ブログ記事

SEOのメリット・デメリット|Shopifyで出来るSEO対策やアプリも紹介 Tsun Inc.

Shopifyで出来るSEO対策|SEOの基本やメリット、おすすめSEO対策アプリも紹介

Tsunライターチーム

ShopifyストアのSEOを強化し、検索ランキングを上げるための基本戦略、メリットとデメリット、おすすめアプリまで詳しく解説。あなたのビジネスを次のレベルへと導きます。

Shopifyで出来るSEO対策|SEOの基本やメリット、おすすめSEO対策アプリも紹介

Tsunライターチーム

ShopifyストアのSEOを強化し、検索ランキングを上げるための基本戦略、メリットとデメリット、おすすめアプリまで詳しく解説。あなたのビジネスを次のレベルへと導きます。

Shopifyで購入制限|年齢や個数、地域、期間で販売を制限する方法 |  Tsun Inc.

Shopifyで購入制限(販売制限)を実施する方法|年齢や個数、金額、地域、期間、会員で注文を制限

Tsunライターチーム

Shopifyストアを運営していて商品の購入に対して販売個数や購入者を制限したいと思う時がないでしょうか? 「仕入数が限られていたり、転売が多かったりするため1人1個だけ購入できるようにしたい」、「服用する際に身体への影響が出やすい医薬品などは来院者や患者の状態に応じて販売したい」、「海外配送していないため、海外からの訪問者が購入できないようにしたい」などと思ってもうまく設定できなくて悩んでいる方もいるでしょう。 本記事では、どんな購入制限(販売制限)の種類があるのか、購入制御におすすめのShopifyアプリもご紹介します。 商品に購入制限をかける理由 転売を抑止・抑制するため 商品を転売されてしまうと「通常価格よりも高値になる」「正規で購入していないためメーカー保証での商品修理・交換対応が受けられない」「賞味期限切れや不適切な保存状態による劣化」など買い手側が不利益を被り、企業や商品のブランドイメージが毀損されるリスクがあります。 転売を抑制するために、1人1点までしか購入できないように販売個数を制御する対策が考えられます。 商品を安全に利用してもらうため 市販薬や療法食などは、「用法用量を超えての服用」や「そもそも服用してはいけない人やペットによる服用」は、身体に悪影響を及ぼす恐れがあります。 上記を未然に防止するために、お客様の状態を基に販売を制御したり、必要以上の商品を販売しない様に制御する対策が考えられます。 海外発送に対応していないため Shopifyストアをオンライン上に公開している以上、海外からのアクセスを避けることは困難です。また海外在住者に購入されてしまった場合、外国語でのキャンセル対応が必要になり、普段以上にキャンセル対応に時間を取られることもあります。 限定感を出すため(ブランディング目的のため) 商品の購入制限をかけることで商品に限定感が出て、ブランディングを強化する役割を果たすこともあります。ストア内に残り◯個と表示されているとユーザーの購入意欲も高める効果も期待できます。 販売が禁止されているため お酒やタバコなど未成年に対して販売してはいけない商品があります。最近ではシーシャやCBDタバコなどを取り扱っているShopifyストアも増えてきています。 年齢確認(年齢認証)の機能をShopifyストアに導入することで、未成年への販売を事前に防ぐことが可能です。 購入制限の種類とShopifyで出来る対策 購入点数で購入制限する(個数制限) 在庫が少なかったり、転売を防いだりするために、1度に購入できる点数を制御したいケースがあると思います。 Shopifyアプリ「RuffRuff 注文制限」を利用することで、「1回の注文あたり1個まで」「1回の注文あたり3個から」「1回の注文あたり2個から5個までの範囲で」など様々な個数制限を実施できます。 下記デモページもありますので、ご参考にしてください。 RuffRuff 注文制限 デモ商品一覧 下記の記事ではShopifyで個数制限を実施する方法を紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyで販売個数制限(購入数量制限)を可能にするアプリ 購入金額で購入制限する(金額制限) 発注金額や配送料、関税など様々な理由で注文金額に対して購入金額の制限をかけたいケースがあると思います。...

