ブログ記事のリライトを6STEPで解説!SEO効果を高めるコツや注意点もご紹介

ブログ記事のリライトを6STEPで解説!SEO効果を高めるコツや注意点もご紹介

ブログ記事のリライトは、オウンドメディアの運営において欠かせない作業です。リライト(rewrite)は”書き直す”という意味の英単語ですが、ただ記事を書き直せばよいというわけではありません。本記事では、ブログ記事のリライトのやり方を6STEPで解説し、コツや注意点もご紹介します。

まだShopifyサイトでブログ記事を1つも書いていないという方はこちらの記事をご参考にしてください。

Shopifyでブログ記事を書く(ブログ機能を使う)メリット

ブログ記事のリライトとは?

記事のリライトとは、すでにリリースされている記事をブラッシュアップすることで、より品質の高い記事にする施策のことです。一般的には検索順位を向上させるSEO評価の向上やコンバージョン数の増加などを目的として行われます。

リライトによるメリットと効果

記事のリライトには、主に2つのメリットがあります。どちらも記事の品質を評価するうえで欠かせない指標です。

  • SEO評価の向上
  • CVRの向上

以下でひとつずつ詳しく解説します。

SEO評価の向上

ブログ記事をリライトして更新することで、Googleのアルゴリズムが再度その記事を評価します。リライト前よりも高い評価を受けることができた場合、検索順位の上昇などの効果が見込めます。検索順位が上がると、検索結果からその記事がクリックされやすくなり、PV(ページビュー)数の増加が期待できます。

SEO評価を上げるには、ユーザーがより満足するような記事を書くことが大切です。Googleに気に入られる記事を目指すのではなく、ユーザーに気に入られる記事を目指しましょう。

下記の記事では、SEOのメリットやShopifyで出来るSEO対策について解説しています。参考にしてください。

SEOのメリット・デメリット|Shopifyで出来るSEO対策

CVRの向上

CVR(Conversion Rate)とは、そのブログ記事を読んだユーザーのうち、コンバージョン(目標としている成果)にいたった件数の割合のことです。

コンバージョンは、そのWebサイトやブログ記事の目的によって異なり、商品の購入やサービスの申し込み、資料請求、会員登録などがあります。

例えば、ブログ記事のコンバージョンがサプリメントの「サンプル申し込み」であれば、申し込みが簡単で気軽に試せること、特定の料金以外はかからないことなどを明記することで、申し込みに対するハードルが下がり、コンバージョンにいたりやすくなるでしょう。

リライトのやり方【6STEP】

記事のリライトのやり方を6つのステップで解説します。やみくもにリライトするのではなく、適切なリライトを行うことで、効率よく結果が得られます。

  • ①リライトの目的を明確にする
  • ②リライト対象の記事を選定する
  • ③競合サイトを分析する
  • ④記事を分析する
  • ⑤記事をリライトする
  • ⑥リライトの効果を検証する

以下でひとつずつ詳しく解説します。

①リライトの目的を明確にする

記事のリライトに着手する前に、リライトの目的を明確にしておきましょう。

「SEO評価を向上させることで検索順位を上昇させる」「商品の訴求力を高めコンバージョン率を上げる」などの目標を設定することで、リライト後の効果検証に役立ちます。

リライトする目的の例

  • SEO評価を向上させ、検索順位を上げる
  • 商品の訴求力を高め、コンバージョン率を上げる
  • タイトルや見出しの訴求力を高め、CTRを上げる

etc…

②リライト対象の記事を選定する

すべての記事をリライトする必要はありません。「検索順位」「CTAボタンのクリック率」「検索結果のCTR(クリック率)」などの指標を確認し、リライトの成果があげられると判断できる記事を選定しましょう。特に、対策キーワードの検索順位が11〜20位の記事は、リライトによって検索結果の1ページ目(1〜10位)にランクインできる可能性が高いです。

こういった指標は、「Google Search Console(サーチコンソール)」や「Google Analytics(アナリティクス)」などで確認できます。

リライト対象の記事を選定する基準の例

  • 対策キーワードの検索順位が11位~20位
  • CTAボタンのクリック率が他の記事と比較して低い
  • 検索結果のCTR(クリック率)が低い

etc…

③競合サイトを分析する

リライトの内容を決める際には、対策キーワードで上位表示されている競合サイトが参考になります。上位表示されているということは、「ユーザーのニーズを満たしている」とGoogleが判断している記事だということです。検索順位を上げたい対策キーワードで上位に表示されている競合サイトを確認し、自分の記事に吸収できる要素がないか探してみましょう。

ただし、良いコンテンツだからといって”コピー&ペースト”は絶対にしてはいけません。著作者の許可なく使用した場合、著作権の侵害となるおそれがあります。

また、コピーコンテンツは、Googleから質が低いコンテンツとしてペナルティを受ける場合もあります。

競合分析のポイント

  • 競合サイトのタイトルによく使われているキーワード
  • 競合サイトの見出し構成
  • 自分のブログ記事では解決できていないユーザーのニーズがないか

etc…

④記事を分析する

競合サイトの分析が終わったら、自分の記事も改善できる点がないか分析しましょう。自分自身が書いた記事でも、もう一度振り返ることで前回は気付かなかった改善点がみつかるはずです。

