ブログ記事

Shopifyサイトの見分け方と使用テーマの調べ方を徹底解説!

【2024】Shopifyサイトの見分け方と使用テーマの調べ方を徹底解説!

Tsunライターチーム

Shopifyは、世界中の多くの企業に利用されている人気のECプラットフォームです。Shopifyサイトを見分けることで、競合他社の戦略を分析したり、自社サイトの改善点を発見したりすることができます。 本記事では、参考サイトがShopifyサイトを見分けるメリットと見分ける方法、競合サイトの利用しているShopifyテーマを調べる方法をご紹介します。 下記のブログ記事ではShopifyのメリットやデメリットなどを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyとは?ショッピファイのメリットやデメリット|Shopifyについて徹底解説 Shopifyサイトを見分けるメリット 参考ストアの戦略分析できる Shopifyサイトを見分けることで、競合他社がShopifyを使用しているかどうかがわかります。競合他社のサイト構成、デザイン、機能などを分析し、自社の戦略立案に役立てることができます。 自社サイトの改善点発見できる Shopifyを活用している他社サイトを見ることで、Shopifyの活用事例を収集できます。自社サイトと他社サイトを比較することで、自社サイトの改善点を発見できます。Shopifyの標準機能や、他社の優れた取り組みを参考にして、自社のECサイト運営に生かすことができます。 ECサイト構築の参考 になる Shopifyを使ったECサイト構築を検討している場合、他社のShopifyサイトを参考にすることで、効果的なサイト設計やデザインのアイデアを得ることができます。 下記のブログ記事ではShopifyストアの開設までの流れを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyの始め方(立ち上げ方)|ストア開設までの流れ|アカウントや商品の作り方 Shopifyテーマ選定の参考になる Shopifyには多数のShopifyテーマが用意されています。他社のShopifyサイトを調べることで、どのようなテーマが使われているかがわかります。自社に適したテーマ選定の参考になります。 下記のブログ記事ではおすすめのShopifyテーマを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyテーマ9選 | テーマの選び方や人気の無料テーマ、おすすめのテーマも紹介 Shopifyアプリ選定の参考になる 前述の「Shopifyテーマ選定の参考になる」と同様に、Shopifyには多数のShopifyアプリが用意されています。他社のShopifyサイトを調べることで、どのような機能が存在するのか、どの機能の構築にどんなShopifyアプリが利用されているのかを調べることで、自社に適したShopifyアプリ選定の参考になります。 下記のブログ記事では「集客」や「売上拡大」、「ブログ記事拡張」など様々なおすすめアプリをジャンル別に紹介しています。ご参考にしてください。 おすすめのShopifyアプリ|ジャンル別に紹介 マーケティング施策の参考になる Shopifyサイトを見分けることで、参考サイトのマーケティング施策を知ることができます。例えば、商品の見せ方、販促方法、顧客とのコミュニケーション方法など、同じShopifyで構築しているため、参考にできる点(または、真似できる点)が多数あります。 Shopifyサイトの特徴 特定のURLパターン Shopifyの商品ページやコレクションページ、ブログ記事などは特定のURLパターンとなっています。 商品ページの場合は「ドメイン/products/xxxx」ですし、コレクションページの場合は「ドメイン/collections/xxxx」、ブログ記事の場合は「ドメイン/blogs/xxxx」となります。...

【2024】Shopifyサイトの見分け方と使用テーマの調べ方を徹底解説!

