ブログ記事

Shopifyのブログ機能をフル活用しよう|機能や拡張アプリを紹介 Tsun Inc.

Shopifyのブログ機能をフル活用|ブログ記事をカスタマイズするアプリも紹介

Tsunライターチーム

ブログ記事はECサイトの売上拡大において、無料から始めることができるとても重要なマーケティング手法の一つです。今回は、Shopifyのブログ機能を使うメリットやブログ記事の基本的な使い方、活用事例、拡張アプリなどをご紹介します。

Shopifyのブログ機能をフル活用|ブログ記事をカスタマイズするアプリも紹介

Tsunライターチーム

ブログ記事はECサイトの売上拡大において、無料から始めることができるとても重要なマーケティング手法の一つです。今回は、Shopifyのブログ機能を使うメリットやブログ記事の基本的な使い方、活用事例、拡張アプリなどをご紹介します。

【2022年版】Shopifyの目次生成アプリを紹介!目次を入れるメリットは?

【2024】Shopifyに目次を入れるメリット|目次を作成できるShopifyアプリも紹介

Tsunライターチーム

みなさんは、Shopifyでブログ記事(またはニュースやジャーナル、マガジンなど)を書いていますか。まだ書いていないという方は、まずはこちらの記事を参考にしてください。 Shopifyのブログ機能をフル活用しよう|機能や拡張アプリを紹介 本記事では、Shopifyストアのブログ記事に目次を追加するメリットや目次追加におすすめのShopifyアプリをご紹介します。 Shopifyに目次を入れるメリット Shopifyストアに目次のを入れるメリットは下記になります 読者(訪問者)の利便性が上がる 書き手(ストア側)思考の整理になる アクセス数が増加する ユーザーニーズを把握できる SEOにも良い効果が期待できる それぞれ詳しく解説していきます。 読者(訪問者)の利便性が上がる 目次は下記のように読者の利便性を向上させます。 ブログ記事の内容がひと目でわかる 読みたい箇所にすぐにアクセスできる 書き手(ストア側)思考の整理になる 目次を利用することで、書き手側の思考の整理にも役立ちます。思考の整理として下記の項目を目次でチェックすることがおすすめです。 論理的に整理されているか 読者(訪問者)目線で書かれているか 読者(訪問者)が得たい情報が書かれているか アクセス数が増加する Googleの検索結果で記事タイトルの下にいくつかリンクが表示されているのを見たことはありませんか? 目次はGoogleの検索結果にも表示されることがあるため、目次が検索結果に表示されるとクリック率が増え、アクセス数の増加も期待できます。  ユーザーニーズを把握できる ヒートマップツールと組み合わせることで、読者がブログ記事内のどの内容に興味を持ち、よく読まれているのかを把握することができます。 ユーザーニーズを見つける方法としては、ヒートマップツールのクリック(タップ)が多い箇所を赤く染めてくれる機能を利用し、目次内のどの見出しが多くクリックされているのかを確認することで特定できます。 下記の記事では、弊社おすすめのヒートマップツール「Clarity(クラリティ)」をShopifyへ導入する方法を解説していますので、ご参考にしてください。 Clarity(クラリティ)とは? | ShopifyにClarityを設定する方法 ...

【2024】Shopifyに目次を入れるメリット|目次を作成できるShopifyアプリも紹介

Tsunライターチーム

みなさんは、Shopifyでブログ記事(またはニュースやジャーナル、マガジンなど)を書いていますか。まだ書いていないという方は、まずはこちらの記事を参考にしてください。 Shopifyのブログ機能をフル活用しよう|機能や拡張アプリを紹介 本記事では、Shopifyストアのブログ記事に目次を追加するメリットや目次追加におすすめのShopifyアプリをご紹介します。 Shopifyに目次を入れるメリット Shopifyストアに目次のを入れるメリットは下記になります 読者(訪問者)の利便性が上がる 書き手(ストア側)思考の整理になる アクセス数が増加する ユーザーニーズを把握できる SEOにも良い効果が期待できる それぞれ詳しく解説していきます。 読者(訪問者)の利便性が上がる 目次は下記のように読者の利便性を向上させます。 ブログ記事の内容がひと目でわかる 読みたい箇所にすぐにアクセスできる 書き手(ストア側)思考の整理になる 目次を利用することで、書き手側の思考の整理にも役立ちます。思考の整理として下記の項目を目次でチェックすることがおすすめです。 論理的に整理されているか 読者(訪問者)目線で書かれているか 読者(訪問者)が得たい情報が書かれているか アクセス数が増加する Googleの検索結果で記事タイトルの下にいくつかリンクが表示されているのを見たことはありませんか? 目次はGoogleの検索結果にも表示されることがあるため、目次が検索結果に表示されるとクリック率が増え、アクセス数の増加も期待できます。  ユーザーニーズを把握できる ヒートマップツールと組み合わせることで、読者がブログ記事内のどの内容に興味を持ち、よく読まれているのかを把握することができます。 ユーザーニーズを見つける方法としては、ヒートマップツールのクリック(タップ)が多い箇所を赤く染めてくれる機能を利用し、目次内のどの見出しが多くクリックされているのかを確認することで特定できます。 下記の記事では、弊社おすすめのヒートマップツール「Clarity(クラリティ)」をShopifyへ導入する方法を解説していますので、ご参考にしてください。 Clarity(クラリティ)とは? | ShopifyにClarityを設定する方法 ...

SEOのメリット・デメリット|Shopifyで出来るSEO対策やアプリも紹介 Tsun Inc.

Shopifyで出来るSEO対策|SEOの基本やメリット、おすすめSEO対策アプリも紹介

Tsunライターチーム

ShopifyストアのSEOを強化し、検索ランキングを上げるための基本戦略、メリットとデメリット、おすすめのShopifyアプリまで詳しく解説。あなたのビジネスを次のレベルへと導きます。

Shopifyで出来るSEO対策|SEOの基本やメリット、おすすめSEO対策アプリも紹介

Tsunライターチーム

ShopifyストアのSEOを強化し、検索ランキングを上げるための基本戦略、メリットとデメリット、おすすめのShopifyアプリまで詳しく解説。あなたのビジネスを次のレベルへと導きます。

【2023年度】おすすめShopifyアプリ30選|ジャンル別に紹介 Tsun Inc.

