会員 商品を購入できる ゲスト会員または購入回数3回の会員 商品を購入できない 購入を試みた場合にアラートメッセージが表示される 事前準備 本設定を進めるにあたり「RuffRuff 注文制限」と「Shopify Flow」を利用します。そのため、まだインストールされていない方はインストールをお願いします。 RuffRuff 注文制限  「RuffRuff 注文制限」は完全日本語対応で、日本初のCart and Checkout Validation APIを利用したShopify アプリです。 「Cart and Checkout Validation API」を利用することにより、これまでフロントでしか対応できなかった注文制限の処理をサーバサイドで実現しました。そのため、既存の注文制限アプリに比べ、より突破されにくい堅牢な注文制限を実現することが可能です。 アプリ1つで「1回の注文あたり1個まで」「1回の注文あたり3個から」などの個数制限や「合計金額3,000円まで購入を可能にする」「合計金額1,000円以上から購入を可能にする」などの金額制限、「他商品とは同時購入不可」や「特定カテゴリの商品のみ同時購入可能」などの同梱制限を実施できます。 アプリを見る...

Shopifyで購入回数を毎月3回までに制限する方法|Shopifyアプリも紹介

Tsunライターチーム

本記事では、1会員あたり毎月3回までしか購入出来ないように制限する方法を紹介します。 下記のブログ記事では、Shopifyで個数や金額、重量など様々な購入制限を実施する方法を紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyで購入制限(販売制限)を実施する方法 アウトプット 本設定を行うことで、「購入回数0回〜2回までの会員」と「ログインしていないユーザー(以降、ゲスト会員)や購入回数3回の会員」とで商品は下記の状態となります。 購入回数0回〜2回までの会員 商品を購入できる ゲスト会員または購入回数3回の会員 商品を購入できない 購入を試みた場合にアラートメッセージが表示される 事前準備 本設定を進めるにあたり「RuffRuff 注文制限」と「Shopify Flow」を利用します。そのため、まだインストールされていない方はインストールをお願いします。 RuffRuff 注文制限  「RuffRuff 注文制限」は完全日本語対応で、日本初のCart and Checkout Validation APIを利用したShopify アプリです。 「Cart and Checkout Validation API」を利用することにより、これまでフロントでしか対応できなかった注文制限の処理をサーバサイドで実現しました。そのため、既存の注文制限アプリに比べ、より突破されにくい堅牢な注文制限を実現することが可能です。 アプリ1つで「1回の注文あたり1個まで」「1回の注文あたり3個から」などの個数制限や「合計金額3,000円まで購入を可能にする」「合計金額1,000円以上から購入を可能にする」などの金額制限、「他商品とは同時購入不可」や「特定カテゴリの商品のみ同時購入可能」などの同梱制限を実施できます。 アプリを見る...

Shopifyのセット販売(バンドル販売)アプリ|メリット・デメリットも紹介

Shopifyのセット販売(バンドル販売)アプリ4選|メリット・デメリットも紹介

Tsunライターチーム

セット販売(バンドル販売)のメリットやデメリットを解説し、Shopify(ショッピファイ)サイトでセット販売を実現するShopifyアプリの選び方を解説。Rebolt Bundle & UpsellやWide Bundlesなどの有名アプリもご紹介しています。最近リリースされたShopify Bundles appについても紹介しています。

Shopifyのセット販売(バンドル販売)アプリ4選|メリット・デメリットも紹介

Tsunライターチーム

セット販売(バンドル販売)のメリットやデメリットを解説し、Shopify(ショッピファイ)サイトでセット販売を実現するShopifyアプリの選び方を解説。Rebolt Bundle & UpsellやWide Bundlesなどの有名アプリもご紹介しています。最近リリースされたShopify Bundles appについても紹介しています。