Tsunライターチーム

Shopifyは、世界中の多くの企業に利用されている人気のECプラットフォームです。Shopifyサイトを見分けることで、競合他社の戦略を分析したり、自社サイトの改善点を発見したりすることができます。 本記事では、参考サイトがShopifyサイトを見分けるメリットと見分ける方法、競合サイトの利用しているShopifyテーマを調べる方法をご紹介します。 下記のブログ記事ではShopifyのメリットやデメリットなどを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyとは?ショッピファイのメリットやデメリット|Shopifyについて徹底解説 Shopifyサイトを見分けるメリット 参考ストアの戦略分析できる Shopifyサイトを見分けることで、競合他社がShopifyを使用しているかどうかがわかります。競合他社のサイト構成、デザイン、機能などを分析し、自社の戦略立案に役立てることができます。 自社サイトの改善点発見できる Shopifyを活用している他社サイトを見ることで、Shopifyの活用事例を収集できます。自社サイトと他社サイトを比較することで、自社サイトの改善点を発見できます。Shopifyの標準機能や、他社の優れた取り組みを参考にして、自社のECサイト運営に生かすことができます。 ECサイト構築の参考 になる Shopifyを使ったECサイト構築を検討している場合、他社のShopifyサイトを参考にすることで、効果的なサイト設計やデザインのアイデアを得ることができます。 下記のブログ記事ではShopifyストアの開設までの流れを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyの始め方(立ち上げ方)|ストア開設までの流れ|アカウントや商品の作り方 Shopifyテーマ選定の参考になる Shopifyには多数のShopifyテーマが用意されています。他社のShopifyサイトを調べることで、どのようなテーマが使われているかがわかります。自社に適したテーマ選定の参考になります。 下記のブログ記事ではおすすめのShopifyテーマを紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyテーマ9選 | テーマの選び方や人気の無料テーマ、おすすめのテーマも紹介 Shopifyアプリ選定の参考になる 前述の「Shopifyテーマ選定の参考になる」と同様に、Shopifyには多数のShopifyアプリが用意されています。他社のShopifyサイトを調べることで、どのような機能が存在するのか、どの機能の構築にどんなShopifyアプリが利用されているのかを調べることで、自社に適したShopifyアプリ選定の参考になります。 下記のブログ記事では「集客」や「売上拡大」、「ブログ記事拡張」など様々なおすすめアプリをジャンル別に紹介しています。ご参考にしてください。 おすすめのShopifyアプリ|ジャンル別に紹介 マーケティング施策の参考になる Shopifyサイトを見分けることで、参考サイトのマーケティング施策を知ることができます。例えば、商品の見せ方、販促方法、顧客とのコミュニケーション方法など、同じShopifyで構築しているため、参考にできる点(または、真似できる点)が多数あります。 Shopifyサイトの特徴 特定のURLパターン Shopifyの商品ページやコレクションページ、ブログ記事などは特定のURLパターンとなっています。 商品ページの場合は「ドメイン/products/xxxx」ですし、コレクションページの場合は「ドメイン/collections/xxxx」、ブログ記事の場合は「ドメイン/blogs/xxxx」となります。...

Shopifyでおすすめの予約販売アプリ7選 | メリット・デメリットも紹介

【徹底比較】Shopifyの予約販売 アプリ 7選 | 予約購入のメリット・デメリットも紹介

Tsunライターチーム

Shopifyストアで予約販売(予約購入)のメリットやデメリットを解説し、Shopifyサイトで予約システムを実現するShopifyアプリの選び方をご紹介します。また、各予約販売アプリの料金プランや日本語対応状況、個数制限、後払い、同梱制御の対応状況などを徹底比較しています。

【徹底比較】Shopifyの予約販売 アプリ 7選 | 予約購入のメリット・デメリットも紹介

Tsunライターチーム

Shopifyストアで予約販売(予約購入)のメリットやデメリットを解説し、Shopifyサイトで予約システムを実現するShopifyアプリの選び方をご紹介します。また、各予約販売アプリの料金プランや日本語対応状況、個数制限、後払い、同梱制御の対応状況などを徹底比較しています。