【2024】Shopifyアプリ おすすめ一覧:売上アップ・効率化・無料アプリまで徹底解説!

Tsunライターチーム

ShopifyアプリはShopifyサイトにインストールし、機能を拡張できるツール(ソフトウェア)のことです。2023年時点で1万件以上のShopifyアプリの中から無料アプリや日本語対応アプリ、最新アプリまで、ジャンル別におすすめのショッピファイアプリをご紹介します。

【2024】Shopifyアプリ おすすめ一覧:売上アップ・効率化・無料アプリまで徹底解説!

Tsunライターチーム

ShopifyアプリはShopifyサイトにインストールし、機能を拡張できるツール(ソフトウェア)のことです。2023年時点で1万件以上のShopifyアプリの中から無料アプリや日本語対応アプリ、最新アプリまで、ジャンル別におすすめのショッピファイアプリをご紹介します。

コンテンツに目次を自動生成するShopifyアプリ「RuffRuff 目次作成」

コンテンツの目次を自動生成するShopifyアプリ「RuffRuff 目次作成」

Tsunライターチーム

Shopifyストアに目次を自動生成するShopifyアプリです。ブログ記事だけでなく、商品ページやコレクション、Pagesなどにも目次を自動生成できる世界に1つしかないShopifyアプリです。無料から利用でき、ノーコードで導入可能です。文言やデザイン、スクロールのオン・オフ、目次の表示位置の調整など、様々なカスタマイズが可能です。また、ライブプレビュー機能で、リアルタイムで確認しながら目次のカスタマイズが可能です。

コンテンツの目次を自動生成するShopifyアプリ「RuffRuff 目次作成」

Tsunライターチーム

Shopifyストアに目次を自動生成するShopifyアプリです。ブログ記事だけでなく、商品ページやコレクション、Pagesなどにも目次を自動生成できる世界に1つしかないShopifyアプリです。無料から利用でき、ノーコードで導入可能です。文言やデザイン、スクロールのオン・オフ、目次の表示位置の調整など、様々なカスタマイズが可能です。また、ライブプレビュー機能で、リアルタイムで確認しながら目次のカスタマイズが可能です。

Shopifyでリダイレクト設定する方法|リダイレクトの種類やタイミングもご紹介

Shopifyでリダイレクト設定する方法|リダイレクトの種類やタイミングもご紹介

Tsunライターチーム

リダイレクトとは リダイレクトは、WEBサイトにおいて既に存在しているページのURL(以下、旧URL)を新しいURL(以下、新URL)に自動で転送する仕組みです。 リダイレクトの仕組みを利用することで、旧URLの「https://tsun.ec/products/old_page」から新URLの「https://tsun.ec/products/new_page」へページを変更させたい場合や「https://tsun.xoxo」から「https://tsun.ec」へドメイン自体を変更したい場合に、訪問者を転送することもできます。また、検索エンジンへ転送することを伝えることができます。 リダイレクトを利用することで、「お探しのページがみつかりません」と表示されるような404ページを回避できたり、サイト移行などによるSEO評価(サイト評価)の毀損を回避することができます。 Shopifyではデフォルト機能として、「URLリダイレクト」というリダイレクト設定を簡単に行える機能が存在します。URLリダイレクトの使い方(手順)は本記事の後半で説明します。 リダイレクトが必要なケース サイト移転(サイト移行)やリニューアルでURLを変更する場合 BASEやカラーミーショップなどからShopifyへサイトを移転したり、Shopifyサイト自体をリニューアルしたりする際に、URL自体も変更する場合は、リダイレクトを行う必要があります。 下記の記事ではShopifyへのサイト移転(サイト移行)にも便利な、CSVインポート・エクスポートできるShopifyアプリ「Matrixify」について解説しています。ご参考にしてください。 Shopifyデータをインポート&エクスポートする「Matrixify」とは? サイトのドメインを変更する場合 「www.tsun.ec」のURLから「www」を無くした「tsun.ec」のURLに統一する場合や、SSL化を実施する場合(「http」から「https」に変更する場合)、「tsun.xoxo」から「tsun.ec」へドメイン自体を変更する場合もリダイレクトを行う必要があります。 PCとスマホで異なるURLの場合 サイトによっては、PCとスマホで異なるURLが異なる場合もあると思います。その場合もスマホでPC用のURLにアクセスしたら、スマホ用のURLへリダイレクトする必要があります。 国別に異なるURLの場合 越境ECを行っているShopifyストアにとって、多言語対応は必要ではないでしょうか。 その場合、国別に異なるURLを利用しているShopifyストアも多いと思います。 もし、Shopifyアプリを利用して対応しているのであれば気にする必要はありませんが、自社で独自に対応している場合は、訪問者のロケーションをもとに適した言語のページへリダイレクトをする必要があります。 下記の記事では、多言語対応におすすめのShopifyアプリ「Translate My Store」について解説しています。ご参考にしてください。 Shopifyサイトを自動翻訳する「Translate My Store」とは?設定方法も解説 メンテナンス時に別ページへ一時的に転送したい場合 サイトエラーやサイトリニューアルなどの際に、一時的に「ただいまメンテナンス中です」などと記述したページへ訪問者を転送したい場合もリダイレクトする必要があります。 期間限定キャンペーンなどで一定期間だけ転送したい場合 短い期間で開催されるような期間限定キャンペーンページなど、一時的に訪問者を転送したい場合もリダイレクトする必要があります。 リダイレクトの種類 リダイレクトの種類は大きく分けて下記の2つになります。...

