ブログ記事

ECモールを徹底比較|モールごとの特徴や事業者タイプ別におすすめモールをご紹介

ECモールを徹底比較|モールごとの特徴や事業者タイプ別におすすめモールをご紹介

島村 洋和

ECモール(モール型ECサイト)とは ECモール(モール型ECサイト)は、一言で表すとオンライン上のショッピングモール・商店街です。ひとつのECサイト上に複数のストアが出店し、それぞれのストアが商品を出品する形態のECサイトのことを指します。 ECモールは知名度と集客力が高く、集客力の弱い中小規模の企業や個人がオンライン上で商品を販売する上でとても便利なツールです。 ECモールと自社ECの違い ECサイトは大きく分けて「ECモール」と「自社EC」の2種類があります。 ECモールは複数のストアがひとつの場所に集約されているショッピングモールのようなサイト構造なのに対し、自社ECは独自のドメインを持った単独のECサイトという点でECモールとは異なります。ECモールと自社ECの大きな違いは主に3点あります。 費用 サイト設計の自由度 集客力 それぞれ詳しく解説していきます。 ■1点目:費用 ECモールは出店するモールによってかかる費用も変わりますが、出店料や販売手数料、広告費などの月額費用が高くなる傾向があります。そのため、中長期的な目線で見ると自社ECの方が高い利益率で運営することが期待できます。 2点目:サイト設計の自由度 ECモールは、サイトのレイアウトやデザインなどがある程度フォーマット化されていて、誰でも簡単に設定ができる反面、決められた枠組み内でしかサイトを編集することができないという側面があります。一方で、自社ECはサイト設計の自由度が高く、注文ボタンの文言や決済画面の表記内容といった細かいデザインの編集をすることができます。ただしその反面、1からサイト構築を行う必要があるため、ECモールに比べて販売するまでに時間とコストがかかります。 3点目:集客力 ECモールには既に多くの利用者がいるため、出店することによって多くの集客が見込めますが、自社ECは集客基盤がない状態からのスタートのため、1から集客を行う必要があります。ECモールと自社サイトの簡単な比較表はこちらです。 ECの種類 費用 サイト設計の自由度 集客力 ECモール 高い 低い 高い 自社サイト 安い ※1 高い 低い ※1...

ECモールを徹底比較|モールごとの特徴や事業者タイプ別におすすめモールをご紹介

島村 洋和

ECモール(モール型ECサイト)とは ECモール(モール型ECサイト)は、一言で表すとオンライン上のショッピングモール・商店街です。ひとつのECサイト上に複数のストアが出店し、それぞれのストアが商品を出品する形態のECサイトのことを指します。 ECモールは知名度と集客力が高く、集客力の弱い中小規模の企業や個人がオンライン上で商品を販売する上でとても便利なツールです。 ECモールと自社ECの違い ECサイトは大きく分けて「ECモール」と「自社EC」の2種類があります。 ECモールは複数のストアがひとつの場所に集約されているショッピングモールのようなサイト構造なのに対し、自社ECは独自のドメインを持った単独のECサイトという点でECモールとは異なります。ECモールと自社ECの大きな違いは主に3点あります。 費用 サイト設計の自由度 集客力 それぞれ詳しく解説していきます。 ■1点目:費用 ECモールは出店するモールによってかかる費用も変わりますが、出店料や販売手数料、広告費などの月額費用が高くなる傾向があります。そのため、中長期的な目線で見ると自社ECの方が高い利益率で運営することが期待できます。 2点目:サイト設計の自由度 ECモールは、サイトのレイアウトやデザインなどがある程度フォーマット化されていて、誰でも簡単に設定ができる反面、決められた枠組み内でしかサイトを編集することができないという側面があります。一方で、自社ECはサイト設計の自由度が高く、注文ボタンの文言や決済画面の表記内容といった細かいデザインの編集をすることができます。ただしその反面、1からサイト構築を行う必要があるため、ECモールに比べて販売するまでに時間とコストがかかります。 3点目:集客力 ECモールには既に多くの利用者がいるため、出店することによって多くの集客が見込めますが、自社ECは集客基盤がない状態からのスタートのため、1から集客を行う必要があります。ECモールと自社サイトの簡単な比較表はこちらです。 ECの種類 費用 サイト設計の自由度 集客力 ECモール 高い 低い 高い 自社サイト 安い ※1 高い 低い ※1...

Shopifyに関連記事を出すには?無料の関連記事アプリ「Related Blog Posts」の導入方法 Shopofy 関連記事 SEO Related Blog Posts Tsun Inc.

Shopifyに関連記事を出すには?無料アプリ「Related Blog Posts」の導入方法

Tsunライターチーム

Shopify(ショッピファイ)ストアに無料で関連記事を出すShopifyアプリ「Related Blog Posts」の機能や特徴、導入方法を解説します。また、関連記事以外に行える内部SEO対策(内部リンク施策)もご紹介します。

Shopifyに関連記事を出すには?無料アプリ「Related Blog Posts」の導入方法

Tsunライターチーム

Shopify(ショッピファイ)ストアに無料で関連記事を出すShopifyアプリ「Related Blog Posts」の機能や特徴、導入方法を解説します。また、関連記事以外に行える内部SEO対策(内部リンク施策)もご紹介します。

自社ECとモール型ECの違いは?|メリット・デメリットを徹底解説! Tsun Inc.

自社ECとモール型ECの違いは?|メリット・デメリットを徹底解説!

