ブログ記事

Shopifyストアに利用規約を表示する方法|利用規約の同意を得るのにおすすめのShopifyアプリ

Shopifyストアに利用規約を表示する方法|利用規約の同意を得るのにおすすめのShopifyアプリ

Tsunライターチーム

みなさんは、ご自身のShopifyストアに利用規約を作成・表示していますか?また、利用規約を表示するだけでなく同意まで得ていますか?本記事では、利用規約の作成方法からShopifyストアに表示する方法、同意を得る方法、おすすめのShopifyアプリをご紹介します。

Shopifyストアに利用規約を表示する方法|利用規約の同意を得るのにおすすめのShopifyアプリ

Tsunライターチーム

みなさんは、ご自身のShopifyストアに利用規約を作成・表示していますか?また、利用規約を表示するだけでなく同意まで得ていますか?本記事では、利用規約の作成方法からShopifyストアに表示する方法、同意を得る方法、おすすめのShopifyアプリをご紹介します。

Shopifyの配送日時指定を導入するメリット|Shopifyアプリも紹介 Tsun Inc.

Shopifyの配送日時指定アプリ 8選 | お届け希望日を設置するメリット・デメリット

Tsunライターチーム

配送日時指定を導入するメリットやデメリットを解説しています。また、日本語に対応している国内配送日時指定アプリの「CC 配送日時指定」や「らくらく設定!配送日時指定」、「カレンダーマスター ‑ 配送日時指定」、「配送&注文サポーター」、「配送マネージャー」、「配送日時指定 .amp」などのプランや機能を紹介しています。

Shopifyの配送日時指定アプリ 8選 | お届け希望日を設置するメリット・デメリット

Tsunライターチーム

配送日時指定を導入するメリットやデメリットを解説しています。また、日本語に対応している国内配送日時指定アプリの「CC 配送日時指定」や「らくらく設定!配送日時指定」、「カレンダーマスター ‑ 配送日時指定」、「配送&注文サポーター」、「配送マネージャー」、「配送日時指定 .amp」などのプランや機能を紹介しています。

Shopifyで会員限定販売やVIP会員限定セールを設定する方法|アプリも紹介

Shopifyで会員限定販売やVIP会員限定セールを設定する方法|アプリも紹介

Tsunライターチーム

みなさんはご自身のShopifyストアの会員向けに何か特別な施策は行っていますか?本記事では会員限定販売やVIP会員限定セールを可能にするおすすめのShopifyアプリを紹介します。また、アプリを利用した会員限定販売やVIP会員限定セールなどの設定事例もご紹介します。

Shopifyで会員限定販売やVIP会員限定セールを設定する方法|アプリも紹介

Tsunライターチーム

みなさんはご自身のShopifyストアの会員向けに何か特別な施策は行っていますか?本記事では会員限定販売やVIP会員限定セールを可能にするおすすめのShopifyアプリを紹介します。また、アプリを利用した会員限定販売やVIP会員限定セールなどの設定事例もご紹介します。

スマートに購入ボタン(カートボタン)をカスタマイズして様々な販売を行う方法|Shopifyアプリもご紹介

Shopifyの購入ボタン(カートボタン)をカスタマイズして様々な販売を行う方法|Shopif...

Tsunライターチーム

Shopifyのカートボタンを在庫切れの場合に予約販売ボタンに切り替えたり、特定会員のみカートボタンを有効化し、ゲスト会員は無効化したりとカスタマイズできるShopifyアプリを紹介し、そのアプリを活用した様々なカスタマイズ事例を紹介します。

Shopifyの購入ボタン(カートボタン)をカスタマイズして様々な販売を行う方法|Shopif...

Tsunライターチーム

Shopifyのカートボタンを在庫切れの場合に予約販売ボタンに切り替えたり、特定会員のみカートボタンを有効化し、ゲスト会員は無効化したりとカスタマイズできるShopifyアプリを紹介し、そのアプリを活用した様々なカスタマイズ事例を紹介します。

【徹底比較】Shopify・BASE・STORESの違い|料金・手数料・決済方法・海外対応など Tsun Inc.

【徹底比較】Shopify・BASE・STORESの違い|料金・手数料・決済方法・海外対応など

田所 亜希子

ECサイト構築の大手プラットフォームであるショッピファイ・べース・ストアーズの3社を徹底比較しました。 料金や手数料、決済方法、海外対応、ブログ機能、販売方法など、ECサイトを運営する上で重要なポイントを徹底的に比較!

【徹底比較】Shopify・BASE・STORESの違い|料金・手数料・決済方法・海外対応など

田所 亜希子

ECサイト構築の大手プラットフォームであるショッピファイ・べース・ストアーズの3社を徹底比較しました。 料金や手数料、決済方法、海外対応、ブログ機能、販売方法など、ECサイトを運営する上で重要なポイントを徹底的に比較!