Shopifyでリダイレクト設定する方法|リダイレクトの種類やタイミングもご紹介

Tsunライターチーム

リダイレクトとは リダイレクトは、WEBサイトにおいて既に存在しているページのURL(以下、旧URL)を新しいURL(以下、新URL)に自動で転送する仕組みです。 リダイレクトの仕組みを利用することで、旧URLの「https://tsun.ec/products/old_page」から新URLの「https://tsun.ec/products/new_page」へページを変更させたい場合や「https://tsun.xoxo」から「https://tsun.ec」へドメイン自体を変更したい場合に、訪問者を転送することもできます。また、検索エンジンへ転送することを伝えることができます。 リダイレクトを利用することで、「お探しのページがみつかりません」と表示されるような404ページを回避できたり、サイト移行などによるSEO評価(サイト評価)の毀損を回避することができます。 Shopifyではデフォルト機能として、「URLリダイレクト」というリダイレクト設定を簡単に行える機能が存在します。URLリダイレクトの使い方(手順)は本記事の後半で説明します。 リダイレクトが必要なケース サイト移転(サイト移行)やリニューアルでURLを変更する場合 BASEやカラーミーショップなどからShopifyへサイトを移転したり、Shopifyサイト自体をリニューアルしたりする際に、URL自体も変更する場合は、リダイレクトを行う必要があります。 下記の記事ではShopifyへのサイト移転(サイト移行)にも便利な、CSVインポート・エクスポートできるShopifyアプリ「Matrixify」について解説しています。ご参考にしてください。 Shopifyデータをインポート&エクスポートする「Matrixify」とは? サイトのドメインを変更する場合 「www.tsun.ec」のURLから「www」を無くした「tsun.ec」のURLに統一する場合や、SSL化を実施する場合(「http」から「https」に変更する場合)、「tsun.xoxo」から「tsun.ec」へドメイン自体を変更する場合もリダイレクトを行う必要があります。 PCとスマホで異なるURLの場合 サイトによっては、PCとスマホで異なるURLが異なる場合もあると思います。その場合もスマホでPC用のURLにアクセスしたら、スマホ用のURLへリダイレクトする必要があります。 国別に異なるURLの場合 越境ECを行っているShopifyストアにとって、多言語対応は必要ではないでしょうか。 その場合、国別に異なるURLを利用しているShopifyストアも多いと思います。 もし、Shopifyアプリを利用して対応しているのであれば気にする必要はありませんが、自社で独自に対応している場合は、訪問者のロケーションをもとに適した言語のページへリダイレクトをする必要があります。 下記の記事では、多言語対応におすすめのShopifyアプリ「Translate My Store」について解説しています。ご参考にしてください。 Shopifyサイトを自動翻訳する「Translate My Store」とは?設定方法も解説 メンテナンス時に別ページへ一時的に転送したい場合 サイトエラーやサイトリニューアルなどの際に、一時的に「ただいまメンテナンス中です」などと記述したページへ訪問者を転送したい場合もリダイレクトする必要があります。 期間限定キャンペーンなどで一定期間だけ転送したい場合 短い期間で開催されるような期間限定キャンペーンページなど、一時的に訪問者を転送したい場合もリダイレクトする必要があります。 リダイレクトの種類 リダイレクトの種類は大きく分けて下記の2つになります。...

Shopifyの集客方法10選|おすすめの集客アプリもご紹介

Shopifyの集客方法10選|おすすめの集客アプリもご紹介

Tsunライターチーム

Shopify(ショッピファイ)で売れない理由は集客かも?!Shopifyで出来る集客方法とおすすめのShopifyアプリをご紹介します。リスティング広告やSNS広告、SEO対策などの集客方法を紹介。大手アフィリエイトASPと連携できる「まるっと集客」や自社のShopifyサイトにアフィリエイトプログラムを構築できる「Affich」などもご紹介。

Shopifyの集客方法10選|おすすめの集客アプリもご紹介

Tsunライターチーム

Shopify(ショッピファイ)で売れない理由は集客かも?!Shopifyで出来る集客方法とおすすめのShopifyアプリをご紹介します。リスティング広告やSNS広告、SEO対策などの集客方法を紹介。大手アフィリエイトASPと連携できる「まるっと集客」や自社のShopifyサイトにアフィリエイトプログラムを構築できる「Affich」などもご紹介。

【無料】信頼性向上をサポートする「RuffRuff 著者情報」とは?

【日本初】信頼性向上をサポートする「RuffRuff 著者情報」とは?

[デモ] ツン 太郎

RuffRuff 著者情報とは? 「RuffRuff 著者情報」はコンテンツの信頼性向上をサポートするShopifyアプリです。 本アプリを利用することで、ブログ記事や商品にプロフィール情報を簡単に掲載することができます。ブログ記事に著者を掲載するだけでなく、商品ページに職人やアーティスト、クリエイターなどのプロフィール情報も掲載することもできます 無料でインストール 特徴 安心の日本語対応 Shopifyパートナーの日本企業が開発した日本製Shopifyアプリです。 管理画面も日本語なのでわかりやすく、困ったときは日本語でサポートいたします。 ノーコードで使える プログラミング不要で、OS2.0対応のどんなShopifyサイトにもアプリの導入が可能です。 導入だけでなく、デザインのカスタマイズもノーコードで対応出来ます。 簡単4ステップ & 無料 インストールと簡単なセットアップだけで、無料からアプリをご利用いただけます。 不要な場合はアンインストールし、元の状態にすぐ戻せます。 人数制限なしで著者を登録可能 Shopifyのブログ機能で設定できる著者は、Shopifyで登録しているスタッフしか設定できません。「RuffRuff 著者情報」を利用することで、スタッフ人数以上の著者を登録することができます。 ※ 登録できる人数はプランに応じて変動します。 著者名以外の付加情報を表示可能 Shopifyでは著者名しか表示できません。「RuffRuff 著者情報」を利用することで、著者名以外にプロフィール画像やプロフィール情報、肩書などの著者情報をブログ記事上に表示することができます。 無料でインストール 著者情報を表示するメリット Shopifyサイトのブログ記事に著者情報を表示することで下記のメリットを得ることができます。 SEOにポジティブな影響を与える...

【日本初】信頼性向上をサポートする「RuffRuff 著者情報」とは?