田所 亜希子

ECサイトの運営担当者が、まず始めに考えなければいけないテーマは「モール型EC」と「自社ECサイト」どちらで運営を行うのかという点でしょう。 この記事ではモール型ECと自社ECの違いや、それぞれのメリット・デメリットについて徹底解説します! 自社ECとモール型ECの違いについて まずは自社ECとモール型EC、それぞれの特徴について確認しましょう。 モール型ECの特徴 モール型ECは複数のネットショップで構成された、インターネット上のショッピングモールのことを指します。Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどがモール型ECにあたります。 モール型ECは利用者数がとても多いため、集客力が非常に強いのが最大の利点です。ただし出店店舗数も多いため、モール内での価格競争が起こりやすいことが特徴としてあげられます。 自社ECの特徴 自社ECは企業が独自でサイトを構築し、運営するネットショップのことを指します。 自社ECサイトの作り方に関しては以下のブログ記事で詳しく解説しています。 【初心者でも分かる!】ECサイトの作り方|ネットショップの出店・構築方法・費用について ネットショップを開設してすぐの期間は集客力がほぼないため、独自にユーザーを集めるためのマーケティングを行う必要があります。ただし、自社ECはモール型ECに比べて利益率が高く、自由にネットショップを作ることが可能なので、ブランディングがしやすいというメリットがあります。 自社ECのメリット 利益率が高い ECモールに出店すると出店料や手数料、広告費などの様々な費用が発生します。自社ECでも使用するシステムによっては月額の維持費がかかりますが、ECモールよりも低額で抑えられることが多く、また他モールとの価格競争も起こらないため、トータルで利益率が高くなる傾向にあります。 ショップのブランディングがしやすい 自社でECサイトを作れば、好きなようにショップページをレイアウトすることが可能です。ECモールでは難しいショップ名のアピールやブランドイメージをしっかりと伝えるような仕組みを作りやすいです。 顧客データを使って細かい分析ができる ECモールでは顧客データはあくまでECモール側で管理されているため、ショップ側が見ることができる情報は制限されています。自社ECの場合は顧客データを全て管理することができるので、リピート施策を打ったり、細かい分析をすることが可能です。 自社ECのデメリット 自力で集客をする必要がある ECモールには既に多くの利用者がいることが最大の強みですが、自社ECは1から自分で集客をする必要があります。SEO対策やコンテンツ作成、広告運用などのマーケティングを時間をかけて行うことが重要です。 下記の記事では、SEOのメリットやSEO対策について解説しています。参考にしてください。 SEOのメリット・デメリット|Shopifyで出来るSEO対策 結果が出るまでに時間がかかる 上記のようなマーケティング施策は一朝一夕で結果が出るものではなく、日々の積み重ねが重要となります。そのため結果が出るまでには、ある程度時間がかかることが多いです。 マーケティングの能力が必要 自力で集客をするためにはマーケティングの知識が必須です。ブランディングの方向やそれに伴った戦略を打てる人材が社内にいないと、自社ECを運営することは難しいでしょう。 モール型ECのメリット 集客力がある...

自社ECとモール型ECの違いは?|メリット・デメリットを徹底解説!

田所 亜希子

ECサイトの運営担当者が、まず始めに考えなければいけないテーマは「モール型EC」と「自社ECサイト」どちらで運営を行うのかという点でしょう。 この記事ではモール型ECと自社ECの違いや、それぞれのメリット・デメリットについて徹底解説します! 自社ECとモール型ECの違いについて まずは自社ECとモール型EC、それぞれの特徴について確認しましょう。 モール型ECの特徴 モール型ECは複数のネットショップで構成された、インターネット上のショッピングモールのことを指します。Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどがモール型ECにあたります。 モール型ECは利用者数がとても多いため、集客力が非常に強いのが最大の利点です。ただし出店店舗数も多いため、モール内での価格競争が起こりやすいことが特徴としてあげられます。 自社ECの特徴 自社ECは企業が独自でサイトを構築し、運営するネットショップのことを指します。 自社ECサイトの作り方に関しては以下のブログ記事で詳しく解説しています。 【初心者でも分かる!】ECサイトの作り方|ネットショップの出店・構築方法・費用について ネットショップを開設してすぐの期間は集客力がほぼないため、独自にユーザーを集めるためのマーケティングを行う必要があります。ただし、自社ECはモール型ECに比べて利益率が高く、自由にネットショップを作ることが可能なので、ブランディングがしやすいというメリットがあります。 自社ECのメリット 利益率が高い ECモールに出店すると出店料や手数料、広告費などの様々な費用が発生します。自社ECでも使用するシステムによっては月額の維持費がかかりますが、ECモールよりも低額で抑えられることが多く、また他モールとの価格競争も起こらないため、トータルで利益率が高くなる傾向にあります。 ショップのブランディングがしやすい 自社でECサイトを作れば、好きなようにショップページをレイアウトすることが可能です。ECモールでは難しいショップ名のアピールやブランドイメージをしっかりと伝えるような仕組みを作りやすいです。 顧客データを使って細かい分析ができる ECモールでは顧客データはあくまでECモール側で管理されているため、ショップ側が見ることができる情報は制限されています。自社ECの場合は顧客データを全て管理することができるので、リピート施策を打ったり、細かい分析をすることが可能です。 自社ECのデメリット 自力で集客をする必要がある ECモールには既に多くの利用者がいることが最大の強みですが、自社ECは1から自分で集客をする必要があります。SEO対策やコンテンツ作成、広告運用などのマーケティングを時間をかけて行うことが重要です。 下記の記事では、SEOのメリットやSEO対策について解説しています。参考にしてください。 SEOのメリット・デメリット|Shopifyで出来るSEO対策 結果が出るまでに時間がかかる 上記のようなマーケティング施策は一朝一夕で結果が出るものではなく、日々の積み重ねが重要となります。そのため結果が出るまでには、ある程度時間がかかることが多いです。 マーケティングの能力が必要 自力で集客をするためにはマーケティングの知識が必須です。ブランディングの方向やそれに伴った戦略を打てる人材が社内にいないと、自社ECを運営することは難しいでしょう。 モール型ECのメリット 集客力がある...