ここで行う記事の分析は、SEOの基本とも言える内容です。初心に立ち返り、ユーザーの気持ちで記事を読んでみることも大切です。

記事分析のポイント

  • ユーザーのニーズを満たしているか
  • ユーザーの目的は最低限の手間で達成できるか
  • 専門性、権威性、信頼性は担保できているか
  • 適切なタイトル、概要文(ディスクリプション)になっているか

記事の分析には行動分析・ヒートマップツール「Clarity」やアクセス分析ツール「Googleアナリティクス4(GA4)」が無料かつ高機能のためおすすめです。

下記の記事では行動分析・ヒートマップツール「Clarity」の導入方法を解説しています。ご参考にしてください。

ヒートマップツール「Clarity」を導入する方法

下記の記事ではアクセス分析ツール「Googleアナリティクス4(GA4)」の導入方法を解説しています。ご参考にしてください。

Google Analytics 4(GA4)を設定する方法

⑤記事をリライトする

競合サイトの分析、記事の分析を通して改善点を見つけたら、実際に記事のリライト作業をします。リライトする際は、見つかった改善点をすべて反映してもよいですが、少しずつ修正しながらリライトの効果を確かめる方法がおすすめです。

万が一リライトが逆効果になってしまった場合、大幅なリライトをしてしまったときはすべてを元に戻さなければならないというリスクがあります。

また、少しずつ修正することで、複数の記事のリライトを進めることができ、記事の更新頻度を高めることができます。

⑥リライトの効果を検証する

記事のリライト後は、検索順位・CVR(コンバージョン率)・CTR(クリック率)などの指標をリライト前とリライト後で比較し、リライトの効果がでているか、リライトの目的が達成されているか確認しましょう。この検証結果が、また次のリライトに活かせます。

ただし、検索順位が上がることばかりではなく、変わらないこともあれば下がることもあります。検索順位が下がったということは、よかれと思って行ったリライトによって品質が下がった可能性があるということです。その場合はリライト前の状態に戻すことも検討しなければなりません。

記事リライトのコツと注意点

記事のリライトを行う際に注意すべきことや、リライトをする前に確認しておきたいことについて解説します。記事の評価に関わる大切な内容のため、忘れないようにしてください。

  • ユーザーのニーズを確認する
  • E-E-A-Tを満たす工夫をする
  • コンテンツの網羅性を高める
  • 独自性のあるコンテンツを追加する
  • 内容が重複する記事は1つにまとめる
  • 内部リンクを設置する
  • 著作権法違反に注意する

ユーザーのニーズを確認する

対策キーワードで検索したユーザーが、「何を求めているのか」を再度確認しておきましょう。記事の基本は「ユーザーのニーズに応えること」です。リライトを重ねるうちに、的外れな内容になってしまうこともあるため注意しましょう。

E-E-A-Tを満たす工夫をする

E-E-A-T|品質評価者ガイドライン
出典:General Guidelines|Google

E-E-A-Tとは、GoogleがWebページを評価する際に重要視している評価基準のことです。専門性(Expertise)、経験(Experience)、権威性(Authoritativeness)、信頼性(TrustWorthiness)の英単語の頭文字からとっており、簡単にいうと「その分野に精通しており、他者からよい評価を受けているか」をみています。

E-E-A-Tを満たすには、さまざまな方法が考えられます。例えば、信頼性を満たすために執筆者のプロフィールを充実させることなどです。それぞれのサイトのテーマや運営方法などによってできることは変わりますので、ご自身のサイトでどんな工夫ができるか考えてみましょう。

下記の記事では著者情報・執筆者情報を出すメリットやプローフィールに書くべき内容を解説していますので、ご参考にしてください。

著者情報を出すメリット|プローフィールに何を書くべき?

コンテンツの網羅性を高める

網羅性とは、ユーザーから必要とされる情報が漏れなく記載されているかということです。網羅性が高い記事は、ユーザーからも満足されやすく、専門性が高い記事として評価を受けやすいとされています。

ただし、情報が多ければいいわけではなく、ユーザーが必要としている情報だけを適切に盛り込むことが大切です。やみくもに情報を盛り込まないように注意しましょう。

独自性のあるコンテンツを追加する

競合サイトと同じ情報だけが記載された記事は、コンテンツとしての価値がありません。競合サイトとの差別化ができるポイントとして、独自性を出すことを意識しましょう。

独自性を出す方法は、競合サイトに記載されていない情報をのせるだけではありません。競合サイトよりも読みやすい文章、見やすい表やグラフなども、ユーザーのメリットとなる十分な独自性になります。

