ブログ記事

【徹底比較】カラーミーショップとShopifyの違い|料金・手数料・決済方法など Tsun Inc.

【徹底比較】カラーミーショップとShopifyの違い|料金・手数料・決済方法など

Tsunライターチーム

ネットショップを開設する上で大事になってくるのが、どのサービスを利用するかです。Shopifyもカラーミーショップもネットショップを開設するサービスの中で有名なサービスではありますが、比較してみると料金も出来ることも異なります。本記事では、Shopifyとカラーミーショップを様々な項目で比較し、最終的にどちらがおすすめかを紹介します。 BASEやSTORESも検討されている方は、下記の記事もご参考にしてください。 【徹底比較】Shopify・BASE・STORESの違い また、ネットショップの構築を検討されている方は、下記の記事もご参考にしてください。 ECサイト制作会社の選び方は?鹿児島発企業のTsunがおすすめな理由5選 Shopifyとは? 「Shopify」は世界175カ国、数百万店舗で使用されている世界シェア最大級の大手ASPです。 自社のビジネス規模に合わせて複数のプランから選択できるため、小規模事業者から大規模事業者まで幅広く対応ができるサービスになっています。 外部アプリケーションと連携できる拡張機能も非常に豊富で、在庫連携や実店舗とのデータ連携など、自社が使いやすいようにカスタマイズをすることが可能です。 引用:https://tsun.ec/blogs/articles/about-shopify カラーミーショップとは? カラーミーショップはGMOペパボ株式会社が提供しているネットショップ作成サービスです。 フリープランは初期費用も月額費用も無料で始めることができ、レギュラープランでは月額4,950円で全ての機能を利用することが可能で、比較的安価なコストでネットショップを構築できます。 また、スマートフォンにアプリを入れれば、商品の受注状況の確認や、発送手続きをスマートフォンから行うことが可能です。 引用:https://tsun.ec/blogs/articles/8 導入店舗数で比較  Shopify(ショッピファイ) 全体:約200万店舗(内、国内:約2.6万店舗) データ元:Store Leads ※Shopifyが店舗数を非公開のため、Store Leadsの推定データをになります カラーミーショップ 全体:約5万店舗 データ元:2022年12月期 第3四半期 決算説明会資料  料金(費用)を比較 ネットショップを運営する上で最も重要なのは毎月発生するランニングコストが事業規模に見合っているかどうかです。Shopifyとカラーミーショップの料金を確認してみましょう。 初期費用と月額費用を比較...

【徹底比較】カラーミーショップとShopifyの違い|料金・手数料・決済方法など

Tsunライターチーム

ネットショップを開設する上で大事になってくるのが、どのサービスを利用するかです。Shopifyもカラーミーショップもネットショップを開設するサービスの中で有名なサービスではありますが、比較してみると料金も出来ることも異なります。本記事では、Shopifyとカラーミーショップを様々な項目で比較し、最終的にどちらがおすすめかを紹介します。 BASEやSTORESも検討されている方は、下記の記事もご参考にしてください。 【徹底比較】Shopify・BASE・STORESの違い また、ネットショップの構築を検討されている方は、下記の記事もご参考にしてください。 ECサイト制作会社の選び方は?鹿児島発企業のTsunがおすすめな理由5選 Shopifyとは? 「Shopify」は世界175カ国、数百万店舗で使用されている世界シェア最大級の大手ASPです。 自社のビジネス規模に合わせて複数のプランから選択できるため、小規模事業者から大規模事業者まで幅広く対応ができるサービスになっています。 外部アプリケーションと連携できる拡張機能も非常に豊富で、在庫連携や実店舗とのデータ連携など、自社が使いやすいようにカスタマイズをすることが可能です。 引用:https://tsun.ec/blogs/articles/about-shopify カラーミーショップとは? カラーミーショップはGMOペパボ株式会社が提供しているネットショップ作成サービスです。 フリープランは初期費用も月額費用も無料で始めることができ、レギュラープランでは月額4,950円で全ての機能を利用することが可能で、比較的安価なコストでネットショップを構築できます。 また、スマートフォンにアプリを入れれば、商品の受注状況の確認や、発送手続きをスマートフォンから行うことが可能です。 引用:https://tsun.ec/blogs/articles/8 導入店舗数で比較  Shopify(ショッピファイ) 全体:約200万店舗(内、国内:約2.6万店舗) データ元:Store Leads ※Shopifyが店舗数を非公開のため、Store Leadsの推定データをになります カラーミーショップ 全体:約5万店舗 データ元:2022年12月期 第3四半期 決算説明会資料  料金(費用)を比較 ネットショップを運営する上で最も重要なのは毎月発生するランニングコストが事業規模に見合っているかどうかです。Shopifyとカラーミーショップの料金を確認してみましょう。 初期費用と月額費用を比較...