Shopifyで商品を非公開・非表示にする方法|売り切れ商品を非公開にするアプリもご紹介

【2024】Shopifyで商品を非公開・非表示にする方法|売り切れ非表示アプリもご紹介

Tsunライターチーム

Shopifyを使ってオンラインストアを運営している方なら、商品の在庫管理や販売状況に応じて、商品を非公開にする必要があるシーンがあるでしょう。 Shopifyで商品を非公開にする目的は多岐にわたります。在庫切れの商品を再入荷まで一時的に非公開にしたり、季節商品の入れ替え時に古い商品を非公開にしてストアページをすっきりと保ったりすることができます。また、価格や商品説明の更新作業中に誤った情報を表示しないよう、作業中は商品を非公開にすることもあります。 本記事では、Shopifyで商品を非公開・非表示にする方法と商品を非表示にしてくれる便利なShopifyアプリをご紹介します。   商品を非公開・非表示にする方法 商品を非公開・非表示にする方法はいくつかあります。 商品ステータスを下書きに変更する まずは、商品ステータスを「下書き」に変更することで、商品を非公開にすることができます。 (商品ステータスを下書きに変更する手順) 商品管理より非公開にしたい商品をクリック 商品詳細ページの画面右にあるステータスより「下書き」を選択 画面右上の保存をクリック 非表示用のメタフィールドを設定する 商品メタフィールドに下記の値を設定することで特定商品を検索結果から非表示にすることが出来ます。 namespace: seokey: hiddenvalue: 1type: number_integer 引用元:Shopify.dev メタフィールドの作成例 非公開にしたい商品へメタフィールドの設定例 設定結果 メタフィールド設定前の検索結果ページ 本設定を上記添付画像の右から2番目の商品「The 3p Fulfilled Snowboard」に設定した場合、再度検索結果にアクセスすると下記の添付画像の結果になります。 メタフィールド設定後の検索結果ページ  ...

【2024】Shopifyで商品を非公開・非表示にする方法|売り切れ非表示アプリもご紹介

Tsunライターチーム

Shopifyを使ってオンラインストアを運営している方なら、商品の在庫管理や販売状況に応じて、商品を非公開にする必要があるシーンがあるでしょう。 Shopifyで商品を非公開にする目的は多岐にわたります。在庫切れの商品を再入荷まで一時的に非公開にしたり、季節商品の入れ替え時に古い商品を非公開にしてストアページをすっきりと保ったりすることができます。また、価格や商品説明の更新作業中に誤った情報を表示しないよう、作業中は商品を非公開にすることもあります。 本記事では、Shopifyで商品を非公開・非表示にする方法と商品を非表示にしてくれる便利なShopifyアプリをご紹介します。   商品を非公開・非表示にする方法 商品を非公開・非表示にする方法はいくつかあります。 商品ステータスを下書きに変更する まずは、商品ステータスを「下書き」に変更することで、商品を非公開にすることができます。 (商品ステータスを下書きに変更する手順) 商品管理より非公開にしたい商品をクリック 商品詳細ページの画面右にあるステータスより「下書き」を選択 画面右上の保存をクリック 非表示用のメタフィールドを設定する 商品メタフィールドに下記の値を設定することで特定商品を検索結果から非表示にすることが出来ます。 namespace: seokey: hiddenvalue: 1type: number_integer 引用元:Shopify.dev メタフィールドの作成例 非公開にしたい商品へメタフィールドの設定例 設定結果 メタフィールド設定前の検索結果ページ 本設定を上記添付画像の右から2番目の商品「The 3p Fulfilled Snowboard」に設定した場合、再度検索結果にアクセスすると下記の添付画像の結果になります。 メタフィールド設定後の検索結果ページ  ...