ポイントは「競合サイトとの差別化」と、「ユーザーのメリットになるか」です。ご自身の記事でできることを考えてみましょう。

内容が重複する記事は1つにまとめる

リライトをしていると、同じテーマの記事の内容が重複してしまうことがあります。こういった重複ページがあると、それぞれの記事に評価が分散してしまい上位表示がされにくくなってしまいます。

この場合は、内容を評価が高い方の記事にまとめて、不要になった記事のURLからまとめた記事へリダイレクト設定をしましょう。記事をまとめることで分散していた評価が集中し、かつ網羅性も高まるため上位表示されやすくなります。

内部リンクを設置する

内部リンクとは、自分のサイト内のページへのリンクのことです。その記事に関連したコンテンツの内部リンクを設置するとユーザーが欲しい情報にたどり着きやすくなり、ユーザーの満足やGoogleの評価に繋がります。

ユーザーが次に欲しい情報はどんな情報なのかを想像し、それにぴったりな内部リンクを設置できるように心がけましょう。

下記の記事で具体的な内部リンク対策を解説していますので、ご参考にしてください。

ブログ記事に目次を作るメリット

ブログ記事にタグ一覧を出すメリット|効果的なタグの付け方

パンくずリストを出すメリット

著作権法違反に注意する

リライトに限らずですが、記事を作成する際は著作権法違反にあたらないか十分注意する必要があります。WEB上で公開されているコンテンツは一部の例外を除き、すべて著作権法によって定められている著作物です。

特に、リライトをする際は競合サイトを参考にすることが多いため、誤った方法の引用やコピペをしないように注意してください。

記事のリライトに役立つおすすめツール4選

記事のリライト時に、実際に筆者が使用しているツールをご紹介します。全て無料で使用できるため、ご自身が使っていないツールがあれば、一度使ってみてください。

Google Search Console(サーチコンソール)

Google Search Console(サーチコンソール) は、キーワードごとの掲載順位をはじめ、自分のページが表示された回数、クリック数などをみることができる無料ツールです。

また、リライト時や新規記事の作成時にインデックス登録を行うことで、Googleに更新を伝えることもできます。他にも、サイトのユーザビリティなどに関する問題の検出にも役立ちます。

Google Search Console:https://search.google.com/search-console/about

Google Analytics(アナリティクス)

Google Analytics(アナリティクス)は、WEBサイトのアクセス解析ツールです。どれだけサイトに訪れたかページごとに計測でき、流入元やコンバージョンにいたった数などさまざまな指標があります。特にCVR(コンバージョン率)の改善を目標にリライトした場合は、こういったツールを使って効果を計測することが大切です。

Google Analytics:https://www.google.com/analytics

ShopifyへGoogle Analytics 4(GA4)を導入する方法を下記の記事でご紹介しています。

ShopifyにGoogle Analytics 4(GA4)を設定する方法

Clarity(クラリティ)

Clarity(クラリティ)は、Microsoftが提供する無料のヒートマップツールです。サイトを訪問したユーザーがどこまで読んだのか、どのボタンをクリックしたのか、などの分析ができます。

また、レコーディングという機能があり、記事を読んでいるユーザーの画面をそのまま動画として記録することもできます。

Clarity:https://clarity.microsoft.com

ShopifyへClarityを導入する方法を下記の記事でご紹介しています。

Clarity(クラリティ)とは? | ShopifyにClarityを設定する方法

Googleスプレッドシート

Googleスプレッドシートは、Googleが提供する表計算WEBアプリケーションです。Googleアカウントがあれば誰でも使用でき、複数人が同時に編集することもできるため、チームでの作業もしやすく、他の人に共有しやすいことも特徴です。

対策キーワードや見出しの整理、記事成績の管理などさまざまな用途で使用できます。

記事のリライトに関するよくあるQ&A

リライトの優先順位の決め方は?

A.対策キーワードの検索順位が11位〜20位の記事で、検索ボリュームが大きい記事からリライトすることをおすすめします。検索結果の1ページと2ページでは流入数に大きな違いがあります。

リライトするタイミング・頻度は?

A.記事の更新日は新しいに越したことはありませんが、だからといって毎日更新する必要はないでしょう。情報が古くなったとき、新しい情報があるとき、リライトをすることで結果が得られそうなときなど、目的があるときにリライトしましょう。

リライトの重要性は?

A.記事の更新日が古いということは、掲載されている情報が古いことを意味します。ユーザーは新しい情報を求めているため、Googleも基本的には新しい記事をより評価します。検索順位を向上させるためにも、上位表示し続けるためにもリライトは重要といえます。

リライトする記事の選び方は?

A.「検索順位」「CTAボタンのクリック率」「検索結果のCTR(クリック率)」などを参考にし、成果があげられそうな記事を選びましょう。

リライト対象の記事を選定する基準の例

  • 対策キーワードの検索順位が11位~20位
  • CTAボタンのクリック率が他の記事と比較して低い
  • 検索結果のCTR(クリック率)が低い

リライト作業のコツ・ポイントは?