Shopifyストアで受注生産を実施するメリット・デメリット、おすすめShopifyアプリ

Shopifyストアで受注生産を実施するメリット・デメリット、おすすめShopifyアプリ

Tsunライターチーム

「RuffRuff 予約販売」は在庫切れや新商品販売前、入荷待ちなどのタイミングで発生する機会損失の削減をサポートします。自身のShopifyストアに驚くほど簡単に予約販売を実現し、無制限での予約商品を登録および無制限で予約注文を受け付けることが可能です。また、予約商品と通常商品を同時に注文させないように制限したり、入荷時期が未定な場合は再入荷通知も可能です。他の予約販売アプリにはない商品出荷前に支払回収できる「後払い」機能などのユニークな機能もたくさん存在します。 引用元: RuffRuff 予約販売 アプリを見る デモページを見る みなさんはShopifyストアでどのような商品を取り扱っていますか?本記事ではShopifyストアで受注生産品を扱うメリットやデメリット、おすすめのShopifyアプリを紹介します。 受注生産とは 受注生産は、お客様から注文を受けてから商品の製造を開始する生産形態のことです。 例えば、伝統工芸品やオーダーメイド家具、オーダーメイドスーツ、注文住宅、機械設備など「お客様の要望に併せてカスタマイズが必要な商品」や「大量生産が難しい商品」、「原価が高く在庫を持ちたくない商品」などを販売する場合に適しています。 Shopifyで受注生産を行うメリット (売り手側)余剰在庫を持たなくてすむ (売り手側)汎用製品に比べて付加価値をつけることができる (買い手側)要望に沿った物を生産してもらえる Shopifyで受注生産を行うデメリット (売り手側)商品を出荷するまでに時間と手間がかかる (売り手側)生産途中で仕様変更を求められる場合がある (売り手側)生産途中でキャンセルされる場合がある (買い手側)商品が手元に届くまでに時間がかかる (買い手側)汎用製品よりもコストが掛かる場合がある Shopifyで受注生産を行う際に意識したいこと 受注生産品であることを明記する 販売している商品が受注生産品なのか明記することが大事です。お客様が受注生産品だと認識せずに注文すると商品がなかなか届かないことに対して問い合わせが来たり、最悪のケースでクレームに発展する場合があります。 商品の発送目安を明記する 受注生産品が注文からいつごろまでにお客様の手元に届くのかを明記することで、問い合わせやクレームの件数を削減することができます。また、お客様も手元に届く目安がわかることで安心して商品を購入することができます。 発送直前に支払回収をする(発送までに長期間を要する場合) 受注生産品の中でも商品によっては注文から発送までに数ヶ月以上かかる場合があります。 商品の発送目安を記載してお客様の不安をある程度軽減することは出来ますが、お金を支払ってから商品が届くまでの期間が長ければ長いほどお客様の不安は増すことでしょう。あなたも商品がなかなか届かずに不安になった経験はないでしょうか? そこで、支払回収のタイミングを商品の発送直前ににずらすことも検討の余地があります。支払回収のタイミングを発送直前などにずらすことで、お客様の不安を軽くすることができるでしょう。 受注生産を行うためのShopifyアプリを選ぶポイント...

Shopifyストアで受注生産を実施するメリット・デメリット、おすすめShopifyアプリ

Tsunライターチーム

「RuffRuff 予約販売」は在庫切れや新商品販売前、入荷待ちなどのタイミングで発生する機会損失の削減をサポートします。自身のShopifyストアに驚くほど簡単に予約販売を実現し、無制限での予約商品を登録および無制限で予約注文を受け付けることが可能です。また、予約商品と通常商品を同時に注文させないように制限したり、入荷時期が未定な場合は再入荷通知も可能です。他の予約販売アプリにはない商品出荷前に支払回収できる「後払い」機能などのユニークな機能もたくさん存在します。 引用元: RuffRuff 予約販売 アプリを見る デモページを見る みなさんはShopifyストアでどのような商品を取り扱っていますか?本記事ではShopifyストアで受注生産品を扱うメリットやデメリット、おすすめのShopifyアプリを紹介します。 受注生産とは 受注生産は、お客様から注文を受けてから商品の製造を開始する生産形態のことです。 例えば、伝統工芸品やオーダーメイド家具、オーダーメイドスーツ、注文住宅、機械設備など「お客様の要望に併せてカスタマイズが必要な商品」や「大量生産が難しい商品」、「原価が高く在庫を持ちたくない商品」などを販売する場合に適しています。 Shopifyで受注生産を行うメリット (売り手側)余剰在庫を持たなくてすむ (売り手側)汎用製品に比べて付加価値をつけることができる (買い手側)要望に沿った物を生産してもらえる Shopifyで受注生産を行うデメリット (売り手側)商品を出荷するまでに時間と手間がかかる (売り手側)生産途中で仕様変更を求められる場合がある (売り手側)生産途中でキャンセルされる場合がある (買い手側)商品が手元に届くまでに時間がかかる (買い手側)汎用製品よりもコストが掛かる場合がある Shopifyで受注生産を行う際に意識したいこと 受注生産品であることを明記する 販売している商品が受注生産品なのか明記することが大事です。お客様が受注生産品だと認識せずに注文すると商品がなかなか届かないことに対して問い合わせが来たり、最悪のケースでクレームに発展する場合があります。 商品の発送目安を明記する 受注生産品が注文からいつごろまでにお客様の手元に届くのかを明記することで、問い合わせやクレームの件数を削減することができます。また、お客様も手元に届く目安がわかることで安心して商品を購入することができます。 発送直前に支払回収をする(発送までに長期間を要する場合) 受注生産品の中でも商品によっては注文から発送までに数ヶ月以上かかる場合があります。 商品の発送目安を記載してお客様の不安をある程度軽減することは出来ますが、お金を支払ってから商品が届くまでの期間が長ければ長いほどお客様の不安は増すことでしょう。あなたも商品がなかなか届かずに不安になった経験はないでしょうか? そこで、支払回収のタイミングを商品の発送直前ににずらすことも検討の余地があります。支払回収のタイミングを発送直前などにずらすことで、お客様の不安を軽くすることができるでしょう。 受注生産を行うためのShopifyアプリを選ぶポイント...