ブログ記事

Shopifyに楽天Pay(楽天ペイ)を導入するメリットやデメリット、設定方法

Shopifyに楽天Pay(楽天ペイ)を導入するメリットやデメリット、設定方法

Tsunライターチーム

みなさんはShopifyでどのような決済方法を導入していますか? 本記事ではShopifyストアに楽天Payを導入するメリットやデメリット、楽天Payを導入する方法を説明したいと思います。

Shopifyに楽天Pay(楽天ペイ)を導入するメリットやデメリット、設定方法

Tsunライターチーム

みなさんはShopifyでどのような決済方法を導入していますか? 本記事ではShopifyストアに楽天Payを導入するメリットやデメリット、楽天Payを導入する方法を説明したいと思います。

Shopifyに銀行振込を設定する方法|銀行振込を導入するメリット・デメリット

Shopifyに銀行振込を設定する方法|銀行振込を導入するメリット・デメリット

Tsunライターチーム

みなさんはShopifyでどのような決済方法を導入していますか? 本記事ではShopifyストアに銀行振込を導入するメリット・デメリット、銀行振込を設定する方法を説明したいと思います。

Shopifyに銀行振込を設定する方法|銀行振込を導入するメリット・デメリット

Tsunライターチーム

みなさんはShopifyでどのような決済方法を導入していますか? 本記事ではShopifyストアに銀行振込を導入するメリット・デメリット、銀行振込を設定する方法を説明したいと思います。

ShopifyにAmazon Payを導入するメリットや決済手数料

ShopifyにAmazon Payを導入するメリットや決済手数料

Tsunライターチーム

Amaozn Pay(アマゾン ペイ)とは?  Amazon Pay(アマゾン ペイ)は、Amazonアカウントに登録されたお届け先住所やクレジットカード情報を使って、商品やサービスの支払いができる決済サービスです。Amazon Payを導入することでお客様は会員登録や住所・クレジットカード情報を入力する手間を省くことができ、ストア側はCVRを向上するメリットがあります。 Amazon Payの手数料 項目 手数料率 決済手数料 3.9%(デジタルコンテンツ以外)4.5%(デジタルコンテンツ) 取引手数料 0.5%〜2.0% 取引手数料はShopifyプランにより0.5%〜2.0%の間で変動します。下記の記事で取引手数料を含めShopifyプランごとの違いを解説しています。 Shopifyのプランの選び方|費用・手数料・決済方法の違いについて ShopifyでAmazon Payを導入するメリット 購入率が向上する(ストア側) Amazon Payの導入事例によるとAmazon Payを導入するだけでCVRが20%増えたという事例もあります。 エビデンス:CVR+20%、新規客+13%の老舗靴店に学ぶECシステム選び&決済拡充施策 カゴ落ち対策になる(ストア側) 出典:Baymard Institute Baymard Institute社の調査では、カゴ落ちの理由として9番目に多いのが、決済の選択肢が少ないということです。自社のShopifyストアでしか購入できずどうしても買いたいと思っている商品であれば、お客様が普段利用している決済種別が使えなくてもそこまで問題ないかもしれません。しかし、どこでも購入できる商品やそこまで購入意欲が高まりきれていない場合は、他のストアや他の商品へ流れてしまう原因になります。 カゴ落ち対策として、決済の選択肢を増やせるなら増やしておくのに越したことはないでしょう。...

ShopifyにAmazon Payを導入するメリットや決済手数料

Tsunライターチーム

Amaozn Pay(アマゾン ペイ)とは?  Amazon Pay(アマゾン ペイ)は、Amazonアカウントに登録されたお届け先住所やクレジットカード情報を使って、商品やサービスの支払いができる決済サービスです。Amazon Payを導入することでお客様は会員登録や住所・クレジットカード情報を入力する手間を省くことができ、ストア側はCVRを向上するメリットがあります。 Amazon Payの手数料 項目 手数料率 決済手数料 3.9%(デジタルコンテンツ以外)4.5%(デジタルコンテンツ) 取引手数料 0.5%〜2.0% 取引手数料はShopifyプランにより0.5%〜2.0%の間で変動します。下記の記事で取引手数料を含めShopifyプランごとの違いを解説しています。 Shopifyのプランの選び方|費用・手数料・決済方法の違いについて ShopifyでAmazon Payを導入するメリット 購入率が向上する(ストア側) Amazon Payの導入事例によるとAmazon Payを導入するだけでCVRが20%増えたという事例もあります。 エビデンス:CVR+20%、新規客+13%の老舗靴店に学ぶECシステム選び&決済拡充施策 カゴ落ち対策になる(ストア側) 出典:Baymard Institute Baymard Institute社の調査では、カゴ落ちの理由として9番目に多いのが、決済の選択肢が少ないということです。自社のShopifyストアでしか購入できずどうしても買いたいと思っている商品であれば、お客様が普段利用している決済種別が使えなくてもそこまで問題ないかもしれません。しかし、どこでも購入できる商品やそこまで購入意欲が高まりきれていない場合は、他のストアや他の商品へ流れてしまう原因になります。 カゴ落ち対策として、決済の選択肢を増やせるなら増やしておくのに越したことはないでしょう。...

