ブログ記事

Shopifyでポップアップを表示する方法|ポップアップを表示できるShopifyアプリ5選

Shopifyでポップアップを表示する方法|ポップアップを表示できるShopifyアプリ5選

Tsunライターチーム

Shopifyストアを運営する上で、コンバージョン率の向上は重要な課題の一つです。その中でも、ポップアップは訪問者の注目を引き、アクションを促すために効果的な手段として知られています。本記事では、ポップアップを表示するメリットやポップアップを表示できるShopifyアプリの紹介について解説します。 ポップアップとは? ポップアップとは、ウェブサイトを閲覧中に突然表示される小さな画面やウィンドウのことを指します。ポップアップは、メインのウェブページとは別に新しいウィンドウやタブで開き、多くの場合、広告や宣伝を目的としています。商品やサービスの販売促進、キャンペーンの告知などに使用されるのが一般的です。ポップアップは、適切に使用すれば効果的な情報提供や販促の手段となりますが、過度な表示はユーザー体験を損なう恐れがあるため注意が必要です。 ポップアップを表示するメリット 訪問者の注目を集められる ポップアップは、突然画面上に現れるため、訪問者の注目を強制的に集めることができます。通常のバナー広告などと比べて視認性が高く、重要なお知らせやキャンペーン情報を、確実に訪問者に伝えることが可能です。 下記のブログ記事ではShopifyにバナーを表示できるShopifyアプリを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyストアにバナーを表示するアプリ3選 | フローティングバナーや送料無料バーなどもご紹介 メールアドレスの収集が容易になる ポップアップを使ってメルマガ購読の特典を訴求することで、メルマガへの購読数を高めることができ、多くのメールアドレスの収集を期待できます。収集したメールアドレスを活用すれば、効果的なメールマーケティングを展開できるでしょう。 下記のブログ記事ではShopifyでメールマーケティングを行うメリットやおすすめのメルマガ配信アプリを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyでメールマーケティングを行うメリットは?メール配信(メルマガ配信)アプリも紹介 コンバージョン率の向上につながる 適切なタイミングで魅力的なポップアップを表示することで、商品の購入や資料請求など、様々なコンバージョンを促すことができます。例えば、カート落ちしそうな訪問者に対して、限定クーポンの配布を告知するポップアップを表示すれば、カート落ちを避けて購入率の向上が見込めます。 下記のブログ記事ではカゴ落ち対策の原因やおすすめのカゴ落ち対策アプリを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyで出来るカゴ落ち対策|原因やShopifyアプリも紹介|カート離脱対策 Shopifyでポップアップを表示する方法 Shopifyテーマを利用する まずは、Shopifyテーマを利用する方法です。Shopifyテーマの中にはポップアップを表示できるセクションを提供しているテーマが存在します。Shopifyテーマでポップアップバナーを表示するメリットとしては、追加料金が発生しない点です。デメリットとしては、表示タイミングやデザインなどの細かなカスタマイズが出来ないことです。ご自身のご利用中のテーマでポップアップが表示できるか一度確認してみましょう! Shopifyアプリを利用する 次に、Shopifyアプリを利用する方法です。Shopifyテーマに比べて表示タイミングやデザインなどのカスタマイズ性が高いメリットがあります。一方で、月額費用が発生するデメリットがあります。ご自身のやりたいことがShopifyアプリで実現できるか確認し、それに対していくらまで月額費用を払えるのかを検討しましょう。 ソースコードをカスタイマイズする Shopifyアプリを利用してもどうしてもやりたいことを実現できない場合があると思います。そういった場合は、Shopifyテーマのソースコードをカスタマイズする必要があります。 メリットとしては無料で作ることができ、自由にデザインをカスタマイズ出来ることです。デメリットとしては、HTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラミング知識が必要になることです。また、開発だけでなく、意図したとおりに動くかテストする時間や別のバナーへの張替えなど継続的なメンテナンスが発生するのがデメリットです。 ポップアップにおすすめのShopifyアプリ Pop Convert ‑...

Shopifyでポップアップを表示する方法|ポップアップを表示できるShopifyアプリ5選

Tsunライターチーム

Shopifyストアを運営する上で、コンバージョン率の向上は重要な課題の一つです。その中でも、ポップアップは訪問者の注目を引き、アクションを促すために効果的な手段として知られています。本記事では、ポップアップを表示するメリットやポップアップを表示できるShopifyアプリの紹介について解説します。 ポップアップとは? ポップアップとは、ウェブサイトを閲覧中に突然表示される小さな画面やウィンドウのことを指します。ポップアップは、メインのウェブページとは別に新しいウィンドウやタブで開き、多くの場合、広告や宣伝を目的としています。商品やサービスの販売促進、キャンペーンの告知などに使用されるのが一般的です。ポップアップは、適切に使用すれば効果的な情報提供や販促の手段となりますが、過度な表示はユーザー体験を損なう恐れがあるため注意が必要です。 ポップアップを表示するメリット 訪問者の注目を集められる ポップアップは、突然画面上に現れるため、訪問者の注目を強制的に集めることができます。通常のバナー広告などと比べて視認性が高く、重要なお知らせやキャンペーン情報を、確実に訪問者に伝えることが可能です。 下記のブログ記事ではShopifyにバナーを表示できるShopifyアプリを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyストアにバナーを表示するアプリ3選 | フローティングバナーや送料無料バーなどもご紹介 メールアドレスの収集が容易になる ポップアップを使ってメルマガ購読の特典を訴求することで、メルマガへの購読数を高めることができ、多くのメールアドレスの収集を期待できます。収集したメールアドレスを活用すれば、効果的なメールマーケティングを展開できるでしょう。 下記のブログ記事ではShopifyでメールマーケティングを行うメリットやおすすめのメルマガ配信アプリを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyでメールマーケティングを行うメリットは?メール配信(メルマガ配信)アプリも紹介 コンバージョン率の向上につながる 適切なタイミングで魅力的なポップアップを表示することで、商品の購入や資料請求など、様々なコンバージョンを促すことができます。例えば、カート落ちしそうな訪問者に対して、限定クーポンの配布を告知するポップアップを表示すれば、カート落ちを避けて購入率の向上が見込めます。 下記のブログ記事ではカゴ落ち対策の原因やおすすめのカゴ落ち対策アプリを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyで出来るカゴ落ち対策|原因やShopifyアプリも紹介|カート離脱対策 Shopifyでポップアップを表示する方法 Shopifyテーマを利用する まずは、Shopifyテーマを利用する方法です。Shopifyテーマの中にはポップアップを表示できるセクションを提供しているテーマが存在します。Shopifyテーマでポップアップバナーを表示するメリットとしては、追加料金が発生しない点です。デメリットとしては、表示タイミングやデザインなどの細かなカスタマイズが出来ないことです。ご自身のご利用中のテーマでポップアップが表示できるか一度確認してみましょう! Shopifyアプリを利用する 次に、Shopifyアプリを利用する方法です。Shopifyテーマに比べて表示タイミングやデザインなどのカスタマイズ性が高いメリットがあります。一方で、月額費用が発生するデメリットがあります。ご自身のやりたいことがShopifyアプリで実現できるか確認し、それに対していくらまで月額費用を払えるのかを検討しましょう。 ソースコードをカスタイマイズする Shopifyアプリを利用してもどうしてもやりたいことを実現できない場合があると思います。そういった場合は、Shopifyテーマのソースコードをカスタマイズする必要があります。 メリットとしては無料で作ることができ、自由にデザインをカスタマイズ出来ることです。デメリットとしては、HTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラミング知識が必要になることです。また、開発だけでなく、意図したとおりに動くかテストする時間や別のバナーへの張替えなど継続的なメンテナンスが発生するのがデメリットです。 ポップアップにおすすめのShopifyアプリ Pop Convert ‑...

Shopifyサイトの見分け方と使用テーマの調べ方を徹底解説!

【2024】Shopifyサイトの見分け方と使用テーマの調べ方を徹底解説!