[デモ] ツン 太郎

RuffRuff 著者情報とは? 「RuffRuff 著者情報」はコンテンツの信頼性向上をサポートするShopifyアプリです。 本アプリを利用することで、ブログ記事や商品にプロフィール情報を簡単に掲載することができます。ブログ記事に著者を掲載するだけでなく、商品ページに職人やアーティスト、クリエイターなどのプロフィール情報も掲載することもできます 無料でインストール 特徴 安心の日本語対応 Shopifyパートナーの日本企業が開発した日本製Shopifyアプリです。 管理画面も日本語なのでわかりやすく、困ったときは日本語でサポートいたします。 ノーコードで使える プログラミング不要で、OS2.0対応のどんなShopifyサイトにもアプリの導入が可能です。 導入だけでなく、デザインのカスタマイズもノーコードで対応出来ます。 簡単4ステップ & 無料 インストールと簡単なセットアップだけで、無料からアプリをご利用いただけます。 不要な場合はアンインストールし、元の状態にすぐ戻せます。 人数制限なしで著者を登録可能 Shopifyのブログ機能で設定できる著者は、Shopifyで登録しているスタッフしか設定できません。「RuffRuff 著者情報」を利用することで、スタッフ人数以上の著者を登録することができます。 ※ 登録できる人数はプランに応じて変動します。 著者名以外の付加情報を表示可能 Shopifyでは著者名しか表示できません。「RuffRuff 著者情報」を利用することで、著者名以外にプロフィール画像やプロフィール情報、肩書などの著者情報をブログ記事上に表示することができます。 無料でインストール 著者情報を表示するメリット Shopifyサイトのブログ記事に著者情報を表示することで下記のメリットを得ることができます。 SEOにポジティブな影響を与える...

パンくずリストを出すメリット|Shopifyサイトへの導入方法 Tsun Inc.

パンくずリストを出すメリット|Shopifyサイトへの導入方法

Tsunライターチーム

みなさんは、Shopifyサイトにパンくずリストを表示していますか? 本記事では、パンくずリストのメリット・デメリット、Shopifyサイトにパンくずリストを出す3つの方法を紹介しています。

パンくずリストを出すメリット|Shopifyサイトへの導入方法

Tsunライターチーム

みなさんは、Shopifyサイトにパンくずリストを表示していますか? 本記事では、パンくずリストのメリット・デメリット、Shopifyサイトにパンくずリストを出す3つの方法を紹介しています。

【無料】Shopifyサイトにタグ一覧を出すアプリ「RuffRuff タグ一覧」とは? Tsun Inc.

【無料】Shopifyサイトにタグ一覧を出すアプリ「RuffRuff タグ一覧」とは?

Tsunライターチーム

ブログ記事や商品に付与されたタグを自動で一覧表示するアプリ「RuffRuff タグ一覧」について特徴や機能、導入方法を紹介します。

【無料】Shopifyサイトにタグ一覧を出すアプリ「RuffRuff タグ一覧」とは?

Tsunライターチーム

ブログ記事や商品に付与されたタグを自動で一覧表示するアプリ「RuffRuff タグ一覧」について特徴や機能、導入方法を紹介します。

主要ECモールのSEO対策の基本|最低限おさえるポイントを一挙解説 Tsun Inc.

主要ECモールのSEO対策の基本|最低限おさえるポイントを一挙解説

島村 洋和

ECモールにおけるSEO対策の重要性と目的 SEO対策といえばGoogle検索やYahoo!検索といった検索エンジンの検索結果に上位表示させる施策で有名ですが、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングといったECモールにもSEO対策は有効です。 モールごとに独自の検索ロジックが存在するため、必ずしも検索エンジンと同様のSEO対策が有効とは限りません。適切な対策を施すことでモール内における商品ページの表示順位を上げることができます。 GoogleやYahoo!などの検索エンジンでのSEO対策に関しては下記の記事で詳しく解説していますので、ご参考になさってください。 SEOのメリット・デメリット ECモールでSEO対策が重要な理由 ECモールにおけるSEO対策が重要な理由は主に2つあります。 1.検索によって商品を探すユーザーが多い 自然検索による流入数を増やすSEO対策は、売上を伸ばすにあたって重要な施策です。 商品ページのPVの内訳を大別すると、広告経由流入と自然検索流入の2つに分けることができます。つまり、商品ページのPVを増やすためには広告を活用するか、自然検索による流入を増やす必要があります。 もちろん広告を活用して集客することもひとつの手段ですが、ECモールにおけるユーザーの消費行動を考えると見えてくるように、多くのユーザーがモール内の検索機能を利用して商品を探しています。 商品ページを検索結果画面で上位に表示させることで、商品を探しているユーザーへの露出量が増え、結果的に商品ページのPV数が増えます。 したがって、自然検索による流入数を増やすSEO対策は、売上を伸ばすにあたって重要な施策であるといえます。 2.費用がかからない 広告と違い、SEO対策は費用がかからないことも重要なポイントです。 もちろん作業工数はかかりますが、それを差し引いても売上へのインパクトが大きい施策です。 広告はある程度の予算が必要な一方、SEO対策はビジネスをはじめてまもない事業者でもでき、かつ一度対策をすれば長期間効果が期待できる集客施策なため、費用対効果の観点から見てもSEO対策は重要な施策といえます。 目指すべきゴール(目的) ECモールにおけるSEO対策で目指すべきゴールは、商品ページを各モールの検索結果一覧の1ページ目、できればファーストビューに表示させることです。 なぜなら、検索順位が落ちれば落ちるほどPVは競合に流れるか、途中で離脱して他のキーワードを検索してしまう可能性が高くなるためです。 特にページが分かれる仕様になっているモールの場合、1ページ目に比べて2ページ目以降のPV数がガクンと落ちるので、1ページ目に入ることが大切になります。 例えば楽天市場(PC版)の検索結果ページ1ページ目の内訳は、広告枠が2〜3商品、自然検索枠が42〜43商品なので、最低でも43位以内に入ることが目標となります。(2022年12月現在) とはいえ、1ページ目のギリギリにランクインしても得られるPVは少ないため、ストアのPVを増やすためには、まずどのモールでも狙ったキーワードの検索順位が10位以内になることを目指しましょう。 ECモールにおけるSEO対策の考え方 ECモールにおける検索ロジックは随時アップデートされるため、必ず最新の情報を取り入れるようにしましょう。 その上で、ここではECモールでSEO対策を実施する上での基本的な考え方を解説します。 モールごとの検索ロジックを理解する まずは、自身が運営している各モールの検索ロジックを理解しましょう。検索ロジックを理解することで、SEO対策のうち何を優先的に実施すべきかの判断がしやすくなります。 例えばYahoo!ショッピングでは、優良ストアラベル・優良配送ラベルがついている商品の検索順位がその他の商品よりも大きく優遇されるロジックになっています。(2022年12月現在) そのため、場合によってはキーワード対策よりも優良ストアラベル・優良配送ラベルを獲得することを優先した方が売上へのインパクトが大きくなる可能性が考えられます。...