Shopifyパートナー(Shopify Partner)とは?種類や収益の獲得方法などを紹介

Shopify パートナーとは?パートナーになる方法や種類、メリット、収益獲得方法などをご紹介

Tsunライターチーム

EC市場が急成長する中、Shopifyはその成長を牽引するプラットフォームとして注目を集めています。そんなShopifyのエコシステムを支えているのが、Shopifyパートナープログラムです。世界的な大企業からスタートアップ企業や起業家まで、多岐にわたるパートナーがShopifyと提携し、数百万社のコマースビジネスの明日を支えています。 Shopifyに関しては下記のブログ記事も参考にしてください。 Shopifyとは?ショッピファイのメリットやデメリット|Shopifyについて徹底解説 Shopifyパートナーの種類 出典:Shopify公式 Shopifyパートナーには、以下の4つの種類があります。 エージェンシーパートナー:Shopifyにクライアントを紹介することで収益を得る。ストアの構築、テスト、最適化を行うShopifyのウェブサイト開発環境に無制限でアクセス可能。 アプリパートナー:ビジネスの構築と拡張に役立つアプリやテーマを開発し、数百万のShopifyマーチャントに向けてリリース。 コンサルティングパートナー:コンサルティングと実装に関する専門知識を深め、全社的なコマースの変革を推進。 テクノロジーパートナー:Shopify APIを使ってソフトウェア統合とアプリケーションを構築し、共通の顧客のプロセスとエクスペリエンスを改善。 Shopifyパートナーになるメリット Shopifyパートナーになると、以下のようなメリットがあります。 収益機会を獲得できる パートナータイプに応じて、紹介料、アプリやテーマの販売収益、コンサルティング報酬など、様々な収益機会があります。 無料で学習できる Shopifyパートナーアカデミーでは、Shopifyに関する知識を無料で学ぶことができます。また、パートナー向けのドキュメントやツールも利用可能です。 ネットワーキングの機会を得れる パートナーコミュニティに参加することで、世界中のパートナーとつながり、情報交換ができます。パートナー専用のフォーラムやイベントにも参加できます。 専用のツールとリソースを利用できる Shopifyパートナーには、ストア作成のためのデベロッパープレビュー、アプリ開発のためのAPIドキュメント、テーマ開発のためのテーマキットなど、専用のツールとリソースが提供されます。 仕事を受注する機会が増える Shopifyパートナーディレクトリに掲載されることで、Shopifyを利用する店舗から直接仕事を受注できる機会が増えます。ただし、Shopifyパートナーディレクトリに掲載されるにはShopifyエキスパートに認定される必要があります。 Shopifyパートナーの報酬の種類 Shopify パートナーは、以下のような方法で報酬を得ることができます。 アフィリエイト報酬 Shopifyへの新規ユーザー紹介に対して報酬を得ることができます。紹介したユーザーがShopifyプランに登録すると、毎月一定の報酬が発生します。報酬額は、ユーザーが契約するプランによって異なります。 Shopifyストアの開発や運用支援 Shopifyストアの設定、デザイン、開発、運用支援などのサービスを提供し、クライアントから直接報酬を受け取ることができます。サービスの料金設定は、パートナー自身が決定できます。高品質なサービスを提供し、クライアントの満足度を高めることが、長期的な収益増加につながります。...