Tsunライターチーム

Shopifyは、世界中の多くの企業に利用されている人気のECプラットフォームです。Shopifyサイトを見分けることで、競合他社の戦略を分析したり、自社サイトの改善点を発見したりすることができます。 本記事では、参考サイトがShopifyサイトを見分けるメリットと見分ける方法、競合サイトの利用しているShopifyテーマを調べる方法をご紹介します。 下記のブログ記事ではShopifyのメリットやデメリットなどを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyとは?ショッピファイのメリットやデメリット|Shopifyについて徹底解説 Shopifyサイトを見分けるメリット 参考ストアの戦略分析できる Shopifyサイトを見分けることで、競合他社がShopifyを使用しているかどうかがわかります。競合他社のサイト構成、デザイン、機能などを分析し、自社の戦略立案に役立てることができます。 自社サイトの改善点発見できる Shopifyを活用している他社サイトを見ることで、Shopifyの活用事例を収集できます。自社サイトと他社サイトを比較することで、自社サイトの改善点を発見できます。Shopifyの標準機能や、他社の優れた取り組みを参考にして、自社のECサイト運営に生かすことができます。 ECサイト構築の参考 になる Shopifyを使ったECサイト構築を検討している場合、他社のShopifyサイトを参考にすることで、効果的なサイト設計やデザインのアイデアを得ることができます。 下記のブログ記事ではShopifyストアの開設までの流れを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyの始め方(立ち上げ方)|ストア開設までの流れ|アカウントや商品の作り方 Shopifyテーマ選定の参考になる Shopifyには多数のShopifyテーマが用意されています。他社のShopifyサイトを調べることで、どのようなテーマが使われているかがわかります。自社に適したテーマ選定の参考になります。 下記のブログ記事ではおすすめのShopifyテーマを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyテーマ9選 | テーマの選び方や人気の無料テーマ、おすすめのテーマも紹介 Shopifyアプリ選定の参考になる 前述の「Shopifyテーマ選定の参考になる」と同様に、Shopifyには多数のShopifyアプリが用意されています。他社のShopifyサイトを調べることで、どのような機能が存在するのか、どの機能の構築にどんなShopifyアプリが利用されているのかを調べることで、自社に適したShopifyアプリ選定の参考になります。 下記のブログ記事では「集客」や「売上拡大」、「ブログ記事拡張」など様々なおすすめアプリをジャンル別に紹介しています。ご参考にしてください。 おすすめのShopifyアプリ|ジャンル別に紹介 マーケティング施策の参考になる Shopifyサイトを見分けることで、参考サイトのマーケティング施策を知ることができます。例えば、商品の見せ方、販促方法、顧客とのコミュニケーション方法など、同じShopifyで構築しているため、参考にできる点(または、真似できる点)が多数あります。 Shopifyサイトの特徴 特定のURLパターン Shopifyの商品ページやコレクションページ、ブログ記事などは特定のURLパターンとなっています。 商品ページの場合は「ドメイン/products/xxxx」ですし、コレクションページの場合は「ドメイン/collections/xxxx」、ブログ記事の場合は「ドメイン/blogs/xxxx」となります。...

【2024】Shopifyサイトの見分け方と使用テーマの調べ方を徹底解説!

Tsunライターチーム

Shopifyは、世界中の多くの企業に利用されている人気のECプラットフォームです。Shopifyサイトを見分けることで、競合他社の戦略を分析したり、自社サイトの改善点を発見したりすることができます。 本記事では、参考サイトがShopifyサイトを見分けるメリットと見分ける方法、競合サイトの利用しているShopifyテーマを調べる方法をご紹介します。 下記のブログ記事ではShopifyのメリットやデメリットなどを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyとは?ショッピファイのメリットやデメリット|Shopifyについて徹底解説 Shopifyサイトを見分けるメリット 参考ストアの戦略分析できる Shopifyサイトを見分けることで、競合他社がShopifyを使用しているかどうかがわかります。競合他社のサイト構成、デザイン、機能などを分析し、自社の戦略立案に役立てることができます。 自社サイトの改善点発見できる Shopifyを活用している他社サイトを見ることで、Shopifyの活用事例を収集できます。自社サイトと他社サイトを比較することで、自社サイトの改善点を発見できます。Shopifyの標準機能や、他社の優れた取り組みを参考にして、自社のECサイト運営に生かすことができます。 ECサイト構築の参考 になる Shopifyを使ったECサイト構築を検討している場合、他社のShopifyサイトを参考にすることで、効果的なサイト設計やデザインのアイデアを得ることができます。 下記のブログ記事ではShopifyストアの開設までの流れを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyの始め方(立ち上げ方)|ストア開設までの流れ|アカウントや商品の作り方 Shopifyテーマ選定の参考になる Shopifyには多数のShopifyテーマが用意されています。他社のShopifyサイトを調べることで、どのようなテーマが使われているかがわかります。自社に適したテーマ選定の参考になります。 下記のブログ記事ではおすすめのShopifyテーマを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyテーマ9選 | テーマの選び方や人気の無料テーマ、おすすめのテーマも紹介 Shopifyアプリ選定の参考になる 前述の「Shopifyテーマ選定の参考になる」と同様に、Shopifyには多数のShopifyアプリが用意されています。他社のShopifyサイトを調べることで、どのような機能が存在するのか、どの機能の構築にどんなShopifyアプリが利用されているのかを調べることで、自社に適したShopifyアプリ選定の参考になります。 下記のブログ記事では「集客」や「売上拡大」、「ブログ記事拡張」など様々なおすすめアプリをジャンル別に紹介しています。ご参考にしてください。 おすすめのShopifyアプリ|ジャンル別に紹介 マーケティング施策の参考になる Shopifyサイトを見分けることで、参考サイトのマーケティング施策を知ることができます。例えば、商品の見せ方、販促方法、顧客とのコミュニケーション方法など、同じShopifyで構築しているため、参考にできる点(または、真似できる点)が多数あります。 Shopifyサイトの特徴 特定のURLパターン Shopifyの商品ページやコレクションページ、ブログ記事などは特定のURLパターンとなっています。 商品ページの場合は「ドメイン/products/xxxx」ですし、コレクションページの場合は「ドメイン/collections/xxxx」、ブログ記事の場合は「ドメイン/blogs/xxxx」となります。...

Shopifyでおすすめの予約販売アプリ7選 | メリット・デメリットも紹介

【徹底比較】Shopifyの予約販売 アプリ 7選 | 予約購入のメリット・デメリットも紹介

Tsunライターチーム

Shopifyストアで予約販売(予約購入)のメリットやデメリットを解説し、Shopifyサイトで予約システムを実現するShopifyアプリの選び方をご紹介します。また、各予約販売アプリの料金プランや日本語対応状況、個数制限、後払い、同梱制御の対応状況などを徹底比較しています。

【徹底比較】Shopifyの予約販売 アプリ 7選 | 予約購入のメリット・デメリットも紹介

Tsunライターチーム

Shopifyストアで予約販売(予約購入)のメリットやデメリットを解説し、Shopifyサイトで予約システムを実現するShopifyアプリの選び方をご紹介します。また、各予約販売アプリの料金プランや日本語対応状況、個数制限、後払い、同梱制御の対応状況などを徹底比較しています。

Shopifyで商品を非公開・非表示にする方法|売り切れ商品を非公開にするアプリもご紹介

【2024】Shopifyで商品を非公開・非表示にする方法|売り切れ非表示アプリもご紹介

Tsunライターチーム

Shopifyを使ってオンラインストアを運営している方なら、商品の在庫管理や販売状況に応じて、商品を非公開にする必要があるシーンがあるでしょう。 Shopifyで商品を非公開にする目的は多岐にわたります。在庫切れの商品を再入荷まで一時的に非公開にしたり、季節商品の入れ替え時に古い商品を非公開にしてストアページをすっきりと保ったりすることができます。また、価格や商品説明の更新作業中に誤った情報を表示しないよう、作業中は商品を非公開にすることもあります。 本記事では、Shopifyで商品を非公開・非表示にする方法と商品を非表示にしてくれる便利なShopifyアプリをご紹介します。   商品を非公開・非表示にする方法 商品を非公開・非表示にする方法はいくつかあります。 商品ステータスを下書きに変更する まずは、商品ステータスを「下書き」に変更することで、商品を非公開にすることができます。 (商品ステータスを下書きに変更する手順) 商品管理より非公開にしたい商品をクリック 商品詳細ページの画面右にあるステータスより「下書き」を選択 画面右上の保存をクリック 非表示用のメタフィールドを設定する 商品メタフィールドに下記の値を設定することで特定商品を検索結果から非表示にすることが出来ます。 namespace: seokey: hiddenvalue: 1type: number_integer 引用元:Shopify.dev メタフィールドの作成例 非公開にしたい商品へメタフィールドの設定例 設定結果 メタフィールド設定前の検索結果ページ 本設定を上記添付画像の右から2番目の商品「The 3p Fulfilled Snowboard」に設定した場合、再度検索結果にアクセスすると下記の添付画像の結果になります。 メタフィールド設定後の検索結果ページ  ...