Shopifyで顧客タグを活用しよう!顧客タグの設定方法や活用方法をご紹介

Shopifyで顧客タグを活用しよう!顧客タグの設定方法や活用方法をご紹介

Tsunライターチーム

Shopifyで運営するECサイトにおいて、顧客タグは非常に便利な機能の1つです。顧客タグを活用することで、顧客を特定のグループに分類し、そのグループに対して特別な販売施策を実施することができます。 本記事では顧客タグの設定方法や活用方法、おすすめのShopifyアプリを紹介してます。 これからShopifyで顧客タグを活用しようと考えている方はもちろん、すでに顧客タグを使っているけれど活用方法に悩んでいる方にも、ぜひ参考にしていただければと思います。 顧客タグではなく、商品やブログ記事のタグ活用については下記のブログ記事をご参考にしてください。 Shopifyのタグを活用するメリット|タグ一覧を表示する方法 Shopifyの顧客タグとは? 顧客タグは、Shopifyストアの顧客管理機能の一部で、Shopifyオーナーが顧客を特定のグループやカテゴリに分類するために使用するラベルです。顧客タグを使用することで、顧客を簡単に整理し、特定のニーズに合わせたマーケティングやプロモーションを行うことができます。 Shopifyヘルプセンター内には「お客様タグ」と表現している箇所もありますが、「顧客タグ」と同義となります。 顧客タグを活用するメリット セグメントできる 顧客を特定のグループに分けることで、マーケティングキャンペーンやプロモーションをターゲットしやすくなります。例えば、「VIP顧客」や「新規顧客」などのタグを使って、それぞれに適したメールマーケティングを行うことができます。 パーソナライズに活用できる 顧客の購買行動や好みに基づいてタグを設定することで、顧客が興味ありそうな商品のレコメンドなどよりパーソナライズされたショッピング体験を提供できます。例えば、特定の製品カテゴリに興味がある顧客に「興味:ファッション」といったタグを付けることができます。 自動化や効率化ができる 顧客タグを利用して、特定のタグが付いた顧客に自動的に割引や特典を適用することができます。また、特定のタグが付いた顧客だけに会員限定販売を実施することも出来ます。これにより、顧客満足度を高めながら効率的に運営を行うことが可能です。 分析に活かせる 顧客タグ別にデータを分析することで、どのセグメントが最も売上に貢献しているかや、どのマーケティング戦略が効果的であるかを理解するのに役立ちます。 顧客タグの活用例 セグメントする Shopify純正のセグメント機能を利用することで、特定の顧客タグがついた会員のみを抽出することが出来ます。 メルマガ配信する 前述のセグメント機能とShopifyメールを組み合わせることで、特定の顧客タグがついた会員に対して、メルマガを配信することが出来ます。 会員ランクを付与する Shopifyのセグメント機能や会員ランクアプリを利用することで、特定条件を満たした会員に対して「シルバー」や「ゴールド」などの顧客タグを設定することが出来ます。 下記のブログ記事では会員ランク制度の導入メリットや顧客に会員ランクを設定する方法、おすすめのShopifyアプリを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyの会員ランクアプリ4選|会員ランク制度のメリット・デメリット VIP会員限定に商品を販売する 顧客タグとShopifyアプリ「RuffRuff 予約販売」を活用することで、VIP会員(VIPタグの付いた会員の場合)だけに商品を販売することが出来ます。 詳しい設定方法は下記のブログ記事もご参考にしてください。...