メールマーケティングのメリットは?Shopifyのメール配信アプリも紹介 Tsun Inc.

Shopifyでメールマーケティングを行うメリットは?メール配信(メルマガ配信)アプリも紹介

Tsunライターチーム

「RuffRuff 予約販売」は在庫切れや新商品販売前、入荷待ちなどのタイミングで発生する機会損失の削減をサポートします。自身のShopifyストアに驚くほど簡単に予約販売を実現し、無制限での予約商品を登録および無制限で予約注文を受け付けることが可能です。また、予約商品と通常商品を同時に注文させないように制限したり、入荷時期が未定な場合は再入荷通知も可能です。他の予約販売アプリにはない商品出荷前に支払回収できる「後払い」機能などのユニークな機能もたくさん存在します。 引用元: RuffRuff 予約販売 アプリを見る デモページを見る みなさんは、メールマーケティングに取り組んでいますか? ECサイトにおいて、SEOやSNS、広告など様々なマーケティング手法がある中で、メールマーケティングも大事な手法の1つです。 この記事では、メールマーケティングのメリット・デメリットを解説し、メールマーケティングを実施する上でおすすめのShopifyアプリをご紹介します。 メールマーケティングとは? メールマーケティングとは、言葉の通りメールを利用したマーケティング手法です。 顧客リストに対してメールを配信し、集客や顧客との関係構築(ファン化)、商品の購入などの目的を達成するための施策です。 Shopifyでは、KlaviyoやOmnisendなど便利なメール配信ツールもたくさん出てきており、顧客リストに対してメールの一斉送信だけでなく、個別最適なタイミングや内容でのメール配信が可能だったり、何かしらの条件を基に自動でメールを配信することも可能になりました。 メールマーケティングのメリット 顧客との継続的な関係構築が出来る マーケティング手法として、SEOやSNSは新規顧客の獲得には最適ですが、既存顧客との関係を長期にわたって維持・強化するには、依然としてEメールが最適な手法です。 出典:Comparison by industry chart Constant Contactから配信された2億通のデータによると、2022年11月時点のEメールの平均開封率は33.86%、クリック率(クリック数/送信数)は1.33%、不達率は10.16%となっています。このデータから分かることは、チャットなどが一般的になってきている現在でも1/3の顧客はメールに目を通してくれるということです。 メールは、顧客との長期的な関係維持・強化するために最適なチャネルの一つです。また、メールは顧客の2回目以降の購買を促進する重要な役割を担っています。 Shopifyで顧客と1対1のコミュニケーションが取る方法として、メールだけでなくLINEも効果的です。下記の記事では、ShopifyでLINEを活用するメリットやデメリット、おすすめアプリなどを消化しています。ご参考にしてください。 ShopifyでLINEを活用しよう!LINEのメリットやShopifyアプリも紹介 行動喚起に最適な媒体である 出典: 「メールに関する意識調査」| 株式会社リンク調べ メールリレーサービス「ベアメール」を提供する株式会社リンクが実施した2022年度の「メールに関する意識調査」では、メールは「検討していなかった商品の検討・購入のきっかけになった」と答えた人や「検討中の商品をより詳しく知りたいきっかけにんあった・購入の決め手になった」と答えた人の割合がLineやTwitter、Facbook、Instagramなどの媒体に比べ高い傾向にありました。...