【2024】Shopifyで商品を非公開・非表示にする方法|売り切れ非表示アプリもご紹介

Tsunライターチーム

Shopifyを使ってオンラインストアを運営している方なら、商品の在庫管理や販売状況に応じて、商品を非公開にする必要があるシーンがあるでしょう。 Shopifyで商品を非公開にする目的は多岐にわたります。在庫切れの商品を再入荷まで一時的に非公開にしたり、季節商品の入れ替え時に古い商品を非公開にしてストアページをすっきりと保ったりすることができます。また、価格や商品説明の更新作業中に誤った情報を表示しないよう、作業中は商品を非公開にすることもあります。 本記事では、Shopifyで商品を非公開・非表示にする方法と商品を非表示にしてくれる便利なShopifyアプリをご紹介します。   商品を非公開・非表示にする方法 商品を非公開・非表示にする方法はいくつかあります。 商品ステータスを下書きに変更する まずは、商品ステータスを「下書き」に変更することで、商品を非公開にすることができます。 (商品ステータスを下書きに変更する手順) 商品管理より非公開にしたい商品をクリック 商品詳細ページの画面右にあるステータスより「下書き」を選択 画面右上の保存をクリック 非表示用のメタフィールドを設定する 商品メタフィールドに下記の値を設定することで特定商品を検索結果から非表示にすることが出来ます。 namespace: seokey: hiddenvalue: 1type: number_integer 引用元:Shopify.dev メタフィールドの作成例 非公開にしたい商品へメタフィールドの設定例 設定結果 メタフィールド設定前の検索結果ページ 本設定を上記添付画像の右から2番目の商品「The 3p Fulfilled Snowboard」に設定した場合、再度検索結果にアクセスすると下記の添付画像の結果になります。 メタフィールド設定後の検索結果ページ  ...

Shopifyパートナー(Shopify Partner)とは?種類や収益の獲得方法などを紹介

Shopify パートナーとは?パートナーになる方法や種類、メリット、収益獲得方法などをご紹介

Tsunライターチーム

EC市場が急成長する中、Shopifyはその成長を牽引するプラットフォームとして注目を集めています。そんなShopifyのエコシステムを支えているのが、Shopifyパートナープログラムです。世界的な大企業からスタートアップ企業や起業家まで、多岐にわたるパートナーがShopifyと提携し、数百万社のコマースビジネスの明日を支えています。 Shopifyに関しては下記のブログ記事も参考にしてください。 Shopifyとは?ショッピファイのメリットやデメリット|Shopifyについて徹底解説 Shopifyパートナーの種類 出典:Shopify公式 Shopifyパートナーには、以下の4つの種類があります。 エージェンシーパートナー:Shopifyにクライアントを紹介することで収益を得る。ストアの構築、テスト、最適化を行うShopifyのウェブサイト開発環境に無制限でアクセス可能。 アプリパートナー:ビジネスの構築と拡張に役立つアプリやテーマを開発し、数百万のShopifyマーチャントに向けてリリース。 コンサルティングパートナー:コンサルティングと実装に関する専門知識を深め、全社的なコマースの変革を推進。 テクノロジーパートナー:Shopify APIを使ってソフトウェア統合とアプリケーションを構築し、共通の顧客のプロセスとエクスペリエンスを改善。 Shopifyパートナーになるメリット Shopifyパートナーになると、以下のようなメリットがあります。 収益機会を獲得できる パートナータイプに応じて、紹介料、アプリやテーマの販売収益、コンサルティング報酬など、様々な収益機会があります。 無料で学習できる Shopifyパートナーアカデミーでは、Shopifyに関する知識を無料で学ぶことができます。また、パートナー向けのドキュメントやツールも利用可能です。 ネットワーキングの機会を得れる パートナーコミュニティに参加することで、世界中のパートナーとつながり、情報交換ができます。パートナー専用のフォーラムやイベントにも参加できます。 専用のツールとリソースを利用できる Shopifyパートナーには、ストア作成のためのデベロッパープレビュー、アプリ開発のためのAPIドキュメント、テーマ開発のためのテーマキットなど、専用のツールとリソースが提供されます。 仕事を受注する機会が増える Shopifyパートナーディレクトリに掲載されることで、Shopifyを利用する店舗から直接仕事を受注できる機会が増えます。ただし、Shopifyパートナーディレクトリに掲載されるにはShopifyエキスパートに認定される必要があります。 Shopifyパートナーの報酬の種類 Shopify パートナーは、以下のような方法で報酬を得ることができます。 アフィリエイト報酬 Shopifyへの新規ユーザー紹介に対して報酬を得ることができます。紹介したユーザーがShopifyプランに登録すると、毎月一定の報酬が発生します。報酬額は、ユーザーが契約するプランによって異なります。 Shopifyストアの開発や運用支援 Shopifyストアの設定、デザイン、開発、運用支援などのサービスを提供し、クライアントから直接報酬を受け取ることができます。サービスの料金設定は、パートナー自身が決定できます。高品質なサービスを提供し、クライアントの満足度を高めることが、長期的な収益増加につながります。...

Shopify パートナーとは?パートナーになる方法や種類、メリット、収益獲得方法などをご紹介

Tsunライターチーム

EC市場が急成長する中、Shopifyはその成長を牽引するプラットフォームとして注目を集めています。そんなShopifyのエコシステムを支えているのが、Shopifyパートナープログラムです。世界的な大企業からスタートアップ企業や起業家まで、多岐にわたるパートナーがShopifyと提携し、数百万社のコマースビジネスの明日を支えています。 Shopifyに関しては下記のブログ記事も参考にしてください。 Shopifyとは?ショッピファイのメリットやデメリット|Shopifyについて徹底解説 Shopifyパートナーの種類 出典:Shopify公式 Shopifyパートナーには、以下の4つの種類があります。 エージェンシーパートナー:Shopifyにクライアントを紹介することで収益を得る。ストアの構築、テスト、最適化を行うShopifyのウェブサイト開発環境に無制限でアクセス可能。 アプリパートナー:ビジネスの構築と拡張に役立つアプリやテーマを開発し、数百万のShopifyマーチャントに向けてリリース。 コンサルティングパートナー:コンサルティングと実装に関する専門知識を深め、全社的なコマースの変革を推進。 テクノロジーパートナー:Shopify APIを使ってソフトウェア統合とアプリケーションを構築し、共通の顧客のプロセスとエクスペリエンスを改善。 Shopifyパートナーになるメリット Shopifyパートナーになると、以下のようなメリットがあります。 収益機会を獲得できる パートナータイプに応じて、紹介料、アプリやテーマの販売収益、コンサルティング報酬など、様々な収益機会があります。 無料で学習できる Shopifyパートナーアカデミーでは、Shopifyに関する知識を無料で学ぶことができます。また、パートナー向けのドキュメントやツールも利用可能です。 ネットワーキングの機会を得れる パートナーコミュニティに参加することで、世界中のパートナーとつながり、情報交換ができます。パートナー専用のフォーラムやイベントにも参加できます。 専用のツールとリソースを利用できる Shopifyパートナーには、ストア作成のためのデベロッパープレビュー、アプリ開発のためのAPIドキュメント、テーマ開発のためのテーマキットなど、専用のツールとリソースが提供されます。 仕事を受注する機会が増える Shopifyパートナーディレクトリに掲載されることで、Shopifyを利用する店舗から直接仕事を受注できる機会が増えます。ただし、Shopifyパートナーディレクトリに掲載されるにはShopifyエキスパートに認定される必要があります。 Shopifyパートナーの報酬の種類 Shopify パートナーは、以下のような方法で報酬を得ることができます。 アフィリエイト報酬 Shopifyへの新規ユーザー紹介に対して報酬を得ることができます。紹介したユーザーがShopifyプランに登録すると、毎月一定の報酬が発生します。報酬額は、ユーザーが契約するプランによって異なります。 Shopifyストアの開発や運用支援 Shopifyストアの設定、デザイン、開発、運用支援などのサービスを提供し、クライアントから直接報酬を受け取ることができます。サービスの料金設定は、パートナー自身が決定できます。高品質なサービスを提供し、クライアントの満足度を高めることが、長期的な収益増加につながります。...