Shopifyで顧客タグを活用しよう!顧客タグの設定方法や活用方法をご紹介

Tsunライターチーム

Shopifyで運営するECサイトにおいて、顧客タグは非常に便利な機能の1つです。顧客タグを活用することで、顧客を特定のグループに分類し、そのグループに対して特別な販売施策を実施することができます。 本記事では顧客タグの設定方法や活用方法、おすすめのShopifyアプリを紹介してます。 これからShopifyで顧客タグを活用しようと考えている方はもちろん、すでに顧客タグを使っているけれど活用方法に悩んでいる方にも、ぜひ参考にしていただければと思います。 顧客タグではなく、商品やブログ記事のタグ活用については下記のブログ記事をご参考にしてください。 Shopifyのタグを活用するメリット|タグ一覧を表示する方法 Shopifyの顧客タグとは? 顧客タグは、Shopifyストアの顧客管理機能の一部で、Shopifyオーナーが顧客を特定のグループやカテゴリに分類するために使用するラベルです。顧客タグを使用することで、顧客を簡単に整理し、特定のニーズに合わせたマーケティングやプロモーションを行うことができます。 Shopifyヘルプセンター内には「お客様タグ」と表現している箇所もありますが、「顧客タグ」と同義となります。 顧客タグを活用するメリット セグメントできる 顧客を特定のグループに分けることで、マーケティングキャンペーンやプロモーションをターゲットしやすくなります。例えば、「VIP顧客」や「新規顧客」などのタグを使って、それぞれに適したメールマーケティングを行うことができます。 パーソナライズに活用できる 顧客の購買行動や好みに基づいてタグを設定することで、顧客が興味ありそうな商品のレコメンドなどよりパーソナライズされたショッピング体験を提供できます。例えば、特定の製品カテゴリに興味がある顧客に「興味:ファッション」といったタグを付けることができます。 自動化や効率化ができる 顧客タグを利用して、特定のタグが付いた顧客に自動的に割引や特典を適用することができます。また、特定のタグが付いた顧客だけに会員限定販売を実施することも出来ます。これにより、顧客満足度を高めながら効率的に運営を行うことが可能です。 分析に活かせる 顧客タグ別にデータを分析することで、どのセグメントが最も売上に貢献しているかや、どのマーケティング戦略が効果的であるかを理解するのに役立ちます。 顧客タグの活用例 セグメントする Shopify純正のセグメント機能を利用することで、特定の顧客タグがついた会員のみを抽出することが出来ます。 メルマガ配信する 前述のセグメント機能とShopifyメールを組み合わせることで、特定の顧客タグがついた会員に対して、メルマガを配信することが出来ます。 会員ランクを付与する Shopifyのセグメント機能や会員ランクアプリを利用することで、特定条件を満たした会員に対して「シルバー」や「ゴールド」などの顧客タグを設定することが出来ます。 下記のブログ記事では会員ランク制度の導入メリットや顧客に会員ランクを設定する方法、おすすめのShopifyアプリを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyの会員ランクアプリ4選|会員ランク制度のメリット・デメリット VIP会員限定に商品を販売する 顧客タグとShopifyアプリ「RuffRuff 予約販売」を活用することで、VIP会員(VIPタグの付いた会員の場合)だけに商品を販売することが出来ます。 詳しい設定方法は下記のブログ記事もご参考にしてください。...

Shoopifyで決済方法をカスタマイズできるアプリ 5選|支払い方法を非表示・並べ替え・名前変更できるShopifyアプリを紹介

【2024】Shoopifyで決済方法をカスタマイズできるアプリ 5選|支払い方法を非表示・並...

Tsunライターチーム

みなさんはご自身のShopifyストアで「高額商品の場合は代引き決済を非表示にしたい」など特定条件下で決済方法を非表示にしたいと思ったことはありませんか?また、「ポイント◯倍のキャンペーン中のため、対象の支払い方法を上位に表示したい」なと特定の決済方法の利用率を上げるために表示順を変更したいと思ったことはありませんか? 本ブログ記事では、特定条件下でチェックアウトページの決済方法を非表示にしたり、並べ替えたり、名前を変更したりできるShopifyアプリを紹介したいと思います。 下記のブログ記事ではShopifyで利用できる決済方法の特徴や手数料をまとめています。ご参考にしてください。 【まとめ】Shopifyで利用できる決済方法まとめ|特徴や各種費用も紹介 決済方法をカスタマイズできるShopifyアプリ RuffRuff 注文制限 「RuffRuff 注文制限」は完全日本語対応で、日本初のCart and Checkout Validation APIを利用したShopify アプリです。 「Cart and Checkout Validation API」を利用することにより、これまでフロントでしか対応できなかった注文制限の処理をサーバサイドで実現しました。そのため、既存の注文制限アプリに比べ、より突破されにくい堅牢な注文制限を実現することが可能です。 アプリ1つで個数制限や金額制限、同梱制限、顧客制限、決済非表示を実施できます。 アプリを見る デモページを見る BeSure Checkout Rules 出典:BeSure Checkout Rules|Shopifyアプリストア BeSure Checkout...