Tsun Inc. ShopifyにGoogleタグマネージャー(GTM)を設定する方法

Googleタグマネージャー(GTM)とは?|Shopifyに導入する方法

Tsunライターチーム

「RuffRuff 予約販売」は在庫切れや新商品販売前、入荷待ちなどのタイミングで発生する機会損失の削減をサポートします。自身のShopifyストアに驚くほど簡単に予約販売を実現し、無制限での予約商品を登録および無制限で予約注文を受け付けることが可能です。また、予約商品と通常商品を同時に注文させないように制限したり、入荷時期が未定な場合は再入荷通知も可能です。他の予約販売アプリにはない商品出荷前に支払回収できる「後払い」機能などのユニークな機能もたくさん存在します。 引用元: RuffRuff 予約販売 アプリを見る デモページを見る Googleタグマネージャーについての基礎情報やメリット・デメリット、Shopifyへの導入方法を解説します。※ 今回はDawn3.0のテーマを利用しています。 Googleタグマネージャーとは? Googleタグマネージャー(以下、タグマネージャー)とは、Googleが無料提供している様々なタグを一括で管理できる「タグマネジメントツール」です。 Googleアナリティクス(以下、アナリティクス)やヒートマップツールなどの計測タグはもちろんの事、Google広告・SNS広告などの広告タグ、Webチャット・チャットボットを導入するためのタグをすべて一元管理できます。 ※2022年2月時点では、Google Analytics 4(以下、GA4)をShopifyに導入する場合はタグマネージャー経由で導入する必要があります。タグマネージャー導入後は以下の記事を参考にGA4の設定を進めることをオススメします。 ShopifyにGoogle Analytics 4(GA4)を設定する方法  タグマネージャーを導入するメリットは? タグマネージャーを導入するメリットは下記5点あります。 HTML編集が不要でタグの管理が簡単になる 多くのタグ管理や、複数人での運用がしやすい 公開前にプレビューで動作確認ができる トラブル時も迅速に対応できる ページの表示速度が速くなる それぞれ詳しく解説していきます。 HTML編集が不要でタグの管理が簡単になる 個別にHTMLソースをいじらなくても、タグマネージャーから一括してすべてのページのタグを確認したり、変更したりできるようになります。 非エンジニアでも容易にタグを挿入することが可能になります。 多くのタグ管理や、複数人での運用がしやすい タグの設置が増えてくると、以下の様な問題が発生します。...

Googleタグマネージャー(GTM)とは?|Shopifyに導入する方法

Tsunライターチーム

「RuffRuff 予約販売」は在庫切れや新商品販売前、入荷待ちなどのタイミングで発生する機会損失の削減をサポートします。自身のShopifyストアに驚くほど簡単に予約販売を実現し、無制限での予約商品を登録および無制限で予約注文を受け付けることが可能です。また、予約商品と通常商品を同時に注文させないように制限したり、入荷時期が未定な場合は再入荷通知も可能です。他の予約販売アプリにはない商品出荷前に支払回収できる「後払い」機能などのユニークな機能もたくさん存在します。 引用元: RuffRuff 予約販売 アプリを見る デモページを見る Googleタグマネージャーについての基礎情報やメリット・デメリット、Shopifyへの導入方法を解説します。※ 今回はDawn3.0のテーマを利用しています。 Googleタグマネージャーとは? Googleタグマネージャー(以下、タグマネージャー)とは、Googleが無料提供している様々なタグを一括で管理できる「タグマネジメントツール」です。 Googleアナリティクス(以下、アナリティクス)やヒートマップツールなどの計測タグはもちろんの事、Google広告・SNS広告などの広告タグ、Webチャット・チャットボットを導入するためのタグをすべて一元管理できます。 ※2022年2月時点では、Google Analytics 4(以下、GA4)をShopifyに導入する場合はタグマネージャー経由で導入する必要があります。タグマネージャー導入後は以下の記事を参考にGA4の設定を進めることをオススメします。 ShopifyにGoogle Analytics 4(GA4)を設定する方法  タグマネージャーを導入するメリットは? タグマネージャーを導入するメリットは下記5点あります。 HTML編集が不要でタグの管理が簡単になる 多くのタグ管理や、複数人での運用がしやすい 公開前にプレビューで動作確認ができる トラブル時も迅速に対応できる ページの表示速度が速くなる それぞれ詳しく解説していきます。 HTML編集が不要でタグの管理が簡単になる 個別にHTMLソースをいじらなくても、タグマネージャーから一括してすべてのページのタグを確認したり、変更したりできるようになります。 非エンジニアでも容易にタグを挿入することが可能になります。 多くのタグ管理や、複数人での運用がしやすい タグの設置が増えてくると、以下の様な問題が発生します。...

【超厳選】問い合わせ管理システムの機能・メリット・選び方|おすすめツール比較5選 Tsun Inc.

【超厳選】問い合わせ管理システムの機能・メリット・選び方|おすすめツール比較5選

田所 亜希子

問い合わせ管理システムの機能 問い合わせ管理システムとは、顧客からの問い合わせを一元的に管理・共有するシステムです。 出店店舗数や事業の規模が大きくなると、顧客からの問い合わせは自社のホームページだけでなく、SNSや各ECモール、チャット、LINEなど、チャネルが増えて対応漏れや対応遅れのリスクが高くなります。 複数の問い合わせ経路を1つにまとめ、チーム全体で共有することで問い合わせ業務を円滑に進めることができるのが、問い合わせ管理システムの機能です。 問い合わせ管理システムのメリット 問い合わせ管理システムを導入するメリットとしては以下の点が挙げられます。 ①問い合わせを1つのツールにまとめて管理できる ②問い合わせ業務の対応ミスが減る ③担当者への負担が減り人件費削減に繋がる ④データから組織の運営改善が図れる それぞれ、詳しく解説していきます。 ①問い合わせを1つのツールにまとめて管理できる メールや電話、SNS、ECモールなど、複数経路のある問い合わせを1つにまとめてツール内で管理することが出来ます。 ②問い合わせ業務の対応ミスが減る 問い合わせ経路を1つにまとめることで、対応の遅れや漏れの防止に繋がります。 また、使用するツールの機能にもよりますが、誰かが対応中の問い合わせは他の担当者が編集できないようロックがかかったり、問い合わせごとにラベルを付けて担当者を振り分けることができるため、重複返信などのミスも減ります。 ③担当者への負担が減り人件費削減に繋がる 今まで各チャネルを開き、1つ1つ問い合わせを確認する必要があったものが、1つのツールにまとまることで、問い合わせ業務に対する工数がかなり削減されます。 さらに、上記のようにシステムで担当者を割り振ったり、決まったテンプレートをそのまま使用できるシステムなどが用意されているツールもあるため、問い合わせ担当者への負担が減り、人件費削減にも繋がります。 ④データから組織の運営改善が図れる 問い合わせのデータをシステムに蓄積することによって、問い合わせ内容や対応状況を表やグラフで見える化することが可能です。 これらのデータから顧客満足度の向上や、社内の業務・運営改善を図ることができます。 問い合わせ管理システムの選び方 自社に合った問い合わせ管理システムを選ぶためには、以下点に注意するようにしましょう。 ①自社の問い合わせチャネルに対応しているか 自社で窓口を設けている問い合わせチャネルが対応しているのか、必ず確認するようにしましょう。例えばTwitter等のSNSからの問い合わせが多いのに、SNSに対応していない管理ツールを選んでも何も意味がありません。  ②自社の問題に合った必要な機能が備わっているか 現状自社が抱えている問題が何なのかを明確にし、その問題を解決できるツールを選ぶようにしましょう。 例えば問い合わせの重複対応や対応漏れ等が問題になっている場合は、自動振り分け機能など、問い合わせの進捗状態をチーム全体で共有・可視化できるツールを選びましょう。  ③セキュリティ対策は万全か...