ShopifyでSMS認証を導入するメリット・デメリット|SMS認証アプリも紹介

ShopifyでSMS認証を導入するメリット・デメリット|SMS認証アプリも紹介

Tsunライターチーム

みなさんは、ご自身のShopifyストアにSMS認証を導入していますか? ShopifyでSMS認証を実施することは、セキュリティを強化し、不正アクセスを防ぎ、ユーザーの信頼を確保し、法的要件を満たすために重要です。 SMS認証とは? SMS認証(SMS authentication)とは、ユーザーが自身のアイデンティティを確認するために携帯電話への短信サービス(SMS)を利用するセキュリティ手段の一つです。この認証方法は、多くのオンラインサービスやアプリケーションで広く採用されており、特に二要素認証(2FA)の一部として使用されることが多いです。 SMS認証の基本的な流れ ユーザー登録またはログイン時に携帯電話番号を入力: ユーザーは自分の携帯電話番号をサービスに登録します。 認証コードの送信: ユーザーがログインや重要な操作を行う際、サービス側は登録された携帯電話番号に一時的な認証コードを含むSMSを送信します。 認証コードの入力: ユーザーは受信したSMSから認証コードを読み取り、それをウェブサイトやアプリケーションの指定された場所に入力します。 アクセスの承認または拒否: 入力されたコードが正しい場合、ユーザーのアクセスが承認されます。認証コードが間違っている場合や期限切れの場合は、アクセスが拒否されます。 SMS認証のメリット 導入・運用が簡単 SMS認証は、特別な機器や高度な技術を必要とせずに始められます。ほとんどの人がすでに携帯電話を持っているため、新たに何かを買う必要もありません。また、Shopifyアプリを利用することで簡単に導入できます。 多くの人に手軽に使ってもらえる 現在、多くの人がスマートフォンを持っていますから、SMS認証は非常にアクセスしやすい認証方法です。また、多くのアプリやサービスで既に使われているため、新しいサービスでも抵抗なく使い始めることができます。 セキュリティが強化される SMS認証を使うことで、アカウントの安全性が高まります。携帯電話は普段から持ち歩いているものなので、他人が簡単にアクセスすることは難しいです。さらに、認証コードは電話番号に直接送られるため、パスワードのように第三者に漏れる心配が少ないです。 不正アカウントの登録を防ぐ SMS認証では、1つの電話番号につき1つのアカウントしか登録できません。これにより、偽のアカウントが作られるのを防ぐことができます。IDやパスワードだけで登録するよりも、不正利用をずっと防ぎやすくなります。 転売対策になる SMS認証は転売対策として有効です。抽選販売では、SMS認証(本人認証)を完了したユーザーのみがエントリーできるように設定することで、一人のユーザーが複数回エントリーすることを防ぐことが可能です。電話番号はメールアドレスと比較して一人のユーザーが複数持つケースが少ないため、メール認証よりもSMS認証の方が効果的である言えます。 下記のブログ記事でShopifyで抽選販売を実施する方法を紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyで抽選販売を実施する方法|メリットやデメリットも紹介 SMS認証のデメリット 受信設定によってはSMSが届かない場合がある たとえば、もしスマホで特定の番号からのメッセージを受け取らないように設定していたら、大切な認証コードが届かないことがあります。これにより、そのサービスを使えなくなるかもしれません。ただ、ほとんどの人はこのような設定をしていないので、心配しすぎる必要はないです。...

ShopifyでSMS認証を導入するメリット・デメリット|SMS認証アプリも紹介

Tsunライターチーム

みなさんは、ご自身のShopifyストアにSMS認証を導入していますか? ShopifyでSMS認証を実施することは、セキュリティを強化し、不正アクセスを防ぎ、ユーザーの信頼を確保し、法的要件を満たすために重要です。 SMS認証とは? SMS認証(SMS authentication)とは、ユーザーが自身のアイデンティティを確認するために携帯電話への短信サービス(SMS)を利用するセキュリティ手段の一つです。この認証方法は、多くのオンラインサービスやアプリケーションで広く採用されており、特に二要素認証(2FA)の一部として使用されることが多いです。 SMS認証の基本的な流れ ユーザー登録またはログイン時に携帯電話番号を入力: ユーザーは自分の携帯電話番号をサービスに登録します。 認証コードの送信: ユーザーがログインや重要な操作を行う際、サービス側は登録された携帯電話番号に一時的な認証コードを含むSMSを送信します。 認証コードの入力: ユーザーは受信したSMSから認証コードを読み取り、それをウェブサイトやアプリケーションの指定された場所に入力します。 アクセスの承認または拒否: 入力されたコードが正しい場合、ユーザーのアクセスが承認されます。認証コードが間違っている場合や期限切れの場合は、アクセスが拒否されます。 SMS認証のメリット 導入・運用が簡単 SMS認証は、特別な機器や高度な技術を必要とせずに始められます。ほとんどの人がすでに携帯電話を持っているため、新たに何かを買う必要もありません。また、Shopifyアプリを利用することで簡単に導入できます。 多くの人に手軽に使ってもらえる 現在、多くの人がスマートフォンを持っていますから、SMS認証は非常にアクセスしやすい認証方法です。また、多くのアプリやサービスで既に使われているため、新しいサービスでも抵抗なく使い始めることができます。 セキュリティが強化される SMS認証を使うことで、アカウントの安全性が高まります。携帯電話は普段から持ち歩いているものなので、他人が簡単にアクセスすることは難しいです。さらに、認証コードは電話番号に直接送られるため、パスワードのように第三者に漏れる心配が少ないです。 不正アカウントの登録を防ぐ SMS認証では、1つの電話番号につき1つのアカウントしか登録できません。これにより、偽のアカウントが作られるのを防ぐことができます。IDやパスワードだけで登録するよりも、不正利用をずっと防ぎやすくなります。 転売対策になる SMS認証は転売対策として有効です。抽選販売では、SMS認証(本人認証)を完了したユーザーのみがエントリーできるように設定することで、一人のユーザーが複数回エントリーすることを防ぐことが可能です。電話番号はメールアドレスと比較して一人のユーザーが複数持つケースが少ないため、メール認証よりもSMS認証の方が効果的である言えます。 下記のブログ記事でShopifyで抽選販売を実施する方法を紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyで抽選販売を実施する方法|メリットやデメリットも紹介 SMS認証のデメリット 受信設定によってはSMSが届かない場合がある たとえば、もしスマホで特定の番号からのメッセージを受け取らないように設定していたら、大切な認証コードが届かないことがあります。これにより、そのサービスを使えなくなるかもしれません。ただ、ほとんどの人はこのような設定をしていないので、心配しすぎる必要はないです。...