Shopifyで購入制限(販売制限)を実施する方法|年齢や個数、金額、地域、期間、会員で注文を制限

Tsunライターチーム

Shopifyストアを運営していて商品の購入に対して販売個数や購入者を制限したいと思う時がないでしょうか? 「仕入数が限られていたり、転売が多かったりするため1人1個だけ購入できるようにしたい」、「服用する際に身体への影響が出やすい医薬品などは来院者や患者の状態に応じて販売したい」、「海外配送していないため、海外からの訪問者が購入できないようにしたい」などと思ってもうまく設定できなくて悩んでいる方もいるでしょう。 本記事では、どんな購入制限(販売制限)の種類があるのか、購入制御におすすめのShopifyアプリもご紹介します。 商品に購入制限をかける理由 転売を抑止・抑制するため 商品を転売されてしまうと「通常価格よりも高値になる」「正規で購入していないためメーカー保証での商品修理・交換対応が受けられない」「賞味期限切れや不適切な保存状態による劣化」など買い手側が不利益を被り、企業や商品のブランドイメージが毀損されるリスクがあります。 転売を抑制するために、1人1点までしか購入できないように販売個数を制御する対策が考えられます。 商品を安全に利用してもらうため 市販薬や療法食などは、「用法用量を超えての服用」や「そもそも服用してはいけない人やペットによる服用」は、身体に悪影響を及ぼす恐れがあります。 上記を未然に防止するために、お客様の状態を基に販売を制御したり、必要以上の商品を販売しない様に制御する対策が考えられます。 海外発送に対応していないため Shopifyストアをオンライン上に公開している以上、海外からのアクセスを避けることは困難です。また海外在住者に購入されてしまった場合、外国語でのキャンセル対応が必要になり、普段以上にキャンセル対応に時間を取られることもあります。 限定感を出すため(ブランディング目的のため) 商品の購入制限をかけることで商品に限定感が出て、ブランディングを強化する役割を果たすこともあります。ストア内に残り◯個と表示されているとユーザーの購入意欲も高める効果も期待できます。 販売が禁止されているため お酒やタバコなど未成年に対して販売してはいけない商品があります。最近ではシーシャやCBDタバコなどを取り扱っているShopifyストアも増えてきています。 年齢確認(年齢認証)の機能をShopifyストアに導入することで、未成年への販売を事前に防ぐことが可能です。 購入制限の種類とShopifyで出来る対策 購入点数で購入制限する(個数制限) 在庫が少なかったり、転売を防いだりするために、1度に購入できる点数を制御したいケースがあると思います。 Shopifyアプリ「RuffRuff 注文制限」を利用することで、「1回の注文あたり1個まで」「1回の注文あたり3個から」「1回の注文あたり2個から5個までの範囲で」など様々な個数制限を実施できます。 下記デモページもありますので、ご参考にしてください。 RuffRuff 注文制限 デモ商品一覧 下記の記事ではShopifyで個数制限を実施する方法を紹介しています。ご参考にしてください。 Shopifyで販売個数制限(購入数量制限)を可能にするアプリ 購入金額で購入制限する(金額制限) 発注金額や配送料、関税など様々な理由で注文金額に対して購入金額の制限をかけたいケースがあると思います。...

定期購入におすすめのShopifyアプリ4選 | サブスクのメリットは?

【徹底比較】Shopifyの定期購入(サブスク)アプリ6選 | 価格や機能で比較

Tsunライターチーム

定期購買やMikawaya Subscription、NoCode Subscription、 かんたんサブスクなどの国内のおすすめアプリを機能やプラン、価格、導入事例、連携可能なアプリ・サービスなどを比較表で解説しています。

【徹底比較】Shopifyの定期購入(サブスク)アプリ6選 | 価格や機能で比較

Tsunライターチーム

定期購買やMikawaya Subscription、NoCode Subscription、 かんたんサブスクなどの国内のおすすめアプリを機能やプラン、価格、導入事例、連携可能なアプリ・サービスなどを比較表で解説しています。