【超厳選】問い合わせ管理システムの機能・メリット・選び方|おすすめツール比較5選

田所 亜希子

問い合わせ管理システムの機能 問い合わせ管理システムとは、顧客からの問い合わせを一元的に管理・共有するシステムです。 出店店舗数や事業の規模が大きくなると、顧客からの問い合わせは自社のホームページだけでなく、SNSや各ECモール、チャット、LINEなど、チャネルが増えて対応漏れや対応遅れのリスクが高くなります。 複数の問い合わせ経路を1つにまとめ、チーム全体で共有することで問い合わせ業務を円滑に進めることができるのが、問い合わせ管理システムの機能です。 問い合わせ管理システムのメリット 問い合わせ管理システムを導入するメリットとしては以下の点が挙げられます。 ①問い合わせを1つのツールにまとめて管理できる ②問い合わせ業務の対応ミスが減る ③担当者への負担が減り人件費削減に繋がる ④データから組織の運営改善が図れる それぞれ、詳しく解説していきます。 ①問い合わせを1つのツールにまとめて管理できる メールや電話、SNS、ECモールなど、複数経路のある問い合わせを1つにまとめてツール内で管理することが出来ます。 ②問い合わせ業務の対応ミスが減る 問い合わせ経路を1つにまとめることで、対応の遅れや漏れの防止に繋がります。 また、使用するツールの機能にもよりますが、誰かが対応中の問い合わせは他の担当者が編集できないようロックがかかったり、問い合わせごとにラベルを付けて担当者を振り分けることができるため、重複返信などのミスも減ります。 ③担当者への負担が減り人件費削減に繋がる 今まで各チャネルを開き、1つ1つ問い合わせを確認する必要があったものが、1つのツールにまとまることで、問い合わせ業務に対する工数がかなり削減されます。 さらに、上記のようにシステムで担当者を割り振ったり、決まったテンプレートをそのまま使用できるシステムなどが用意されているツールもあるため、問い合わせ担当者への負担が減り、人件費削減にも繋がります。 ④データから組織の運営改善が図れる 問い合わせのデータをシステムに蓄積することによって、問い合わせ内容や対応状況を表やグラフで見える化することが可能です。 これらのデータから顧客満足度の向上や、社内の業務・運営改善を図ることができます。 問い合わせ管理システムの選び方 自社に合った問い合わせ管理システムを選ぶためには、以下点に注意するようにしましょう。 ①自社の問い合わせチャネルに対応しているか 自社で窓口を設けている問い合わせチャネルが対応しているのか、必ず確認するようにしましょう。例えばTwitter等のSNSからの問い合わせが多いのに、SNSに対応していない管理ツールを選んでも何も意味がありません。  ②自社の問題に合った必要な機能が備わっているか 現状自社が抱えている問題が何なのかを明確にし、その問題を解決できるツールを選ぶようにしましょう。 例えば問い合わせの重複対応や対応漏れ等が問題になっている場合は、自動振り分け機能など、問い合わせの進捗状態をチーム全体で共有・可視化できるツールを選びましょう。  ③セキュリティ対策は万全か...

WMS(倉庫管理システム)とは?メリットやデメリット、選ぶポイントを解説 Tsun Inc.

WMS(倉庫管理システム)とは?メリットやデメリット、選ぶポイントを解説

Tsunライターチーム

WMS(倉庫管理システム)は物流や在庫をもつ事業において、さまざまな情報をデジタル化して生産性を高める必須ツールです。 EC事業者を含め、新しく在庫を抱える事業をはじめる方はWMSについてはじめて知る方も多いでしょう。 また、どのWMSを選べばいいか迷っているかもしれませんね。 そこで、今回はWMSのメリットやデメリット、選ぶポイントなどについて解説します。 また、EC事業者と相性のよいWMSについても紹介します。  WMS(倉庫管理システム)とは?  WMSはWarehouse Management Systemの略です。 倉庫に置けるものを管理するシステムであり、物流倉庫内の業務の正確性向上やスピードアップを実現します。 WMS(倉庫管理システム)の機能  具体的には以下のような倉庫内で行われる業務のサポート機能があります。 入庫管理:入庫予定リスト、返品入庫、ハンディ検品 等 在庫管理:在庫照会、在庫調整、ロケーション移動、商品履歴 等 帳票発行:納品書・明細書発行、値札発行 等 棚卸管理:棚卸指示、棚卸報告、ハンディ棚卸 等 出庫管理:出庫予定、ピッキングリスト、仕入先返品   ハンディターミナルでバーコードを読み取ったりモバイル端末を使ったりしてシステムを動かします。 WMSとTMS(配送管理システム)の違い  TMS(Transport Management System)は、倉庫から荷物が出た後の配送状況を管理するシステムです。 配送状況も把握 輸送トラックの配車管理 到着時間の予想...