Shopifyで年齢制限(年齢確認)を実施する方法|おすすめアプリも紹介

Shopifyで年齢制限(年齢確認)を実施する方法|おすすめアプリも紹介

Tsunライターチーム

みなさんはご自身のShopifyストアで年齢制限機能(年齢確認機能)を導入していますか?本記事ではShopifyで年齢制限機能を導入する方法や年齢確認アプリを紹介します。 年齢制限(年齢確認)とは? 本記事での年齢制限(年齢確認)は、Shopifyストアへ訪問または購入を試みようとしたユーザーに対して年齢を確認し、指定した年齢以上ではないと商品を購入できないように制限する機能のことを指します。お酒やタバコを販売する場合、購入者が20歳以上であること(未成年者ではないこと)を確認する必要があります。Shopifyのデフォルト機能では年齢制限機能が存在しないため、年齢制限機能を導入する方法を後述の「年齢制限機能を導入する方法」で紹介したいと思います。 年齢制限機能を導入する方法 Shopifyストアに年齢制限機能を導入する方法は下記3つあります。 年齢制限機能のあるShopifyテーマを選ぶ Shopifyアプリを導入する ソースコードをカスタマイズする それぞれ詳しく紹介します。 年齢制限機能のあるShopifyテーマを選ぶ まずはじめにShopifyテーマで対応する方法です。DawnなどShopifyが提供している無料テーマには年齢制限機能は存在しません、ImpulseやEmpireなどいくつかの有料テーマには年齢制限機能が存在します。 Shopifyテーマで対応するメリットは、買い切りのため一度お金を支払うだけで年齢制限機能を永久に利用できる点やプログラミング知識不要で導入できる点、年齢制限機能以外にも豊富な機能やデザインパーツを利用できる点です。 デメリットとしては、Shopifyテーマの購入費用として150ドル〜400ドルほどのコストが発生する点や日本語対応しているShopifyテーマが少ない点です。 もし、Shopifyテーマで対応したい場合は、Shopifyテーマストアのテーマ一覧ページより「年齢認証機能」で絞り込むことができますので、ご参考にしてください。 出典:Shopifyテーマストア Shopifyアプリを導入する 次に、Shopifyアプリで対応する方法です。 Shopifyアプリを利用するメリットは、プログラミング知識不要で簡単に導入できる点、新しいShopifyテーマへ移行するのが困難なストアでも導入できる点などです。デメリットとして、安価ではありますが月額費用が発生する点です。 年齢制限アプリに関しては、後述の「年齢確認(年齢制限)を実施できるShopifyアプリ」で紹介してます。 ソースコードをカスタマイズする 最後に、ソースコードをカスタマイズする方法です。(※ Shopifyテーマごとに実装方法が異なるため、本記事では詳しい実装方法は紹介しません。)ソースコードをカスタマイズするメリットとしては、無料で対応できることと自由にデザインなどをカスタマイズ出来ることです。デメリットとしては、HTMLやCSSなどのプログラミング知識が必要になることです。また、開発だけでなく、意図したとおりに動くかテストする時間も発生するのがデメリットです。 年齢確認(年齢制限)を実施できるShopifyアプリ 年齢確認サポーター 出典:年齢確認サポーター|Shopifyアプリストア 年齢確認サポーターはネットイヤーグループが提供しているShopifyアプリです。日本語に対応しており、カートページで年齢確認ができたり、商品ごとに年齢制限を設定することができます。 料金プラン:月額 9ドル GA 18:...

Shopifyで年齢制限(年齢確認)を実施する方法|おすすめアプリも紹介

Tsunライターチーム

みなさんはご自身のShopifyストアで年齢制限機能(年齢確認機能)を導入していますか?本記事ではShopifyで年齢制限機能を導入する方法や年齢確認アプリを紹介します。 年齢制限(年齢確認)とは? 本記事での年齢制限(年齢確認)は、Shopifyストアへ訪問または購入を試みようとしたユーザーに対して年齢を確認し、指定した年齢以上ではないと商品を購入できないように制限する機能のことを指します。お酒やタバコを販売する場合、購入者が20歳以上であること(未成年者ではないこと)を確認する必要があります。Shopifyのデフォルト機能では年齢制限機能が存在しないため、年齢制限機能を導入する方法を後述の「年齢制限機能を導入する方法」で紹介したいと思います。 年齢制限機能を導入する方法 Shopifyストアに年齢制限機能を導入する方法は下記3つあります。 年齢制限機能のあるShopifyテーマを選ぶ Shopifyアプリを導入する ソースコードをカスタマイズする それぞれ詳しく紹介します。 年齢制限機能のあるShopifyテーマを選ぶ まずはじめにShopifyテーマで対応する方法です。DawnなどShopifyが提供している無料テーマには年齢制限機能は存在しません、ImpulseやEmpireなどいくつかの有料テーマには年齢制限機能が存在します。 Shopifyテーマで対応するメリットは、買い切りのため一度お金を支払うだけで年齢制限機能を永久に利用できる点やプログラミング知識不要で導入できる点、年齢制限機能以外にも豊富な機能やデザインパーツを利用できる点です。 デメリットとしては、Shopifyテーマの購入費用として150ドル〜400ドルほどのコストが発生する点や日本語対応しているShopifyテーマが少ない点です。 もし、Shopifyテーマで対応したい場合は、Shopifyテーマストアのテーマ一覧ページより「年齢認証機能」で絞り込むことができますので、ご参考にしてください。 出典:Shopifyテーマストア Shopifyアプリを導入する 次に、Shopifyアプリで対応する方法です。 Shopifyアプリを利用するメリットは、プログラミング知識不要で簡単に導入できる点、新しいShopifyテーマへ移行するのが困難なストアでも導入できる点などです。デメリットとして、安価ではありますが月額費用が発生する点です。 年齢制限アプリに関しては、後述の「年齢確認(年齢制限)を実施できるShopifyアプリ」で紹介してます。 ソースコードをカスタマイズする 最後に、ソースコードをカスタマイズする方法です。(※ Shopifyテーマごとに実装方法が異なるため、本記事では詳しい実装方法は紹介しません。)ソースコードをカスタマイズするメリットとしては、無料で対応できることと自由にデザインなどをカスタマイズ出来ることです。デメリットとしては、HTMLやCSSなどのプログラミング知識が必要になることです。また、開発だけでなく、意図したとおりに動くかテストする時間も発生するのがデメリットです。 年齢確認(年齢制限)を実施できるShopifyアプリ 年齢確認サポーター 出典:年齢確認サポーター|Shopifyアプリストア 年齢確認サポーターはネットイヤーグループが提供しているShopifyアプリです。日本語に対応しており、カートページで年齢確認ができたり、商品ごとに年齢制限を設定することができます。 料金プラン:月額 9ドル GA 18:...

Shopifyで会員限定販売やVIP会員限定セールを設定する方法|アプリも紹介

【2024】Shopifyで会員限定販売やVIP会員限定セールを設定する方法|アプリも紹介

Tsunライターチーム

みなさんはご自身のShopifyストアの会員向けに何か特別な施策は行っていますか?本記事では会員限定販売やVIP会員限定セールを可能にするおすすめのShopifyアプリを紹介します。また、アプリを利用した会員限定販売やVIP会員限定セールなどの設定事例もご紹介します。

【2024】Shopifyで会員限定販売やVIP会員限定セールを設定する方法|アプリも紹介

Tsunライターチーム

みなさんはご自身のShopifyストアの会員向けに何か特別な施策は行っていますか?本記事では会員限定販売やVIP会員限定セールを可能にするおすすめのShopifyアプリを紹介します。また、アプリを利用した会員限定販売やVIP会員限定セールなどの設定事例もご紹介します。

Shopifyで期間限定販売や期間限定セールを行う方法

【2024】Shopifyで期間限定販売を行う方法|期間限定販売のメリットや期間限定セールの実...

Tsunライターチーム

みなさんは、ご自身のShopifyストアで期間限定販売や期間限定セールを実施していますか? 本記事では、期間限定販売や期間限定セールを実施するのにおすすめのShopifyアプリを紹介し、そのアプリを利用した設定方法もご紹介します。

【2024】Shopifyで期間限定販売を行う方法|期間限定販売のメリットや期間限定セールの実...