Shopifyで抽選販売を実施する方法|メリットやデメリットも紹介

Shopifyで抽選販売を実施する方法|メリットやデメリットも紹介

Tsunライターチーム

抽選販売とは? 抽選販売は、商品が限られた数量のみ販売可能な場合や限定商品を公平に販売する場合に使用される販売手法です。購入希望者は事前に応募し、ランダムな抽選によって購入権を得ることができます。この手法は、特に高い需要が見込まれる商品や、ファン層を持つブランドの商品販売において利用されます。 Shopifyで抽選販売を実施するメリット 公平な購入機会を提供できる 抽選販売はすべての顧客に対して等しいチャンスを提供し、誰もが同じ条件下で商品を購入する機会を得られるようにすることができます。 特に限定品や人気商品を扱う際に、特定の顧客や早い者勝ちの原則による不公平を避け、購入希望者全員が公正な方法を提供することで、ストアに対する信頼感を高めることも期待できます。 ブランドイメージの向上 独占性や希少性を高め、ブランドの価値を向上させます。 顧客データの収集 登録プロセスを通じて、マーケティング活動に役立つ貴重な顧客データを収集できます。 Shopifyで抽選販売を実施するデメリット 顧客満足度の低下 抽選に当選しない顧客が不満を抱く可能性があります。 複雑な設定 抽選プロセスを適切に管理するためには、追加の設定やアプリが必要となる場合があります。 抽選販売の基本プロセス 抽選販売の計画 抽選販売する商品や応募開始日時、応募締切日時、抽選結果発表日時、応募条件などを決めます。 抽選販売方法の選定 実施したい抽選販売に応じて、Googleフォームなどを利用するのか、Shopifyアプリを利用するのか検討しましょう。 応募フォームの作成 顧客が抽選に応募できるよう、フォームを作成します。 抽選販売の事前案内 顧客へ抽選販売の参加条件や応募開始日時、応募締切日時、抽選結果発表日時などを事前案内します。 抽選販売 顧客からの抽選応募を受け付けます。 抽選 応募者の中から当選者を選びます。 当選通知・落選通知 当選者には購入方法を含めて当選通知します。また、落選者に落選通知を送ると親切です。...

Shopifyで抽選販売を実施する方法|メリットやデメリットも紹介

Tsunライターチーム

抽選販売とは? 抽選販売は、商品が限られた数量のみ販売可能な場合や限定商品を公平に販売する場合に使用される販売手法です。購入希望者は事前に応募し、ランダムな抽選によって購入権を得ることができます。この手法は、特に高い需要が見込まれる商品や、ファン層を持つブランドの商品販売において利用されます。 Shopifyで抽選販売を実施するメリット 公平な購入機会を提供できる 抽選販売はすべての顧客に対して等しいチャンスを提供し、誰もが同じ条件下で商品を購入する機会を得られるようにすることができます。 特に限定品や人気商品を扱う際に、特定の顧客や早い者勝ちの原則による不公平を避け、購入希望者全員が公正な方法を提供することで、ストアに対する信頼感を高めることも期待できます。 ブランドイメージの向上 独占性や希少性を高め、ブランドの価値を向上させます。 顧客データの収集 登録プロセスを通じて、マーケティング活動に役立つ貴重な顧客データを収集できます。 Shopifyで抽選販売を実施するデメリット 顧客満足度の低下 抽選に当選しない顧客が不満を抱く可能性があります。 複雑な設定 抽選プロセスを適切に管理するためには、追加の設定やアプリが必要となる場合があります。 抽選販売の基本プロセス 抽選販売の計画 抽選販売する商品や応募開始日時、応募締切日時、抽選結果発表日時、応募条件などを決めます。 抽選販売方法の選定 実施したい抽選販売に応じて、Googleフォームなどを利用するのか、Shopifyアプリを利用するのか検討しましょう。 応募フォームの作成 顧客が抽選に応募できるよう、フォームを作成します。 抽選販売の事前案内 顧客へ抽選販売の参加条件や応募開始日時、応募締切日時、抽選結果発表日時などを事前案内します。 抽選販売 顧客からの抽選応募を受け付けます。 抽選 応募者の中から当選者を選びます。 当選通知・落選通知 当選者には購入方法を含めて当選通知します。また、落選者に落選通知を送ると親切です。...