Shopify ペイメント徹底解説 - 決済手数料・メリット・デメリットまで

Shopifyペイメント徹底解説 - 決済手数料・メリット・デメリットまで

Tsunライターチーム

Shopifyペイメント(Shopify Payment)は、Shopifyが提供する決済サービスです。初期費用や月額固定費が不要でクレジットカード支払いやApple Pay、Google Pay、Shop PayなどをShopifyストアに簡単に導入できます。また、決済事業者との契約なしに、すぐに利用できる点も特徴です。

Shopifyペイメント徹底解説 - 決済手数料・メリット・デメリットまで

Tsunライターチーム

Shopifyペイメント(Shopify Payment)は、Shopifyが提供する決済サービスです。初期費用や月額固定費が不要でクレジットカード支払いやApple Pay、Google Pay、Shop PayなどをShopifyストアに簡単に導入できます。また、決済事業者との契約なしに、すぐに利用できる点も特徴です。

ShopifyでPayPayを導入するメリット|決済事業者、手数料を紹介

ShopifyストアにPayPayを導入するメリット|決済事業者や手数料を紹介

Tsunライターチーム

「RuffRuff 予約販売」は在庫切れや新商品販売前、入荷待ちなどのタイミングで発生する機会損失の削減をサポートします。自身のShopifyストアに驚くほど簡単に予約販売を実現し、無制限での予約商品を登録および無制限で予約注文を受け付けることが可能です。また、予約商品と通常商品を同時に注文させないように制限したり、入荷時期が未定な場合は再入荷通知も可能です。他の予約販売アプリにはない商品出荷前に支払回収できる「後払い」機能などのユニークな機能もたくさん存在します。 引用元: RuffRuff 予約販売 アプリを見る デモページを見る みなさんはShopifyでどのような決済方法を導入していますか? 本記事ではShopifyストアにPayPay(ペイペイ)を導入するメリットやデメリット、PayPay決済を導入する方法を紹介したいと思います。 PayPay(ペイペイ)とは PayPayは、ソフトバンクとヤフーが設立した「PayPay株式会社」が提供するQRコード決済サービスです。スマホひとつで "簡単に" "お得に" 街のお店やオンラインストアで商品やサービスを購入することが出来ます。 ShopifyにPayPay(ペイペイ)を導入するメリット カゴ落ち防止に繋がる(ストア側) カゴ落ちの原因の大半を占めるのは「希望する決済種別がない」という理由です。クレジットカードを保有していない方や、好まない方のカゴ落ちを防ぐためにも、PayPay決済の導入はしておいた方が良いでしょう。 出典:プレスリリース|PayPay 2023年2月にPayPay株式会社から配信されたプレスリリースによると、PayPayの登録ユーザー数は5,500万人を突破しており、日本人口の約2.3人に1人が利用している決済サービスまで成長しています。 出典:プレスリリース|SBペイメント また、SBペイメントの調査によるとECサイトでよく利用する決済手段はクレジットカードに次いでPayPayが2番目となっています。 決済方法を増やしたいと考えている方は、PayPayを検討してみてはいかがでしょうか。 下記の記事では決済種類の拡充以外にもShopifyで出来るカゴ落ち対策を紹介しています。ご参考になさってください。 Shopifyで出来るカゴ落ち対策|原因やShopifyアプリも紹介 クレジットカードを保有できない若年層の獲得(ストア側) ECサイトでの主要な支払い方法の1つにクレジットカード決済がありますが、多くのクレジットカード会社はカード発行対象年齢を18才〜20才以上と設定しています。そのため、クレジットカード支払いのみのストアでは未成年者が購入する事ができないケースが殆どです。PayPayでは未成年の利用者が法定代理人の同意を得ていれば、PayPay残高を利用して、商品やサービスを購入することができます。そのため、PayPayを導入することでこの問題を改善することができます。 クレジットカードの使用を好まない層の獲得(ストア側) 成人済の方でもクレジットカード決済に抵抗感を持っている方は多く存在します。クレジットカード決済を避けたい方でもストアで購入ができるように、PayPayを導入しておくことは双方にメリットが生まれます。 ポイントが貯まる(購入者側) PayPayではオンライン決済でのお買い物でも、通常のお買い物のようにPayPayポイントが貯まります。PayPayポイントをためている購入者にとってはメリットになります。 ShopifyにPayPay(ペイペイ)を導入するデメリット...