Tsunライターチーム

みなさんは、ご自身のShopifyストアで期間限定販売や期間限定セールを実施していますか? 本記事では、期間限定販売や期間限定セールを実施するのにおすすめのShopifyアプリを紹介し、そのアプリを利用した設定方法もご紹介します。

Order Limits ‑ MinMaxifyとは?|料金プランやセットアップ方法を紹介

Order Limits ‑ MinMaxifyとは?|料金プランやセットアップ方法を紹介

Tsunライターチーム

Shopifyで人気の購入制限アプリ「Order Limits ‑ MinMaxify」について、特徴やセットアップ方法、料金プラン、注意点について詳しく解説します。また、「Order Limits ‑ MinMaxify」は日本語対応していないため、日本語対応したおすすめの購入制限アプリも紹介します。

Order Limits ‑ MinMaxifyとは?|料金プランやセットアップ方法を紹介

Tsunライターチーム

Shopifyで人気の購入制限アプリ「Order Limits ‑ MinMaxify」について、特徴やセットアップ方法、料金プラン、注意点について詳しく解説します。また、「Order Limits ‑ MinMaxify」は日本語対応していないため、日本語対応したおすすめの購入制限アプリも紹介します。

Shopify レコメンドアプリ 6選|レコメンド機能を導入するメリットも紹介

【2024】Shopify レコメンドアプリ 6選|レコメンド機能を導入するメリットも紹介

Tsunライターチーム

レコメンドとは? レコメンドとは、おすすめの商品やサービス、情報などを提案することを指します。レコメンドはユーザーの興味や過去の行動、好みなどを分析し、それに基づいて個々のユーザーに合わせたおすすめを行うことで、ユーザー体験を向上させ、売上拡大へポジティブな効果を期待できます。 レコメンドのメリット 顧客満足度の向上 ユーザーにとって適切なタイミングで役立つ情報を提供することで、商品やサイトへの関心を高めることができ、顧客満足度を高めることができます。 売上の増加 ユーザーにとって適切なタイミングで魅力的な商品をレコメンドすることにより、顧客の購入を促すことができます。 顧客理解の深化 レコメンドシステムを通じて収集されるデータは、顧客の好みや行動傾向を理解する貴重な情報源となり、商品開発やサイト改善に活かすことができます。 レコメンド機能を導入できるShopifyアプリ Shopify Search & Discovery 出典:Shopify Search & Discovery|Shopifyアプリストア サイト内の商品を発見しやすく改善してくれるShopify純正アプリです。お客様がより商品を見つけやすくなるように、検索結果のソート順をカスタマイズしたり、絞り込み項目をカスタマイズしたり、レコメンド表示(商品ページにおすすめ商品を表示)したり出来ます。 Shopify Search & Discoveryの料金プラン 無料 下記のブログ記事では、Shopify Search & Discoveryで出来ることや使い方を紹介しています。ご参考にしてください。 Shopify Search...

【2024】Shopify レコメンドアプリ 6選|レコメンド機能を導入するメリットも紹介

Tsunライターチーム

レコメンドとは? レコメンドとは、おすすめの商品やサービス、情報などを提案することを指します。レコメンドはユーザーの興味や過去の行動、好みなどを分析し、それに基づいて個々のユーザーに合わせたおすすめを行うことで、ユーザー体験を向上させ、売上拡大へポジティブな効果を期待できます。 レコメンドのメリット 顧客満足度の向上 ユーザーにとって適切なタイミングで役立つ情報を提供することで、商品やサイトへの関心を高めることができ、顧客満足度を高めることができます。 売上の増加 ユーザーにとって適切なタイミングで魅力的な商品をレコメンドすることにより、顧客の購入を促すことができます。 顧客理解の深化 レコメンドシステムを通じて収集されるデータは、顧客の好みや行動傾向を理解する貴重な情報源となり、商品開発やサイト改善に活かすことができます。 レコメンド機能を導入できるShopifyアプリ Shopify Search & Discovery 出典:Shopify Search & Discovery|Shopifyアプリストア サイト内の商品を発見しやすく改善してくれるShopify純正アプリです。お客様がより商品を見つけやすくなるように、検索結果のソート順をカスタマイズしたり、絞り込み項目をカスタマイズしたり、レコメンド表示(商品ページにおすすめ商品を表示)したり出来ます。 Shopify Search & Discoveryの料金プラン 無料 下記のブログ記事では、Shopify Search & Discoveryで出来ることや使い方を紹介しています。ご参考にしてください。 Shopify Search...

Shopifyにd払いを導入するメリット・デメリット、設定方法

Shopifyにd払いを導入するメリット・デメリット、設定方法

Tsunライターチーム

みなさんはShopifyでどのような決済方法を導入していますか? 本記事ではShopifyストアにd払いを導入するメリットやデメリット、d払いを導入する方法を紹介します。 d払いとは? d払いは、ドコモが提供するスマホ決済サービスです。スマホに表示されるバーコードもしくはQRコードを利用して支払いができ、街中のお買い物だけでなく、ネットショッピングでも利用できます。また、dポイントが貯まるのも特徴です。 Shopifyにd払いを導入するメリット クレジットカード情報の入力が不要 d払いはドコモのアカウント情報が分かれば決済することができます。クレジットカード決済の場合、クレジットカード番号や使用期限、セキュリティコードなどを入力しないといけませんが、それらの情報の入力の手間が不要です。 dポイントが貯まる、使える 注文時の決済方法としてd払いを利用することで、お客様はdポイントを貯めたり、使用したりすることができます。普段からdポイントを活用しているドコモユーザーに自身のShopifyストアを選んでもらう理由にもなります。 下記のブログ記事では、Shopifyにポイントシステムを導入するメリットやおすすめポイントアプリを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyのポイントアプリ4選|ポイントサービスを導入するメリット・デメリット カゴ落ち対策になる カゴ落ちの原因の大半を占めるのは「希望する決済種別がない」という理由です。クレジットカードを保有していない方や、好まない方のカゴ落ちを防ぐためにも、d払いの導入を検討しても良いでしょう。 出典:株式会社 NTT ドコモ 株式会社NTT ドコモの公開情報よるとd払いのユーザー数は5,199万人(2023年3月末時点)を突破しており、日本人口の約2.5人に1人が利用している決済サービスまで成長しています。 参考:d 払い、5 年でユーザー数 5,000 万人を突破|株式会社 NTT ドコモ 出典:Baymard Institute Baymard Institute社の調査ではカゴ落ちの理由として、3番目に多いのが「クレジットカード情報を入力したくない」、9番目に多いのが「決済の選択肢が少ない」です。 ドコモユーザーの中には、「d払いを利用してクレジットカード情報を入力せずに決済したい」、「dポイントを貯めたいのでd払いを利用したい」と考えている人も多いので無いでしょうか。...

Shopifyにd払いを導入するメリット・デメリット、設定方法

Tsunライターチーム

みなさんはShopifyでどのような決済方法を導入していますか? 本記事ではShopifyストアにd払いを導入するメリットやデメリット、d払いを導入する方法を紹介します。 d払いとは? d払いは、ドコモが提供するスマホ決済サービスです。スマホに表示されるバーコードもしくはQRコードを利用して支払いができ、街中のお買い物だけでなく、ネットショッピングでも利用できます。また、dポイントが貯まるのも特徴です。 Shopifyにd払いを導入するメリット クレジットカード情報の入力が不要 d払いはドコモのアカウント情報が分かれば決済することができます。クレジットカード決済の場合、クレジットカード番号や使用期限、セキュリティコードなどを入力しないといけませんが、それらの情報の入力の手間が不要です。 dポイントが貯まる、使える 注文時の決済方法としてd払いを利用することで、お客様はdポイントを貯めたり、使用したりすることができます。普段からdポイントを活用しているドコモユーザーに自身のShopifyストアを選んでもらう理由にもなります。 下記のブログ記事では、Shopifyにポイントシステムを導入するメリットやおすすめポイントアプリを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyのポイントアプリ4選|ポイントサービスを導入するメリット・デメリット カゴ落ち対策になる カゴ落ちの原因の大半を占めるのは「希望する決済種別がない」という理由です。クレジットカードを保有していない方や、好まない方のカゴ落ちを防ぐためにも、d払いの導入を検討しても良いでしょう。 出典:株式会社 NTT ドコモ 株式会社NTT ドコモの公開情報よるとd払いのユーザー数は5,199万人(2023年3月末時点)を突破しており、日本人口の約2.5人に1人が利用している決済サービスまで成長しています。 参考:d 払い、5 年でユーザー数 5,000 万人を突破|株式会社 NTT ドコモ 出典:Baymard Institute Baymard Institute社の調査ではカゴ落ちの理由として、3番目に多いのが「クレジットカード情報を入力したくない」、9番目に多いのが「決済の選択肢が少ない」です。 ドコモユーザーの中には、「d払いを利用してクレジットカード情報を入力せずに決済したい」、「dポイントを貯めたいのでd払いを利用したい」と考えている人も多いので無いでしょうか。...