Shopify パートナーとは?パートナーになる方法や種類、メリット、収益獲得方法などをご紹介

Tsunライターチーム

EC市場が急成長する中、Shopifyはその成長を牽引するプラットフォームとして注目を集めています。そんなShopifyのエコシステムを支えているのが、Shopifyパートナープログラムです。世界的な大企業からスタートアップ企業や起業家まで、多岐にわたるパートナーがShopifyと提携し、数百万社のコマースビジネスの明日を支えています。 Shopifyに関しては下記のブログ記事も参考にしてください。 Shopifyとは?ショッピファイのメリットやデメリット|Shopifyについて徹底解説 Shopifyパートナーの種類 出典:Shopify公式 Shopifyパートナーには、以下の4つの種類があります。 エージェンシーパートナー:Shopifyにクライアントを紹介することで収益を得る。ストアの構築、テスト、最適化を行うShopifyのウェブサイト開発環境に無制限でアクセス可能。 アプリパートナー:ビジネスの構築と拡張に役立つアプリやテーマを開発し、数百万のShopifyマーチャントに向けてリリース。 コンサルティングパートナー:コンサルティングと実装に関する専門知識を深め、全社的なコマースの変革を推進。 テクノロジーパートナー:Shopify APIを使ってソフトウェア統合とアプリケーションを構築し、共通の顧客のプロセスとエクスペリエンスを改善。 Shopifyパートナーになるメリット Shopifyパートナーになると、以下のようなメリットがあります。 収益機会を獲得できる パートナータイプに応じて、紹介料、アプリやテーマの販売収益、コンサルティング報酬など、様々な収益機会があります。 無料で学習できる Shopifyパートナーアカデミーでは、Shopifyに関する知識を無料で学ぶことができます。また、パートナー向けのドキュメントやツールも利用可能です。 ネットワーキングの機会を得れる パートナーコミュニティに参加することで、世界中のパートナーとつながり、情報交換ができます。パートナー専用のフォーラムやイベントにも参加できます。 専用のツールとリソースを利用できる Shopifyパートナーには、ストア作成のためのデベロッパープレビュー、アプリ開発のためのAPIドキュメント、テーマ開発のためのテーマキットなど、専用のツールとリソースが提供されます。 仕事を受注する機会が増える Shopifyパートナーディレクトリに掲載されることで、Shopifyを利用する店舗から直接仕事を受注できる機会が増えます。ただし、Shopifyパートナーディレクトリに掲載されるにはShopifyエキスパートに認定される必要があります。 Shopifyパートナーの報酬の種類 Shopify パートナーは、以下のような方法で報酬を得ることができます。 アフィリエイト報酬 Shopifyへの新規ユーザー紹介に対して報酬を得ることができます。紹介したユーザーがShopifyプランに登録すると、毎月一定の報酬が発生します。報酬額は、ユーザーが契約するプランによって異なります。 Shopifyストアの開発や運用支援 Shopifyストアの設定、デザイン、開発、運用支援などのサービスを提供し、クライアントから直接報酬を受け取ることができます。サービスの料金設定は、パートナー自身が決定できます。高品質なサービスを提供し、クライアントの満足度を高めることが、長期的な収益増加につながります。...

ShopifyでSMS認証を導入するメリット・デメリット|SMS認証アプリも紹介

ShopifyでSMS認証を導入するメリット・デメリット|SMS認証アプリも紹介

Tsunライターチーム

みなさんは、ご自身のShopifyストアにSMS認証を導入していますか? ShopifyでSMS認証を実施することは、セキュリティを強化し、不正アクセスを防ぎ、ユーザーの信頼を確保し、法的要件を満たすために重要です。 SMS認証とは? SMS認証(SMS authentication)とは、ユーザーが自身のアイデンティティを確認するために携帯電話への短信サービス(SMS)を利用するセキュリティ手段の一つです。この認証方法は、多くのオンラインサービスやアプリケーションで広く採用されており、特に二要素認証(2FA)の一部として使用されることが多いです。 SMS認証の基本的な流れ ユーザー登録またはログイン時に携帯電話番号を入力: ユーザーは自分の携帯電話番号をサービスに登録します。 認証コードの送信: ユーザーがログインや重要な操作を行う際、サービス側は登録された携帯電話番号に一時的な認証コードを含むSMSを送信します。 認証コードの入力: ユーザーは受信したSMSから認証コードを読み取り、それをウェブサイトやアプリケーションの指定された場所に入力します。 アクセスの承認または拒否: 入力されたコードが正しい場合、ユーザーのアクセスが承認されます。認証コードが間違っている場合や期限切れの場合は、アクセスが拒否されます。 SMS認証のメリット 導入・運用が簡単 SMS認証は、特別な機器や高度な技術を必要とせずに始められます。ほとんどの人がすでに携帯電話を持っているため、新たに何かを買う必要もありません。また、Shopifyアプリを利用することで簡単に導入できます。 多くの人に手軽に使ってもらえる 現在、多くの人がスマートフォンを持っていますから、SMS認証は非常にアクセスしやすい認証方法です。また、多くのアプリやサービスで既に使われているため、新しいサービスでも抵抗なく使い始めることができます。 セキュリティが強化される SMS認証を使うことで、アカウントの安全性が高まります。携帯電話は普段から持ち歩いているものなので、他人が簡単にアクセスすることは難しいです。さらに、認証コードは電話番号に直接送られるため、パスワードのように第三者に漏れる心配が少ないです。 不正アカウントの登録を防ぐ SMS認証では、1つの電話番号につき1つのアカウントしか登録できません。これにより、偽のアカウントが作られるのを防ぐことができます。IDやパスワードだけで登録するよりも、不正利用をずっと防ぎやすくなります。 転売対策になる SMS認証は転売対策として有効です。抽選販売では、SMS認証(本人認証)を完了したユーザーのみがエントリーできるように設定することで、一人のユーザーが複数回エントリーすることを防ぐことが可能です。電話番号はメールアドレスと比較して一人のユーザーが複数持つケースが少ないため、メール認証よりもSMS認証の方が効果的である言えます。 下記のブログ記事でShopifyで抽選販売を実施する方法を紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyで抽選販売を実施する方法|メリットやデメリットも紹介 SMS認証のデメリット 受信設定によってはSMSが届かない場合がある たとえば、もしスマホで特定の番号からのメッセージを受け取らないように設定していたら、大切な認証コードが届かないことがあります。これにより、そのサービスを使えなくなるかもしれません。ただ、ほとんどの人はこのような設定をしていないので、心配しすぎる必要はないです。...