Shopifyで熨斗(のし)やギフトラッピングに対応する方法|おすすめアプリも紹介

Shopifyで熨斗(のし)やギフトラッピングに対応する方法|おすすめアプリも紹介

Tsunライターチーム

熨斗(のし)とギフトラッピングの違いは? 熨斗(のし)とギフトラッピングは、どちらもプレゼントを贈る際に用いられる包装の形式ですが、使用される場面や意味合いに違いがあります。 熨斗(のし) 熨斗(のし)は、主に日本で用いられる伝統的な贈答品の包装方法です。特定の祝事や弔事に対する敬意や祝福の意を表現するために用いられます。熨斗紙には、贈る相手との関係や贈る目的に応じて、様々な種類の結び目(結び切り、蝶結びなど)が印刷されていることが多いです。使用場面として、 結婚式、葬式、出産祝い、入学祝い、成人式、就職祝いなど、人生の節目や特別な行事に贈る際に使用されます。 ギフトラッピング ギフトラッピングは、贈り物を装飾的な紙やリボンで包む方法です。プレゼントをより美しく見せ、開封する楽しみを増やすことが目的です。特定の文化や伝統に限定されず、世界中で広く用いられています。使用場面として、 誕生日、クリスマス、バレンタインデーなど、公私問わず様々な場面でプレゼントを交換する際に使用されます。 Shopifyで熨斗やギフトラッピングに対応する方法 Shopifyテーマの注文ノート(特記)を利用する 顧客が注文時にギフトラッピングや熨斗の要望を伝えられるように、注文ノートの機能を活用する方法です。カートページやチェックアウトページに注文に関する特別な指示を入力するフィールドを表示し、顧客がギフトラッピングや熨斗に関する要望を記入できるようにします。この方法は、Shopifyテーマ自体がカートページに注文ノート(特記)を表示できる場合は、特にカスタマイズや対応コストが不要です。ただし、熨斗やギフトラッピングに対して自動で追加料金を徴収することができないデメリットがあります。 追加料金を必要としないシンプルな熨斗やギフトラッピングの運用に適しています。 熨斗やギフトラッピング用の商品を追加する 次は、ギフトラッピングや熨斗のサービスを、通常の商品としてショップに追加する方法です。この方法では、ギフトラッピングや熨斗を別の商品として設定し、顧客がこれらのサービスを購入できるようにします。商品ページにギフトラッピングや熨斗の詳細と価格を明記し、カートに追加できるようにします。この方法のメリットは無料で実施でき、ギフトラッピングや熨斗に対して追加料金を徴収することも可能です。デメリットとして、お客様が熨斗やギフトラッピングの商品を探す手間が発生する点や商品自体が見つからない場合は、熨斗やギフトラッピングに対応していないストアだと勘違いされてしまう点です。 Shopifyアプリを利用する 続いては、Shopifyアプリを利用する方法です。 Shopifyアプリストアには、ギフトラッピングや熨斗に対応するためのアプリが多数用意されています。これらのアプリを使用すると、商品やカートページにギフトラッピングのオプションを簡単に追加でき、追加料金の設定やデザインのカスタマイズも可能になります。 ソースコードでカスタマイズする 前述の方法に比べて、より高い自由度でやりたい事を実現できる可能性があります。その一方で、プログラミング知識が必要だったり、外注する場合は外注コストが高くつくデメリットがあります。 熨斗やギフトラッピングにおすすめのShopifyアプリ ギフトラッピング&のし専用アプリ 出典:ギフトラッピング&のし専用アプリ|Shopifyアプリストア ギフトラッピング&のし専用アプリは電通デジタルが提供しているShopifyアプリです。 4ステップで熨斗とギフトラッピングに必要な設定ができ、画像の設定や、有料/無料の金額設定、表書きのカスタマイズなども可能です。 ギフトラッピング&のし専用アプリの料金プラン 月額 $9.80 ギフトオプションプラス ギフトオプションプラスはDryworksが提供しているShopifyアプリです。3ステップで簡単にセットアップができ、商品やカート、チェックアウト画面に熨斗とギフトラッピングのためのウィジェットを追加することができます。また、月額費用が安価なのも特徴です。 ギフトオプションプラスの料金プラン...