ShopifyストアにPayPayを導入するメリット|決済事業者や手数料を紹介

Tsunライターチーム

「RuffRuff 予約販売」は在庫切れや新商品販売前、入荷待ちなどのタイミングで発生する機会損失の削減をサポートします。自身のShopifyストアに驚くほど簡単に予約販売を実現し、無制限での予約商品を登録および無制限で予約注文を受け付けることが可能です。また、予約商品と通常商品を同時に注文させないように制限したり、入荷時期が未定な場合は再入荷通知も可能です。他の予約販売アプリにはない商品出荷前に支払回収できる「後払い」機能などのユニークな機能もたくさん存在します。 引用元: RuffRuff 予約販売 アプリを見る デモページを見る みなさんはShopifyでどのような決済方法を導入していますか? 本記事ではShopifyストアにPayPay(ペイペイ)を導入するメリットやデメリット、PayPay決済を導入する方法を紹介したいと思います。 PayPay(ペイペイ)とは PayPayは、ソフトバンクとヤフーが設立した「PayPay株式会社」が提供するQRコード決済サービスです。スマホひとつで "簡単に" "お得に" 街のお店やオンラインストアで商品やサービスを購入することが出来ます。 ShopifyにPayPay(ペイペイ)を導入するメリット カゴ落ち防止に繋がる(ストア側) カゴ落ちの原因の大半を占めるのは「希望する決済種別がない」という理由です。クレジットカードを保有していない方や、好まない方のカゴ落ちを防ぐためにも、PayPay決済の導入はしておいた方が良いでしょう。 出典:プレスリリース|PayPay 2023年2月にPayPay株式会社から配信されたプレスリリースによると、PayPayの登録ユーザー数は5,500万人を突破しており、日本人口の約2.3人に1人が利用している決済サービスまで成長しています。 出典:プレスリリース|SBペイメント また、SBペイメントの調査によるとECサイトでよく利用する決済手段はクレジットカードに次いでPayPayが2番目となっています。 決済方法を増やしたいと考えている方は、PayPayを検討してみてはいかがでしょうか。 下記の記事では決済種類の拡充以外にもShopifyで出来るカゴ落ち対策を紹介しています。ご参考になさってください。 Shopifyで出来るカゴ落ち対策|原因やShopifyアプリも紹介 クレジットカードを保有できない若年層の獲得(ストア側) ECサイトでの主要な支払い方法の1つにクレジットカード決済がありますが、多くのクレジットカード会社はカード発行対象年齢を18才〜20才以上と設定しています。そのため、クレジットカード支払いのみのストアでは未成年者が購入する事ができないケースが殆どです。PayPayでは未成年の利用者が法定代理人の同意を得ていれば、PayPay残高を利用して、商品やサービスを購入することができます。そのため、PayPayを導入することでこの問題を改善することができます。 クレジットカードの使用を好まない層の獲得(ストア側) 成人済の方でもクレジットカード決済に抵抗感を持っている方は多く存在します。クレジットカード決済を避けたい方でもストアで購入ができるように、PayPayを導入しておくことは双方にメリットが生まれます。 ポイントが貯まる(購入者側) PayPayではオンライン決済でのお買い物でも、通常のお買い物のようにPayPayポイントが貯まります。PayPayポイントをためている購入者にとってはメリットになります。 ShopifyにPayPay(ペイペイ)を導入するデメリット...