A.リライトのコツは、分析からリライト、効果計測まで順序立てて行うことです。なんとなくでリライトするのではなく、この記事で紹介している方法を1つずつ丁寧に行いましょう。

リライトの効果はいつあらわれる?

A.検索順位の変化は必ずしもすぐにあらわれるものではありません。順位が上がらないからとすぐに何度もリライトしても意味はありません。ただし、CVR(コンバージョン率)は記事を読んだユーザーの行動によって変わるためすぐに変化があらわれます。

リライトする前に意識することは?

A.リライトの目的を明確にすることを意識しておきましょう。作業しているうちに目的を忘れてしまうと作業時間が伸びることに繋がったり、正しい効果計測ができなかったりする可能性もあります。

SEO対策や売れる記事の執筆はTsunへ

株式会社Tsunでは、オウンドメディアやECサイトのグロースをサポートします。記事のSEO対策やライティングまで、売れる仕組みづくりをお手伝いします。

まずは一度Tsunへお問い合わせください。

ブログに戻る
  • RuffRuff 予約販売|新発売前や在庫切れ、入荷不安な時でも商品の販売ができ、販売停止による機会損失を減らし売上拡大に貢献します

    RuffRuff 予約販売

    💎 Built for Shopify

    Shopifyストアに予約販売機能を簡単に導入できるShopifyアプリ

    詳しくみる 
  • RuffRuff 注文制限

    Shopifyストアで販売個数制限を簡単に実施できるShopifyアプリ

    詳しくみる 
  • RuffRuff 販売期間

    Shopifyストアで発売予告や期間限定販売を簡単に実施できるShopifyアプリ

    詳しくみる 
  • RuffRuff 目次作成|Shopifyアプリ

    RuffRuff 目次作成

    💎 Built for Shopify

    Shopifyのコンテンツに自動で目次を表示するShopifyアプリ

    詳しくみる 
  • RuffRuff タグ一覧|Shopifyアプリ

    RuffRuff タグ一覧

    💎 Built for Shopify

    Shopifyストアにタグ一覧を自動で表示するShopifyアプリ

    詳しくみる 
  • RuffRuff 著者情報|Shopifyアプリ

    RuffRuff 著者情報

    Shopifyストアに著者プロフィールを簡単に表示できるShopifyアプリ

    詳しくみる 
1 6
  • SEOのメリット・デメリット|Shopifyで出来るSEO対策やアプリも紹介 Tsun Inc.

    Shopifyで出来るSEO対策|SEOの基本やメリット、おすすめSEO対策アプリも紹介

    Tsunライターチーム

    ShopifyストアのSEOを強化し、検索ランキングを上げるための基本戦略、メリットとデメリット、おすすめアプリまで詳しく解説。あなたのビジネスを次のレベルへと導きます。

    Shopifyで出来るSEO対策|SEOの基本やメリット、おすすめSEO対策アプリも紹介

    Tsunライターチーム

    ShopifyストアのSEOを強化し、検索ランキングを上げるための基本戦略、メリットとデメリット、おすすめアプリまで詳しく解説。あなたのビジネスを次のレベルへと導きます。

  • Shopify配送ガイド:特徴や設定方法、 配送業務効率化におすすめのアプリも紹介

    【Shopify配送ガイド】特徴や設定方法、配送業務効率化におすすめのアプリも紹介

    プラスシッピング事務局

    Shopifyでの配送方法の設定や推奨されるアプリについて詳しく説明します。配送方法の設定では状況に応じたアドバイスを提供しているため、自身の要望に合わせて参照し、Shopifyストアの管理に活かしていただければと思います。

    【Shopify配送ガイド】特徴や設定方法、配送業務効率化におすすめのアプリも紹介

    プラスシッピング事務局

    Shopifyでの配送方法の設定や推奨されるアプリについて詳しく説明します。配送方法の設定では状況に応じたアドバイスを提供しているため、自身の要望に合わせて参照し、Shopifyストアの管理に活かしていただければと思います。

  • Shopifyで購入制限|年齢や個数、地域、期間で販売を制限する方法 |  Tsun Inc.

