ブログ記事

あとで買う(Save for later)機能を導入するメリット|Shopifyアプリも紹介

Shopifyにあとで買う(Save for later)機能を導入するメリット|アプリも紹介

Tsunライターチーム

あとで買う(Save for later)機能とは、ユーザーがカートに入れた商品を今買うのではなく、「あとで買う」ボタンを押すことで、「後で買う商品リスト」に該当商品を加えることの出来る機能のことです。本記事では、Shopifyストアにあとで買う機能を導入するメリットやおすすめアプリを紹介します。

Shopifyにあとで買う(Save for later)機能を導入するメリット|アプリも紹介

Tsunライターチーム

あとで買う(Save for later)機能とは、ユーザーがカートに入れた商品を今買うのではなく、「あとで買う」ボタンを押すことで、「後で買う商品リスト」に該当商品を加えることの出来る機能のことです。本記事では、Shopifyストアにあとで買う機能を導入するメリットやおすすめアプリを紹介します。

Shopifyのメタフィールドとは?おすすめのShopifyアプリも紹介 | Tsun Inc.

Shopifyのメタフィールドとは?メタオブジェクトやおすすめアプリも紹介

Tsunライターチーム

Shopify(ショッピファイ)のメタフィールド(metafields)について使い方やおすすめのShopifyアプリもご紹介します。また、新しくリリースされたメタオブジェクト(Metaobjects)についても説明しています。

Shopifyのメタフィールドとは?メタオブジェクトやおすすめアプリも紹介

Tsunライターチーム

Shopify(ショッピファイ)のメタフィールド(metafields)について使い方やおすすめのShopifyアプリもご紹介します。また、新しくリリースされたメタオブジェクト(Metaobjects)についても説明しています。

Shopifyで出来るカゴ落ち(カート離脱)対策|カゴ落ちの原因も紹介

Shopifyで出来るカゴ落ち対策|原因やShopifyアプリも紹介|カート離脱対策

Tsunライターチーム

「RuffRuff 予約販売」は在庫切れや新商品販売前、入荷待ちなどのタイミングで発生する機会損失の削減をサポートします。自身のShopifyストアに驚くほど簡単に予約販売を実現し、無制限での予約商品を登録および無制限で予約注文を受け付けることが可能です。また、予約商品と通常商品を同時に注文させないように制限したり、入荷時期が未定な場合は再入荷通知も可能です。他の予約販売アプリにはない商品出荷前に支払回収できる「後払い」機能などのユニークな機能もたくさん存在します。 引用元: RuffRuff 予約販売 アプリを見る デモページを見る みなさんは、自社のShopifyストアにおいてカゴ落ち対策は行っていますか?カゴ落ち率を改善することで、ECサイトの売上高を大きく伸ばす事ができます。本記事では、カゴ落ち対策がなぜ必要なのか、カゴ落ちが発生している原因、カゴ落ちの対策、カゴ落ち対策におすすめのShopifyアプリも紹介や外部ツールをご紹介します。 カゴ落ち(カート離脱)とは 「カゴ落ち」とは、自社のShopifyストアに訪れたユーザーが商品をカートに入れたまま、購入まで至らずにそのままShopifyストアを離脱することです。別の呼び方として、「カート落ち」や「カート離脱」、「カート放棄」などと呼ぶこともあります。 なぜカゴ落ち対策が必要なのか? 出典:Baymard Institute アメリカのBaymard Institute社が行ったカート放棄統計率の調査によれば、平均して69.99%(約7割)のユーザーがカゴ落ちしていることがわかっています。 データ元:46 Cart Abandonment Rate Statistics|Baymard Institute 約7割のカゴ落ち率はECサイトの売上において、大きな機会損失となっています。 たとえば、平均顧客単価3000円のECサイトに1000人のユーザーがカートに商品を入れたと仮定した場合、700人が購入まで至らないことを意味し、売上換算すると総額210万円が失われたことになります。カゴ落ちを5%改善できたとすると、50人のユーザーが購入まで至るため、売上換算すると15万円の売上アップを見込むことが出来ます。 上記の事例から、Shopifyストアにおいてカゴ落ち対策は、売上額や購買率を改善するのに大切な施策の一つと言えます。 カゴ落ちの原因   考えられるカゴ落ちの原因は下記になります。 配送料など追加費用が高い 会員登録(新規アカウント作成)が必要 配送が遅い クレジットカード情報を入力したくない(信用できない) 購入までが長い...