Shopifyストアにコンビニ決済を導入するメリットや導入方法

Shopifyストアにコンビニ決済を導入するメリットや導入方法

Tsunライターチーム

コンビニ決済(コンビニ支払い)とは コンビニ決済(コンビニ支払い)は、セブンイレブンやローソンなど全国のコンビニエンスストアで、ECストアで購入した商品の代金を現金で支払える決済方法です。 クレジットカードを保有していない若年層や、インターネット上でのクレジットカード決済を好まない層のお客さまによく利用されています。 Shopifyにコンビニ決済を導入するメリット カゴ落ち防止に繋がる カゴ落ちの原因の大半を占めるのは「希望する決済種別がない」という理由です。クレジットカードを保有していない方や、好まない方のカゴ落ちを防ぐためにも、コンビニ決済の導入はしておいた方が良いでしょう。 出典:インターネットの利用状況|総務省 令和3年版の総務省の調査結果では、「インターネットで購入する際の決済方法」として、コンビニ決済はクレジットカード決済に次いで2番めに利用されている決済方法です。決済方法を増やしたいと考えている方は、コンビニ決済を検討してみてはいかがでしょうか。 下記の記事では「決済方法の拡充」以外にもShopifyで出来るカゴ落ち対策を紹介しています。ご参考になさってください。 Shopifyで出来るカゴ落ち対策|原因やShopifyアプリも紹介 クレジットカードを保有できない若年層の獲得 ECサイトでの主要な支払い方法の1つにクレジットカード決済がありますが、多くのクレジットカード会社はカード発行対象年齢を18才〜20才以上と設定しています。そのため、クレジットカード支払いのみのストアでは未成年者が購入する事ができないケースが殆どですが、コンビニ決済を導入する事でこの問題は解消されます。 クレジットカードの使用を好まない層の獲得 成人済の方でもクレジットカード決済に抵抗感を持っている方は多く存在します。クレジットカード決済を避けたい方でもストアで購入ができるように、コンビニ決済を導入しておくことは双方にメリットが生まれます。 Shopifyにコンビニ決済を導入するデメリット コストが増える コンビニ決済を利用するためには、月額費が必要だったり、決済手数料(決済手数料や返金手数料など)が増え場合がアあります。また、コンビニ決済はShopifyペイメント以外の決済方法になりますので、取引手数料も発生します。 手数料が高額になるとストア側の利益が少なくなってしまうため、なるべくコストを削減したい場合は手数料が安い事業者を選びましょう。 取引手数料とは? 取引手数料は、ユーザーから支払いを受ける際に発生する手数料のことです。 取引手数料はShopifyペイメントを利用する場合は免除となりますが、それ以外の外部の決済事業者を利用する場合は以下の費用がかかります。 Shopifyプラン名 スターター ベーシック スタンダード プレミアム プラス 取引手数料 5.00% 2.00%...

Shopifyストアにコンビニ決済を導入するメリットや導入方法

Tsunライターチーム

コンビニ決済(コンビニ支払い)とは コンビニ決済(コンビニ支払い)は、セブンイレブンやローソンなど全国のコンビニエンスストアで、ECストアで購入した商品の代金を現金で支払える決済方法です。 クレジットカードを保有していない若年層や、インターネット上でのクレジットカード決済を好まない層のお客さまによく利用されています。 Shopifyにコンビニ決済を導入するメリット カゴ落ち防止に繋がる カゴ落ちの原因の大半を占めるのは「希望する決済種別がない」という理由です。クレジットカードを保有していない方や、好まない方のカゴ落ちを防ぐためにも、コンビニ決済の導入はしておいた方が良いでしょう。 出典:インターネットの利用状況|総務省 令和3年版の総務省の調査結果では、「インターネットで購入する際の決済方法」として、コンビニ決済はクレジットカード決済に次いで2番めに利用されている決済方法です。決済方法を増やしたいと考えている方は、コンビニ決済を検討してみてはいかがでしょうか。 下記の記事では「決済方法の拡充」以外にもShopifyで出来るカゴ落ち対策を紹介しています。ご参考になさってください。 Shopifyで出来るカゴ落ち対策|原因やShopifyアプリも紹介 クレジットカードを保有できない若年層の獲得 ECサイトでの主要な支払い方法の1つにクレジットカード決済がありますが、多くのクレジットカード会社はカード発行対象年齢を18才〜20才以上と設定しています。そのため、クレジットカード支払いのみのストアでは未成年者が購入する事ができないケースが殆どですが、コンビニ決済を導入する事でこの問題は解消されます。 クレジットカードの使用を好まない層の獲得 成人済の方でもクレジットカード決済に抵抗感を持っている方は多く存在します。クレジットカード決済を避けたい方でもストアで購入ができるように、コンビニ決済を導入しておくことは双方にメリットが生まれます。 Shopifyにコンビニ決済を導入するデメリット コストが増える コンビニ決済を利用するためには、月額費が必要だったり、決済手数料(決済手数料や返金手数料など)が増え場合がアあります。また、コンビニ決済はShopifyペイメント以外の決済方法になりますので、取引手数料も発生します。 手数料が高額になるとストア側の利益が少なくなってしまうため、なるべくコストを削減したい場合は手数料が安い事業者を選びましょう。 取引手数料とは? 取引手数料は、ユーザーから支払いを受ける際に発生する手数料のことです。 取引手数料はShopifyペイメントを利用する場合は免除となりますが、それ以外の外部の決済事業者を利用する場合は以下の費用がかかります。 Shopifyプラン名 スターター ベーシック スタンダード プレミアム プラス 取引手数料 5.00% 2.00%...