    Shopifyで購入制限(販売制限)を実施する方法|年齢や個数、金額、地域、期間、会員で注文を制限

    Tsunライターチーム

    Shopifyストアを運営していて商品の購入に対して販売個数や購入者を制限したいと思う時がないでしょうか? 「仕入数が限られていたり、転売が多かったりするため1人1個だけ購入できるようにしたい」、「服用する際に身体への影響が出やすい医薬品などは来院者や患者の状態に応じて販売したい」、「海外配送していないため、海外からの訪問者が購入できないようにしたい」などと思ってもうまく設定できなくて悩んでいる方もいるでしょう。 本記事では、どんな購入制限(販売制限)の種類があるのか、購入制御におすすめのShopifyアプリもご紹介します。 商品に購入制限をかける理由 転売を抑止・抑制するため 商品を転売されてしまうと「通常価格よりも高値になる」「正規で購入していないためメーカー保証での商品修理・交換対応が受けられない」「賞味期限切れや不適切な保存状態による劣化」など買い手側が不利益を被り、企業や商品のブランドイメージが毀損されるリスクがあります。 転売を抑制するために、1人1点までしか購入できないように販売個数を制御する対策が考えられます。 商品を安全に利用してもらうため 市販薬や療法食などは、「用法用量を超えての服用」や「そもそも服用してはいけない人やペットによる服用」は、身体に悪影響を及ぼす恐れがあります。 上記を未然に防止するために、お客様の状態を基に販売を制御したり、必要以上の商品を販売しない様に制御する対策が考えられます。 海外発送に対応していないため Shopifyストアをオンライン上に公開している以上、海外からのアクセスを避けることは困難です。また海外在住者に購入されてしまった場合、外国語でのキャンセル対応が必要になり、普段以上にキャンセル対応に時間を取られることもあります。 限定感を出すため(ブランディング目的のため) 商品の購入制限をかけることで商品に限定感が出て、ブランディングを強化する役割を果たすこともあります。ストア内に残り◯個と表示されているとユーザーの購入意欲も高める効果も期待できます。 販売が禁止されているため お酒やタバコなど未成年に対して販売してはいけない商品があります。最近ではシーシャやCBDタバコなどを取り扱っているShopifyストアも増えてきています。 年齢確認(年齢認証)の機能をShopifyストアに導入することで、未成年への販売を事前に防ぐことが可能です。 購入制限の種類とShopifyで出来る対策 購入点数で購入制限する(個数制限) 在庫が少なかったり、転売を防いだりするために、1度に購入できる点数を制御したいケースがあると思います。 Shopifyアプリ「RuffRuff 注文制限」を利用することで、「1回の注文あたり1個まで」「1回の注文あたり3個から」「1回の注文あたり2個から5個までの範囲で」など様々な個数制限を実施できます。 下記デモページもありますので、ご参考にしてください。 RuffRuff 注文制限 デモ商品一覧 下記の記事ではShopifyで個数制限を実施する方法を紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyで販売個数制限(購入数量制限)を可能にするアプリ 購入金額で購入制限する(金額制限) 発注金額や配送料、関税など様々な理由で注文金額に対して購入金額の制限をかけたいケースがあると思います。...

    Shopifyで購入制限(販売制限)を実施する方法|年齢や個数、金額、地域、期間、会員で注文を制限

    Tsunライターチーム

    Shopifyストアを運営していて商品の購入に対して販売個数や購入者を制限したいと思う時がないでしょうか? 「仕入数が限られていたり、転売が多かったりするため1人1個だけ購入できるようにしたい」、「服用する際に身体への影響が出やすい医薬品などは来院者や患者の状態に応じて販売したい」、「海外配送していないため、海外からの訪問者が購入できないようにしたい」などと思ってもうまく設定できなくて悩んでいる方もいるでしょう。 本記事では、どんな購入制限(販売制限)の種類があるのか、購入制御におすすめのShopifyアプリもご紹介します。 商品に購入制限をかける理由 転売を抑止・抑制するため 商品を転売されてしまうと「通常価格よりも高値になる」「正規で購入していないためメーカー保証での商品修理・交換対応が受けられない」「賞味期限切れや不適切な保存状態による劣化」など買い手側が不利益を被り、企業や商品のブランドイメージが毀損されるリスクがあります。 転売を抑制するために、1人1点までしか購入できないように販売個数を制御する対策が考えられます。 商品を安全に利用してもらうため 市販薬や療法食などは、「用法用量を超えての服用」や「そもそも服用してはいけない人やペットによる服用」は、身体に悪影響を及ぼす恐れがあります。 上記を未然に防止するために、お客様の状態を基に販売を制御したり、必要以上の商品を販売しない様に制御する対策が考えられます。 海外発送に対応していないため Shopifyストアをオンライン上に公開している以上、海外からのアクセスを避けることは困難です。また海外在住者に購入されてしまった場合、外国語でのキャンセル対応が必要になり、普段以上にキャンセル対応に時間を取られることもあります。 限定感を出すため(ブランディング目的のため) 商品の購入制限をかけることで商品に限定感が出て、ブランディングを強化する役割を果たすこともあります。ストア内に残り◯個と表示されているとユーザーの購入意欲も高める効果も期待できます。 販売が禁止されているため お酒やタバコなど未成年に対して販売してはいけない商品があります。最近ではシーシャやCBDタバコなどを取り扱っているShopifyストアも増えてきています。 年齢確認(年齢認証)の機能をShopifyストアに導入することで、未成年への販売を事前に防ぐことが可能です。 購入制限の種類とShopifyで出来る対策 購入点数で購入制限する(個数制限) 在庫が少なかったり、転売を防いだりするために、1度に購入できる点数を制御したいケースがあると思います。 Shopifyアプリ「RuffRuff 注文制限」を利用することで、「1回の注文あたり1個まで」「1回の注文あたり3個から」「1回の注文あたり2個から5個までの範囲で」など様々な個数制限を実施できます。 下記デモページもありますので、ご参考にしてください。 RuffRuff 注文制限 デモ商品一覧 下記の記事ではShopifyで個数制限を実施する方法を紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyで販売個数制限(購入数量制限)を可能にするアプリ 購入金額で購入制限する(金額制限) 発注金額や配送料、関税など様々な理由で注文金額に対して購入金額の制限をかけたいケースがあると思います。...