Shopifyで熨斗(のし)やギフトラッピングに対応する方法|おすすめアプリも紹介

Tsunライターチーム

熨斗(のし)とギフトラッピングの違いは? 熨斗(のし)とギフトラッピングは、どちらもプレゼントを贈る際に用いられる包装の形式ですが、使用される場面や意味合いに違いがあります。 熨斗(のし) 熨斗(のし)は、主に日本で用いられる伝統的な贈答品の包装方法です。特定の祝事や弔事に対する敬意や祝福の意を表現するために用いられます。熨斗紙には、贈る相手との関係や贈る目的に応じて、様々な種類の結び目(結び切り、蝶結びなど)が印刷されていることが多いです。使用場面として、 結婚式、葬式、出産祝い、入学祝い、成人式、就職祝いなど、人生の節目や特別な行事に贈る際に使用されます。 ギフトラッピング ギフトラッピングは、贈り物を装飾的な紙やリボンで包む方法です。プレゼントをより美しく見せ、開封する楽しみを増やすことが目的です。特定の文化や伝統に限定されず、世界中で広く用いられています。使用場面として、 誕生日、クリスマス、バレンタインデーなど、公私問わず様々な場面でプレゼントを交換する際に使用されます。 Shopifyで熨斗やギフトラッピングに対応する方法 Shopifyテーマの注文ノート(特記)を利用する 顧客が注文時にギフトラッピングや熨斗の要望を伝えられるように、注文ノートの機能を活用する方法です。カートページやチェックアウトページに注文に関する特別な指示を入力するフィールドを表示し、顧客がギフトラッピングや熨斗に関する要望を記入できるようにします。この方法は、Shopifyテーマ自体がカートページに注文ノート(特記)を表示できる場合は、特にカスタマイズや対応コストが不要です。ただし、熨斗やギフトラッピングに対して自動で追加料金を徴収することができないデメリットがあります。 追加料金を必要としないシンプルな熨斗やギフトラッピングの運用に適しています。 熨斗やギフトラッピング用の商品を追加する 次は、ギフトラッピングや熨斗のサービスを、通常の商品としてショップに追加する方法です。この方法では、ギフトラッピングや熨斗を別の商品として設定し、顧客がこれらのサービスを購入できるようにします。商品ページにギフトラッピングや熨斗の詳細と価格を明記し、カートに追加できるようにします。この方法のメリットは無料で実施でき、ギフトラッピングや熨斗に対して追加料金を徴収することも可能です。デメリットとして、お客様が熨斗やギフトラッピングの商品を探す手間が発生する点や商品自体が見つからない場合は、熨斗やギフトラッピングに対応していないストアだと勘違いされてしまう点です。 Shopifyアプリを利用する 続いては、Shopifyアプリを利用する方法です。 Shopifyアプリストアには、ギフトラッピングや熨斗に対応するためのアプリが多数用意されています。これらのアプリを使用すると、商品やカートページにギフトラッピングのオプションを簡単に追加でき、追加料金の設定やデザインのカスタマイズも可能になります。 ソースコードでカスタマイズする 前述の方法に比べて、より高い自由度でやりたい事を実現できる可能性があります。その一方で、プログラミング知識が必要だったり、外注する場合は外注コストが高くつくデメリットがあります。 熨斗やギフトラッピングにおすすめのShopifyアプリ ギフトラッピング&のし専用アプリ 出典:ギフトラッピング&のし専用アプリ|Shopifyアプリストア ギフトラッピング&のし専用アプリは電通デジタルが提供しているShopifyアプリです。 4ステップで熨斗とギフトラッピングに必要な設定ができ、画像の設定や、有料/無料の金額設定、表書きのカスタマイズなども可能です。 ギフトラッピング&のし専用アプリの料金プラン 月額 $9.80 ギフトオプションプラス ギフトオプションプラスはDryworksが提供しているShopifyアプリです。3ステップで簡単にセットアップができ、商品やカート、チェックアウト画面に熨斗とギフトラッピングのためのウィジェットを追加することができます。また、月額費用が安価なのも特徴です。 ギフトオプションプラスの料金プラン...

Shopifyでeギフトを扱うメリット|eギフト機能の導入方法やアプリを紹介

Shopifyのeギフトアプリ3選|eギフトのメリットやデメリット、AnyGiftやAll i...

Tsunライターチーム

みなさんは、ご自身のShopifyストアでeギフトを扱っていますか?本記事ではeギフトに対応するメリットやeギフト機能の導入方法、eギフト対応できるShopifyアプリなどを紹介しています。 eギフトとは? eギフトとは、住所を知らない相手にオンラインで完結する形でギフトを送ることができるサービスです。「電子ギフト」や「ソーシャルギフト」とも呼ばれます。 eギフトの最大の特徴は、住所を知らなくても、メールやSNSなどのデジタル手段を使って、オンライン完結で相手にギフトを贈ることができる点にあります。これにより、SNS上での知人や、住所を聞くのが難しい相手に対しても、心からの感謝や祝福のメッセージを送ることが可能です。 eギフトはその用途の広さから、Amazonギフト券や楽天ポイント、VISAギフトカードなどの汎用性の高いギフトオプションから、特定のレストランやコンビニ、ECサイトでの商品引換券に至るまで、多岐にわたります。これらは、受取人が自分の好きな時に、好きな商品やサービスを選べるため、非常に人気があります。 このように、eギフトは送り手と受け手の両方にとって便利で柔軟性の高く、現代のデジタル社会において、新たなギフト文化の形成に寄与しています。 Shopifyでeギフトを導入するメリット 1. 住所不要で気軽にギフトを贈ることができる eギフトはメールやSNSを通じて贈ることができ、受け取り側の住所を知らなくても問題ありません。これにより、オンラインでの知人や仕事上の関係、趣味の友達など、住所を聞くことが難しい相手へも簡単にギフトを贈ることが可能です。 2. 発送準備や配送の手間が不要 物理的なギフトを贈る場合の梱包や配送の手間がかからず、オンライン上で簡単に贈り物をすることができます。これにより、時間とコストを節約できます。 3. 受け取り側が欲しい商品を選べる カタログ形式のeギフトを利用することで、受け取り側が自分の欲しいものを選んで利用できます。これにより、贈り物としての価値が高まり、贈った側と受け取った側双方の満足度が向上します。 4. 都合の良い時に受け取ることが可能 eギフトは受け取り側が自分の都合の良い時に商品やサービスを利用できるため、物理的なギフトの受け取りが難しい場合(不在など)の問題を解決します。 5. 当日にもギフトを贈ることができる 忘れていた誕生日や突然の記念日など、当日にギフトを贈る必要がある場合でも、eギフトならすぐに対応可能です。これにより、大切な日を素早く祝うことができます。 6. 個人情報リスクの軽減 eギフトは受け取り側の個人情報を知る必要が少ないため、プライバシーの保護という観点からもメリットがあります。 Shopifyでeギフトを導入するデメリット 1. 受け手の理解が必要 eギフトを受け取る側がスマートフォンやPCの操作に不慣れな場合、ギフトの受け取り方や使用方法がわからない可能性があります。これにより、贈った側がアフターフォローを行う必要が生じることがあります。 2....