【2024】Shoopifyで決済方法をカスタマイズできるアプリ 5選|支払い方法を非表示・並...

Tsunライターチーム

みなさんはご自身のShopifyストアで「高額商品の場合は代引き決済を非表示にしたい」など特定条件下で決済方法を非表示にしたいと思ったことはありませんか?また、「ポイント◯倍のキャンペーン中のため、対象の支払い方法を上位に表示したい」なと特定の決済方法の利用率を上げるために表示順を変更したいと思ったことはありませんか? 本ブログ記事では、特定条件下でチェックアウトページの決済方法を非表示にしたり、並べ替えたり、名前を変更したりできるShopifyアプリを紹介したいと思います。 下記のブログ記事ではShopifyで利用できる決済方法の特徴や手数料をまとめています。ご参考にしてください。 【まとめ】Shopifyで利用できる決済方法まとめ|特徴や各種費用も紹介 決済方法をカスタマイズできるShopifyアプリ RuffRuff 注文制限 「RuffRuff 注文制限」は完全日本語対応で、日本初のCart and Checkout Validation APIを利用したShopify アプリです。 「Cart and Checkout Validation API」を利用することにより、これまでフロントでしか対応できなかった注文制限の処理をサーバサイドで実現しました。そのため、既存の注文制限アプリに比べ、より突破されにくい堅牢な注文制限を実現することが可能です。 アプリ1つで個数制限や金額制限、同梱制限、顧客制限、決済非表示を実施できます。 アプリを見る デモページを見る BeSure Checkout Rules 出典:BeSure Checkout Rules|Shopifyアプリストア BeSure Checkout...

SEOのメリット・デメリット|Shopifyで出来るSEO対策やアプリも紹介 Tsun Inc.

Shopifyで出来るSEO対策|SEOの基本やメリット、おすすめSEO対策アプリも紹介

Tsunライターチーム

ShopifyストアのSEOを強化し、検索ランキングを上げるための基本戦略、メリットとデメリット、おすすめのShopifyアプリまで詳しく解説。あなたのビジネスを次のレベルへと導きます。

Shopifyで出来るSEO対策|SEOの基本やメリット、おすすめSEO対策アプリも紹介

Tsunライターチーム

ShopifyストアのSEOを強化し、検索ランキングを上げるための基本戦略、メリットとデメリット、おすすめのShopifyアプリまで詳しく解説。あなたのビジネスを次のレベルへと導きます。