主要ECモールのSEO対策の基本|最低限おさえるポイントを一挙解説

島村 洋和

ECモールにおけるSEO対策の重要性と目的 SEO対策といえばGoogle検索やYahoo!検索といった検索エンジンの検索結果に上位表示させる施策で有名ですが、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングといったECモールにもSEO対策は有効です。 モールごとに独自の検索ロジックが存在するため、必ずしも検索エンジンと同様のSEO対策が有効とは限りません。適切な対策を施すことでモール内における商品ページの表示順位を上げることができます。 GoogleやYahoo!などの検索エンジンでのSEO対策に関しては下記の記事で詳しく解説していますので、ご参考になさってください。 SEOのメリット・デメリット ECモールでSEO対策が重要な理由 ECモールにおけるSEO対策が重要な理由は主に2つあります。 1.検索によって商品を探すユーザーが多い 自然検索による流入数を増やすSEO対策は、売上を伸ばすにあたって重要な施策です。 商品ページのPVの内訳を大別すると、広告経由流入と自然検索流入の2つに分けることができます。つまり、商品ページのPVを増やすためには広告を活用するか、自然検索による流入を増やす必要があります。 もちろん広告を活用して集客することもひとつの手段ですが、ECモールにおけるユーザーの消費行動を考えると見えてくるように、多くのユーザーがモール内の検索機能を利用して商品を探しています。 商品ページを検索結果画面で上位に表示させることで、商品を探しているユーザーへの露出量が増え、結果的に商品ページのPV数が増えます。 したがって、自然検索による流入数を増やすSEO対策は、売上を伸ばすにあたって重要な施策であるといえます。 2.費用がかからない 広告と違い、SEO対策は費用がかからないことも重要なポイントです。 もちろん作業工数はかかりますが、それを差し引いても売上へのインパクトが大きい施策です。 広告はある程度の予算が必要な一方、SEO対策はビジネスをはじめてまもない事業者でもでき、かつ一度対策をすれば長期間効果が期待できる集客施策なため、費用対効果の観点から見てもSEO対策は重要な施策といえます。 目指すべきゴール(目的) ECモールにおけるSEO対策で目指すべきゴールは、商品ページを各モールの検索結果一覧の1ページ目、できればファーストビューに表示させることです。 なぜなら、検索順位が落ちれば落ちるほどPVは競合に流れるか、途中で離脱して他のキーワードを検索してしまう可能性が高くなるためです。 特にページが分かれる仕様になっているモールの場合、1ページ目に比べて2ページ目以降のPV数がガクンと落ちるので、1ページ目に入ることが大切になります。 例えば楽天市場(PC版)の検索結果ページ1ページ目の内訳は、広告枠が2〜3商品、自然検索枠が42〜43商品なので、最低でも43位以内に入ることが目標となります。(2022年12月現在) とはいえ、1ページ目のギリギリにランクインしても得られるPVは少ないため、ストアのPVを増やすためには、まずどのモールでも狙ったキーワードの検索順位が10位以内になることを目指しましょう。 ECモールにおけるSEO対策の考え方 ECモールにおける検索ロジックは随時アップデートされるため、必ず最新の情報を取り入れるようにしましょう。 その上で、ここではECモールでSEO対策を実施する上での基本的な考え方を解説します。 モールごとの検索ロジックを理解する まずは、自身が運営している各モールの検索ロジックを理解しましょう。検索ロジックを理解することで、SEO対策のうち何を優先的に実施すべきかの判断がしやすくなります。 例えばYahoo!ショッピングでは、優良ストアラベル・優良配送ラベルがついている商品の検索順位がその他の商品よりも大きく優遇されるロジックになっています。(2022年12月現在) そのため、場合によってはキーワード対策よりも優良ストアラベル・優良配送ラベルを獲得することを優先した方が売上へのインパクトが大きくなる可能性が考えられます。...

Shopifyのタグを活用するメリット|タグ一覧を表示する方法

Shopifyのタグを活用するメリット|タグ一覧を表示する方法

Tsunライターチーム

Shopify(ショッピファイ)のタグを活用するメリットやデメリットを解説します。また商品ページやコレクション、ブログ記事にタグ一覧を出す方法もご紹介します。

Shopifyのタグを活用するメリット|タグ一覧を表示する方法

Tsunライターチーム

Shopify(ショッピファイ)のタグを活用するメリットやデメリットを解説します。また商品ページやコレクション、ブログ記事にタグ一覧を出す方法もご紹介します。

ブログ記事のリライトを6STEPで解説!SEO効果を高めるコツや注意点もご紹介

ブログ記事のリライトを6STEPで解説!SEO効果を高めるコツや注意点もご紹介

押切 隼

ブログ記事のリライトは、オウンドメディアの運営において欠かせない作業です。リライト(rewrite)は”書き直す”という意味の英単語ですが、ただ記事を書き直せばよいというわけではありません。本記事では、ブログ記事のリライトのやり方を6STEPで解説し、コツや注意点もご紹介します。 まだShopifyサイトでブログ記事を1つも書いていないという方はこちらの記事をご参考にしてください。 Shopifyでブログ記事を書く(ブログ機能を使う)メリット ブログ記事のリライトとは? 記事のリライトとは、すでにリリースされている記事をブラッシュアップすることで、より品質の高い記事にする施策のことです。一般的には検索順位を向上させるSEO評価の向上やコンバージョン数の増加などを目的として行われます。 リライトによるメリットと効果 記事のリライトには、主に2つのメリットがあります。どちらも記事の品質を評価するうえで欠かせない指標です。 SEO評価の向上 CVRの向上 以下でひとつずつ詳しく解説します。 SEO評価の向上 ブログ記事をリライトして更新することで、Googleのアルゴリズムが再度その記事を評価します。リライト前よりも高い評価を受けることができた場合、検索順位の上昇などの効果が見込めます。検索順位が上がると、検索結果からその記事がクリックされやすくなり、PV(ページビュー)数の増加が期待できます。 SEO評価を上げるには、ユーザーがより満足するような記事を書くことが大切です。Googleに気に入られる記事を目指すのではなく、ユーザーに気に入られる記事を目指しましょう。 下記の記事では、SEOのメリットやShopifyで出来るSEO対策について解説しています。参考にしてください。 SEOのメリット・デメリット|Shopifyで出来るSEO対策 CVRの向上 CVR(Conversion Rate)とは、そのブログ記事を読んだユーザーのうち、コンバージョン(目標としている成果)にいたった件数の割合のことです。 コンバージョンは、そのWebサイトやブログ記事の目的によって異なり、商品の購入やサービスの申し込み、資料請求、会員登録などがあります。 例えば、ブログ記事のコンバージョンがサプリメントの「サンプル申し込み」であれば、申し込みが簡単で気軽に試せること、特定の料金以外はかからないことなどを明記することで、申し込みに対するハードルが下がり、コンバージョンにいたりやすくなるでしょう。 リライトのやり方【6STEP】 記事のリライトのやり方を6つのステップで解説します。やみくもにリライトするのではなく、適切なリライトを行うことで、効率よく結果が得られます。 ①リライトの目的を明確にする ②リライト対象の記事を選定する ③競合サイトを分析する ④記事を分析する ⑤記事をリライトする ⑥リライトの効果を検証する 以下でひとつずつ詳しく解説します。 ①リライトの目的を明確にする...