Shopifyで出来るカゴ落ち対策|原因やShopifyアプリも紹介|カート離脱対策

Tsunライターチーム

「RuffRuff 予約販売」は在庫切れや新商品販売前、入荷待ちなどのタイミングで発生する機会損失の削減をサポートします。自身のShopifyストアに驚くほど簡単に予約販売を実現し、無制限での予約商品を登録および無制限で予約注文を受け付けることが可能です。また、予約商品と通常商品を同時に注文させないように制限したり、入荷時期が未定な場合は再入荷通知も可能です。他の予約販売アプリにはない商品出荷前に支払回収できる「後払い」機能などのユニークな機能もたくさん存在します。 引用元: RuffRuff 予約販売 アプリを見る デモページを見る みなさんは、自社のShopifyストアにおいてカゴ落ち対策は行っていますか?カゴ落ち率を改善することで、ECサイトの売上高を大きく伸ばす事ができます。本記事では、カゴ落ち対策がなぜ必要なのか、カゴ落ちが発生している原因、カゴ落ちの対策、カゴ落ち対策におすすめのShopifyアプリも紹介や外部ツールをご紹介します。 カゴ落ち(カート離脱)とは 「カゴ落ち」とは、自社のShopifyストアに訪れたユーザーが商品をカートに入れたまま、購入まで至らずにそのままShopifyストアを離脱することです。別の呼び方として、「カート落ち」や「カート離脱」、「カート放棄」などと呼ぶこともあります。 なぜカゴ落ち対策が必要なのか? 出典:Baymard Institute アメリカのBaymard Institute社が行ったカート放棄統計率の調査によれば、平均して69.99%(約7割)のユーザーがカゴ落ちしていることがわかっています。 データ元:46 Cart Abandonment Rate Statistics|Baymard Institute 約7割のカゴ落ち率はECサイトの売上において、大きな機会損失となっています。 たとえば、平均顧客単価3000円のECサイトに1000人のユーザーがカートに商品を入れたと仮定した場合、700人が購入まで至らないことを意味し、売上換算すると総額210万円が失われたことになります。カゴ落ちを5%改善できたとすると、50人のユーザーが購入まで至るため、売上換算すると15万円の売上アップを見込むことが出来ます。 上記の事例から、Shopifyストアにおいてカゴ落ち対策は、売上額や購買率を改善するのに大切な施策の一つと言えます。 カゴ落ちの原因   考えられるカゴ落ちの原因は下記になります。 配送料など追加費用が高い 会員登録(新規アカウント作成)が必要 配送が遅い クレジットカード情報を入力したくない(信用できない) 購入までが長い...

Shopifyストアの集客方法10選|集客におすすめのアプリもご紹介

Shopifyストアの集客方法10選|集客におすすめのアプリもご紹介

Tsunライターチーム

Shopify(ショッピファイ)で売れない理由は集客かも?!Shopifyで出来る集客方法とおすすめのShopifyアプリをご紹介します。リスティング広告やSNS広告、SEO対策などの集客方法を紹介。大手アフィリエイトASPと連携できる「まるっと集客」や自社のShopifyサイトにアフィリエイトプログラムを構築できる「Affich」などもご紹介。

Shopifyストアの集客方法10選|集客におすすめのアプリもご紹介

Tsunライターチーム

Shopify(ショッピファイ)で売れない理由は集客かも?!Shopifyで出来る集客方法とおすすめのShopifyアプリをご紹介します。リスティング広告やSNS広告、SEO対策などの集客方法を紹介。大手アフィリエイトASPと連携できる「まるっと集客」や自社のShopifyサイトにアフィリエイトプログラムを構築できる「Affich」などもご紹介。

【無料】信頼性向上をサポートする「RuffRuff 著者情報」とは?

【日本初】信頼性向上をサポートする「RuffRuff 著者情報」とは?