Shopifyで代引き決済を導入するメリット・デメリット|設定方法や手数料もご紹介

Shopifyに代引き決済を導入するメリット|代金引換を設定する方法や手数料もご紹介

Tsunライターチーム

みなさんはご自身のShopifyストアで代引き決済を導入していますか? 本記事では代引き決済のメリットやデメリット、設定方法などをご紹介します。 代引き決済とは? 代引き決済とは「代金引換決済」の略で、商品の配達時に配達員に代金を支払う決済方法です。代引き決済はクレジットカードを所有していないユーザーでも商品を購入できるメリットがある一方で、代引き手数料が発生するデメリットもあります。 代引き決済のメリット 安心して購入できる 商品を受け取ってから代金を支払うため、お客様にとっては詐欺や商品未着のリスクを回避できます。 カゴ落ち防止に繋がる 出典:Baymard Institute カゴ落ちの原因の上位に「クレジットカード情報を入力したくない」や「希望する決済種別がない」という理由があります。クレジットカードを保有していない方や、好まない方のカゴ落ちを防ぐためにも、代引き決済はある程度効果があるといえるでしょう。 出典:インターネットの利用状況|総務省 令和3年版の総務省の調査結果では、「インターネットで購入する際の決済方法」として、代引き決済はクレジットカード決済やコンビニ決済に次いで3番目に利用されている決済方法です。決済方法を増やしたいと考えている方は、代引き決済を検討してみてはいかがでしょうか。 2番目に多く利用されているコンビニ決済に関しては下記のブログ記事もご参考にしてください。 Shopifyストアにコンビニ決済を導入するメリットや導入方法 下記のブログ記事では「決済方法の拡充」以外にもShopifyで出来るカゴ落ち対策を紹介しています。ご参考になさってください。 Shopifyで出来るカゴ落ち対策|原因やShopifyアプリも紹介 クレジットカードを保有できない若年層の獲得 ECサイトでの主要な支払い方法の1つにクレジットカード決済がありますが、多くのクレジットカード会社はカード発行対象年齢を18才〜20才以上と設定しています。そのため、クレジットカード支払いのみのストアでは未成年者が購入する事ができないケースが殆どですが、代引き決済を導入する事でこの問題は解消されます。 クレジットカードの使用を好まない層の獲得 成人済の方でもクレジットカード決済に抵抗感を持っている方は多く存在します。クレジットカード決済を避けたい方でもストアで購入ができるように、代引き決済を導入しておくことは双方にメリットが生まれます。 取引手数料が発生しない 出典:Shopifyペイメント|Shopifyヘルプセンター Shopifyペイメント以外の決済方法を利用する場合、Shopifyで契約しているプランに応じて取引手数料が発生します。しかし、代引き決済に関しては取引手数料が発生しません。 Shopifyペイメントに関しては下記のブログ記事もご参考にしてください。 Shopifyペイメント徹底解説 - 決済手数料・メリット・デメリットまで 代引き決済のデメリット 代引き手数料が発生する...

Shopifyに代引き決済を導入するメリット|代金引換を設定する方法や手数料もご紹介

Tsunライターチーム

みなさんはご自身のShopifyストアで代引き決済を導入していますか? 本記事では代引き決済のメリットやデメリット、設定方法などをご紹介します。 代引き決済とは? 代引き決済とは「代金引換決済」の略で、商品の配達時に配達員に代金を支払う決済方法です。代引き決済はクレジットカードを所有していないユーザーでも商品を購入できるメリットがある一方で、代引き手数料が発生するデメリットもあります。 代引き決済のメリット 安心して購入できる 商品を受け取ってから代金を支払うため、お客様にとっては詐欺や商品未着のリスクを回避できます。 カゴ落ち防止に繋がる 出典:Baymard Institute カゴ落ちの原因の上位に「クレジットカード情報を入力したくない」や「希望する決済種別がない」という理由があります。クレジットカードを保有していない方や、好まない方のカゴ落ちを防ぐためにも、代引き決済はある程度効果があるといえるでしょう。 出典:インターネットの利用状況|総務省 令和3年版の総務省の調査結果では、「インターネットで購入する際の決済方法」として、代引き決済はクレジットカード決済やコンビニ決済に次いで3番目に利用されている決済方法です。決済方法を増やしたいと考えている方は、代引き決済を検討してみてはいかがでしょうか。 2番目に多く利用されているコンビニ決済に関しては下記のブログ記事もご参考にしてください。 Shopifyストアにコンビニ決済を導入するメリットや導入方法 下記のブログ記事では「決済方法の拡充」以外にもShopifyで出来るカゴ落ち対策を紹介しています。ご参考になさってください。 Shopifyで出来るカゴ落ち対策|原因やShopifyアプリも紹介 クレジットカードを保有できない若年層の獲得 ECサイトでの主要な支払い方法の1つにクレジットカード決済がありますが、多くのクレジットカード会社はカード発行対象年齢を18才〜20才以上と設定しています。そのため、クレジットカード支払いのみのストアでは未成年者が購入する事ができないケースが殆どですが、代引き決済を導入する事でこの問題は解消されます。 クレジットカードの使用を好まない層の獲得 成人済の方でもクレジットカード決済に抵抗感を持っている方は多く存在します。クレジットカード決済を避けたい方でもストアで購入ができるように、代引き決済を導入しておくことは双方にメリットが生まれます。 取引手数料が発生しない 出典:Shopifyペイメント|Shopifyヘルプセンター Shopifyペイメント以外の決済方法を利用する場合、Shopifyで契約しているプランに応じて取引手数料が発生します。しかし、代引き決済に関しては取引手数料が発生しません。 Shopifyペイメントに関しては下記のブログ記事もご参考にしてください。 Shopifyペイメント徹底解説 - 決済手数料・メリット・デメリットまで 代引き決済のデメリット 代引き手数料が発生する...