WMS(倉庫管理システム)とは?メリットやデメリット、選ぶポイントを解説

Tsunライターチーム

WMS(倉庫管理システム)は物流や在庫をもつ事業において、さまざまな情報をデジタル化して生産性を高める必須ツールです。 EC事業者を含め、新しく在庫を抱える事業をはじめる方はWMSについてはじめて知る方も多いでしょう。 また、どのWMSを選べばいいか迷っているかもしれませんね。 そこで、今回はWMSのメリットやデメリット、選ぶポイントなどについて解説します。 また、EC事業者と相性のよいWMSについても紹介します。  WMS(倉庫管理システム)とは?  WMSはWarehouse Management Systemの略です。 倉庫に置けるものを管理するシステムであり、物流倉庫内の業務の正確性向上やスピードアップを実現します。 WMS(倉庫管理システム)の機能  具体的には以下のような倉庫内で行われる業務のサポート機能があります。 入庫管理:入庫予定リスト、返品入庫、ハンディ検品 等 在庫管理:在庫照会、在庫調整、ロケーション移動、商品履歴 等 帳票発行:納品書・明細書発行、値札発行 等 棚卸管理:棚卸指示、棚卸報告、ハンディ棚卸 等 出庫管理:出庫予定、ピッキングリスト、仕入先返品   ハンディターミナルでバーコードを読み取ったりモバイル端末を使ったりしてシステムを動かします。 WMSとTMS(配送管理システム)の違い  TMS(Transport Management System)は、倉庫から荷物が出た後の配送状況を管理するシステムです。 配送状況も把握 輸送トラックの配車管理 到着時間の予想...

【初心者用】ネットショップ開業の手順について|成果を出すおすすめの方法 Tsun Inc.

【初心者用】ネットショップ開業の手順について|成果を出すおすすめの方法

田所 亜希子

スマートフォンやSNSの普及により、現在インターネットでショッピングをする人口は年々増え続けています。 それと同時にネットショップに新規参入する個人や企業も増加傾向にあるため、ただネットショップを立ち上げるだけでは集客ができず、売り上げが立たない方も多いのが現状です。 この記事では「成果を上げる」ためのネットショップの立ち上げ方から運営方法までを詳しく解説します。   ネットショップを開業する手順 ①販売する商品を決める まずはネットショップでどんな商品を販売するのかを決めましょう。既にある商品を仕入れて販売するのか、独自の商品を開発・製造して売るのかでも、販売戦力の立て方が大きく変わります。 ②ショップのコンセプトを決める 販売する商品が決まったら、ショップのコンセプトを決めましょう。コンセプトを決める上で重要なのが「ターゲット選定」です。 例えば「カバン」を販売する場合、性別や年代、職業など、どのようなターゲットに向けて販売するのかで、ショップのデザインやマーケティングの戦略が異なります。 できるだけ具体的にターゲットを選定し、それに沿ったショップのコンセプトを決めると良いでしょう。 ③自社ECかモール型ECかを決める 具体的にネットショップを立ち上げる際にまず初めに考えなければならないのが「自社EC」と「モール型EC」どちらに出店するかです。 ○モール型ECの特徴 モール型ECは複数のネットショップで構成された、インターネット上のショッピングモールのことを指します。Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどがモール型ECにあたります。 モール型ECは利用者数がとても多いため、集客力が非常に強いのが最大の利点です。ただし出店店舗数も多いため、モール内での価格競争が起こりやすいことが特徴としてあげられます。 ネットショップで既存の商品を取り扱う場合は、モール型ECへの出店がおすすめです。商品に既に知名度があるため、モール検索での集客が期待できます。 下記の記事ではECモールを徹底比較しています。ご参考してください。 ECモールを徹底比較|モールごとの特徴やおすすめモールをご紹介 ○自社ECの特徴 自社ECは企業が独自でサイトを構築し、運営するネットショップのことを指します。 自社ECサイトの作り方に関しては以下の記事で詳しく解説しています。 【初心者でも分かる!】ECサイトの作り方|ネットショップの出店・構築方法・費用について ネットショップを開設してすぐの期間は集客力がほぼないため、独自にユーザーを集めるためのマーケティングを行う必要があります。ただし、自社ECはモール型ECに比べて利益率が高く、自由にネットショップを作ることが可能なので、ブランディングがしやすいというメリットがあります。 既存商品ではなく、独自の商品を取り扱う場合は、ブランディングが重要となるため、自社ECでの出店がおすすめです。  自社ECとモール型ECそれぞれのメリット・デメリットについては以下の記事でも詳しく解説しています。 自社ECとモール型ECの違いは?|メリット・デメリットを徹底解説! ④決済種別の選定をする ネットショップを開業する上での重要なポイントの1つに、決済種別の豊富さがあります。商品を購入したくても、自分が使いたい決済方法がない場合、ユーザーが購入を諦めてしまう事が多々あります。 機会損失を防ぐためにも、利用人口の多いクレジット決済はもちろん、PayPayや楽天ペイ、Amazon...

【初心者用】ネットショップ開業の手順について|成果を出すおすすめの方法

田所 亜希子

スマートフォンやSNSの普及により、現在インターネットでショッピングをする人口は年々増え続けています。 それと同時にネットショップに新規参入する個人や企業も増加傾向にあるため、ただネットショップを立ち上げるだけでは集客ができず、売り上げが立たない方も多いのが現状です。 この記事では「成果を上げる」ためのネットショップの立ち上げ方から運営方法までを詳しく解説します。   ネットショップを開業する手順 ①販売する商品を決める まずはネットショップでどんな商品を販売するのかを決めましょう。既にある商品を仕入れて販売するのか、独自の商品を開発・製造して売るのかでも、販売戦力の立て方が大きく変わります。 ②ショップのコンセプトを決める 販売する商品が決まったら、ショップのコンセプトを決めましょう。コンセプトを決める上で重要なのが「ターゲット選定」です。 例えば「カバン」を販売する場合、性別や年代、職業など、どのようなターゲットに向けて販売するのかで、ショップのデザインやマーケティングの戦略が異なります。 できるだけ具体的にターゲットを選定し、それに沿ったショップのコンセプトを決めると良いでしょう。 ③自社ECかモール型ECかを決める 具体的にネットショップを立ち上げる際にまず初めに考えなければならないのが「自社EC」と「モール型EC」どちらに出店するかです。 ○モール型ECの特徴 モール型ECは複数のネットショップで構成された、インターネット上のショッピングモールのことを指します。Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどがモール型ECにあたります。 モール型ECは利用者数がとても多いため、集客力が非常に強いのが最大の利点です。ただし出店店舗数も多いため、モール内での価格競争が起こりやすいことが特徴としてあげられます。 ネットショップで既存の商品を取り扱う場合は、モール型ECへの出店がおすすめです。商品に既に知名度があるため、モール検索での集客が期待できます。 下記の記事ではECモールを徹底比較しています。ご参考してください。 ECモールを徹底比較|モールごとの特徴やおすすめモールをご紹介 ○自社ECの特徴 自社ECは企業が独自でサイトを構築し、運営するネットショップのことを指します。 自社ECサイトの作り方に関しては以下の記事で詳しく解説しています。 【初心者でも分かる!】ECサイトの作り方|ネットショップの出店・構築方法・費用について ネットショップを開設してすぐの期間は集客力がほぼないため、独自にユーザーを集めるためのマーケティングを行う必要があります。ただし、自社ECはモール型ECに比べて利益率が高く、自由にネットショップを作ることが可能なので、ブランディングがしやすいというメリットがあります。 既存商品ではなく、独自の商品を取り扱う場合は、ブランディングが重要となるため、自社ECでの出店がおすすめです。  自社ECとモール型ECそれぞれのメリット・デメリットについては以下の記事でも詳しく解説しています。 自社ECとモール型ECの違いは?|メリット・デメリットを徹底解説! ④決済種別の選定をする ネットショップを開業する上での重要なポイントの1つに、決済種別の豊富さがあります。商品を購入したくても、自分が使いたい決済方法がない場合、ユーザーが購入を諦めてしまう事が多々あります。 機会損失を防ぐためにも、利用人口の多いクレジット決済はもちろん、PayPayや楽天ペイ、Amazon...