[デモ] ツン 太郎

RuffRuff 著者情報とは? 「RuffRuff 著者情報」はコンテンツの信頼性向上をサポートするShopifyアプリです。 本アプリを利用することで、ブログ記事や商品にプロフィール情報を簡単に掲載することができます。ブログ記事に著者を掲載するだけでなく、商品ページに職人やアーティスト、クリエイターなどのプロフィール情報も掲載することもできます 無料でインストール 特徴 安心の日本語対応 Shopifyパートナーの日本企業が開発した日本製Shopifyアプリです。 管理画面も日本語なのでわかりやすく、困ったときは日本語でサポートいたします。 ノーコードで使える プログラミング不要で、OS2.0対応のどんなShopifyサイトにもアプリの導入が可能です。 導入だけでなく、デザインのカスタマイズもノーコードで対応出来ます。 簡単4ステップ & 無料 インストールと簡単なセットアップだけで、無料からアプリをご利用いただけます。 不要な場合はアンインストールし、元の状態にすぐ戻せます。 人数制限なしで著者を登録可能 Shopifyのブログ機能で設定できる著者は、Shopifyで登録しているスタッフしか設定できません。「RuffRuff 著者情報」を利用することで、スタッフ人数以上の著者を登録することができます。 ※ 登録できる人数はプランに応じて変動します。 著者名以外の付加情報を表示可能 Shopifyでは著者名しか表示できません。「RuffRuff 著者情報」を利用することで、著者名以外にプロフィール画像やプロフィール情報、肩書などの著者情報をブログ記事上に表示することができます。 無料でインストール 著者情報を表示するメリット Shopifyサイトのブログ記事に著者情報を表示することで下記のメリットを得ることができます。 SEOにポジティブな影響を与える...

【日本初】信頼性向上をサポートする「RuffRuff 著者情報」とは?

[デモ] ツン 太郎

RuffRuff 著者情報とは? 「RuffRuff 著者情報」はコンテンツの信頼性向上をサポートするShopifyアプリです。 本アプリを利用することで、ブログ記事や商品にプロフィール情報を簡単に掲載することができます。ブログ記事に著者を掲載するだけでなく、商品ページに職人やアーティスト、クリエイターなどのプロフィール情報も掲載することもできます 無料でインストール 特徴 安心の日本語対応 Shopifyパートナーの日本企業が開発した日本製Shopifyアプリです。 管理画面も日本語なのでわかりやすく、困ったときは日本語でサポートいたします。 ノーコードで使える プログラミング不要で、OS2.0対応のどんなShopifyサイトにもアプリの導入が可能です。 導入だけでなく、デザインのカスタマイズもノーコードで対応出来ます。 簡単4ステップ & 無料 インストールと簡単なセットアップだけで、無料からアプリをご利用いただけます。 不要な場合はアンインストールし、元の状態にすぐ戻せます。 人数制限なしで著者を登録可能 Shopifyのブログ機能で設定できる著者は、Shopifyで登録しているスタッフしか設定できません。「RuffRuff 著者情報」を利用することで、スタッフ人数以上の著者を登録することができます。 ※ 登録できる人数はプランに応じて変動します。 著者名以外の付加情報を表示可能 Shopifyでは著者名しか表示できません。「RuffRuff 著者情報」を利用することで、著者名以外にプロフィール画像やプロフィール情報、肩書などの著者情報をブログ記事上に表示することができます。 無料でインストール 著者情報を表示するメリット Shopifyサイトのブログ記事に著者情報を表示することで下記のメリットを得ることができます。 SEOにポジティブな影響を与える...

Shopifyデータをインポート&エクスポートする「Matrixify」とは? |  Tsun Inc.

Shopifyデータをインポート&エクスポートする「Matrixify」とは?

Tsunライターチーム

Shopify(ショッピファイ)でのデータ作業効率化におすすめのShopifyアプリ「Matrixify(旧:Excelify)」についてご紹介します。Matrixify(マトリキシィファイ)はShopifyデータをインポート&エクスポートできるアプリです。

Shopifyデータをインポート&エクスポートする「Matrixify」とは?

Tsunライターチーム

Shopify(ショッピファイ)でのデータ作業効率化におすすめのShopifyアプリ「Matrixify(旧:Excelify)」についてご紹介します。Matrixify(マトリキシィファイ)はShopifyデータをインポート&エクスポートできるアプリです。