【完全ガイド】Shopifyコラボレーターになる方法:リクエストの送信から承認後の手順まで

【完全ガイド】Shopifyコラボレーターになる方法:リクエストの送信から承認後の手順まで

Tsunライターチーム

Shopifyパートナーがクライアントのストアを管理するためには、コラボレーターとしてストアへのアクセス権が必要です。本記事では、コラボレーターリクエストの概要から申請方法、承認後の手順までを詳しく解説します。 コラボレーターとは 特定のShopifyストアへのアクセス権を持っているShopifyパートナーの事を指します。スタッフとは異なるため、スタッフの人数にカウントされることはありません。 コラボレーターになるには、ShopifyパートナーがアクセスしたいShopifyストアに対して、コラボレーターリクエストを送信し、リクエストを受け取ったShopifyストア側が承認する必要があります。 Shopifyパートナーに関しては、下記のブログ記事もご参考にしてください。 Shopify パートナーの4種類とShopify Partnerになるメッリトや収益獲得方法 コラボレーターリクエストとは Shopifyパートナーが特定のShopifyストアへコラボレーターになるため(アクセスするため)の申請のことを指します。 コラボレーターリクエストコードとは コラボレーターリクエストコードは、ストアへコラボレーターリクエストの申請を制御するための機能で、コラボレーターリクエストコードを知っている人しかコラボレーターリクエストの申請を出せないように制御することが出来ます。 コラボレーターリクエストコードを設定しているストアの場合は、Shopifyパートナーからストアへコラボレーターリクエストを申請するために、ストア側がコラボレーターリクエストコードをShopifyパートナーへ共有する必要があります。 (コラボレーターリクエストコードの取得方法) 前述の通り、コラボレーターリクエストコードはストア側が取得し、Shopifyパートナーへ共有する必要があります。本節では、コラボレーターリクエストコードを取得する方法を紹介します。 (1)Shopify管理画面の画面左下にある「設定」をクリック (2)「ユーザーと権限」をクリック (3)コラボレーターのセクションまで画面をスクロール (4)コラボレーターリクエストコードに記載のある4桁のコードをコピー コラボレーターリクエストの送信方法 コラボレーターリクエストの送信方法は下記の2種類があります。 パートナーダッシュボードからの送信方法 Shopifyアプリを使った送信方法 それぞれ詳しく紹介します パートナーダッシュボードからの送信方法 (1)左メニューのストア管理をクリック (2)ストアを追加をクリック (3)ストアへのアクセス権をリクエストを選択 (4)下記の情報を入力 ストアのURL(xxxxx.myshopify.com)...