ShopifyでSMS認証を導入するメリット・デメリット|SMS認証アプリも紹介

Tsunライターチーム

みなさんは、ご自身のShopifyストアにSMS認証を導入していますか? ShopifyでSMS認証を実施することは、セキュリティを強化し、不正アクセスを防ぎ、ユーザーの信頼を確保し、法的要件を満たすために重要です。 SMS認証とは? SMS認証(SMS authentication)とは、ユーザーが自身のアイデンティティを確認するために携帯電話への短信サービス(SMS)を利用するセキュリティ手段の一つです。この認証方法は、多くのオンラインサービスやアプリケーションで広く採用されており、特に二要素認証(2FA)の一部として使用されることが多いです。 SMS認証の基本的な流れ ユーザー登録またはログイン時に携帯電話番号を入力: ユーザーは自分の携帯電話番号をサービスに登録します。 認証コードの送信: ユーザーがログインや重要な操作を行う際、サービス側は登録された携帯電話番号に一時的な認証コードを含むSMSを送信します。 認証コードの入力: ユーザーは受信したSMSから認証コードを読み取り、それをウェブサイトやアプリケーションの指定された場所に入力します。 アクセスの承認または拒否: 入力されたコードが正しい場合、ユーザーのアクセスが承認されます。認証コードが間違っている場合や期限切れの場合は、アクセスが拒否されます。 SMS認証のメリット 導入・運用が簡単 SMS認証は、特別な機器や高度な技術を必要とせずに始められます。ほとんどの人がすでに携帯電話を持っているため、新たに何かを買う必要もありません。また、Shopifyアプリを利用することで簡単に導入できます。 多くの人に手軽に使ってもらえる 現在、多くの人がスマートフォンを持っていますから、SMS認証は非常にアクセスしやすい認証方法です。また、多くのアプリやサービスで既に使われているため、新しいサービスでも抵抗なく使い始めることができます。 セキュリティが強化される SMS認証を使うことで、アカウントの安全性が高まります。携帯電話は普段から持ち歩いているものなので、他人が簡単にアクセスすることは難しいです。さらに、認証コードは電話番号に直接送られるため、パスワードのように第三者に漏れる心配が少ないです。 不正アカウントの登録を防ぐ SMS認証では、1つの電話番号につき1つのアカウントしか登録できません。これにより、偽のアカウントが作られるのを防ぐことができます。IDやパスワードだけで登録するよりも、不正利用をずっと防ぎやすくなります。 転売対策になる SMS認証は転売対策として有効です。抽選販売では、SMS認証(本人認証)を完了したユーザーのみがエントリーできるように設定することで、一人のユーザーが複数回エントリーすることを防ぐことが可能です。電話番号はメールアドレスと比較して一人のユーザーが複数持つケースが少ないため、メール認証よりもSMS認証の方が効果的である言えます。 下記のブログ記事でShopifyで抽選販売を実施する方法を紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyで抽選販売を実施する方法|メリットやデメリットも紹介 SMS認証のデメリット 受信設定によってはSMSが届かない場合がある たとえば、もしスマホで特定の番号からのメッセージを受け取らないように設定していたら、大切な認証コードが届かないことがあります。これにより、そのサービスを使えなくなるかもしれません。ただ、ほとんどの人はこのような設定をしていないので、心配しすぎる必要はないです。...