Shopifyでメールマーケティングを行うメリットは?メール配信(メルマガ配信)アプリも紹介

Tsunライターチーム

「RuffRuff 予約販売」は在庫切れや新商品販売前、入荷待ちなどのタイミングで発生する機会損失の削減をサポートします。自身のShopifyストアに驚くほど簡単に予約販売を実現し、無制限での予約商品を登録および無制限で予約注文を受け付けることが可能です。また、予約商品と通常商品を同時に注文させないように制限したり、入荷時期が未定な場合は再入荷通知も可能です。他の予約販売アプリにはない商品出荷前に支払回収できる「後払い」機能などのユニークな機能もたくさん存在します。 引用元: RuffRuff 予約販売 アプリを見る デモページを見る みなさんは、メールマーケティングに取り組んでいますか? ECサイトにおいて、SEOやSNS、広告など様々なマーケティング手法がある中で、メールマーケティングも大事な手法の1つです。 この記事では、メールマーケティングのメリット・デメリットを解説し、メールマーケティングを実施する上でおすすめのShopifyアプリをご紹介します。 メールマーケティングとは? メールマーケティングとは、言葉の通りメールを利用したマーケティング手法です。 顧客リストに対してメールを配信し、集客や顧客との関係構築(ファン化)、商品の購入などの目的を達成するための施策です。 Shopifyでは、KlaviyoやOmnisendなど便利なメール配信ツールもたくさん出てきており、顧客リストに対してメールの一斉送信だけでなく、個別最適なタイミングや内容でのメール配信が可能だったり、何かしらの条件を基に自動でメールを配信することも可能になりました。 メールマーケティングのメリット 顧客との継続的な関係構築が出来る マーケティング手法として、SEOやSNSは新規顧客の獲得には最適ですが、既存顧客との関係を長期にわたって維持・強化するには、依然としてEメールが最適な手法です。 出典:Comparison by industry chart Constant Contactから配信された2億通のデータによると、2022年11月時点のEメールの平均開封率は33.86%、クリック率(クリック数/送信数)は1.33%、不達率は10.16%となっています。このデータから分かることは、チャットなどが一般的になってきている現在でも1/3の顧客はメールに目を通してくれるということです。 メールは、顧客との長期的な関係維持・強化するために最適なチャネルの一つです。また、メールは顧客の2回目以降の購買を促進する重要な役割を担っています。 Shopifyで顧客と1対1のコミュニケーションが取る方法として、メールだけでなくLINEも効果的です。下記の記事では、ShopifyでLINEを活用するメリットやデメリット、おすすめアプリなどを消化しています。ご参考にしてください。 ShopifyでLINEを活用しよう!LINEのメリットやShopifyアプリも紹介 行動喚起に最適な媒体である 出典: 「メールに関する意識調査」| 株式会社リンク調べ メールリレーサービス「ベアメール」を提供する株式会社リンクが実施した2022年度の「メールに関する意識調査」では、メールは「検討していなかった商品の検討・購入のきっかけになった」と答えた人や「検討中の商品をより詳しく知りたいきっかけにんあった・購入の決め手になった」と答えた人の割合がLineやTwitter、Facbook、Instagramなどの媒体に比べ高い傾向にありました。...

Shopifyのタグを活用するメリット|タグ一覧を表示する方法

Shopifyのタグを活用するメリット|タグ一覧を表示する方法

Tsunライターチーム

Shopify(ショッピファイ)のタグを活用するメリットやデメリットを解説します。また商品ページやコレクション、ブログ記事にタグ一覧を出す方法もご紹介します。

Shopifyのタグを活用するメリット|タグ一覧を表示する方法

Tsunライターチーム

Shopify(ショッピファイ)のタグを活用するメリットやデメリットを解説します。また商品ページやコレクション、ブログ記事にタグ一覧を出す方法もご紹介します。

自社ECのアップセル・クロスセル戦略|やり方のポイントと注意点 Tsun Inc.