  • 定期購入におすすめのShopifyアプリ4選 | サブスクのメリットは?

    【徹底比較】Shopifyの定期購入(サブスク)アプリ6選 | 価格や機能で比較

    Tsunライターチーム

    定期購買やMikawaya Subscription、NoCode Subscription、 かんたんサブスクなどの国内のおすすめアプリを機能やプラン、価格、導入事例、連携可能なアプリ・サービスなどを比較表で解説しています。

    【徹底比較】Shopifyの定期購入(サブスク)アプリ6選 | 価格や機能で比較

    Tsunライターチーム

    定期購買やMikawaya Subscription、NoCode Subscription、 かんたんサブスクなどの国内のおすすめアプリを機能やプラン、価格、導入事例、連携可能なアプリ・サービスなどを比較表で解説しています。

1 4
  • 【Tips】Shopify の GraphQL Admin API で顧客総数を取得する

    【Tips】Shopify の GraphQL Admin API で顧客総数を取得する

    小笠原 京平

    Shopifyの GraphQL Admin API の小ネタです。 Shopifyの顧客総数を取得したい場合のクエリは、いざ探そうと思ってもパッと見つからないのでメモしておきます。 対象読者 Shopify GraphQL Admin API を使ったことがある方 顧客総数を取得するクエリ 2023-07 バージョンから CustomerSegmentMemberConnection に変更があったため、2023-07より前と以降で若干クエリが異なります。 ※ changelog 2023-07以降 { customerSegmentMembers(first: 1, query: "") { totalCount } } 2023-07より前...

    【Tips】Shopify の GraphQL Admin API で顧客総数を取得する

    小笠原 京平

    Shopifyの GraphQL Admin API の小ネタです。 Shopifyの顧客総数を取得したい場合のクエリは、いざ探そうと思ってもパッと見つからないのでメモしておきます。 対象読者 Shopify GraphQL Admin API を使ったことがある方 顧客総数を取得するクエリ 2023-07 バージョンから CustomerSegmentMemberConnection に変更があったため、2023-07より前と以降で若干クエリが異なります。 ※ changelog 2023-07以降 { customerSegmentMembers(first: 1, query: "") { totalCount } } 2023-07より前...

  • Shopify Vite Plugin でテーマ拡張機能の開発体験を改善する

    Shopify Vite Plugin でテーマ拡張機能の開発体験を改善する

    小笠原 京平

    今回は Barrel が提供する Shopify Vite Plugin を導入して、テーマ拡張機能の開発体験を改善する方法をご紹介します。 対象読者 テーマ拡張機能の開発経験がある方 はじめに Shopifyのテーマ拡張機能 (Theme app extensions) はShopify アプリ開発において、ストアフロントに機能を追加するための機能です。 Liquid、JavaScript、CSSなどを使って開発することができますが、通常のアプリ開発と比較すると、ローカルでの開発体験はそれほどよくありません。 そこで、今回は Shopify Vite Plugin を導入して、開発体験を改善していきます。 Shopify Vite Plugin とは Barrel が提供する Vite用プラグインです。ViteをShopify テーマ開発に組み込んで開発体験を改善することを目的として作られていますが、テーマ拡張機能においてもその恩恵を受けることができます。...

    Shopify Vite Plugin でテーマ拡張機能の開発体験を改善する

    小笠原 京平

    今回は Barrel が提供する Shopify Vite Plugin を導入して、テーマ拡張機能の開発体験を改善する方法をご紹介します。 対象読者 テーマ拡張機能の開発経験がある方 はじめに Shopifyのテーマ拡張機能 (Theme app extensions) はShopify アプリ開発において、ストアフロントに機能を追加するための機能です。 Liquid、JavaScript、CSSなどを使って開発することができますが、通常のアプリ開発と比較すると、ローカルでの開発体験はそれほどよくありません。 そこで、今回は Shopify Vite Plugin を導入して、開発体験を改善していきます。 Shopify Vite Plugin とは Barrel が提供する Vite用プラグインです。ViteをShopify テーマ開発に組み込んで開発体験を改善することを目的として作られていますが、テーマ拡張機能においてもその恩恵を受けることができます。...