Shopifyで指定数量の倍数で販売する方法|カート追加可能数を3個ずつに制御する方法|インクリメント

Shopifyで指定数量の倍数で販売する方法|カート追加可能数を3個ずつに制御する方法

Tsunライターチーム

みなさんは商品に対して「2個ずつで販売したい」、「3個ずつで販売したい」など指定した数量の倍数で販売したいケースはないでしょうか?ShopifyではPlusプラン(月額$2,500~$3,000)のB2B機能を利用することでインクリメントの設定により指定数量の倍数で商品を販売することができます。 しかし、Plusプラン以外のShopifyストアではShopifyの純正機能だけで実現することは困難です。 本記事では、Plusプラン以外のShopifyストアで指定した数量の倍数で商品を販売する方法をご紹介します。 数量ルールと量による価格を設定する|Shopify ヘルプセンター 下記のブログ記事ではShopify Plusについて詳しく紹介しています。ご参考にしてください。 Shopify Plusとは?料金や手数料、できること、メリットをご紹介 アウトプット 本記事の設定を行うことで、商品は3の倍数(3個、6個、9個・・・)でしか購入できないようになります。 参考動画 デモ商品 下記ページは、3の倍数でしか購入できないように個数制限をかけたデモ商品となります。 ご参考になさってください。 [デモ] 3の倍数で個数制限 事前準備 本記事の設定を進めるうえで、注文制限アプリ「RuffRuff 注文制限」を利用します。そのため、まだインストールされていない方はインストールをお願いします。 RuffRuff 注文制限  「RuffRuff 注文制限」は完全日本語対応で、日本初のCart and Checkout Validation APIを利用したShopify アプリです。 「Cart...

Shopifyで指定数量の倍数で販売する方法|カート追加可能数を3個ずつに制御する方法

Tsunライターチーム

みなさんは商品に対して「2個ずつで販売したい」、「3個ずつで販売したい」など指定した数量の倍数で販売したいケースはないでしょうか?ShopifyではPlusプラン(月額$2,500~$3,000)のB2B機能を利用することでインクリメントの設定により指定数量の倍数で商品を販売することができます。 しかし、Plusプラン以外のShopifyストアではShopifyの純正機能だけで実現することは困難です。 本記事では、Plusプラン以外のShopifyストアで指定した数量の倍数で商品を販売する方法をご紹介します。 数量ルールと量による価格を設定する|Shopify ヘルプセンター 下記のブログ記事ではShopify Plusについて詳しく紹介しています。ご参考にしてください。 Shopify Plusとは?料金や手数料、できること、メリットをご紹介 アウトプット 本記事の設定を行うことで、商品は3の倍数(3個、6個、9個・・・)でしか購入できないようになります。 参考動画 デモ商品 下記ページは、3の倍数でしか購入できないように個数制限をかけたデモ商品となります。 ご参考になさってください。 [デモ] 3の倍数で個数制限 事前準備 本記事の設定を進めるうえで、注文制限アプリ「RuffRuff 注文制限」を利用します。そのため、まだインストールされていない方はインストールをお願いします。 RuffRuff 注文制限  「RuffRuff 注文制限」は完全日本語対応で、日本初のCart and Checkout Validation APIを利用したShopify アプリです。 「Cart...

Shopifyで1人1個までの個数制限を実施する方法|1人1回かつ1人1個までの購入制限

Shopifyで1人1個までの個数制限を実施する方法|お一人様1個までの購入制限

Tsunライターチーム

本記事では、1注文につき1個までの個数制限ではなく、1人1回かつ1人1個までしか購入でいないように制限する方法をご紹介します。

Shopifyで1人1個までの個数制限を実施する方法|お一人様1個までの購入制限

Tsunライターチーム

本記事では、1注文につき1個までの個数制限ではなく、1人1回かつ1人1個までしか購入でいないように制限する方法をご紹介します。

金額制限を実施できるShopifyアプリ 3選

【2024】Shopifyストアで金額制限を可能にするアプリ 3選|日本語対応アプリも紹介

Tsunライターチーム

発注金額や不正注文対策、配送料、関税など様々な理由で注文金額に対して制限をかけたいケースがあるかと思います。本記事では1回の注文に対して金額制限を実施できるShopifyアプリを紹介します。

【2024】Shopifyストアで金額制限を可能にするアプリ 3選|日本語対応アプリも紹介

Tsunライターチーム

発注金額や不正注文対策、配送料、関税など様々な理由で注文金額に対して制限をかけたいケースがあるかと思います。本記事では1回の注文に対して金額制限を実施できるShopifyアプリを紹介します。

Shopifyで購入制限|年齢や個数、地域、期間で販売を制限する方法 |  Tsun Inc.

Shopifyで購入制限(販売制限)を実施する方法|年齢や個数、金額、地域、期間、会員で注文を制限

Tsunライターチーム

Shopifyストアを運営していて商品の購入に対して販売個数や購入者を制限したいと思う時がないでしょうか? 「仕入数が限られていたり、転売が多かったりするため1人1個だけ購入できるようにしたい」、「服用する際に身体への影響が出やすい医薬品などは来院者や患者の状態に応じて販売したい」、「海外配送していないため、海外からの訪問者が購入できないようにしたい」などと思ってもうまく設定できなくて悩んでいる方もいるでしょう。 本記事では、どんな購入制限(販売制限)の種類があるのか、購入制御におすすめのShopifyアプリもご紹介します。 商品に購入制限をかける理由 転売を抑止・抑制するため 商品を転売されてしまうと「通常価格よりも高値になる」「正規で購入していないためメーカー保証での商品修理・交換対応が受けられない」「賞味期限切れや不適切な保存状態による劣化」など買い手側が不利益を被り、企業や商品のブランドイメージが毀損されるリスクがあります。 転売を抑制するために、1人1点までしか購入できないように販売個数を制御する対策が考えられます。 商品を安全に利用してもらうため 市販薬や療法食などは、「用法用量を超えての服用」や「そもそも服用してはいけない人やペットによる服用」は、身体に悪影響を及ぼす恐れがあります。 上記を未然に防止するために、お客様の状態を基に販売を制御したり、必要以上の商品を販売しない様に制御する対策が考えられます。 海外発送に対応していないため Shopifyストアをオンライン上に公開している以上、海外からのアクセスを避けることは困難です。また海外在住者に購入されてしまった場合、外国語でのキャンセル対応が必要になり、普段以上にキャンセル対応に時間を取られることもあります。 限定感を出すため(ブランディング目的のため) 商品の購入制限をかけることで商品に限定感が出て、ブランディングを強化する役割を果たすこともあります。ストア内に残り◯個と表示されているとユーザーの購入意欲も高める効果も期待できます。 販売が禁止されているため お酒やタバコなど未成年に対して販売してはいけない商品があります。最近ではシーシャやCBDタバコなどを取り扱っているShopifyストアも増えてきています。 年齢確認(年齢認証)の機能をShopifyストアに導入することで、未成年への販売を事前に防ぐことが可能です。 購入制限の種類とShopifyで出来る対策 購入点数で購入制限する(個数制限) 在庫が少なかったり、転売を防いだりするために、1度に購入できる点数を制御したいケースがあると思います。 Shopifyアプリ「RuffRuff 注文制限」を利用することで、「1回の注文あたり1個まで」「1回の注文あたり3個から」「1回の注文あたり2個から5個までの範囲で」など様々な個数制限を実施できます。 下記デモページもありますので、ご参考にしてください。 RuffRuff 注文制限 デモ商品一覧 下記の記事では個数制限を実施できるShopifyアプリを紹介しています。ご参考にしてください。 個数制限(数量制限)を可能にするShopifyアプリ 7選 購入金額で購入制限する(金額制限) 発注金額や配送料、関税など様々な理由で注文金額に対して購入金額の制限をかけたいケースがあると思います。...