Shopifyのeギフトアプリ3選|eギフトのメリットやデメリット、AnyGiftやAll i...

Tsunライターチーム

みなさんは、ご自身のShopifyストアでeギフトを扱っていますか?本記事ではeギフトに対応するメリットやeギフト機能の導入方法、eギフト対応できるShopifyアプリなどを紹介しています。 eギフトとは? eギフトとは、住所を知らない相手にオンラインで完結する形でギフトを送ることができるサービスです。「電子ギフト」や「ソーシャルギフト」とも呼ばれます。 eギフトの最大の特徴は、住所を知らなくても、メールやSNSなどのデジタル手段を使って、オンライン完結で相手にギフトを贈ることができる点にあります。これにより、SNS上での知人や、住所を聞くのが難しい相手に対しても、心からの感謝や祝福のメッセージを送ることが可能です。 eギフトはその用途の広さから、Amazonギフト券や楽天ポイント、VISAギフトカードなどの汎用性の高いギフトオプションから、特定のレストランやコンビニ、ECサイトでの商品引換券に至るまで、多岐にわたります。これらは、受取人が自分の好きな時に、好きな商品やサービスを選べるため、非常に人気があります。 このように、eギフトは送り手と受け手の両方にとって便利で柔軟性の高く、現代のデジタル社会において、新たなギフト文化の形成に寄与しています。 Shopifyでeギフトを導入するメリット 1. 住所不要で気軽にギフトを贈ることができる eギフトはメールやSNSを通じて贈ることができ、受け取り側の住所を知らなくても問題ありません。これにより、オンラインでの知人や仕事上の関係、趣味の友達など、住所を聞くことが難しい相手へも簡単にギフトを贈ることが可能です。 2. 発送準備や配送の手間が不要 物理的なギフトを贈る場合の梱包や配送の手間がかからず、オンライン上で簡単に贈り物をすることができます。これにより、時間とコストを節約できます。 3. 受け取り側が欲しい商品を選べる カタログ形式のeギフトを利用することで、受け取り側が自分の欲しいものを選んで利用できます。これにより、贈り物としての価値が高まり、贈った側と受け取った側双方の満足度が向上します。 4. 都合の良い時に受け取ることが可能 eギフトは受け取り側が自分の都合の良い時に商品やサービスを利用できるため、物理的なギフトの受け取りが難しい場合(不在など)の問題を解決します。 5. 当日にもギフトを贈ることができる 忘れていた誕生日や突然の記念日など、当日にギフトを贈る必要がある場合でも、eギフトならすぐに対応可能です。これにより、大切な日を素早く祝うことができます。 6. 個人情報リスクの軽減 eギフトは受け取り側の個人情報を知る必要が少ないため、プライバシーの保護という観点からもメリットがあります。 Shopifyでeギフトを導入するデメリット 1. 受け手の理解が必要 eギフトを受け取る側がスマートフォンやPCの操作に不慣れな場合、ギフトの受け取り方や使用方法がわからない可能性があります。これにより、贈った側がアフターフォローを行う必要が生じることがあります。 2....