ブログ記事のリライトを6STEPで解説!SEO効果を高めるコツや注意点もご紹介

押切 隼

ブログ記事のリライトは、オウンドメディアの運営において欠かせない作業です。リライト(rewrite)は”書き直す”という意味の英単語ですが、ただ記事を書き直せばよいというわけではありません。本記事では、ブログ記事のリライトのやり方を6STEPで解説し、コツや注意点もご紹介します。 まだShopifyサイトでブログ記事を1つも書いていないという方はこちらの記事をご参考にしてください。 Shopifyでブログ記事を書く(ブログ機能を使う)メリット ブログ記事のリライトとは? 記事のリライトとは、すでにリリースされている記事をブラッシュアップすることで、より品質の高い記事にする施策のことです。一般的には検索順位を向上させるSEO評価の向上やコンバージョン数の増加などを目的として行われます。 リライトによるメリットと効果 記事のリライトには、主に2つのメリットがあります。どちらも記事の品質を評価するうえで欠かせない指標です。 SEO評価の向上 CVRの向上 以下でひとつずつ詳しく解説します。 SEO評価の向上 ブログ記事をリライトして更新することで、Googleのアルゴリズムが再度その記事を評価します。リライト前よりも高い評価を受けることができた場合、検索順位の上昇などの効果が見込めます。検索順位が上がると、検索結果からその記事がクリックされやすくなり、PV(ページビュー)数の増加が期待できます。 SEO評価を上げるには、ユーザーがより満足するような記事を書くことが大切です。Googleに気に入られる記事を目指すのではなく、ユーザーに気に入られる記事を目指しましょう。 下記の記事では、SEOのメリットやShopifyで出来るSEO対策について解説しています。参考にしてください。 SEOのメリット・デメリット|Shopifyで出来るSEO対策 CVRの向上 CVR(Conversion Rate)とは、そのブログ記事を読んだユーザーのうち、コンバージョン(目標としている成果)にいたった件数の割合のことです。 コンバージョンは、そのWebサイトやブログ記事の目的によって異なり、商品の購入やサービスの申し込み、資料請求、会員登録などがあります。 例えば、ブログ記事のコンバージョンがサプリメントの「サンプル申し込み」であれば、申し込みが簡単で気軽に試せること、特定の料金以外はかからないことなどを明記することで、申し込みに対するハードルが下がり、コンバージョンにいたりやすくなるでしょう。 リライトのやり方【6STEP】 記事のリライトのやり方を6つのステップで解説します。やみくもにリライトするのではなく、適切なリライトを行うことで、効率よく結果が得られます。 ①リライトの目的を明確にする ②リライト対象の記事を選定する ③競合サイトを分析する ④記事を分析する ⑤記事をリライトする ⑥リライトの効果を検証する 以下でひとつずつ詳しく解説します。 ①リライトの目的を明確にする...

Shopifyのブログ記事に著者情報を出す方法|著者情報のメリットも解説

Shopifyのブログ記事に著者情報を出す方法|著者情報のメリットも解説

Tsunライターチーム

この記事では著者情報(執筆者情報)の重要性や著者情報として何を書くべきか、Shopifyで著者情報を表示する方法などを解説します。Multi Custom AuthorsやLFS Author Signatureなどの著者情報をアプリもご紹介しています。

Shopifyのブログ記事に著者情報を出す方法|著者情報のメリットも解説

Tsunライターチーム

この記事では著者情報(執筆者情報)の重要性や著者情報として何を書くべきか、Shopifyで著者情報を表示する方法などを解説します。Multi Custom AuthorsやLFS Author Signatureなどの著者情報をアプリもご紹介しています。

Shopifyに関連記事を出すには?無料の関連記事アプリ「Related Blog Posts」の導入方法 Shopofy 関連記事 SEO Related Blog Posts Tsun Inc.

Shopifyに関連記事を出すには?無料アプリ「Related Blog Posts」の導入方法

Tsunライターチーム

Shopify(ショッピファイ)ストアに無料で関連記事を出すShopifyアプリ「Related Blog Posts」の機能や特徴、導入方法を解説します。また、関連記事以外に行える内部SEO対策(内部リンク施策)もご紹介します。

Shopifyに関連記事を出すには?無料アプリ「Related Blog Posts」の導入方法

Tsunライターチーム

Shopify(ショッピファイ)ストアに無料で関連記事を出すShopifyアプリ「Related Blog Posts」の機能や特徴、導入方法を解説します。また、関連記事以外に行える内部SEO対策(内部リンク施策)もご紹介します。

自社ECとモール型ECの違いは?|メリット・デメリットを徹底解説! Tsun Inc.

自社ECとモール型ECの違いは?|メリット・デメリットを徹底解説!