Shopifyストアのアップセル・クロスセル戦略|やり方のポイントと注意点

島村 洋和

「RuffRuff 予約販売」は在庫切れや新商品販売前、入荷待ちなどのタイミングで発生する機会損失の削減をサポートします。自身のShopifyストアに驚くほど簡単に予約販売を実現し、無制限での予約商品を登録および無制限で予約注文を受け付けることが可能です。また、予約商品と通常商品を同時に注文させないように制限したり、入荷時期が未定な場合は再入荷通知も可能です。他の予約販売アプリにはない商品出荷前に支払回収できる「後払い」機能などのユニークな機能もたくさん存在します。 引用元: RuffRuff 予約販売 アプリを見る デモページを見る アップセル・クロスセルとは? アップセルとは アップセルとは、現在商品の購入を検討している顧客や以前商品を購入したことがある顧客に対して、より高価な、またはアップグレードされた商品の購入を促すことで、顧客1人当たりの売上単価を高める施策のことです。 例えば、5万円の商品を購入しようとしている顧客によりグレードが高い10万円の商品を訴求したり、年会費無料のノーマルクレジットカードから年会費有料のプラチナクレジットカードにアップグレードしてもらったりすることなどがアップセルに当たります。 クロスセルとは クロスセルとは、商品やサービスを購入した顧客または購入を検討している顧客に対して、関連する別商品の合わせ買いを促すことで顧客1人当たりの売上単価を高める施策のことです。 例えば、紅茶の茶葉をカートに入れた顧客に対して茶葉の保存容器やティーカップなどの周辺商品を訴求するような施策がクロスセルに当たります。 アップセルとクロスセルの違い アップセルもクロスセルも、顧客1人当たりの売上単価を高めることが目的の施策ですが、それぞれのアプローチ方法には大きな違いがあります。 アップセルは、よりグレードと価格の高い商品の購入や同じ商品の複数個まとめ買いを促すことで顧客単価を上げようとするのに対し、クロスセルは関連する別の商品のセット購入を促すことで顧客単価のアップを目指しているという点でアプローチが異なります。 アップセルとクロスセルはどっちが売上への貢献度が高い? アップセルとクロスセルのどちらが売上への貢献度が高いのかについては、目的や商材によって異なるため一概には言えませんが、基本的には、1人の顧客と初めて取引をした時から取引終了までに得られる売上=LTV(Life Time Value:ライフタイムバリュー)が最も高くなる方を選びましょう。 イメージをしやすくするためにここではアップセルを優先するケースとクロスセルを優先するケースの例をそれぞれ紹介します。 アップセルを優先する例 顧客が購入している商品よりもグレードが高い商品がある場合は、その商品を提案するアップセル施策が向いています。 例えば、サプリメントを購入しようとしている顧客に、より容量の多いサプリメントやより多くの成分が配合されている商品の購入を促すことなどがそれに当たります。 別の関連商品を提案するより、既に購入意欲の高い商品と同等以上の価値の商品に誘導した方がLTVが高くなる可能性が高いためです。 クロスセルを優先する例 ある商品を使用する際に必ず使用する別の商品がある場合はクロスセル施策が向いています。例えば、自社サイトでコーヒー豆を購入しようとしている顧客に、自社ブランドのロゴをあしらったマグカップやタンブラーの購入を促すことなどがそれに当たります。 他のコーヒー豆を購入してもらうより、コーヒーを飲む際に必ず使用するマグカップを自社ブランド製品にしてもらい、ブランドに対する顧客のエンゲージメントを高めることで得られるLTVの方が高くなる可能性が高いためです。 アップセル・クロスセルのメリット・デメリット アップセル・クロスセルは売上向上に有効な施策ですが、メリットだけでなくデメリットもあることを知っておくことも大切です。...