【超厳選】ECサイトのおすすめASP比較5選|ネットショップの分かりやすい選び方 Tsun Inc.

【超厳選】ECサイトのおすすめASP比較5選|ネットショップの分かりやすい選び方

田所 亜希子

※こちらの記事は2022年11月17日に情報更新をしています。 自社でECサイトを立ち上げるならASPがおすすめ ECサイトを自社で立ち上げる場合、大きく分けて3つの方法があります。 ASP パッケージ フルスクラッチ それぞれメリット・デメリットがありますが、パッケージやフルスクラッチはプログラミングの専門知識や費用が大きく発生するのに対し、ASPは簡単に短期間・ローコストでネットショップを開設できるメリットがあります。 この記事ではおすすめのASPや選び方、比較方法について詳しく解説します。 ASP・パッケージ・フルスクラッチの違いについて知りたい方はこちらの記事をご参照ください。 ECサイトの作り方|ネットショップの出店・構築方法・費用について また、モール型ECと自社EC型の違いについて知りたい方はこちらの記事をご参照ください。 自社ECとモール型ECの違いは?|メリット・デメリットを徹底解説!   自社に合ったASPの選び方  ASPによって毎月かかる費用や機能の豊富さは異なります。自社の売り上げやビジネスの規模に合わせて、適切なASPを選ぶことが重要です。 初期費用とランニングコスト ASPによって初期費用や毎月かかるランニングコストが異なります。また、ASPの場合は売り上げに対して決済手数料が発生するケースが殆どですので、こちらも必ずチェックしましょう。 売り上げが少ない初期でも維持できるランニングコストになっているか、また、売り上げが大きくなってきた際に手数料等で損をしないプランになっているのか、長期的な目線で選ぶようにしましょう。  決済方法の豊富さ クレジットカードや銀行振り込み、コンビニ払いなど、決済方法が豊富であればあるほど、ユーザーにとってはメリットとなります。ASPによって決済方法の豊富さが異なりますので、こちらもチェックするようにしましょう。 商品登録数の上限 販売する商品の登録数の上限が少ないと、機会損失につながります。自社の商品を全て出品できる登録数が確保できるのか、必ず確認しましょう。 管理画面の使いやすさ ネットショップの編集や受注処理等を行う管理画面の使いやすさも、ASP選びには重要な観点になります。無料期間を設けているASPもあるので、実際に使用して検討してみると良いでしょう。 【超厳選】ECサイトのおすすめASP5選 費用や機能の充実さの観点から、初めてECショップを自社で開設する方におすすめのASPを5つ厳選しました。ASPを選ぶ際に是非参考にしてください。 特徴 初期費用 月額費用 商品登録数 Shopify...

【超厳選】ECサイトのおすすめASP比較5選|ネットショップの分かりやすい選び方

田所 亜希子

※こちらの記事は2022年11月17日に情報更新をしています。 自社でECサイトを立ち上げるならASPがおすすめ ECサイトを自社で立ち上げる場合、大きく分けて3つの方法があります。 ASP パッケージ フルスクラッチ それぞれメリット・デメリットがありますが、パッケージやフルスクラッチはプログラミングの専門知識や費用が大きく発生するのに対し、ASPは簡単に短期間・ローコストでネットショップを開設できるメリットがあります。 この記事ではおすすめのASPや選び方、比較方法について詳しく解説します。 ASP・パッケージ・フルスクラッチの違いについて知りたい方はこちらの記事をご参照ください。 ECサイトの作り方|ネットショップの出店・構築方法・費用について また、モール型ECと自社EC型の違いについて知りたい方はこちらの記事をご参照ください。 自社ECとモール型ECの違いは?|メリット・デメリットを徹底解説!   自社に合ったASPの選び方  ASPによって毎月かかる費用や機能の豊富さは異なります。自社の売り上げやビジネスの規模に合わせて、適切なASPを選ぶことが重要です。 初期費用とランニングコスト ASPによって初期費用や毎月かかるランニングコストが異なります。また、ASPの場合は売り上げに対して決済手数料が発生するケースが殆どですので、こちらも必ずチェックしましょう。 売り上げが少ない初期でも維持できるランニングコストになっているか、また、売り上げが大きくなってきた際に手数料等で損をしないプランになっているのか、長期的な目線で選ぶようにしましょう。  決済方法の豊富さ クレジットカードや銀行振り込み、コンビニ払いなど、決済方法が豊富であればあるほど、ユーザーにとってはメリットとなります。ASPによって決済方法の豊富さが異なりますので、こちらもチェックするようにしましょう。 商品登録数の上限 販売する商品の登録数の上限が少ないと、機会損失につながります。自社の商品を全て出品できる登録数が確保できるのか、必ず確認しましょう。 管理画面の使いやすさ ネットショップの編集や受注処理等を行う管理画面の使いやすさも、ASP選びには重要な観点になります。無料期間を設けているASPもあるので、実際に使用して検討してみると良いでしょう。 【超厳選】ECサイトのおすすめASP5選 費用や機能の充実さの観点から、初めてECショップを自社で開設する方におすすめのASPを5つ厳選しました。ASPを選ぶ際に是非参考にしてください。 特徴 初期費用 月額費用 商品登録数 Shopify...