Shopifyで年齢制限(年齢確認)を実施する方法|おすすめアプリも紹介

Shopifyで年齢制限(年齢確認)を実施する方法|おすすめアプリも紹介

Tsunライターチーム

みなさんはご自身のShopifyストアで年齢制限機能(年齢確認機能)を導入していますか?本記事ではShopifyで年齢制限機能を導入する方法や年齢確認アプリを紹介します。 年齢制限(年齢確認)とは? 本記事での年齢制限(年齢確認)は、Shopifyストアへ訪問または購入を試みようとしたユーザーに対して年齢を確認し、指定した年齢以上ではないと商品を購入できないように制限する機能のことを指します。お酒やタバコを販売する場合、購入者が20歳以上であること(未成年者ではないこと)を確認する必要があります。Shopifyのデフォルト機能では年齢制限機能が存在しないため、年齢制限機能を導入する方法を後述の「年齢制限機能を導入する方法」で紹介したいと思います。 年齢制限機能を導入する方法 Shopifyストアに年齢制限機能を導入する方法は下記3つあります。 年齢制限機能のあるShopifyテーマを選ぶ Shopifyアプリを導入する ソースコードをカスタマイズする それぞれ詳しく紹介します。 年齢制限機能のあるShopifyテーマを選ぶ まずはじめにShopifyテーマで対応する方法です。DawnなどShopifyが提供している無料テーマには年齢制限機能は存在しません、ImpulseやEmpireなどいくつかの有料テーマには年齢制限機能が存在します。 Shopifyテーマで対応するメリットは、買い切りのため一度お金を支払うだけで年齢制限機能を永久に利用できる点やプログラミング知識不要で導入できる点、年齢制限機能以外にも豊富な機能やデザインパーツを利用できる点です。 デメリットとしては、Shopifyテーマの購入費用として150ドル〜400ドルほどのコストが発生する点や日本語対応しているShopifyテーマが少ない点です。 もし、Shopifyテーマで対応したい場合は、Shopifyテーマストアのテーマ一覧ページより「年齢認証機能」で絞り込むことができますので、ご参考にしてください。 出典:Shopifyテーマストア Shopifyアプリを導入する 次に、Shopifyアプリで対応する方法です。 Shopifyアプリを利用するメリットは、プログラミング知識不要で簡単に導入できる点、新しいShopifyテーマへ移行するのが困難なストアでも導入できる点などです。デメリットとして、安価ではありますが月額費用が発生する点です。 年齢制限アプリに関しては、後述の「年齢確認(年齢制限)を実施できるShopifyアプリ」で紹介してます。 ソースコードをカスタマイズする 最後に、ソースコードをカスタマイズする方法です。(※ Shopifyテーマごとに実装方法が異なるため、本記事では詳しい実装方法は紹介しません。)ソースコードをカスタマイズするメリットとしては、無料で対応できることと自由にデザインなどをカスタマイズ出来ることです。デメリットとしては、HTMLやCSSなどのプログラミング知識が必要になることです。また、開発だけでなく、意図したとおりに動くかテストする時間も発生するのがデメリットです。 年齢確認(年齢制限)を実施できるShopifyアプリ 年齢確認サポーター 出典:年齢確認サポーター|Shopifyアプリストア 年齢確認サポーターはネットイヤーグループが提供しているShopifyアプリです。日本語に対応しており、カートページで年齢確認ができたり、商品ごとに年齢制限を設定することができます。 料金プラン:月額 9ドル GA 18:...