Shopifyで購入制限(販売制限)を実施する方法|年齢や個数、金額、地域、期間、会員で注文を制限

Tsunライターチーム

Shopifyストアを運営していて商品の購入に対して販売個数や購入者を制限したいと思う時がないでしょうか? 「仕入数が限られていたり、転売が多かったりするため1人1個だけ購入できるようにしたい」、「服用する際に身体への影響が出やすい医薬品などは来院者や患者の状態に応じて販売したい」、「海外配送していないため、海外からの訪問者が購入できないようにしたい」などと思ってもうまく設定できなくて悩んでいる方もいるでしょう。 本記事では、どんな購入制限(販売制限)の種類があるのか、購入制御におすすめのShopifyアプリもご紹介します。 商品に購入制限をかける理由 転売を抑止・抑制するため 商品を転売されてしまうと「通常価格よりも高値になる」「正規で購入していないためメーカー保証での商品修理・交換対応が受けられない」「賞味期限切れや不適切な保存状態による劣化」など買い手側が不利益を被り、企業や商品のブランドイメージが毀損されるリスクがあります。 転売を抑制するために、1人1点までしか購入できないように販売個数を制御する対策が考えられます。 商品を安全に利用してもらうため 市販薬や療法食などは、「用法用量を超えての服用」や「そもそも服用してはいけない人やペットによる服用」は、身体に悪影響を及ぼす恐れがあります。 上記を未然に防止するために、お客様の状態を基に販売を制御したり、必要以上の商品を販売しない様に制御する対策が考えられます。 海外発送に対応していないため Shopifyストアをオンライン上に公開している以上、海外からのアクセスを避けることは困難です。また海外在住者に購入されてしまった場合、外国語でのキャンセル対応が必要になり、普段以上にキャンセル対応に時間を取られることもあります。 限定感を出すため(ブランディング目的のため) 商品の購入制限をかけることで商品に限定感が出て、ブランディングを強化する役割を果たすこともあります。ストア内に残り◯個と表示されているとユーザーの購入意欲も高める効果も期待できます。 販売が禁止されているため お酒やタバコなど未成年に対して販売してはいけない商品があります。最近ではシーシャやCBDタバコなどを取り扱っているShopifyストアも増えてきています。 年齢確認(年齢認証)の機能をShopifyストアに導入することで、未成年への販売を事前に防ぐことが可能です。 購入制限の種類とShopifyで出来る対策 購入点数で購入制限する(個数制限) 在庫が少なかったり、転売を防いだりするために、1度に購入できる点数を制御したいケースがあると思います。 Shopifyアプリ「RuffRuff 注文制限」を利用することで、「1回の注文あたり1個まで」「1回の注文あたり3個から」「1回の注文あたり2個から5個までの範囲で」など様々な個数制限を実施できます。 下記デモページもありますので、ご参考にしてください。 RuffRuff 注文制限 デモ商品一覧 下記の記事では個数制限を実施できるShopifyアプリを紹介しています。ご参考にしてください。 個数制限(数量制限)を可能にするShopifyアプリ 7選 購入金額で購入制限する(金額制限) 発注金額や配送料、関税など様々な理由で注文金額に対して購入金額の制限をかけたいケースがあると思います。...

定期購入におすすめのShopifyアプリ4選 | サブスクのメリットは?

【徹底比較】Shopifyの定期購入(サブスク)アプリ6選 | 価格や機能で比較

Tsunライターチーム

定期購買やMikawaya Subscription、NoCode Subscription、 かんたんサブスクなどの国内のおすすめアプリを機能やプラン、価格、導入事例、連携可能なアプリ・サービスなどを比較表で解説しています。

【徹底比較】Shopifyの定期購入(サブスク)アプリ6選 | 価格や機能で比較

Tsunライターチーム

定期購買やMikawaya Subscription、NoCode Subscription、 かんたんサブスクなどの国内のおすすめアプリを機能やプラン、価格、導入事例、連携可能なアプリ・サービスなどを比較表で解説しています。

Shopifyで抽選販売を実施する方法|メリットやデメリットも紹介

Shopifyで抽選販売を実施する方法|メリットやデメリットも紹介

Tsunライターチーム

抽選販売とは? 抽選販売は、商品が限られた数量のみ販売可能な場合や限定商品を公平に販売する場合に使用される販売手法です。購入希望者は事前に応募し、ランダムな抽選によって購入権を得ることができます。この手法は、特に高い需要が見込まれる商品や、ファン層を持つブランドの商品販売において利用されます。 Shopifyで抽選販売を実施するメリット 公平な購入機会を提供できる 抽選販売はすべての顧客に対して等しいチャンスを提供し、誰もが同じ条件下で商品を購入する機会を得られるようにすることができます。 特に限定品や人気商品を扱う際に、特定の顧客や早い者勝ちの原則による不公平を避け、購入希望者全員が公正な方法を提供することで、ストアに対する信頼感を高めることも期待できます。 ブランドイメージの向上 独占性や希少性を高め、ブランドの価値を向上させます。 顧客データの収集 登録プロセスを通じて、マーケティング活動に役立つ貴重な顧客データを収集できます。 Shopifyで抽選販売を実施するデメリット 顧客満足度の低下 抽選に当選しない顧客が不満を抱く可能性があります。 複雑な設定 抽選プロセスを適切に管理するためには、追加の設定やアプリが必要となる場合があります。 抽選販売の基本プロセス 抽選販売の計画 抽選販売する商品や応募開始日時、応募締切日時、抽選結果発表日時、応募条件などを決めます。 抽選販売方法の選定 実施したい抽選販売に応じて、Googleフォームなどを利用するのか、Shopifyアプリを利用するのか検討しましょう。 応募フォームの作成 顧客が抽選に応募できるよう、フォームを作成します。 抽選販売の事前案内 顧客へ抽選販売の参加条件や応募開始日時、応募締切日時、抽選結果発表日時などを事前案内します。 抽選販売 顧客からの抽選応募を受け付けます。 抽選 応募者の中から当選者を選びます。 当選通知・落選通知 当選者には購入方法を含めて当選通知します。また、落選者に落選通知を送ると親切です。...

Shopifyで抽選販売を実施する方法|メリットやデメリットも紹介

Tsunライターチーム

抽選販売とは? 抽選販売は、商品が限られた数量のみ販売可能な場合や限定商品を公平に販売する場合に使用される販売手法です。購入希望者は事前に応募し、ランダムな抽選によって購入権を得ることができます。この手法は、特に高い需要が見込まれる商品や、ファン層を持つブランドの商品販売において利用されます。 Shopifyで抽選販売を実施するメリット 公平な購入機会を提供できる 抽選販売はすべての顧客に対して等しいチャンスを提供し、誰もが同じ条件下で商品を購入する機会を得られるようにすることができます。 特に限定品や人気商品を扱う際に、特定の顧客や早い者勝ちの原則による不公平を避け、購入希望者全員が公正な方法を提供することで、ストアに対する信頼感を高めることも期待できます。 ブランドイメージの向上 独占性や希少性を高め、ブランドの価値を向上させます。 顧客データの収集 登録プロセスを通じて、マーケティング活動に役立つ貴重な顧客データを収集できます。 Shopifyで抽選販売を実施するデメリット 顧客満足度の低下 抽選に当選しない顧客が不満を抱く可能性があります。 複雑な設定 抽選プロセスを適切に管理するためには、追加の設定やアプリが必要となる場合があります。 抽選販売の基本プロセス 抽選販売の計画 抽選販売する商品や応募開始日時、応募締切日時、抽選結果発表日時、応募条件などを決めます。 抽選販売方法の選定 実施したい抽選販売に応じて、Googleフォームなどを利用するのか、Shopifyアプリを利用するのか検討しましょう。 応募フォームの作成 顧客が抽選に応募できるよう、フォームを作成します。 抽選販売の事前案内 顧客へ抽選販売の参加条件や応募開始日時、応募締切日時、抽選結果発表日時などを事前案内します。 抽選販売 顧客からの抽選応募を受け付けます。 抽選 応募者の中から当選者を選びます。 当選通知・落選通知 当選者には購入方法を含めて当選通知します。また、落選者に落選通知を送ると親切です。...