  • Shopify Admin API GraphiQLとは? 使い方やメリット・デメリットを解説

    Shopify Admin API GraphiQLとは? 使い方やメリット・デメリットを解説します

    小笠原 京平

    ShopifyのAdmin APIにはGraphQLを用いたAPIがあります。手軽に試す方法としてGraphiQL (GraphQLではなくGraphiQLなのに注意) というIDEがありますので、今回はShopify GraphiQLの使い方やメリット・デメリットを解説します。 GraphiQLとは GraphQL公式が運営しているオープンソースプロジェクトです。GraphQLをブラウザ上でインタラクティブに操作・実行することができます。 グラフィカル (/ˈɡrafək(ə)l/) と発音します。(graphicalと同じ発音) GraphQLとは GraphQLはAPIのためのクエリ言語であり、既存のデータでクエリを実行するためのランタイムです。 GraphQLはAPI内のデータの完全で理解しやすい説明を提供し、クライアントに必要なものだけを要求する力を与え、APIを長期的に進化させることを容易にし、強力な開発者ツールを可能にします。 引用: GraphQL | A query language for your API Shopify GraphiQLの使い方 Shopify GraphiQLは各ストアにアプリをインストールするだけで使えますが、Shopify Devサイト上でデモを触れるので、まずは触ってみましょう! https://shopify.dev/docs/apps/tools/graphiql-admin-api Workshopをやってみよう! Shopifyが作成した「Learn...

    Shopify Admin API GraphiQLとは? 使い方やメリット・デメリットを解説します

    小笠原 京平

    ShopifyのAdmin APIにはGraphQLを用いたAPIがあります。手軽に試す方法としてGraphiQL (GraphQLではなくGraphiQLなのに注意) というIDEがありますので、今回はShopify GraphiQLの使い方やメリット・デメリットを解説します。 GraphiQLとは GraphQL公式が運営しているオープンソースプロジェクトです。GraphQLをブラウザ上でインタラクティブに操作・実行することができます。 グラフィカル (/ˈɡrafək(ə)l/) と発音します。(graphicalと同じ発音) GraphQLとは GraphQLはAPIのためのクエリ言語であり、既存のデータでクエリを実行するためのランタイムです。 GraphQLはAPI内のデータの完全で理解しやすい説明を提供し、クライアントに必要なものだけを要求する力を与え、APIを長期的に進化させることを容易にし、強力な開発者ツールを可能にします。 引用: GraphQL | A query language for your API Shopify GraphiQLの使い方 Shopify GraphiQLは各ストアにアプリをインストールするだけで使えますが、Shopify Devサイト上でデモを触れるので、まずは触ってみましょう! https://shopify.dev/docs/apps/tools/graphiql-admin-api Workshopをやってみよう! Shopifyが作成した「Learn...

  • ブログ記事 Shopifyの必須Webhooks (Mandatory Webhooks)とは? GDPRや対応例など

    Shopifyの必須Webhooks (Mandatory Webhooks)とは? GDPR...

    小笠原 京平

    今回はShopifyアプリ開発を始めたときに詰まるポイントの1つ「必須Webhooks」について解説します。実装をしていなかったり、実装が不十分なためにレビューが通らなかった経験をされた方は多いんじゃないでしょうか?レビューで詰まらないためにも、ぜひご確認ください! Webhooksとは? Shopifyの必須Webhooksを説明する前に、Webhooksについて理解しましょう。Webhooksとは、Webアプリケーションと連携するために用いられるイベント通知の仕組みです。Webhooksを使うことで、あるWebアプリケーションで特定のイベントが起きたときに、データを受け取ったり、何かしらの動作をすることが可能になります。 エンジニアにとって身近な例でいうと、GitHubにコードをプッシュしたときに自動でビルドやテストをするときにWebhooksが使われています。 ShopifyのWebhooks そんなWebhooksはShopifyでも使うことができます。Shopifyアプリ開発では、Shopify Admin APIからWebhooksを使うことができます。また、アプリ以外でもShopify管理画面からWebhookを作成することもできます。 ShopifyのWebhooksにはHTTPSのエンドポイントのほか、Amazon EventBridgeやGoogle Cloud Pub/Subといったメッセージングサービスを使うこともできます。購読するイベントやマーチャントによっては瞬間的に大量のWebhooksを処理する必要があるため、スケールさせやすいメッセージングサービスを使ってWebhooksを処理することをおすすめします。 必須Webhooks (Mandatory Webhooks) とは? 必須Webhooksとは、Shopifyアプリを開発するときに必ず実装しなければならない3つのWebhooksのことです。この3つのWebhooksはGDPRに対応するために必要なWebhooksで、EU加盟国に関わらず、すべてのShopifyアプリはGDPRに準拠しなければなりません。必須Webhooksを実装していない場合、アプリレビューで却下されます。 (3つの必須Webhooks以外のWebhooksは任意で実装すればOKです。) また、必須Webhooksの3つはHTTPSのエンドポイントでのみ作成可能です。上述したEventBridgeやPub/Subを利用することはできません。 GDPRとは? GDPR(General Data Protection Regulation:一般データ保護規則)は、ヨーロッパ連合(EU)の個人情報保護法規で、2018年5月25日から施行されています。これは、EU全域での個人情報のプライバシーを保護し、データの取り扱い方に関して個々の人々により多くの制御権を付与するためのものです。 GDPRは、EU市民または居住者の個人データを処理する全ての組織に適用されます。これには、EU内外の組織も含まれ、EUの市民や居住者のデータを処理する場合、世界のどこにその組織があろうともGDPRの規定を守る必要があります。 GDPRの主な目的は、個人が自分の個人データをどのように収集、保存、使用されるのかを知り、そしてその制御をする権利を持つべきであるという考え方を強化し、統一化することです。これは、個人情報の透明性、アクセスの権利、修正の権利、忘れられる権利(データ削除の権利)、データ移行の権利など、いくつかの重要な権利を個々の人々に付与します。 参考: ChatGPT 必須Webhooksの対応例 上記で説明したように、必須WebhooksとはGDPRに準拠するためのWebhooksなので、顧客情報、ストア情報をデータベースなどに保存しているかどうかで対応方法が変わります。...