【完全ガイド】Shopifyコラボレーターになる方法:リクエストの送信から承認後の手順まで

Tsunライターチーム

Shopifyパートナーがクライアントのストアを管理するためには、コラボレーターとしてストアへのアクセス権が必要です。本記事では、コラボレーターリクエストの概要から申請方法、承認後の手順までを詳しく解説します。 コラボレーターとは 特定のShopifyストアへのアクセス権を持っているShopifyパートナーの事を指します。スタッフとは異なるため、スタッフの人数にカウントされることはありません。 コラボレーターになるには、ShopifyパートナーがアクセスしたいShopifyストアに対して、コラボレーターリクエストを送信し、リクエストを受け取ったShopifyストア側が承認する必要があります。 Shopifyパートナーに関しては、下記のブログ記事もご参考にしてください。 Shopify パートナーの4種類とShopify Partnerになるメッリトや収益獲得方法 コラボレーターリクエストとは Shopifyパートナーが特定のShopifyストアへコラボレーターになるため(アクセスするため)の申請のことを指します。 コラボレーターリクエストコードとは コラボレーターリクエストコードは、ストアへコラボレーターリクエストの申請を制御するための機能で、コラボレーターリクエストコードを知っている人しかコラボレーターリクエストの申請を出せないように制御することが出来ます。 コラボレーターリクエストコードを設定しているストアの場合は、Shopifyパートナーからストアへコラボレーターリクエストを申請するために、ストア側がコラボレーターリクエストコードをShopifyパートナーへ共有する必要があります。 (コラボレーターリクエストコードの取得方法) 前述の通り、コラボレーターリクエストコードはストア側が取得し、Shopifyパートナーへ共有する必要があります。本節では、コラボレーターリクエストコードを取得する方法を紹介します。 (1)Shopify管理画面の画面左下にある「設定」をクリック (2)「ユーザーと権限」をクリック (3)コラボレーターのセクションまで画面をスクロール (4)コラボレーターリクエストコードに記載のある4桁のコードをコピー コラボレーターリクエストの送信方法 コラボレーターリクエストの送信方法は下記の2種類があります。 パートナーダッシュボードからの送信方法 Shopifyアプリを使った送信方法 それぞれ詳しく紹介します パートナーダッシュボードからの送信方法 (1)左メニューのストア管理をクリック (2)ストアを追加をクリック (3)ストアへのアクセス権をリクエストを選択 (4)下記の情報を入力 ストアのURL(xxxxx.myshopify.com)...

ShopifyでLPを簡単に作成!ランディングページを作成する3つの方法とおすすめアプリ

ShopifyでLPを簡単に作成!ランディングページを作成する3つの方法とおすすめアプリ

Tsunライターチーム

みなさんはご自身のShopifyストアでLP(ランディングページ)を作成していますか? 本記事では、Shopifyでランディングページを作成する方法について詳しく解説します。Shopifyテーマを使用する方法、Shopifyアプリを使用する方法、ソースコードをカスタマイズする方法の3つに分けて、それぞれのメリットとデメリットを比較しながら説明していきます。 LP(ランディングページ)とは? ランディングページ(Landing Page)は、言葉の通り直訳するとで「訪問者が最初にアクセスするページ」を指しますが、最近では最初にアクセスするページとは限らず、「特定の目的のために設計された単一のWebページ」を指すことが多いです。 本記事では、この「特定の目的のために設計された単一のWebページ」としてのランディングページについてご説明しています。 LPを作成する重要性 オンラインショップにおいて、ランディングページは非常に重要な役割を果たします。ランディングページは、商品やサービスの魅力を効果的に伝え、訪問者の購買意欲を高めるために設計されたWebページです。適切に設計されたランディングページは、コンバージョン率の向上につながり、売上アップに大きく貢献します。 Shopifyでは比較的安価で簡単に高品質のLPを作れます。後述の「ShopifyでLPを作成する3つの方法」を参考にご自身に適したLP作成の方法を選択しましょう。 ShopifyでLPを作成する3つの方法 Shopifyテーマで作成する はじめに、Shopifyテーマで作成する方法です。 Shopifyテーマのカスタマイズページにて、LP用のテンプレートを作成し、そのテンプレートを該当ページへ紐づける方法になります。 この方法のメリットは、 無料かつノーコードでカスタマイズできるため、初心者でも簡単に作成できます。また、Shopifyのテンプレートを活用することで、デザインのクオリティを保ちつつ、短時間でLPを作成できます。 デメリットは、ご利用中のShopifyテーマが提供しているセクションパーツのみでLPを作成するため、カスタマイズ性に限界がある点です。 Shopifyアプリで作成する 次に、Shopifyアプリを利用する方法です。 ページビルダーアプリやShopifyテーマのセクションパーツを拡張できるShopifyアプリを利用する方法です。 この方法のメリットは、デザインパーツも機能も豊富で、ドラッグ&ドロップ形式のエディタで直感的に操作でき、初心者でも扱いやすく手軽に高品質なLPが作れる点です。 デメリットは、 アプリ利用料がかかる点です。月額課金制のアプリが多く、コストが積み重なる可能性があります。 下記のブログ記事では、おすすめのページビルダーアプリを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyのページビルダーアプリ 3選|PageFlyやGempageなどの特徴や料金も紹介 ソースコードをカスタマイズして作成する 最後に、ソースコードをカスタマイズする方法です。 この方法のメリットは、これまで紹介したShopifyテーマやShopifyアプリで作成する方法に比べて、自由度が高く、独自性のあるLPが作れる点です。 デメリットは、技術力が必要で、時間とコストがかかる点です。 LP作成におすすめのShopifyアプリ...