Shopifyで年齢制限(年齢確認)を実施する方法|おすすめアプリも紹介

Tsunライターチーム

みなさんはご自身のShopifyストアで年齢制限機能(年齢確認機能)を導入していますか?本記事ではShopifyで年齢制限機能を導入する方法や年齢確認アプリを紹介します。 年齢制限(年齢確認)とは? 本記事での年齢制限(年齢確認)は、Shopifyストアへ訪問または購入を試みようとしたユーザーに対して年齢を確認し、指定した年齢以上ではないと商品を購入できないように制限する機能のことを指します。お酒やタバコを販売する場合、購入者が20歳以上であること(未成年者ではないこと)を確認する必要があります。Shopifyのデフォルト機能では年齢制限機能が存在しないため、年齢制限機能を導入する方法を後述の「年齢制限機能を導入する方法」で紹介したいと思います。 年齢制限機能を導入する方法 Shopifyストアに年齢制限機能を導入する方法は下記3つあります。 年齢制限機能のあるShopifyテーマを選ぶ Shopifyアプリを導入する ソースコードをカスタマイズする それぞれ詳しく紹介します。 年齢制限機能のあるShopifyテーマを選ぶ まずはじめにShopifyテーマで対応する方法です。DawnなどShopifyが提供している無料テーマには年齢制限機能は存在しません、ImpulseやEmpireなどいくつかの有料テーマには年齢制限機能が存在します。 Shopifyテーマで対応するメリットは、買い切りのため一度お金を支払うだけで年齢制限機能を永久に利用できる点やプログラミング知識不要で導入できる点、年齢制限機能以外にも豊富な機能やデザインパーツを利用できる点です。 デメリットとしては、Shopifyテーマの購入費用として150ドル〜400ドルほどのコストが発生する点や日本語対応しているShopifyテーマが少ない点です。 もし、Shopifyテーマで対応したい場合は、Shopifyテーマストアのテーマ一覧ページより「年齢認証機能」で絞り込むことができますので、ご参考にしてください。 出典:Shopifyテーマストア Shopifyアプリを導入する 次に、Shopifyアプリで対応する方法です。 Shopifyアプリを利用するメリットは、プログラミング知識不要で簡単に導入できる点、新しいShopifyテーマへ移行するのが困難なストアでも導入できる点などです。デメリットとして、安価ではありますが月額費用が発生する点です。 年齢制限アプリに関しては、後述の「年齢確認(年齢制限)を実施できるShopifyアプリ」で紹介してます。 ソースコードをカスタマイズする 最後に、ソースコードをカスタマイズする方法です。(※ Shopifyテーマごとに実装方法が異なるため、本記事では詳しい実装方法は紹介しません。)ソースコードをカスタマイズするメリットとしては、無料で対応できることと自由にデザインなどをカスタマイズ出来ることです。デメリットとしては、HTMLやCSSなどのプログラミング知識が必要になることです。また、開発だけでなく、意図したとおりに動くかテストする時間も発生するのがデメリットです。 年齢確認(年齢制限)を実施できるShopifyアプリ 年齢確認サポーター 出典:年齢確認サポーター|Shopifyアプリストア 年齢確認サポーターはネットイヤーグループが提供しているShopifyアプリです。日本語に対応しており、カートページで年齢確認ができたり、商品ごとに年齢制限を設定することができます。 料金プラン:月額 9ドル GA 18:...