田所 亜希子

ECサイトの運営担当者が、まず始めに考えなければいけないテーマは「モール型EC」と「自社ECサイト」どちらで運営を行うのかという点でしょう。 この記事ではモール型ECと自社ECの違いや、それぞれのメリット・デメリットについて徹底解説します! 自社ECとモール型ECの違いについて まずは自社ECとモール型EC、それぞれの特徴について確認しましょう。 モール型ECの特徴 モール型ECは複数のネットショップで構成された、インターネット上のショッピングモールのことを指します。Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどがモール型ECにあたります。 モール型ECは利用者数がとても多いため、集客力が非常に強いのが最大の利点です。ただし出店店舗数も多いため、モール内での価格競争が起こりやすいことが特徴としてあげられます。 自社ECの特徴 自社ECは企業が独自でサイトを構築し、運営するネットショップのことを指します。 自社ECサイトの作り方に関しては以下のブログ記事で詳しく解説しています。 【初心者でも分かる!】ECサイトの作り方|ネットショップの出店・構築方法・費用について ネットショップを開設してすぐの期間は集客力がほぼないため、独自にユーザーを集めるためのマーケティングを行う必要があります。ただし、自社ECはモール型ECに比べて利益率が高く、自由にネットショップを作ることが可能なので、ブランディングがしやすいというメリットがあります。 自社ECのメリット 利益率が高い ECモールに出店すると出店料や手数料、広告費などの様々な費用が発生します。自社ECでも使用するシステムによっては月額の維持費がかかりますが、ECモールよりも低額で抑えられることが多く、また他モールとの価格競争も起こらないため、トータルで利益率が高くなる傾向にあります。 ショップのブランディングがしやすい 自社でECサイトを作れば、好きなようにショップページをレイアウトすることが可能です。ECモールでは難しいショップ名のアピールやブランドイメージをしっかりと伝えるような仕組みを作りやすいです。 顧客データを使って細かい分析ができる ECモールでは顧客データはあくまでECモール側で管理されているため、ショップ側が見ることができる情報は制限されています。自社ECの場合は顧客データを全て管理することができるので、リピート施策を打ったり、細かい分析をすることが可能です。 自社ECのデメリット 自力で集客をする必要がある ECモールには既に多くの利用者がいることが最大の強みですが、自社ECは1から自分で集客をする必要があります。SEO対策やコンテンツ作成、広告運用などのマーケティングを時間をかけて行うことが重要です。 下記の記事では、SEOのメリットやSEO対策について解説しています。参考にしてください。 SEOのメリット・デメリット|Shopifyで出来るSEO対策 結果が出るまでに時間がかかる 上記のようなマーケティング施策は一朝一夕で結果が出るものではなく、日々の積み重ねが重要となります。そのため結果が出るまでには、ある程度時間がかかることが多いです。 マーケティングの能力が必要 自力で集客をするためにはマーケティングの知識が必須です。ブランディングの方向やそれに伴った戦略を打てる人材が社内にいないと、自社ECを運営することは難しいでしょう。 モール型ECのメリット 集客力がある...

自社ECとモール型ECの違いは?|メリット・デメリットを徹底解説!

田所 亜希子

ECサイトの運営担当者が、まず始めに考えなければいけないテーマは「モール型EC」と「自社ECサイト」どちらで運営を行うのかという点でしょう。 この記事ではモール型ECと自社ECの違いや、それぞれのメリット・デメリットについて徹底解説します! 自社ECとモール型ECの違いについて まずは自社ECとモール型EC、それぞれの特徴について確認しましょう。 モール型ECの特徴 モール型ECは複数のネットショップで構成された、インターネット上のショッピングモールのことを指します。Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどがモール型ECにあたります。 モール型ECは利用者数がとても多いため、集客力が非常に強いのが最大の利点です。ただし出店店舗数も多いため、モール内での価格競争が起こりやすいことが特徴としてあげられます。 自社ECの特徴 自社ECは企業が独自でサイトを構築し、運営するネットショップのことを指します。 自社ECサイトの作り方に関しては以下のブログ記事で詳しく解説しています。 【初心者でも分かる!】ECサイトの作り方|ネットショップの出店・構築方法・費用について ネットショップを開設してすぐの期間は集客力がほぼないため、独自にユーザーを集めるためのマーケティングを行う必要があります。ただし、自社ECはモール型ECに比べて利益率が高く、自由にネットショップを作ることが可能なので、ブランディングがしやすいというメリットがあります。 自社ECのメリット 利益率が高い ECモールに出店すると出店料や手数料、広告費などの様々な費用が発生します。自社ECでも使用するシステムによっては月額の維持費がかかりますが、ECモールよりも低額で抑えられることが多く、また他モールとの価格競争も起こらないため、トータルで利益率が高くなる傾向にあります。 ショップのブランディングがしやすい 自社でECサイトを作れば、好きなようにショップページをレイアウトすることが可能です。ECモールでは難しいショップ名のアピールやブランドイメージをしっかりと伝えるような仕組みを作りやすいです。 顧客データを使って細かい分析ができる ECモールでは顧客データはあくまでECモール側で管理されているため、ショップ側が見ることができる情報は制限されています。自社ECの場合は顧客データを全て管理することができるので、リピート施策を打ったり、細かい分析をすることが可能です。 自社ECのデメリット 自力で集客をする必要がある ECモールには既に多くの利用者がいることが最大の強みですが、自社ECは1から自分で集客をする必要があります。SEO対策やコンテンツ作成、広告運用などのマーケティングを時間をかけて行うことが重要です。 下記の記事では、SEOのメリットやSEO対策について解説しています。参考にしてください。 SEOのメリット・デメリット|Shopifyで出来るSEO対策 結果が出るまでに時間がかかる 上記のようなマーケティング施策は一朝一夕で結果が出るものではなく、日々の積み重ねが重要となります。そのため結果が出るまでには、ある程度時間がかかることが多いです。 マーケティングの能力が必要 自力で集客をするためにはマーケティングの知識が必須です。ブランディングの方向やそれに伴った戦略を打てる人材が社内にいないと、自社ECを運営することは難しいでしょう。 モール型ECのメリット 集客力がある...

【初心者用】ネットショップ開業の手順について|成果を出すおすすめの方法 Tsun Inc.