Shopifyストアのアップセル・クロスセル戦略|やり方のポイントと注意点

島村 洋和

「RuffRuff 予約販売」は在庫切れや新商品販売前、入荷待ちなどのタイミングで発生する機会損失の削減をサポートします。自身のShopifyストアに驚くほど簡単に予約販売を実現し、無制限での予約商品を登録および無制限で予約注文を受け付けることが可能です。また、予約商品と通常商品を同時に注文させないように制限したり、入荷時期が未定な場合は再入荷通知も可能です。他の予約販売アプリにはない商品出荷前に支払回収できる「後払い」機能などのユニークな機能もたくさん存在します。 引用元: RuffRuff 予約販売 アプリを見る デモページを見る アップセル・クロスセルとは? アップセルとは アップセルとは、現在商品の購入を検討している顧客や以前商品を購入したことがある顧客に対して、より高価な、またはアップグレードされた商品の購入を促すことで、顧客1人当たりの売上単価を高める施策のことです。 例えば、5万円の商品を購入しようとしている顧客によりグレードが高い10万円の商品を訴求したり、年会費無料のノーマルクレジットカードから年会費有料のプラチナクレジットカードにアップグレードしてもらったりすることなどがアップセルに当たります。 クロスセルとは クロスセルとは、商品やサービスを購入した顧客または購入を検討している顧客に対して、関連する別商品の合わせ買いを促すことで顧客1人当たりの売上単価を高める施策のことです。 例えば、紅茶の茶葉をカートに入れた顧客に対して茶葉の保存容器やティーカップなどの周辺商品を訴求するような施策がクロスセルに当たります。 アップセルとクロスセルの違い アップセルもクロスセルも、顧客1人当たりの売上単価を高めることが目的の施策ですが、それぞれのアプローチ方法には大きな違いがあります。 アップセルは、よりグレードと価格の高い商品の購入や同じ商品の複数個まとめ買いを促すことで顧客単価を上げようとするのに対し、クロスセルは関連する別の商品のセット購入を促すことで顧客単価のアップを目指しているという点でアプローチが異なります。 アップセルとクロスセルはどっちが売上への貢献度が高い? アップセルとクロスセルのどちらが売上への貢献度が高いのかについては、目的や商材によって異なるため一概には言えませんが、基本的には、1人の顧客と初めて取引をした時から取引終了までに得られる売上=LTV(Life Time Value:ライフタイムバリュー)が最も高くなる方を選びましょう。 イメージをしやすくするためにここではアップセルを優先するケースとクロスセルを優先するケースの例をそれぞれ紹介します。 アップセルを優先する例 顧客が購入している商品よりもグレードが高い商品がある場合は、その商品を提案するアップセル施策が向いています。 例えば、サプリメントを購入しようとしている顧客に、より容量の多いサプリメントやより多くの成分が配合されている商品の購入を促すことなどがそれに当たります。 別の関連商品を提案するより、既に購入意欲の高い商品と同等以上の価値の商品に誘導した方がLTVが高くなる可能性が高いためです。 クロスセルを優先する例 ある商品を使用する際に必ず使用する別の商品がある場合はクロスセル施策が向いています。例えば、自社サイトでコーヒー豆を購入しようとしている顧客に、自社ブランドのロゴをあしらったマグカップやタンブラーの購入を促すことなどがそれに当たります。 他のコーヒー豆を購入してもらうより、コーヒーを飲む際に必ず使用するマグカップを自社ブランド製品にしてもらい、ブランドに対する顧客のエンゲージメントを高めることで得られるLTVの方が高くなる可能性が高いためです。 アップセル・クロスセルのメリット・デメリット アップセル・クロスセルは売上向上に有効な施策ですが、メリットだけでなくデメリットもあることを知っておくことも大切です。...

ブログ記事のリライトを6STEPで解説!SEO効果を高めるコツや注意点もご紹介

ブログ記事のリライトを6STEPで解説!SEO効果を高めるコツや注意点もご紹介

押切 隼

ブログ記事のリライトは、オウンドメディアの運営において欠かせない作業です。リライト(rewrite)は”書き直す”という意味の英単語ですが、ただ記事を書き直せばよいというわけではありません。本記事では、ブログ記事のリライトのやり方を6STEPで解説し、コツや注意点もご紹介します。 まだShopifyサイトでブログ記事を1つも書いていないという方はこちらの記事をご参考にしてください。 Shopifyでブログ記事を書く(ブログ機能を使う)メリット ブログ記事のリライトとは? 記事のリライトとは、すでにリリースされている記事をブラッシュアップすることで、より品質の高い記事にする施策のことです。一般的には検索順位を向上させるSEO評価の向上やコンバージョン数の増加などを目的として行われます。 リライトによるメリットと効果 記事のリライトには、主に2つのメリットがあります。どちらも記事の品質を評価するうえで欠かせない指標です。 SEO評価の向上 CVRの向上 以下でひとつずつ詳しく解説します。 SEO評価の向上 ブログ記事をリライトして更新することで、Googleのアルゴリズムが再度その記事を評価します。リライト前よりも高い評価を受けることができた場合、検索順位の上昇などの効果が見込めます。検索順位が上がると、検索結果からその記事がクリックされやすくなり、PV(ページビュー)数の増加が期待できます。 SEO評価を上げるには、ユーザーがより満足するような記事を書くことが大切です。Googleに気に入られる記事を目指すのではなく、ユーザーに気に入られる記事を目指しましょう。 下記の記事では、SEOのメリットやShopifyで出来るSEO対策について解説しています。参考にしてください。 SEOのメリット・デメリット|Shopifyで出来るSEO対策 CVRの向上 CVR(Conversion Rate)とは、そのブログ記事を読んだユーザーのうち、コンバージョン(目標としている成果)にいたった件数の割合のことです。 コンバージョンは、そのWebサイトやブログ記事の目的によって異なり、商品の購入やサービスの申し込み、資料請求、会員登録などがあります。 例えば、ブログ記事のコンバージョンがサプリメントの「サンプル申し込み」であれば、申し込みが簡単で気軽に試せること、特定の料金以外はかからないことなどを明記することで、申し込みに対するハードルが下がり、コンバージョンにいたりやすくなるでしょう。 リライトのやり方【6STEP】 記事のリライトのやり方を6つのステップで解説します。やみくもにリライトするのではなく、適切なリライトを行うことで、効率よく結果が得られます。 ①リライトの目的を明確にする ②リライト対象の記事を選定する ③競合サイトを分析する ④記事を分析する ⑤記事をリライトする ⑥リライトの効果を検証する 以下でひとつずつ詳しく解説します。 ①リライトの目的を明確にする...