    Shopifyの必須Webhooks (Mandatory Webhooks)とは? GDPR...

    小笠原 京平

    今回はShopifyアプリ開発を始めたときに詰まるポイントの1つ「必須Webhooks」について解説します。実装をしていなかったり、実装が不十分なためにレビューが通らなかった経験をされた方は多いんじゃないでしょうか?レビューで詰まらないためにも、ぜひご確認ください! Webhooksとは? Shopifyの必須Webhooksを説明する前に、Webhooksについて理解しましょう。Webhooksとは、Webアプリケーションと連携するために用いられるイベント通知の仕組みです。Webhooksを使うことで、あるWebアプリケーションで特定のイベントが起きたときに、データを受け取ったり、何かしらの動作をすることが可能になります。 エンジニアにとって身近な例でいうと、GitHubにコードをプッシュしたときに自動でビルドやテストをするときにWebhooksが使われています。 ShopifyのWebhooks そんなWebhooksはShopifyでも使うことができます。Shopifyアプリ開発では、Shopify Admin APIからWebhooksを使うことができます。また、アプリ以外でもShopify管理画面からWebhookを作成することもできます。 ShopifyのWebhooksにはHTTPSのエンドポイントのほか、Amazon EventBridgeやGoogle Cloud Pub/Subといったメッセージングサービスを使うこともできます。購読するイベントやマーチャントによっては瞬間的に大量のWebhooksを処理する必要があるため、スケールさせやすいメッセージングサービスを使ってWebhooksを処理することをおすすめします。 必須Webhooks (Mandatory Webhooks) とは? 必須Webhooksとは、Shopifyアプリを開発するときに必ず実装しなければならない3つのWebhooksのことです。この3つのWebhooksはGDPRに対応するために必要なWebhooksで、EU加盟国に関わらず、すべてのShopifyアプリはGDPRに準拠しなければなりません。必須Webhooksを実装していない場合、アプリレビューで却下されます。 (3つの必須Webhooks以外のWebhooksは任意で実装すればOKです。) また、必須Webhooksの3つはHTTPSのエンドポイントでのみ作成可能です。上述したEventBridgeやPub/Subを利用することはできません。 GDPRとは? GDPR(General Data Protection Regulation:一般データ保護規則)は、ヨーロッパ連合(EU)の個人情報保護法規で、2018年5月25日から施行されています。これは、EU全域での個人情報のプライバシーを保護し、データの取り扱い方に関して個々の人々により多くの制御権を付与するためのものです。 GDPRは、EU市民または居住者の個人データを処理する全ての組織に適用されます。これには、EU内外の組織も含まれ、EUの市民や居住者のデータを処理する場合、世界のどこにその組織があろうともGDPRの規定を守る必要があります。 GDPRの主な目的は、個人が自分の個人データをどのように収集、保存、使用されるのかを知り、そしてその制御をする権利を持つべきであるという考え方を強化し、統一化することです。これは、個人情報の透明性、アクセスの権利、修正の権利、忘れられる権利(データ削除の権利)、データ移行の権利など、いくつかの重要な権利を個々の人々に付与します。 参考: ChatGPT 必須Webhooksの対応例 上記で説明したように、必須WebhooksとはGDPRに準拠するためのWebhooksなので、顧客情報、ストア情報をデータベースなどに保存しているかどうかで対応方法が変わります。...

1 4

編集プロセス

EコマースやShopifyの初学者にとって、できるだけ “やさしく” “わかりやすく” “正確に” 難しいコマース用語やマーケティング用語、ストア構築から販売までの仕組み・ノウハウを伝えることを心がけて、記事コンテンツを作成しています。

掲載情報に関して

掲載している各種情報は、株式会社Tsunが経験および、調査した情報をもとにしています。できるだけ“最新“かつ“正確“な情報の掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。当サイトによって生じた損害について、株式会社Tsunではその賠償の責任を一切負わないものとします。掲載情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社Tsunまでご連絡をいただけますようお願いいたします。