【初心者用】ネットショップ開業の手順について|成果を出すおすすめの方法

田所 亜希子

スマートフォンやSNSの普及により、現在インターネットでショッピングをする人口は年々増え続けています。 それと同時にネットショップに新規参入する個人や企業も増加傾向にあるため、ただネットショップを立ち上げるだけでは集客ができず、売り上げが立たない方も多いのが現状です。 この記事では「成果を上げる」ためのネットショップの立ち上げ方から運営方法までを詳しく解説します。   ネットショップを開業する手順 ①販売する商品を決める まずはネットショップでどんな商品を販売するのかを決めましょう。既にある商品を仕入れて販売するのか、独自の商品を開発・製造して売るのかでも、販売戦力の立て方が大きく変わります。 ②ショップのコンセプトを決める 販売する商品が決まったら、ショップのコンセプトを決めましょう。コンセプトを決める上で重要なのが「ターゲット選定」です。 例えば「カバン」を販売する場合、性別や年代、職業など、どのようなターゲットに向けて販売するのかで、ショップのデザインやマーケティングの戦略が異なります。 できるだけ具体的にターゲットを選定し、それに沿ったショップのコンセプトを決めると良いでしょう。 ③自社ECかモール型ECかを決める 具体的にネットショップを立ち上げる際にまず初めに考えなければならないのが「自社EC」と「モール型EC」どちらに出店するかです。 ○モール型ECの特徴 モール型ECは複数のネットショップで構成された、インターネット上のショッピングモールのことを指します。Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどがモール型ECにあたります。 モール型ECは利用者数がとても多いため、集客力が非常に強いのが最大の利点です。ただし出店店舗数も多いため、モール内での価格競争が起こりやすいことが特徴としてあげられます。 ネットショップで既存の商品を取り扱う場合は、モール型ECへの出店がおすすめです。商品に既に知名度があるため、モール検索での集客が期待できます。 下記の記事ではECモールを徹底比較しています。ご参考してください。 ECモールを徹底比較|モールごとの特徴やおすすめモールをご紹介 ○自社ECの特徴 自社ECは企業が独自でサイトを構築し、運営するネットショップのことを指します。 自社ECサイトの作り方に関しては以下の記事で詳しく解説しています。 【初心者でも分かる!】ECサイトの作り方|ネットショップの出店・構築方法・費用について ネットショップを開設してすぐの期間は集客力がほぼないため、独自にユーザーを集めるためのマーケティングを行う必要があります。ただし、自社ECはモール型ECに比べて利益率が高く、自由にネットショップを作ることが可能なので、ブランディングがしやすいというメリットがあります。 既存商品ではなく、独自の商品を取り扱う場合は、ブランディングが重要となるため、自社ECでの出店がおすすめです。  自社ECとモール型ECそれぞれのメリット・デメリットについては以下の記事でも詳しく解説しています。 自社ECとモール型ECの違いは?|メリット・デメリットを徹底解説! ④決済種別の選定をする ネットショップを開業する上での重要なポイントの1つに、決済種別の豊富さがあります。商品を購入したくても、自分が使いたい決済方法がない場合、ユーザーが購入を諦めてしまう事が多々あります。 機会損失を防ぐためにも、利用人口の多いクレジット決済はもちろん、PayPayや楽天ペイ、Amazon...

【初心者用】ネットショップ開業の手順について|成果を出すおすすめの方法

田所 亜希子

スマートフォンやSNSの普及により、現在インターネットでショッピングをする人口は年々増え続けています。 それと同時にネットショップに新規参入する個人や企業も増加傾向にあるため、ただネットショップを立ち上げるだけでは集客ができず、売り上げが立たない方も多いのが現状です。 この記事では「成果を上げる」ためのネットショップの立ち上げ方から運営方法までを詳しく解説します。   ネットショップを開業する手順 ①販売する商品を決める まずはネットショップでどんな商品を販売するのかを決めましょう。既にある商品を仕入れて販売するのか、独自の商品を開発・製造して売るのかでも、販売戦力の立て方が大きく変わります。 ②ショップのコンセプトを決める 販売する商品が決まったら、ショップのコンセプトを決めましょう。コンセプトを決める上で重要なのが「ターゲット選定」です。 例えば「カバン」を販売する場合、性別や年代、職業など、どのようなターゲットに向けて販売するのかで、ショップのデザインやマーケティングの戦略が異なります。 できるだけ具体的にターゲットを選定し、それに沿ったショップのコンセプトを決めると良いでしょう。 ③自社ECかモール型ECかを決める 具体的にネットショップを立ち上げる際にまず初めに考えなければならないのが「自社EC」と「モール型EC」どちらに出店するかです。 ○モール型ECの特徴 モール型ECは複数のネットショップで構成された、インターネット上のショッピングモールのことを指します。Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどがモール型ECにあたります。 モール型ECは利用者数がとても多いため、集客力が非常に強いのが最大の利点です。ただし出店店舗数も多いため、モール内での価格競争が起こりやすいことが特徴としてあげられます。 ネットショップで既存の商品を取り扱う場合は、モール型ECへの出店がおすすめです。商品に既に知名度があるため、モール検索での集客が期待できます。 下記の記事ではECモールを徹底比較しています。ご参考してください。 ECモールを徹底比較|モールごとの特徴やおすすめモールをご紹介 ○自社ECの特徴 自社ECは企業が独自でサイトを構築し、運営するネットショップのことを指します。 自社ECサイトの作り方に関しては以下の記事で詳しく解説しています。 【初心者でも分かる!】ECサイトの作り方|ネットショップの出店・構築方法・費用について ネットショップを開設してすぐの期間は集客力がほぼないため、独自にユーザーを集めるためのマーケティングを行う必要があります。ただし、自社ECはモール型ECに比べて利益率が高く、自由にネットショップを作ることが可能なので、ブランディングがしやすいというメリットがあります。 既存商品ではなく、独自の商品を取り扱う場合は、ブランディングが重要となるため、自社ECでの出店がおすすめです。  自社ECとモール型ECそれぞれのメリット・デメリットについては以下の記事でも詳しく解説しています。 自社ECとモール型ECの違いは?|メリット・デメリットを徹底解説! ④決済種別の選定をする ネットショップを開業する上での重要なポイントの1つに、決済種別の豊富さがあります。商品を購入したくても、自分が使いたい決済方法がない場合、ユーザーが購入を諦めてしまう事が多々あります。 機会損失を防ぐためにも、利用人口の多いクレジット決済はもちろん、PayPayや楽天ペイ、Amazon...