ブログ記事のリライトを6STEPで解説!SEO効果を高めるコツや注意点もご紹介

押切 隼

ブログ記事のリライトは、オウンドメディアの運営において欠かせない作業です。リライト(rewrite)は”書き直す”という意味の英単語ですが、ただ記事を書き直せばよいというわけではありません。本記事では、ブログ記事のリライトのやり方を6STEPで解説し、コツや注意点もご紹介します。 まだShopifyサイトでブログ記事を1つも書いていないという方はこちらの記事をご参考にしてください。 Shopifyでブログ記事を書く(ブログ機能を使う)メリット ブログ記事のリライトとは? 記事のリライトとは、すでにリリースされている記事をブラッシュアップすることで、より品質の高い記事にする施策のことです。一般的には検索順位を向上させるSEO評価の向上やコンバージョン数の増加などを目的として行われます。 リライトによるメリットと効果 記事のリライトには、主に2つのメリットがあります。どちらも記事の品質を評価するうえで欠かせない指標です。 SEO評価の向上 CVRの向上 以下でひとつずつ詳しく解説します。 SEO評価の向上 ブログ記事をリライトして更新することで、Googleのアルゴリズムが再度その記事を評価します。リライト前よりも高い評価を受けることができた場合、検索順位の上昇などの効果が見込めます。検索順位が上がると、検索結果からその記事がクリックされやすくなり、PV(ページビュー)数の増加が期待できます。 SEO評価を上げるには、ユーザーがより満足するような記事を書くことが大切です。Googleに気に入られる記事を目指すのではなく、ユーザーに気に入られる記事を目指しましょう。 下記の記事では、SEOのメリットやShopifyで出来るSEO対策について解説しています。参考にしてください。 SEOのメリット・デメリット|Shopifyで出来るSEO対策 CVRの向上 CVR(Conversion Rate)とは、そのブログ記事を読んだユーザーのうち、コンバージョン(目標としている成果)にいたった件数の割合のことです。 コンバージョンは、そのWebサイトやブログ記事の目的によって異なり、商品の購入やサービスの申し込み、資料請求、会員登録などがあります。 例えば、ブログ記事のコンバージョンがサプリメントの「サンプル申し込み」であれば、申し込みが簡単で気軽に試せること、特定の料金以外はかからないことなどを明記することで、申し込みに対するハードルが下がり、コンバージョンにいたりやすくなるでしょう。 リライトのやり方【6STEP】 記事のリライトのやり方を6つのステップで解説します。やみくもにリライトするのではなく、適切なリライトを行うことで、効率よく結果が得られます。 ①リライトの目的を明確にする ②リライト対象の記事を選定する ③競合サイトを分析する ④記事を分析する ⑤記事をリライトする ⑥リライトの効果を検証する 以下でひとつずつ詳しく解説します。 ①リライトの目的を明確にする...

Shopify Formsとは?他のメールフォーム作成アプリもご紹介

Shopify Formsとは?他のメールフォーム作成アプリもご紹介

Tsunライターチーム

2022年11月8日にShopify(ショッピファイ)公式サイトからリリース発表された「Shopify Forms」について、現状のShopify Formsでできること・できないこと、Shopify Forms以外のメールフォーム作成アプリをご紹介します。

Shopify Formsとは?他のメールフォーム作成アプリもご紹介

Tsunライターチーム

2022年11月8日にShopify(ショッピファイ)公式サイトからリリース発表された「Shopify Forms」について、現状のShopify Formsでできること・できないこと、Shopify Forms以外のメールフォーム作成アプリをご紹介します。