【初心者必見】ECサイトの運営方法|業務の流れ、必要なスキルについて Tsun Inc.

【初心者必見】ECサイトの運営方法|業務の流れ、必要なスキルについて

田所 亜希子

「ECサイトを運営したいが、どのような流れで業務をすれば良いか分からない」 そんな方のために、この記事ではEC運営のために必要な仕事内容を、簡潔にわかりやすくご説明します。  ECサイトの運営は大きく2つに分けられる ECサイト運営の仕事内容は、大まかにフロント業務とバックエンド業務の2つに分けられます。 フロント業務とは フロント業務とは主にマーケティング業務のことを指します。 商品の企画からECサイトの構築、商品の仕入れやプロモーションなど、商品を売るために行う仕事がフロント業務に分類されます。 バックエンド業務とは バックエンド業務とは、商品が売れた後の梱包や発送、アフターサービスなどの業務を指します。お客様の満足度を上げ、リピートに繋げるために、丁寧な業務を心がけることが重要です。 フロント業務って何をするの? フロント業務は主に「①商品企画②仕入れ・製造③サイト制作④プロモーション」の4つの業務があります。それぞれ具体的にどんな業務内容になるのか、解説します。 商品企画 ECサイトを運営するにあたって、まずはじめに考えなければならないのが「どんな商品を売るか」です。自社で製品を作るにしろ、他社の製品を仕入れるにしろ「どんなユーザーをターゲットにし、どのようなニーズに答えるのか」という部分を明確にすることがとても重要となります。 さらに、商品の原価率や利益率を計算し、半年から1年先までの売り上げ計画を立てておくことも重要です。 仕入れ・製造 商品企画が決まったら、実際にその商品の仕入れ・製造を行います。この時とても重要になるのが販売予測をしっかりと立てておくことです。 予測を誤ると在庫が足りずに機会損失が生まれたり、逆に大量の在庫を抱えるリスクが発生します。 ユーザーのニーズやトレンドをしっかりとリサーチし、販売計画と合わせて売り上げ予測を立てることがとても重要になります。 サイト制作 自社でECサイトを立ち上げる場合はサイトを1から制作する必要があります。もしくはAmazonや楽天市場などのモール型ECに出店するのも1つの方法です。 ECサイトの立ち上げに関しては、以下の記事で詳しく解説しています。 【初心者でも分かる!】ECサイトの作り方|ネットショップの出店・構築方法・費用について 自社ECとモール型ECの違いは?|メリット・デメリットを徹底解説! プロモーション たとえ良い商品でも、ユーザーに知ってもらわなければ商品は売れません。プロモーションは、ユーザーに商品を知ってもらうためのマーケーティング業務を指します。 ECサイトのプロモーション手法は、一例ではありますが下記のようにさまざまな種類があります。 ・リスティング広告 ・ディスプレイ広告 ・アフィリエイト広告 ・マス広告...

【初心者必見】ECサイトの運営方法|業務の流れ、必要なスキルについて

田所 亜希子

「ECサイトを運営したいが、どのような流れで業務をすれば良いか分からない」 そんな方のために、この記事ではEC運営のために必要な仕事内容を、簡潔にわかりやすくご説明します。  ECサイトの運営は大きく2つに分けられる ECサイト運営の仕事内容は、大まかにフロント業務とバックエンド業務の2つに分けられます。 フロント業務とは フロント業務とは主にマーケティング業務のことを指します。 商品の企画からECサイトの構築、商品の仕入れやプロモーションなど、商品を売るために行う仕事がフロント業務に分類されます。 バックエンド業務とは バックエンド業務とは、商品が売れた後の梱包や発送、アフターサービスなどの業務を指します。お客様の満足度を上げ、リピートに繋げるために、丁寧な業務を心がけることが重要です。 フロント業務って何をするの? フロント業務は主に「①商品企画②仕入れ・製造③サイト制作④プロモーション」の4つの業務があります。それぞれ具体的にどんな業務内容になるのか、解説します。 商品企画 ECサイトを運営するにあたって、まずはじめに考えなければならないのが「どんな商品を売るか」です。自社で製品を作るにしろ、他社の製品を仕入れるにしろ「どんなユーザーをターゲットにし、どのようなニーズに答えるのか」という部分を明確にすることがとても重要となります。 さらに、商品の原価率や利益率を計算し、半年から1年先までの売り上げ計画を立てておくことも重要です。 仕入れ・製造 商品企画が決まったら、実際にその商品の仕入れ・製造を行います。この時とても重要になるのが販売予測をしっかりと立てておくことです。 予測を誤ると在庫が足りずに機会損失が生まれたり、逆に大量の在庫を抱えるリスクが発生します。 ユーザーのニーズやトレンドをしっかりとリサーチし、販売計画と合わせて売り上げ予測を立てることがとても重要になります。 サイト制作 自社でECサイトを立ち上げる場合はサイトを1から制作する必要があります。もしくはAmazonや楽天市場などのモール型ECに出店するのも1つの方法です。 ECサイトの立ち上げに関しては、以下の記事で詳しく解説しています。 【初心者でも分かる!】ECサイトの作り方|ネットショップの出店・構築方法・費用について 自社ECとモール型ECの違いは?|メリット・デメリットを徹底解説! プロモーション たとえ良い商品でも、ユーザーに知ってもらわなければ商品は売れません。プロモーションは、ユーザーに商品を知ってもらうためのマーケーティング業務を指します。 ECサイトのプロモーション手法は、一例ではありますが下記のようにさまざまな種類があります。 ・リスティング広告 ・ディスプレイ広告 ・アフィリエイト広告 ・マス広告...

【初心者でも分かる!】ECサイトの作り方|ネットショップの出店・構築方法・費用について Tsun Inc.