ShopifyでLPを簡単に作成!ランディングページを作成する3つの方法とおすすめアプリ

Tsunライターチーム

みなさんはご自身のShopifyストアでLP(ランディングページ)を作成していますか? 本記事では、Shopifyでランディングページを作成する方法について詳しく解説します。Shopifyテーマを使用する方法、Shopifyアプリを使用する方法、ソースコードをカスタマイズする方法の3つに分けて、それぞれのメリットとデメリットを比較しながら説明していきます。 LP(ランディングページ)とは? ランディングページ(Landing Page)は、言葉の通り直訳するとで「訪問者が最初にアクセスするページ」を指しますが、最近では最初にアクセスするページとは限らず、「特定の目的のために設計された単一のWebページ」を指すことが多いです。 本記事では、この「特定の目的のために設計された単一のWebページ」としてのランディングページについてご説明しています。 LPを作成する重要性 オンラインショップにおいて、ランディングページは非常に重要な役割を果たします。ランディングページは、商品やサービスの魅力を効果的に伝え、訪問者の購買意欲を高めるために設計されたWebページです。適切に設計されたランディングページは、コンバージョン率の向上につながり、売上アップに大きく貢献します。 Shopifyでは比較的安価で簡単に高品質のLPを作れます。後述の「ShopifyでLPを作成する3つの方法」を参考にご自身に適したLP作成の方法を選択しましょう。 ShopifyでLPを作成する3つの方法 Shopifyテーマで作成する はじめに、Shopifyテーマで作成する方法です。 Shopifyテーマのカスタマイズページにて、LP用のテンプレートを作成し、そのテンプレートを該当ページへ紐づける方法になります。 この方法のメリットは、 無料かつノーコードでカスタマイズできるため、初心者でも簡単に作成できます。また、Shopifyのテンプレートを活用することで、デザインのクオリティを保ちつつ、短時間でLPを作成できます。 デメリットは、ご利用中のShopifyテーマが提供しているセクションパーツのみでLPを作成するため、カスタマイズ性に限界がある点です。 Shopifyアプリで作成する 次に、Shopifyアプリを利用する方法です。 ページビルダーアプリやShopifyテーマのセクションパーツを拡張できるShopifyアプリを利用する方法です。 この方法のメリットは、デザインパーツも機能も豊富で、ドラッグ&ドロップ形式のエディタで直感的に操作でき、初心者でも扱いやすく手軽に高品質なLPが作れる点です。 デメリットは、 アプリ利用料がかかる点です。月額課金制のアプリが多く、コストが積み重なる可能性があります。 下記のブログ記事では、おすすめのページビルダーアプリを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyのページビルダーアプリ 3選|PageFlyやGempageなどの特徴や料金も紹介 ソースコードをカスタマイズして作成する 最後に、ソースコードをカスタマイズする方法です。 この方法のメリットは、これまで紹介したShopifyテーマやShopifyアプリで作成する方法に比べて、自由度が高く、独自性のあるLPが作れる点です。 デメリットは、技術力が必要で、時間とコストがかかる点です。 LP作成におすすめのShopifyアプリ...