【初心者でも分かる】ECサイトの作り方|ネットショップの出店・構築方法・費用について

田所 亜希子

会社で新しくECサイトを立ち上げたり、今まで出店していたAmazonや楽天などのモールから自社ECサイトに切り替えたい際に「まずは何をしたら良いのか分からない!」「費用がどれだけかかるのか知りたい!」という方が多いかと思います。 この記事では自社ECサイトの作成方法や費用、サービスの選び方について徹底解説します! ECサイトの作り方は大きく分けて3つある ECサイトを自社で立ち上げる場合、大きく分けて3つの方法があります。 ASP パッケージ フルスクラッチ それぞれ詳しく紹介します。  ASP インターネットを経由して、ECサイトを作るアプリケーションを提供する事業者の事をASPといいます。会員登録をすれば、ITの知識がなくてもすぐにECサイトを立ち上げることができるのが最大のメリット。 簡単さや導入費用の安さの代わりに、機能の充実度やカスタマイズ性は低い傾向にありましたが、近年では外部アプリケーションとの連携機能によりカスタマイズ性が非常に高いASPも出てきています。 下記の記事にて、おすすめのASPを紹介していますのでご参考にしてください。 【超厳選】ECサイトのおすすめASP比較5選   パッケージ EC機能のプログラムをダウンロードし、自社のEC事業に合わせてECサイトをカスタマイズするのがパッケージです。ある程度の雛形が組まれているASPに比べ、パッケージは枠組みだけをダウンロードし、細かい部分は自社専用にカスタマイズする、という違いがあります。 ASPに比べて導入費用や、サイトの作成期間は長期になります。 フルスクラッチ 全くの0の状態からECサイトを全て自社で作り上げる事をフルスクラッチといいます。ECサイトの全てを自社専用に作り上げることが可能ですが、作成に膨大な費用と時間がかかるため、大企業が採用することが多い手法です。ZOZOTOWNやユニクロオンラインのECサイトがフルスクラッチにあたります。 自社に合ったECサイト作成方法の選び方  費用と作成難易度で選ぶ 結局自分の会社はどの方法でECサイトを作るべきなのか?とお悩みの場合は、それぞれかかる費用とECサイトを作成する難易度を参考に検討してみましょう。 3つの中で圧倒的に安価で、簡単にECサイトを作成できるのがASPです。 ASPの中でも無料のプランから有料のプランまで様々なものがあり、自社の予算や事業内容に合わせてサービスを選ぶことが可能です。 パッケージやフルスクラッチは、ASPに比べて初期費用が大きく発生する点と、自社でサイトの開発を行う必要があるため、作成時間やITに詳しい人材の確保が必要となります。(もしくは外部へ発注) ただし、自社のサービスや事業内容に合わせたサイト作りができるため、細かい部分まで自社に最適なカスタマイズを行うことができます。   ASPはカスタマイズ性に乏しいの? ASPは安価で簡単な代わりに、カスタマイズ性が低い傾向にありましたが、近年のASPは外部のアプリケーションと連携をすることで、パッケージやフルスクラッチに近いカスタマイズ性を実現しているサービスもあります。  ...

【初心者でも分かる】ECサイトの作り方|ネットショップの出店・構築方法・費用について

田所 亜希子

会社で新しくECサイトを立ち上げたり、今まで出店していたAmazonや楽天などのモールから自社ECサイトに切り替えたい際に「まずは何をしたら良いのか分からない!」「費用がどれだけかかるのか知りたい!」という方が多いかと思います。 この記事では自社ECサイトの作成方法や費用、サービスの選び方について徹底解説します! ECサイトの作り方は大きく分けて3つある ECサイトを自社で立ち上げる場合、大きく分けて3つの方法があります。 ASP パッケージ フルスクラッチ それぞれ詳しく紹介します。  ASP インターネットを経由して、ECサイトを作るアプリケーションを提供する事業者の事をASPといいます。会員登録をすれば、ITの知識がなくてもすぐにECサイトを立ち上げることができるのが最大のメリット。 簡単さや導入費用の安さの代わりに、機能の充実度やカスタマイズ性は低い傾向にありましたが、近年では外部アプリケーションとの連携機能によりカスタマイズ性が非常に高いASPも出てきています。 下記の記事にて、おすすめのASPを紹介していますのでご参考にしてください。 【超厳選】ECサイトのおすすめASP比較5選   パッケージ EC機能のプログラムをダウンロードし、自社のEC事業に合わせてECサイトをカスタマイズするのがパッケージです。ある程度の雛形が組まれているASPに比べ、パッケージは枠組みだけをダウンロードし、細かい部分は自社専用にカスタマイズする、という違いがあります。 ASPに比べて導入費用や、サイトの作成期間は長期になります。 フルスクラッチ 全くの0の状態からECサイトを全て自社で作り上げる事をフルスクラッチといいます。ECサイトの全てを自社専用に作り上げることが可能ですが、作成に膨大な費用と時間がかかるため、大企業が採用することが多い手法です。ZOZOTOWNやユニクロオンラインのECサイトがフルスクラッチにあたります。 自社に合ったECサイト作成方法の選び方  費用と作成難易度で選ぶ 結局自分の会社はどの方法でECサイトを作るべきなのか?とお悩みの場合は、それぞれかかる費用とECサイトを作成する難易度を参考に検討してみましょう。 3つの中で圧倒的に安価で、簡単にECサイトを作成できるのがASPです。 ASPの中でも無料のプランから有料のプランまで様々なものがあり、自社の予算や事業内容に合わせてサービスを選ぶことが可能です。 パッケージやフルスクラッチは、ASPに比べて初期費用が大きく発生する点と、自社でサイトの開発を行う必要があるため、作成時間やITに詳しい人材の確保が必要となります。(もしくは外部へ発注) ただし、自社のサービスや事業内容に合わせたサイト作りができるため、細かい部分まで自社に最適なカスタマイズを行うことができます。   ASPはカスタマイズ性に乏しいの? ASPは安価で簡単な代わりに、カスタマイズ性が低い傾向にありましたが、近年のASPは外部のアプリケーションと連携をすることで、パッケージやフルスクラッチに近いカスタマイズ性を実現しているサービスもあります。  ...